ロキソニン は イブプロフェン。 コロナだけじゃない…!イブプロフェンは「こんな病気にも注意」

「イブプロフェンで新型コロナが悪化する?」臨床医に聞いて分かった“飲んではいけない薬”の真偽

ロキソニン は イブプロフェン

「すみません、ロキソニンを売ってもらいたいんですけど……」 と、やってきたのは40代くらいの女性のお客様。 私のいるお店には薬剤師の先生はいらっしゃらいません。 なので第1類医薬品に当たるロキソニンの販売は行っていません。 「主人が歯痛を起こしていて、ロキソニンなら効くと思ってきたんですが……」 「そうでしたか、歯痛の原因はなにか心当たりはありそうですか」 「歯医者に行っていないのではっきりはわかりませんが、ちょっと口の中が腫れているようなことを数日前から言っていました」 基本的に、歯痛で来られるお客様の場合は、必ず早めの歯医者の受診をおすすめしています。 痛み止めは、あくまで一時的に痛みを緩和するためだけのものです。 くすりで痛みをごまかし続けているうちに、症状が進行して、治療の機会を逃してしまう危険性もあります。 「早めに歯医者さんの予約をしていただいて、受診された方がいいですね。 けっこう痛がっていらっしゃいますか」 「ごはんを食べるのがつらいみたいです。 最初はそこまでではなかったのですが……」 「歯医者さんに行くまでつらそうであれば、ロキソニンはご用意できませんがほかの痛み止めをご提案することはできます。 ふだん飲まれている痛み止めはなにかありますか」 いつもはイブプロフェンが配合されたお薬を使用しているとお客様。 でも今回はそのお薬の効果もあまり感じないと言います。 「このお薬と、ロキソニンではどちらが効きますか」 と、指さされたのはイブプロフェンとアセトアミノフェンが配合されたお薬です。 「お客様が使用されているお薬と同じ成分と、もうひとつちがう痛み止めがいっしょに入っているお薬になります。 イブプロフェンが効かない場合、こちらのくすりを飲んでも、効果が期待できない可能性はあります」 「じゃあ、やっぱりロキソニンの方が効果があるんですか」 「成分がちがう分、可能性はあるかもしれません。 両方化学構造が似た成分になるので、旦那様に効くかどうかは正直飲んでみないとわからない部分もありますが」 「そうですよね……」 「ロキソプロフェンのほうが、イブプロフェンと比べると作用がでるのが早いので、効けば速効性はあります。 ただ、効果の持続時間が短いので、連用には注意した方がいいです」 お客様はロキソニンを探されるようだったので、詳しい話はそのお店の薬剤師さんに聞いてもらうことにしました。 「ただ、旦那様の場合、くすりの成分で効かないというよりも、やっぱり症状の進行で痛み止めの範疇を超えている可能性が高いです。 一刻も早く治療するようお伝えくださいね」 「わかりました。 ありがとうございました」 「おだいじになさってください」 ロキソプロフェンは登録販売者では扱えないお薬の成分です。 でも、知識は持っていて損はないです。 ロキソニンは鎮痛・抗炎症効果が高いというのはもちろんですが、 作用が発現する時間が早いけど持続時間はわりと短いということも知っているといいですね。 ロキソニン以外のお薬の選択肢ができることもあると思います。 お客様にとっていい選択を提案できますように。 今日も元気にいってらっしゃい~。

次の

新型コロナ肺炎にイブプロフェンは避けて! ではロキソニンは?

ロキソニン は イブプロフェン

どうして日本人だけがロキソニンを使い、海外の人々はロキソニンを使わないのか、その理由をご存じだろうか? 実は、これは海外の製薬企業が、政治力と外交力を巧みに使い、世界の医薬品市場をコントロールしているせいなのだ!! ・・・といえたら面白いのだけど、残念ながら、そういう話は裏付けがないのでおいとく。 さて、前回の記事をアップした後で、小嶋慎二さんという薬剤師さんが、ロキソニンを製造している第一三共という会社が作成した資料のリンクを貼ってツイートしてくれた。 一部を引く。 「一般用医薬品として承認・発売されている国はない<略> 海外展開をはかっている各国のライセンス先が、一般用医薬品の販売網をほとんど保有していないことなどから、一般用医薬品とする必要性やノウハウがないことによるものと考える」 これ、どうでしょう? 販売網がないから市販薬にできないというのはわかりますよ。 その翌年に、ロキソニンは病院で出される処方薬として国の認可を受けることになる。 ロキソニンを開発したのは、三共(現第一三共)という国内の製薬メーカーだった。 前回紹介したとおり、ロキソニンが発売した当時の医療記事でも、副作用が比較的少ないことが、この薬の特徴として挙げられている。 いまもロキソニンが「胃への負担が比較的少ない」といわれるのは、そういう開発の経緯があるためだろう。 もっとも、ロキソニンが胃への負担が少ないというのは、相対的なものでしかなく、何と比較するかによる。 胃への負担が少ない薬として開発されたにもかかわらず、今日の状況ではどういうわけか、ロキソニンは胃への負担があるとして病院では「ムコスタ」などの胃粘膜保護薬とセットで処方されたり、市販薬のロキソニンにも胃への負担を減らすというような商品がでている。 これいかに。 鎮痛効果はロキソニンの方が強そう ロキソニンは、イブプロフェンよりも新しい薬だ。 新しいというだけで優れた薬のように聞こえるが、実際はどうなのだろうか。 副作用全体の発現率でみると、両者はほとんど変わらない。 となっている。 ドラッグストアで買うならばロキソニンの方がおそらく強い。 二重盲検の詳細は「臨床と研究」に掲載)。 そのような国では、ロキソニンは市販薬にする必要はないのかもしれない。 にもかかわらず、イブプロフェンはいつでもドラッグストアで購入できるのに、ロキソニンになると、薬剤師の説明・確認がなくては購入できない。 これには、「薬剤師がいないとロキソニンが買えないのはおかしい」という意見と、「そもそも、イブプロフェンが薬剤師の説明なしで買えるのがおかしい」という意見がある。 この議論は決着していない。 ロキソニンは特別優秀な薬といえるか、これも議論がありそうだ。 「ロキソニンはすごく効く鎮痛薬」というのは多大評価かもしれない。 「ロキソニンは危険で、他のイブなどの鎮痛薬は安全」というのは過小評価かもしれない。 イブは1回150mgだが、200mgも販売されているので、ブルフェンと同様に評価できると考えられる。 kuriedits 日本の市販薬市場を変えようとしてるドラッグストアの薬剤師。 このブログでは「自分に合った市販薬を選びませんか?」をテーマに薬選びに役立つ情報を提供いたします。 また、複数のドラッグストアを見てきた経験から感じたことも書いています。 現在は社内の新規事業関連のへっぽこ責任者。 JCEJ「ジャーナリズム・イノベーション・アワード」11位、朝日新聞「未来メディアキャンプ」未来メディアキャンプ賞受賞。 当ブログに書かれた情報は基礎的なものばかりです。 現場の薬剤師・登録販売者は、このブログの3倍の情報量は持っているはずなので、ぜひ色々質問することをお勧めします。 また、記事の内容は個人的見解であり、専門家向けの情報もあるので扱いは自己責任でお願いします。 内容を信頼したことによって生じるいかなる損害についても責任をお引き受けいたしかねます。 なので、文脈を無視した誤解を与えるコピペはご遠慮ください。 ツイッターもやってます。 kuriedits.

次の

新型コロナ肺炎にイブプロフェンは避けて! ではロキソニンは?

ロキソニン は イブプロフェン

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)のひとつであるイブプロフェン。 消炎鎮痛効果が高く、比較的副作用が少ないため、市販薬として安全に使用できるとして1985年スイッチOTC薬となりました。 今では、市販の頭痛・生理痛・歯痛に対する消炎鎮痛薬や、総合感冒薬に解熱作用を目的として含まれる、代表的な薬となりました。 ロキソニンや、市販のロキソニンSの成分であるロキソプロフェンは、イブプロフェンから26年、久しぶりにスイッチOTC薬となったNSAIDsです。 スイッチ後間もないため、今はまだロキソニンS購入前には、薬剤師から説明を受ける必要のある、第1類医薬品に指定されています。 では、 イブプロフェンとロキソニンでは、その鎮痛消炎作用や安全性に違いはあるのでしょうか? 過去に国内で発表された、イブプロフェンやロキソプロフェンの論文で報告されている、有害事象(薬を服用して発現した好ましくない症状全般)を、比較した報告があります。 腰痛症の治療に対して投与されているため、どちらの薬も比較的用法・用量は多いと考えられますが、 全体の有害事象の発現率は、イブプロフェンの方が、ロキソプロフェンの2倍多かったという報告があります。 その他の有害事象の特長としては、ロキソプロフェンでは肝臓や胆のう、腎機能に関連する有害事象が多く、臨床検査値に変動が起こることが多いようです。 イブプロフェンでは、眼に症状が出ることが多く、また呼吸器や心臓に対する影響もあるようです。 副作用の発現に差があるため、 イブプロフェンで副作用が発現した場合には、ロキソプロフェンに変えるなどで対処できるかもしれません。 腰痛症に対する効果は、投与した患者さんの人数に差があるようですが、イブプロフェンの効果を1とすると、ロキソプロフェンでは1. 16倍と、若干効果が高いようです。 イブプロフェンは、市販薬における用法・用量は、医療用医薬品のときよりも、少ない用法用量となっています。 そのため、副作用の発現率も少ないことが考えられます。 いずれの薬も、消炎鎮痛効果は高く、安全に使用できることが確認されていますので、自分にあった薬を選んで使用するようにしましょう。

次の