桜井誠 都知事。 桜井誠「都知事選に当選したら、外国人の生活保護を廃止!パチンコも規制します!」

東京都知事選自分は桜井誠か山本太郎どちらに投票しようか迷ってま...

桜井誠 都知事

桜井誠氏とは 桜井氏は在日特権を許さない市民の会の元会長として知られており、また特定の民族に対するヘイトスピーチを繰り返した過去もある。 自身のツイッターが永久凍結される程民族ヘイトが甚だしい人物だ。 最高裁判所の判決で有田参院議員(立憲)の「(桜井誠氏は)存在そのものがヘイトスピーチ」という発言が認められることもあった。 現在は、政治団体「日本第一党」を率いており全国の地方選挙で候補者を擁立。 同党には1名の地方議員が所属している。 つまり、計算の結果1が都内平均とほぼ同じ得票率を得た事になり、1を超えた地域(MAPの凡例参照、赤やオレンジなどで染まった地域)ほど都内得票率に比べて多く得票を得たことが分かるようにした。 都内での市区町村別の「ネトウヨ票」の強弱を相対的に比較することを可能になり、どこの地域が桜井誠氏の得票率を支えているのかが分かる。 2020都知事選 桜井誠 (特化係数MAP) 比較的千代田区や中野区で高い得票率を獲得していることが分かる。 2016年都知事選 桜井誠(特化係数MAP) 4年前の都知事選と比較すると、桜井誠氏の比較的得票率が高い地域はほとんど変わっていない。 多摩地域での弱さを都心でカバーしている傾向は20年知事選と同様だ。 また桜井誠氏は今回1. また、16年と20年を比較(地域ごとの伸びを比較するため、こちらも特化係数を使用・都内全市区町村をプロットしているが、小数第一位までにしている為、点が多数の自治体で重なっている。 )した散布図はこちら。 このグラフからも桜井誠氏の では、最後に同じく自民より右を称する田母神俊雄氏が獲得した得票率を元に作成した特化係数MAPと比較してみると… 2014都知事選 田母神俊雄(特化係数MAP) このように市区町村ごとにみると、桜井誠氏と同じく23区・そして都心で比較的支持が高いことが分かる。 最後に 国政進出は果たせるのか 桜井誠氏が代表を務める日本第一党は次回衆院選の比例東京ブロックや2年後の参院選での議席獲得を目指す方針のようだ。 任期の関係で衆院選が最も近い為、国政初陣は衆院比例東京ブロックになる。 しかし、比例東京ブロックでは得票率5. 更に、全国で得票率2%以上を獲得しなければ「国政政党」へ格上げさせることができない。 衆院選から参戦することは明らかな戦略ミスであると思う。 国政政党化、国政進出を果たすにはまだまだ先が長いのでは。 友だち追加して通知をもらおう!.

次の

都知事選分析#2 桜井誠 都内極右票分析

桜井誠 都知事

桜井誠東京都知事選 2020 候補の経歴 桜井誠さんは、 1972 年 2 月 15 日、福岡県の出身で、 2020 年 6 月現在の年齢は、 48 歳となっています。 反韓国系の保守派の政治活動家で、日本第一党党首、行動する保守運動代表で、元在日特権を許さない市民の会会長だったことで、とくによく知られている人物でした。 警備員をしたり、江戸川区役所で勤務したのち、インターネットで韓国人たちと政治的な問題について議論したことがキッカケで、有名になっていった、桜井誠さん。 やがて、インターネットだけではなく、『ジェネジャン!』に出演したり、『日本文化チャンネル桜』に出演して、韓国に敵対的な論客として、すっかりおなじみな存在となっていくことに。 そんな桜井誠さんは、東亜細亜問題研究会、在日特権を許さない市民の会などといった、保守系の政治団体で活躍。 とくに、在日特権を許さない市民の会では、設立者として存在感を示し、在日韓国人の在日特権をめぐって議論を活発にした半面、ヘイトスピーチを激しく繰り返したことで、問題視されることもありました。 やがて、『日本文化チャンネル桜』サイドとの関係も悪化してしまいます。 2014 年には、大阪市長だった橋下徹さんとの大阪市役所における公開討論会を開催したものの、現役市長と政治活動家が過激に罵倒しあったことで、話題に。 そして同年、桜井誠さんは、在日特権を許さない市民の会会長を辞任しました。 やがて桜井誠さんは、 2016 年、都政を国民の手に取り戻す会を設立したうえで、東京都知事選挙に立候補。 最終的に落選してしまいましたが、この結果の詳細については、後ほど、見ていきたいと思います。 そして桜井誠さんは、 2020 年、 2 度目となる東京都知事選挙に立候補する予定となっていたのでした。 独特としか言いようのない経歴の持ち主だけに、結果がどうなるというのか、注視していきたいものですね。 桜井誠東京都知事選 2020 候補の考え方、公約、政見放送 独特の政治思想に立脚した政治活動家ということもあって、東京都知事選挙への立候補が注目されていた、桜井誠さん。 それでは、そんな桜井誠さんの東京都知事選挙における、考え方、公約とは、どうなっていたのでしょうか。 基本的な考え方としては、やはり外国人関係の権利制限があり、外国人生活保護廃止、さらに、朝鮮半島との関係が指摘され続けてきたパチンコの規制というものがありました。 また、公約としては、新型コロナウイルス対策で、今後、 2 年間、都民税と固定資産税を無償化するとのこと。 いずれも、他の候補者たちとは一線を画しておりますし、ますます選挙戦から目が離せなくなりそうですね。 桜井誠東京都知事選 2020 候補の前回の結果 続いて、桜井誠さんの、落選してしまった 2016 年の東京都知事選挙における結果、政見放送も確認しておきましょう。 2016 年の東京都知事選挙では、元防衛大臣の小池百合子さんが当選したわけですが、 20 %以上の得票となったのは、元総務大臣の増田寛也さん、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんのみ。 以下、上杉隆さんを挟み、桜井誠さんは、 20 人中 5 位という結果になっています。 政見放送での主張は、今回も挙げていた外国人生活保護廃止、パチンコ規制をはじめ、不法残留者半減、反日ヘイトスピーチ禁止条例制定、朝鮮総連と民団の施設への課税強化、韓国学校の建設中止、コンパクトな東京オリンピックの開催となっていました。 過激なものも少なくないため、桜井誠さんが、 20 人中 5 位となったのは、正直、なかなかおどろきでした。 Gallery image with caption: Gallery image with caption: Gallery image with caption: Gallery image with caption: Gallery image with caption: Gallery image with caption: Gallery image with caption: Gallery image with caption: Gallery image with caption: 東京都知事選挙といえば、本命から泡沫まで、毎回、多様な候補者が出そろうことで、あまりにも有名な選挙。 それだけに、桜井誠さんが善戦するのかどうか、非常に注目ですね。 有権者の方は、 2020 年 7 月 5 日には、必ず東京都知事選挙に投票に行きましょう。

次の

【都知事選】桜井誠氏のプロフィールや経歴!気になる3つの公約は?

桜井誠 都知事

東京都知事選が迫ってきましたね。 皆さんは都知事に何を求めていますか? あなたの選んだ候補者はあなたの考えとマッチしているのでしょうか。 どの候補者が何を公約として掲げているのかを分かりやすくするため、候補者ごとに公約をまとめてみました。 今回は桜井誠候補者の公約を見ていきましょう! まずは、都民の生活にも大きくかかわってくる経済政策について見ていきましょう! 【外形標準課税】・・・床面積・従業員数・資本金等、客観的に判断できる基準を用いて課税額を決定すること。 旧来の基準では起業の所得のみを基準として税額が決定されていたが、これではサービス業態や業績によって起業の規模と独立に税額が決定されます。 地方税は均等に負担される行政サービスへの対価であるとして、行政サービスの利益量に対応した課税をするべきだと主張しています。 【種子法】・・・主要農作物(コメ、麦、大豆)について、優秀な種子の安定的な供給と普及を国が果たす役割と定めた法律で、自治体を通じて種子の生産・普及事業を行っていました。 民間企業の参入障壁のハードルを下げる目的で、2018年4月に廃止されました。 【偽装認知】・・・偽装認知とは、実際には自分の子供ではない子に対して、日本人男性が認知をして、子供に日本国籍が与えられること。 途上国などから日本に出稼ぎにきている女性が、労働ビザが切れても日本に滞在できるようになってしまいます。 【背のり(はいのり)】・・・実在する赤の他人の身分・戸籍を乗っ取って、その人物に成りすます行為。 【ハブ空港】・・・航空の国際線において、各都市を相互に繋ぐと、航空路が膨大になります。 【官製ワーキングプア】・・・公務員でも非正規雇用の多用により、ワーキングプア 十分に労働しているにもかかわらず生活困難な貧困層 が生じています。 外国人生活保護に関して、問題視している人もいます。 生活保護は憲法第25条に基づいた制度で、範囲は本来日本国民だとされていました。 1954年に厚生労働省が人道的見地から支給対象を外国人まで広めると通知してから、外国人にも支給されることになりました。 外国人が支給できる要件は「日本人の配偶者であること」「永住者資格を取得した者」「永住者資格取得者の配偶者」「定住者」であり、その審査は緩く不正受給の事例が多発しています。 日本では仕事が無く生活保護の受給条件を満たしている人でも、本国に資産を持っている場合は生活保護を受給することはできません。 結果的に、日本人よりも高い受給率となっているのです。 【参考資料】 以上、桜井誠候補者の公約を見てきました。

次の