クラウド ストライク 株。 【個別株】CRWD クラウドストライク

【企業まとめ】クラウドストライク(CWRD)とは?ファルコンでサイバーセキュリティー!

クラウド ストライク 株

ITbook 東M 744 -43 -5. 89 - フロンテオ 東M 812 -6 -0. 18 - LINK&M 東1 402 -8 -1. 25 1. 79 ドーン JQ 2,130 -49 -2. 7 4. 33 0. 47 クロスキャト 東1 1,290 -7 -0. 3 3. 02 1. 71 システナ 東1 1,445 -34 -2. 2 6. 18 1. 27 - ASJ 東M 1,437 -51 -3. 98 0. 14 エイジア 東1 1,439 -86 -5. 3 3. 69 1. 74 YEデジタル 東2 584 -29 -4. 7 3. 43 1. 03 コア 東1 1,207 -5 -0. 0 20. 94 1.

次の

【クラウドコンピューティング】関連が株式テーマの銘柄一覧

クラウド ストライク 株

クラウドストライク(CrowdStrike)は、クラウドを通じて次世代のネットセキュリティを提供する企業です。 顧客企業で起きたハッキング事例などの分析結果をクラウドで他の顧客にもシェアする独自のセキュリティシステムをつくっています。 「クラウドストライク・ファルコン」は、あらゆるエンドポイント(PCやサーバー、仮想化環境、IoTデバイス等)でデータを集め、クラウドプラットフォーム内の全情報を分析し、顧客のセキュリティ態勢を更新し続けるため、顧客数が増えれば増えるほど、データベースも豊かになり、多様な脅威に対抗できるようになります。 CRWDは、AIを搭載したエンドポイント保護プラットフォームで、未知のマルウェアやサイバー攻撃をいち早く認知し、前述のデータベースを用いた新たなセキュリティ体制を顧客に共有していくからです。 こういった新技術の将来性と、2020年以降のリモートワーク時代での需要増から、CRWDへの期待は高まっています。 業務形態はサブスクリプション形式なので、SaaSでの次世代ネットセキュリティ企業として注目されています。 【事業構成】(売上比) 【当サイト掲載の広告について】 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 こうした広告配信事業者は、ユーザーの関心に合わせた商品やサービスの広告を表示するために当サイトおよび他サイトへのアクセスに関する情報として 『Cookie』 氏名や住所、メルアド、電話番号は含まれない をたびたび使用しています。 なお、Googleアドセンスに関して、このプロセスの詳細や情報が広告配信事業者に使用されないようにする際には、をクリックして下さい。 【アクセス解析ツールの使用】 当サイトではアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を用いています。 このツールはトラフィックデータの収集のためにCookieを用いています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすれば拒否できるので、その場合は、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはアナリティクスのやグーグルのをご覧ください。 【当サイトへのコメントについて】 当サイトでは、スパムや荒らし対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされており、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 【個人情報の取得について】 当ブログのお問い合わせフォームには個人情報を入力する欄がありますが、そこで得られた情報を本人の承諾なく公開したり、他媒体に渡すことはありません。

次の

米国株で目指せ億り人★買わなかった株が上昇中★クラウドストライク★サブスク・セキュリティサービス会社

クラウド ストライク 株

近くIPOするクラウドストライクは、 元マカフィーのCTOが同僚と共に設立! は、近くナスダックに新規株式公開(IPO)を予定しているセキュリティ・クラウド(Security Cloud)企業です。 本コラムで紹介することが多いのライバル企業です。 クラウドストライクは、2011年に元マカフィーのチーフ・テクノロジー・オフィサーだったジョージ・カーツが、同僚のドミトリ・アルペロビッチと一緒に設立した企業です。 クラウドストライクの名前の由来は、 「cloud(雲)」ではなく「crowd(群衆)」 クラウドストライクは、クラウドソーシング(crowdsourcing)の手法をネットワーク・セキュリティに援用しています。 すなわち沢山の顧客企業のうち誰かが攻撃された場合、その侵入者の情報をAWS上に構築した「クラウドストライク・ファルコン」というプラットフォームを経由し、他の全顧客と共有して集団で防衛します。 クラウドストライクの社名がcloud(雲)ではなくcrowd(群衆)なのは、そういう理由です。 クラウドストライクがこうしたサービスを発想した背景には、ハッカーの侵入を全て防げるというのは幻想に過ぎず、実際にはどんなに防御を固めても新しい手法で侵入されるので、むしろ「侵入された後、どう対処する?」ということのほうがずっと重要だという気づきがあります。 このような集団防衛のメリットは、自社で経験豊かなITセキュリティ担当者を常駐できないような中小企業でも、大企業と同じレベルの対応が出来る点にあります。 クラウドに移行しつつあるIT環境に合わせた 新しいセキュリティ・サービスを提供 我々は、セールスフォース・ドットコム(ティッカーシンボル:CRM)、ワークデイ(ティッカーシンボル:WDAY)、サービスナウ(ティッカーシンボル:NOW)などのクラウドを通じたサービスを利用しながら、日常業務を進めることが多くなっています。 このように、会社での日常業務がクラウドに移行するとともに、いままでのファイアーウォールで守られた社内のITインフラだけを守るという発想は実情にそぐわなくなってきています。 すると、 新しいITセキュリティ・アーキテクチャは、そのような新しい環境を想定して最初からやり直す必要があるわけです。 クラウドストライクは、まさしくそのような出発点から全く新しいサービスをデザインしました。 クラウドストライクのサービスは、ソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)として顧客に届けられ、定期購読される形態をとります。 クラウドストライクの業績は好調! ドルベース・ネット・リテンション率は147%に クラウドストライクは、2019年1月31日で終了した四半期では年率換算3. 13億ドルの年間リピート売上高(ARR: Annual Recurring Revenue)を記録しました。 これは前年同期比+121%でした。

次の