インスタ 文字だけ。 文字アプリなしで作れる。インスタストーリーの文字機能を投稿でも活用する方法♡

Instagram(インスタグラム)で文字だけを投稿するのがお洒落!アプリやストーリーを使った加工方法を大紹介!

インスタ 文字だけ

このページの目次 CLOSE• インスタの質問スタンプの特徴 インスタの質問スタンプは、気軽に他のユーザーとコミュニケーションが取れる便利な機能です。 そこで気になるのが、 「質問に回答したら第三者に、どんな回答をしたのかバレてしまうのではないか?」という点でしょう。 間違った回答をしたことが他のユーザーにバレたら、かなり恥ずかしいですし、知っている人だったら笑いものにされかねません。 しかし、インスタの質問スタンプに対する回答は、第三者に知られる 仕組みはないので安心してください。 ただし、質問者には誰がどんな回答をしたのかバレてしまうので、その点は認識しておきましょう。 インスタで質問の募集・回答・返信する方法 インスタでユーザーと質問を通してやり取りする機能は、 ストーリーズのみに実装されています。 通常の投稿では、質問スタンプは使えないので注意してくださいね。 質問スタンプを使う方法を、以下から紹介していきます。 次にストーリーズの投稿画面を開き、 使用したい写真を選んでください。 写真を選んだら、画面上部にある 「スタンプアイコン」をタップ。 スタンプの一覧が出てくるので、 「質問」というスタンプを選択します。 質問スタンプの編集画面になるので、質問の内容を入力していきましょう。 ボックスの色なども変更できますから、自分好みに変えてください。 その後、いつも通りストーリーズを投稿すれば、質問の募集ができました。 質問に答えるには、まずインスタのアプリを起動してトップページを表示します。 次に質問が付いているストーリーズを開き、 「テキストを入力」という部分をタップしてください。 すると文字入力画面になるので、質問に対する答えを入力して 送信ができます。 これで、募集された質問に回答ができました。 もしくは通知設定がオンになっているなら、スマホに回答があった旨の通知が届くので、その通知をタップしましょう。 ストーリーズの画面が開いたら、画面を上にスワイプしてください。 すると届いた回答の詳細が表示され、どんな回答をしてくれたのかを確認することができます。 さらに返信した内容そのものを、ストーリーズに再度投稿できるので、回答した人との関係がさらに深まるでしょう。 回答メッセージに返信するには、該当するストーリーズを開きます。 次に画面を上にスワイプして、返信したい回答をタップしてください。 メニューが表示されるので、 「Share Response」をタップ。 ストーリーズの投稿画面が開くので、質問したのと同じ写真や動画を使いテキストを使って返信内容を入力します。 入力が終わったら「完了」をタップすると、質問と回答、さらに返信が一緒になったストーリーズが投稿されます。 そのため複数の回答があった場合は、答えに対して 一斉に返信しましょう。 まずは回答があったストーリーズの画面を開き、上にスワイプして回答の詳細を開きます。 回答をタップして、 「Share Response」を選択。 ストーリーズの投稿画面になるので、質問スタンプの位置を調整して画像としてスマホ本体に保存。 その後、 「x」を選択して 「Discard」をタップし編集を破棄。 再び回答されたストーリーズの詳細を開き、別の回答をタップして 「Share Response」を選択。 この作業を繰り返すことで、1つの画像あるいは動画に複数の回答に対する返信を掲載できます。 すべて手作業なので、回答の数が多い場合はちょっと大変です…。 インスタの質問スタンプが使えない場合の対処法 インスタの質問スタンプは、標準搭載されたばかりの新しい機能です。 そのため不具合が起こり、質問ができないという状況に陥ってしまい困っている人は少なくありません。 では、質問できない場合の 対処法には、どんなものがあるのでしょうか?.

次の

【インスタグラム】文字だけでストーリーに投稿できるタイプモードの使い方

インスタ 文字だけ

インスタグラムに文字だけを投稿する場合、手書きの文章を写真に撮って投稿したり、画用紙に文章を書いてめくっていって動画で投稿したりする人が多いです。 これはこれでおしゃれですが、これだけのことをインスタグラムに投稿するのは、手間がかかってしまうのでテキストで文字だけの投稿をしたいですよね?インスタグラムのストーリーには、文字だけの投稿ができる機能があります。 おしゃれに編集し、ハッシュタグをつけて投稿できるので、インスタグラムで「いいね」やコメントももらいやすいです。 これを活用すればTwitter感覚で手間をかけずに、文字だけの投稿できます。 ここではストーリーの文字だけを投稿する機能について、具体的にお話ししていきます。 インスタグラムのストーリの撮影画面には通常の撮影モード以外にも、「タイプ」「ライブ」「BOOMERANG」などのモードがあります。 「タイプ」モードでは写真の上にテキストを入力できますが、カラフルな背景を選んでその上にテキスト入力することもできるので、完全に文字だけの投稿もできます。 その他のモードは、「ライブ」はインスタグラムで動画を生中継する機能で、「BOOMERANG」は短い動画が逆再生されるので面白い動画を投稿したいときに便利です。 インスタグラムの動画で特にブームになっているのは、この「BOOMERANG」ですね。 また「フォーカス」という背景をぼかした写真が撮れるモードもあります。 これは人ごみなどで周りの人の顔をインスタグラムに投稿しないようにするためや、協調したいものを際立たせるための編集機能です。 「いいね」やコメントはおしゃれなインスタグラムの投稿に多くつきますが、周りの人への配慮がある投稿にも多くつきます。 いインスタグラムでマナーのいい投稿をすればあなたの好感度もあがりますし、多くの人にコメントをもらえますよ。 インスタグラムのストーリーのタイプモードの編集方法は、まず画面左下にある丸いマークをタップし、背景の色を選択します。 そして「タップして入力」をタップし、テキストを入力していきます。 テキストはあなたがみんなに伝えたいことでも、好きな歌の歌詞でも、思いついたことでも好きな文章を入力しましょう。 そして、テキストをマークした状態で先ほどの丸いマークをタップすると、今度は文字の色を変えることができます。 ピンチインアウトでテキストのサイズを変更することもできます。 インスタグラムの撮影モードでも使える機能ですが、2本の指で広げるだけで文字が大きくなり、2本の指で縮めるだけで文字が小さくなります。 ストーリーのタイプモードも、インスタグラムと同じように直感的に編集できます。 動画に文字を固定させる方法は、まずインスタグラムのストーリーを起動し、撮影画面で白いボタンを長押しして動画を撮影します。 その後、画面右上にある「Aa」をタップし、好きなテキストを入力します。 テキストは大きさや色、デザインなどを編集できます。 そしてテキストを長押しし、「スタンプを好きな場所に追加」をタップします。 この好きな場所というのは画面上の好きな場所ではなく、動画のタイムラインでの好きな場所です。 画面下に出てくる動画のタイムラインのバーを操作して、好きな場所にテキストを配置し、「固定する」をタップすれば完了です。 このときテキストを長押ししたまま、タイムラインのバーを調節しないといけません。 インスタグラムの編集は片手でスマホをもって、片手で操作する人が多いですが、スマホはテーブルや膝の上に乗せた状態で操作しましょう。 ユーザー辞書にはよく使うブランド名やハッシュタグ、あなたのインスタグラムのアカウントURLなどもコピーして、登録しておきましょう。 そうすることでいインスタグラムのコメント欄に「アカウントのURLを教えてください」と質問が来たり、「好きなブランドは何ですか?」とコメント欄や質問スタンプで聞かれたりした場合に、すぐに答えることができます。 とくにインスタグラムのハッシュタグは1文字でも使うとハッシュタグ検索に引っかからなくなってしまうので、入力間違いがないように正しく記載されているものをコピーして、ユーザー辞書登録しておきましょう。 スマホで文字を選択するとするとコピー以外にも、ユーザー辞書という項目が出てくるので、それをタップして登録する方法もあります。

次の

【インスタグラム】文字だけでストーリーに投稿できるタイプモードの使い方

インスタ 文字だけ

インスタのストーリーで透明文字を使う方法 ストーリーに投稿する写真を選ぶ 透明文字は、ストーリーからの加工で行うことができます。 いつもようにストーリーを起動させましょう。 投稿したい画像を選択、リアルタイムでの撮影を行います。 これで、透明文字を入力する準備ができた状態になります。 ノーマルペンで画面を塗りつぶす 次に選択した画像を、一色に塗りつぶします。 右上にあるペイント機能をタップしてください。 画面下部より、塗りつぶしたい色をタップしましょう。 色を選択したら、どこでもいいので画面を長押しします。 すると、画面が選択した色に塗りつぶすことができます。 ぬり潰した画像の上に文字を書く 画面を塗りつぶしたら、画面上部にあるペンを選び、文字を書きます。 選べるペンは、右の3種類となっています。 色との組み合わせで、完成する画像は変わってくるので、いろいろ試してみてください。 消しゴムを選択して長押し 文字の入力が終わったら、画面上部のペンの右端の消しゴムをタップしてください。 そのまま、どこでもいいので画面を長押しします。 すると、文字の部分だけがくりぬかれた状態になります。 透明文字を、任意の画像で表示させることができました。 そして、もう少し文字以外の色を薄くしたい場合は、もう一度長押ししてください。 長押しをすると、周りの色が薄くなっていきます。 何度もやると、そのまま色が無くなってしまうので「元に戻す」をタップすることで一段階前の画像に戻せます。 黒で塗りつぶすと文字だけが浮かび上がる 背景を黒で染めた上に、文字を書いた場合は背景に色はつかず、文字だけが浮かび上がります。 文字だけを浮かび上がらせるために、必要となるのは消しゴムのよこにあるペンです。 そのペンを使い、この状態にしたあとに、消しゴムをタップすると、この画像のようになります。 インスタでは、通常のペンでも半透明のペンがありますが、少し色味が違います。 そのまま投稿しても加工は反映されない 画像が完成しましたが、このままインスタで投稿をしても、加工は反映されません。 加工前のそのままの状態がインスタのストーリーに投稿されてしまいます。 ストーリーから画像を保存することもできますが、保存しても加工は反映されていません。 ストーリーで使用するためには、加工した画像をスクショしなければなりません。 スクショで残した画像を、ストーリーに投稿することで、透明文字をストーリーで使用することが可能です。 色の組み合わせやペンの種類で色合いが変わる 透明文字は、塗りつぶした色と文字を書く色によって色合いがかなり変わります。 こちらの画像は、白で塗りつぶし、黒・青・緑・黄・橙・赤と線を描いたものになります。 少し違いにはなりますが、色の違いだけでこのような差ができます。 次の画像は背景の画像を赤にしたものになります。 描いた線は、黒・青・緑・黄・橙・赤と先ほどと同じですが色合いがかなり違います。 画像によって反映される色に違いもありますし、完全に見えなくなってしまう事もあります。 また、消しゴムの横にあるネオンペンを使うとこのような加工が行えます。 一枚目の画像と色合いなどは同じですが、このような違いが確認できます。 透明文字は実際に文字を入力しているわけではないので、図形などもペイントで描けます。 動画でも使用はできるのか 透明文字は動画でも使用が可能です。 動画と同じように動かすことはできませんが、 透明文字を表示させたままにできます。 ただ、動画で透明文字を使った場合でも、そのまま投稿すると反映はされません。 透明文字を使った動画をストーリーに投稿したい場合は、端末の機能である 「画面収録」を使用してください。 そのまま撮影すると加工のボタンなどが表示されるので、トリミングをして使用しましょう。 外部アプリなどで透明文字は作れるのか? インスタでできている透明文字は、外部アプリで作成するのは難しいです。 ストーリーで加工している方法は、一度色を塗り武した上に、文字を書き、それを削除するという動作が必要です。 しかし、中抜き文字などを作れるアプリは多数あります。 Phonto Phontoは透明な文字を入力することができるアプリです、 スタイルによりストロークの値を上げて、文字を透明にすれば、透明な文字を入力できます。 作成した画像に、フィルターを加えることで、インスタで作成したような画像を作ることもできます。 文字が手書きではなく、テキスト入力というのが大きな違いです。 また、Phontoの場合は、文字にカーブをつけたりすることもできるので、好みの雰囲気を自在に入力できます。 Over Overは自身で任意のテキストを入力はできません。 ただ、元からスタイリッシュな文字がテンプレとして保存されています。 デザインの中には一部は透明文字といった内容のものもあります。 全体を透明にしたい場合はテキストより「Opacity」を調節することで、より透明な文字を入力できます。 どんな文字を入力していいかわからないといった人におすすめのアプリです。 PictArt PictArtは、紹介したアプリの中で一番できることが多いアプリです。 ぼかし、自由切り抜きなどもできるので、透明文字だけでなく様々な加工をしたいときに役立ちます。 文字入力もさまざまなフォントを選ぶことができるのも魅力です。 透明度を下げていけば、透明文字が使用できます。 他にもシャドウを加工したり、ブレンドによっていくつものパターンの文字を入力できます。 合成写真の作成もできるので、加工を第一に考えるならおすすめのアプリです。

次の