台風 対策。 「窓ガラスに養生テープ」の台風対策は効果ある? 正しい方法をYKK APに聞いた

【台風対策】マンションの窓・ベランダ5つの対策方法を紹介!

台風 対策

ご自宅の周りで風で飛ばされそうな物はありませんか? イメージ出来るのはバケツ等の容器系ですが、植木鉢やプランターも煽られて倒れる事も少なくありません。 他にも自転車や自動車のタイヤ、固定されていない倉庫、雨樋等日頃は気にしない物でも、強風に備えて一度見て下さい。 物干し竿は空気の抵抗を受けにくいですが一応外しておきましょう。 飛ばされなくてもホコリまみれになりますのでそういった点でも外しておく良いでしょう。 自宅前でコロコロしているだけなら良いですが、飛ばされて近所の家や車を破損させた場合に管理責任を問われ損害賠償になってしまうことも考えられます。 家の中に収まるものであれば家に入れましょう。 自転車等は事前に倒して置くのも有効的です。 屋外コンセントで差込口のカバーが無い場合には100均に売っているような、ホコリ防止の蓋をつけておくとホコリや水の侵入を防ぎます。 (こちらは日頃から取り付けておくことをおすすめします) 台風の影響は屋外だけとは限りません。 室内では停電を想定し、懐中電灯の準備、念のためお風呂に水を張っておくことで復旧までの最低限の対応はできます。 他にもご飯を事前に炊いておいたり、携帯電話等の充電をしておくというのも簡単に出来ます。 一般的にそれほどお金を掛けずに出来る対策は以上です。 当然ながら常に屋内というわけでは無いでしょうが が、台風の規模によっては以下の点も気をつけて下さい。 窓の破損に注意 飛散防止用にフィルムを貼ったり、ガムテープで目張りするなど、風だけではなく風で物が飛んできて割れることも想定されますので、特に道路に面している等、風が吹きつけるような場合は対策を考えてみるのも必要です。 スポンサーリンク 豪雨に対して 豪雨により河川の反乱に対応し、土嚢袋に土を詰めておきましょう。 台風が去った後の処分を考えるとなかなか手は出せませんが屋内への浸水を考えた場合に、台風の規模によっては必要かと思います。 食料品の備蓄 こちらも規模には寄りますが、飲料水やカセット型のガスコンロ及び数日分の食材の確保も念頭においておきましょう。 何日分もというのは大規模な場合かも知れませんが台風情報が出たら買い物を済ませておくだけでも違います。 これらは山に近い、海、河川に近い等、立地条件も関係してきます。 何事も起こらなければ良いのですが、天災はいつどうなるかわからないものです、日頃からハザードマップを確認し、地域の特性を理解しておくことも被害を拡大させない事へと繋がります。 台風に限ったことではありませんが、避難場所は地域ごとに違いますのでこちらも確認しておきましょう。

次の

【台風対策】マンションの窓・ベランダ5つの対策方法を紹介!

台風 対策

ご自宅の周りで風で飛ばされそうな物はありませんか? イメージ出来るのはバケツ等の容器系ですが、植木鉢やプランターも煽られて倒れる事も少なくありません。 他にも自転車や自動車のタイヤ、固定されていない倉庫、雨樋等日頃は気にしない物でも、強風に備えて一度見て下さい。 物干し竿は空気の抵抗を受けにくいですが一応外しておきましょう。 飛ばされなくてもホコリまみれになりますのでそういった点でも外しておく良いでしょう。 自宅前でコロコロしているだけなら良いですが、飛ばされて近所の家や車を破損させた場合に管理責任を問われ損害賠償になってしまうことも考えられます。 家の中に収まるものであれば家に入れましょう。 自転車等は事前に倒して置くのも有効的です。 屋外コンセントで差込口のカバーが無い場合には100均に売っているような、ホコリ防止の蓋をつけておくとホコリや水の侵入を防ぎます。 (こちらは日頃から取り付けておくことをおすすめします) 台風の影響は屋外だけとは限りません。 室内では停電を想定し、懐中電灯の準備、念のためお風呂に水を張っておくことで復旧までの最低限の対応はできます。 他にもご飯を事前に炊いておいたり、携帯電話等の充電をしておくというのも簡単に出来ます。 一般的にそれほどお金を掛けずに出来る対策は以上です。 当然ながら常に屋内というわけでは無いでしょうが が、台風の規模によっては以下の点も気をつけて下さい。 窓の破損に注意 飛散防止用にフィルムを貼ったり、ガムテープで目張りするなど、風だけではなく風で物が飛んできて割れることも想定されますので、特に道路に面している等、風が吹きつけるような場合は対策を考えてみるのも必要です。 スポンサーリンク 豪雨に対して 豪雨により河川の反乱に対応し、土嚢袋に土を詰めておきましょう。 台風が去った後の処分を考えるとなかなか手は出せませんが屋内への浸水を考えた場合に、台風の規模によっては必要かと思います。 食料品の備蓄 こちらも規模には寄りますが、飲料水やカセット型のガスコンロ及び数日分の食材の確保も念頭においておきましょう。 何日分もというのは大規模な場合かも知れませんが台風情報が出たら買い物を済ませておくだけでも違います。 これらは山に近い、海、河川に近い等、立地条件も関係してきます。 何事も起こらなければ良いのですが、天災はいつどうなるかわからないものです、日頃からハザードマップを確認し、地域の特性を理解しておくことも被害を拡大させない事へと繋がります。 台風に限ったことではありませんが、避難場所は地域ごとに違いますのでこちらも確認しておきましょう。

次の

台風の対策はコレで解決!家が被害にあわないためには?

台風 対策

台風と竜巻の違い 台風と竜巻の違いは発生の仕組みとそれぞれが持つエネルギーの差です。 台風は太陽の熱で暖められた海水面で発生したエネルギーが渦を巻きだし、その渦周辺のエネルギーを集めて数百キロメートルの大きさまで発達したものです。 竜巻は、海水面という条件はなく冷気と暖気がぶつかり合う前線の中で発生します。 強い暖気と冷気がぶつかると巨大な積乱雲が発生し、積乱雲ができると上昇気流などに引きずられて冷気が上昇したりその反動で暖気がしたりしている中で偶然に横向きのロール状の気流が発生します。 このロール状の気流がが地上に達した場合に地上では人的被害などが起きます。 このように台風と竜巻は仕組みが異なります。 竜巻は地表に達する風速の速さで大きな被害が出ることがありますので注目されますが、その範囲は台風に比べ非常に小さく、大きな竜巻でも台風の持つエネルギーに比べれば比較に成らないほど小さいものです。 台風(竜巻)が起きる前にできる対策方法 竜巻や台風は起きる前に行動を取れば被害を最小限に抑えることが出来ます。 ここでは、事前に台風・竜巻が来ると分かっている際にとる行動について紹介します。 屋内にいる場合 竜巻はたとえ屋内でも安全とは限りません。 竜巻は範囲が狭い分、その範囲内への勢力は非常に強力です。 飛来物が飛んできて窓ガラスが割れることも珍しくはありません。 被害を最小限にするために雨戸やカーテンなどを閉めたり、玄関や窓の戸締りをしたりいして、その建物最下層に避難しましょう。 もし、地下など1階より下のフロアーがない場合は窓の少ない場所に避難しましょう。 トイレや風呂場は一般に柱と壁が狭い範囲に集まり、構造強度が高くなっているため他のスペースより比較的に安全といわれています。 竜巻や台風による強風が強いと屋根を壊したり、木造建築の建物が傾いたりしてしまう可能性もあるので、くれぐれも安心するのではなく、ニュースなどで台風や竜巻の情報収集に努めましょう。 屋外にいる場合 屋外にいる時は鉄筋コンクリート製などの頑丈な建物に避難することです。 竜巻は見えてから、こちらに到達するまでに数分ないし数秒です。 もし、天気予報などで事前に竜巻や台風などが来ると分かっている場合は その時間に外出することを避けてください。 屋外で竜巻が起きかつ近くに避難できる建物がない場合、深い溝などのくぼみに身をひそめてバックなどで頭を守ってください。 竜巻が起こっている時は近くのものが見境無しに飛んできます。 周囲に飛んできそうなものが無いか細心の注意を払い、竜巻が弱まるまで待機しましょう。 台風(竜巻)が起きた時に家でできる対策 家のまわりにある強風で飛びそうなものを屋内にしまう 同じ風害の台風や暴風のときも同じですが、家の周辺にある花瓶やバケツ、物干し竿など強風で飛びそうなものは屋内にしまってください。 自身のものが強風で飛んでなくなるのは自身の責任ですが、強風で飛んだ私物が飛来物となって、人に怪我をさせたり、建物を破損したりしてしまう可能性も十分考えられるので、自身の事だけではなく相手のことを思いやる心も持って行動しましょう。 屋根の破損対策 1995年に起こった阪神・淡路大震災以降に建てられた家はガイドラインが変わり地震や台風などの自然災害に強いつくりになっています。 しかし、阪神・淡路大震災以前のに建てられた木造建築は屋根や壁が十分整備されていないので、強風により瓦が飛び、落ちるといった被害がありました。 台風や竜巻が来る前に業者に依頼して屋根を見てもらうということは時間的にも金銭的にも負担が掛かるので目視でよいので落ちそうな瓦屋崩れそうな壁が無いか確認しましょう。 瓦の中でも特に「土葺き」は土の上に瓦を乗せる方法なので、ずれや土葺きの場合は一度、業者に相談しましょう。 近年、防災瓦といって瓦同士を組み合わせ、瓦に釘を打ちつけ固定する方法もあります。 もし、屋根に瓦を設置したいけど、防災面で心配という方はこちらの防災瓦をおススメします。 また、スレートや鋼板の瓦のメンテナンスが10年周期なので、もし10年に近い場合は早めに業者に点検を頼むことが安全でしょう。 窓ガラスの破損対策 一番の対策は雨戸・シャッターを設置することです。 もし、雨戸やシャッターがあれば壊れていないかの確認をし、壊れていなければそれだけで十分です。 しかし、雨戸やシャッタを設置したり、閉めたりする以外にも対策はあります! 窓ガラスの対策方法は下記の記事で紹介しているので、是非ご覧ください。

次の