ピコ レーザー 大阪。 ピコレーザーでシミ400個にピコスポット!当日の感想

【大阪編】ピコレーザーで評判のおすすめクリニック3選

ピコ レーザー 大阪

ピコレーザーによる美容施術も治療メニューから削除されているようです。 湘南美容クリニック新宿本院 ピコシュア (ニキビ跡、毛穴、しみ、そばかす、シワ) 10,800円(税込) 27,800円(税込) クリニックビザリア ディスカバリーピコ (しみ、そばかす、くすみ、肝斑) 30,000円(税別) 50,000円(税別) 東京皮膚科・形成外科 ピコウェイ (シミ、タトゥー除去) 21,600円(税込) 治療メニュー記載なし 秋葉原中央クリニック エンライトン (しみ・くすみ・肝斑・そばかす) 9,000円(税別) 治療メニュー記載なし 秋葉原フロンティアクリニック(旧:秋葉原F2クリニック) ピコシュア (ニキビ跡、毛穴、しみ、そばかす、シワ) 20,000円(税別) 34,000円(税別) 新宿中央クリニック ピコシュア (ニキビ跡、毛穴、しみ、そばかす、シワ) 14,000円(税別) 治療メニューに記載なし 川崎中央クリニック スペクトラピコ (トーニング、小じわ、毛穴、ニキビ跡) 35,000円(税別) 35,000円(税別) 四谷見附クリニック ピコシュア (ニキビ跡、毛穴、しみ、そばかす、シワ) リジュビネーション+フラクショナル1回 70,000円(税別) 藤沢美容外科クリニック ディスカバリーピコ (美白、引き締め、ハリ) 25,800円(税別) 治療メニューに記載なし シャルムクリニック エンライトン (しみ、タトゥー除去) 治療メニューに記載なし 治療メニューに記載なし 大宮中央クリニック エンライトン (しみ、くすみ、肝斑) 24,800円(税別) 治療メニューに記載なし ピコレーザー施術が受けられる首都圏のクリニックの特徴 芦屋美容クリニック銀座院 芦屋美容クリニック小西院長は、ピコシュアについて、かなり細かい設定や照射方法の工夫が必要なレーザーのため、事前のカウンセリングにより、どのような治療を行うことが、その患者の悩みに直結しているのかを診る力が一番大切だと考えています。 そのため、院長自らがピコシュアを使用した施術にも対応しています。 ピコビューティークリニック 新宿 ピコビューティークリニックはピコレーザーによる施術に特化したクリニックですので、技術や経験も豊富で安心してお願いできるというのも嬉しいポイント。 卓越した技術を持つスタッフのみを集めた少数精鋭体制で営業しているので、高い効果を保ちながらも価格も抑えることができているようです。 ルーチェ東京美容クリニック これまで使ってきたQスイッチレーザーに代わり、パルス幅がさらに短くなったピコ秒となったピコレーザー。 ルーチェ東京美容クリニックは「ピコレーザー(エンライトン)テクニカルプロバイダー」であり、技術力には高い信頼性があります。 これまでにもピコレーザーの学会発表をするなど熱心に取り組んでいます。 銀座みゆき通り美容外科 ピコレーザートーニングを「最新レーザーのシャワー」と呼んでいます。 透明感、ハリ、キメを生み出し、肌の状態をトータルに改善。 混在する様々な症状を一度に解消するため、肌をランクアップさせます。 ただし、薄いシミやそばかすは複数回の治療をすすめています。 東京美容皮膚科クリニック リニューアルオープンにともない、2018年11月30日をもって、ピコレーザータトゥー除去の受付を終了しています。 ピコレーザーによる美容施術も治療メニューから削除されているようです。 湘南美容クリニック 新宿本院 美容業界で大きな革新ともいえるピコレーザーを用いた美肌治療は、湘南美容外科グループの中で「もっとも最新で効果が期待できる治療」といわれているほど。 肌のハリ、小じわや毛穴の改善効果から、美肌を目指していたり、従来のレーザー治療での効果が物足りなくなった人向けに人気の施術となっています。 クリニックビザリア くすみ取りとしてのレーザートーニング、フラクショナル、シミ取り、タトゥー除去が施術メニューとして用意されています。 ピコレーザーを使った施術での大きな特徴は、シミ取りメニューにある「しみ・そばかす取り放題」でしょう。 顔全体で気になるシミが複数個ある場合は、こちらを選択した方が割安になるかもしれません。 東京皮膚科・形成外科 ピコレーザーを使用する施術はシミ取りとタトゥー除去のみとなっています。 ピコレーザー1ショット(3mm直径)2,000円、シミ面積1cm2につき20,000円の料金のいずれかを適用し、照射するという形となっています。 また、治療前後の写真をネット掲載や学術発表などの使用で協力する場合は2~4割引が適用されるようです。 秋葉原中央クリニック 美肌治療、タトゥー除去としてピコレーザーを使用した施術を用意しています。 注目すべきは新しい施術メニューとして登場した「ピコWレーザー」。 ピコレーザーとアレキサンドライトレーザーという2種類のレーザーを使用することで、30代から感じはじめる肌の老化に対し、若々しい印象と老化のスピードを変えていく治療です。 秋葉原フロンティアクリニック(旧:秋葉原F2クリニック) 秋葉原フロンティアクリニックの美肌治療は女性専用。 ピコトーニングはシミ、くすみ、そばかすに効果があり、ハリ、ツヤアップも期待できます。 背中や手の甲の施術もOKです。 フラクショナルならばニキビ跡、小じわ、毛穴の開きなどを改善します。 トーニングとフラクショナルを合わせた治療は割安に設定されています。 新宿中央クリニック 新宿中央クリニックのピコトーニングは、いくら治療しても取れなかったシミや顔全体を美肌にしたい、そばかすやシミを取りたい、という人を対象に設定されています。 顔・首・デコルテ・背中・腕・手の甲・足などあらゆる部位に治療可能。 麻酔クリームの塗布もあります。 川崎中央クリニック 川崎中央クリニックは日本で初めてルートロニック社のピコレーザー「スペクトラピコ」を導入。 ピコレーザーのうち、4つの波長を搭載しているのはスペクトラピコレーザーだけということで、院長自らが選びました。 トーニング、フラクショナル、シミ取り、タトゥー除去に対応しています。 四谷見附クリニック 院長は日本レーザー医学会が認定するレーザー専門医およびレーザー指導医の資格を所持。 スタッフも、レーザー医学会によるレーザー安全教育セミナーを受講したり、専門レーザー技師としての資格認定を受けていたりと、日々技術面、知識面で鍛錬しているので、安心してレーザー治療を受けることができます。 藤沢美容外科クリニック 最先端の美容医療技術を提供することを心がけている藤沢美容外科クリニック。 20台の機械を使いこなし、治療を行います。 ピコレーザーとしては、世界でいくつか発売されているピコレーザーのうち、2倍から4倍のパワーで照射ができる最も強力で柔軟なレーザー「ディスカバリーピコ」を導入し、ワンランク上の透明感を体験することができます。 シャルムクリニック シャルムクリニックのピコレーザーを使用した治療は、シミ取りとタトゥー除去。 また、老人性色素斑などの病変に対する治療にもピコレーザーを使用するようです。 皮膚科専門医として、術前の診断を重視しており、種類や症状に応じたシミの処置を行います。 しみやアザには様々な種類があるため、気になる人はカウンセリングをおすすめします。 大宮中央クリニック 大宮中央クリニックは、平成27年12月、ピコレーザーエンライトンを北関東で初めて導入しました。 エンライトンは非常に高性能なレーザー機器で、レーザーを均一に当てることができるようになり、治療のムラが起きにくくなっています。 トーニングの治療目安は週1回、1クール10回程度の治療を行い、1カ月に1度のメンテナンス治療を行います。 東京中央美容外科・美容皮膚科 リーズナブルな価格で高品質な利用を提供することをコンセプトに治療を行っているこちらのクリニック。 総院長は、大手美容クリニックグループで総院長を務めた経歴のある熟練ドクターです。 アフターフォローが充実しており、トラブルの際には無料で修正や回復の施術をおこなってもらうことができるほか、AGA治療などで効果が得られなかった場合に返金してもらうこともできます。 プチ整形メニューが豊富なのも魅力です。 クロスクリニック クロスクリニックは、ピコウェイでスキンケアの施術を行っているのが特徴。 しみやそばかす、肝斑、毛穴の開きなど幅広い症状を改善することができます。 様々な路線が乗り入れる銀座駅から徒歩2分という立地にあるのも魅力。 院長を務める石川ドクターは、年間で30回ちかく学会発表やセミナーで講師を務めるなど、申し分のない実績の持ち主なので、安心して施術を任せることができます。 MBクリニック麻布十番 アメリカの厚労省にあたるFDAから許認可を受けた安全性の高いピコレーザーマシン、ピコシュアを使って治療を実施。 周辺組織にダメージを与えることなく効果的な施術を行うことができます。 また、土日祝日も休まず診察を行っているので、自分の好きな時間に通えて便利。 医療レーザー脱毛も最新鋭の設備を導入して施術を行っているため、男女ともに患者から評判です。 様々なキャンペーンを積極的に行っているのも見逃せないポイント。 銀座フェミークリニック 最寄り駅である銀座一丁目駅のすぐ目の前にあるこちらのクリニックは、年中無休で診察を実施。 そのため、平日の昼間に通うのが困難な人にはぴったりです。 また、感染症のリスクを軽減するため、最新の滅菌機器などを積極的に導入しているため、安心して治療を受けることが可能。 インフォームドコンセントを徹底しているのも魅力です。 高山ホワイト皮膚科クリニック JR恵比寿駅や東急東横線の代官山駅など様々な路線でアクセスすることができる高山ホワイト皮膚科クリニックは、院長が女性ドクターです。 美容医療の悩みの中には、異性には話しにくいこともありますが、こちらのクリニックであれば女性でも気軽に話をすることができます。 また、ナチュライトやQ-YAGレーザーといった最新の設備を導入して治療を行っているのもポイントです。 表参道美容皮膚科 原宿駅のすぐ目の前にあるこちらのクリニックの特徴は、2名のドクターが在籍しています。 どちらの経験豊富なドクター、有名美容クリニックで10年以上、勤務し、院長を務めた経験もあり。 美容医療の施術では、カウンセリングだけドクターが行って、施術は看護師が行うというケースも珍しくありませんが、表参道美容皮膚科では、ドクター自ら施術を行ってくれるので、安心して治療を任せることができます。 品川スキンクリニック美容皮フ科 開院から31年の実績があり、全国各地に38院を展開している品川スキンクリニック美容皮フ科は、症例実績が800万件以上。 アメリカの厚労省にあたるFDAの承認を受けているピコシュアという設備を導入して、ピコトーニングの施術を行っています。 他社のピコレーザーマシンに比べて吸光度が3倍もあるので、皮膚に負担をかけずに治療を受けることが可能。 ダウンタイムも大変、短くなっています。 Wi Clinic銀座院 東京・銀座にあるWi Clinicで使用しているピコレーザーは、日本人の肌に合わせて開発したオリジナル機器。 従来のレーザーより少ない治療回数で効果を実感できるよう、より深くまでレーザーが届くようになりました。 施術による痛みやダウンタイムがほとんどないことも好評の理由。 仕事終わりや週末に受診することも可能です。 また、東南アジアでの医療活動経験もある秋田護院長が、自由診療だからこそ可能になる健康や幸せを追求し、治療を提供しています。 SHERIE CLINIC 日本ではまだ導入数が少ないと言われている「ピコドリーム」を導入しているSHERIE CLINIC。 この機器は、従来のピコレーザーより肌へのダメージが少なく、治療時間を短縮することに成功した機器です。 また、嬉しいことに美白効果もアップしているのだとか。 痛みが気になる方には表面麻酔を施すので、安心して施術を受けられます。 10年以上、美容医療に携わってきた鈴木院長が、その経験や知識を生かして患者さんに合わせた施術を行います。 レジーナクリニック 表参道院 厚生労働省の薬事承認取得のピコレーザーである「ピコウェイ」を導入しているレジーナクリニック表参道院。 これまでのレーザー治療より皮膚へのダメージや痛みを最小限に抑えることを可能にしたため、安心して受けられることが特徴です。 ダウンタイムを軽減して痛みも軽いことでも注目されています。 最寄駅から徒歩5分の立地にあって夜間も診療しているので、仕事終わりに受診することも可能。 休日にゆっくり施術を受けられます。 ガーデンクリニック新宿院 東京にあるガーデンクリニック新宿院では、肌への負担や痛みを最小限に抑える治療が可能なピコレーザー「エンライトン」を導入しています。 「厚生労働省医療機器製造販売承認」取得のレーザーで、総合的な美肌治療の提供に努めています。 また、安心と安全を最優先に、患者様のストレスとなる痛みや不安を取り除く努力を惜しみません。 そのため、カウンセリングを重視していることも特徴のひとつ。 忙しい方でも気軽に受診できるよう、オンライン診療も行っているため、スマートフォンからも診療可能です。 そもそもピコレーザーとは? ピコレーザーは、かつて肌治療に利用されていた従来のレーザー機器が抱えていた難点をクリアし、より効率的な治療をするために開発されました。 改良された主な機能、そして注目すべき特徴は次の通りです。 従来のレーザーの問題点を解決 シミなどの治療をさらに効果的に ピコレーザーが現在のようにクリニックなどの医療現場で普及しつつある状態になるまでは、Qスイチレーザーがレーザー治療において中心的な役割を果たしていました。 Qスイッチレーザーも、それ以前まで用いられていたレーザーと比較すると、かなり短いパルス幅で治療ができるようにはなっていました。 それでも、ナノ秒はピコ秒と比べれば長い時間になってしまい、「ピンポイントで照射」が難しかったのです。 そうなると、肌への負担も多くなってしまいます。 けれども、ピコレーザーが開発されたことで、想像するのも難しい「1兆分の1秒」という、非常に短い間隔で光を照射することができ、またより正確なピンポンと照射も可能になりました。 施術期間を短縮 ピンポイントで狙った肌の部位に照射を行なえるため、より効果的なアプローチを行なうことが可能になりました。 その結果、Qスイッチレーザーで治療する場合よりも、施術を受ける回数を減らすことができ、おのずと施術期間も短くなります。 注目すべき特徴 短いダウンタイム 非常に短い時間の照射ができるピコレーザーは、肌に与えるダメージを抑えつつ短期間での施術完了が可能です。 その結果、照射した肌の部位の細胞が起こす炎症も軽くなるわけです。 ですから、ダウンタイムが大幅に縮小します。 ダウンタイムが短ければ、さまざまなメリットを得られます。 たとえば、医師と相談の上ではありますが、敏感肌の人でも治療を受けられる可能性が上がりますし、会社などで連休が取りづらい場合なども、スケージュールを調整して治療を受けやすくます。 ピコレーザーで期待できる効果とは? 肌の悩みに幅ひろく対応するピコレーザー。 期待できる効果について、大きく3つにわけてみていきましょう。 若々しい印象を与える肌 ピコレーザー治療を受けることで、 若々しい印象を与えることのできる肌を目指せます。 治療の回数が短縮され、ダウンタイムも短くなっているので、思い立ったときに、くすみを改善したり肌にハリをもたせたりするための治療を気軽にスタートできるのです。 20代や30代前半のころには全く気にならなかったような肌の悩みが、40歳近くになって、急に感じられるようになるケースもあるでしょう。 鏡をみるたびにくすみが気になりだしたら、ピコレーザー治療を検討してみるのもひとつの方法です。 どのようなメカニズムなのか ちなみに、具体的にはどのような理屈で肌を若々しい印象にすることができるのでしょうか。 実は、ピコレーザーによる照射は、上皮の細胞を活性化して、ターンオーバーを促す作用をもっているのです。 肌が新しく生まれ変わるサイクルを短くすることで、潤いのある状態へと導き、キープする効果も期待できます。 さまざまな肌トラブルにアプローチ ピコレーザーを使用すれば、幅広い種類の肌トラブルに対応できます。 Qスイッチレーザーと比較すると、3倍もの効果を期待できるとされています。 というのも、メラニン色素に吸収されやすい波長を使えるため、しっかりとシミにアプローチしやすくなるためです。 なかなか除去できずにいる頑固なシミなども、改善できる可能性があります。 コラーゲンの量を増やす効果にも期待 また、ピコレーザーなら、真皮層にあるコラーゲンの量を増加させることも可能です。 これは、ニキビ痕の治療にも活用できます。 ニキビ跡の下の真皮層のコラーゲンを増やせば、皮膚の再生促進にもつながるからです。 また、コラーゲンが増えれば、肌にハリがでます。 その結果、毛穴が目立ちにくくなる美肌効果も期待できます。 タトゥー除去にも期待 大きな粒子だけでなく、 小さな粒子までしっかりと粉砕することができます。 そのため、タトゥーの色素はスムーズに分解されやすくなります。 かつては除去に時間がかかるうえに、あまりきれいに除去できないケースも少なくなかったタトゥー除去治療ですが、ピコレーザーではより効果的なアプローチが期待できます。 ピコレーザーの仕組み シミなどの原因であるメラニンやタトゥーのインク色素などに対して、振動波をぶつけることで砕いていくのが、ピコレーザー治療の仕組みです。 照射をピンポイントで行い、しかも肌にやさしい治療ができるのが特徴です。 この特徴を生かした、代表的な3タイプの施術「ピコトーニング」「ピコフラクショナル」「ピコスポット」についてみていきましょう。 ピコトーニング Qスイッチレーザーを使用してくすみを治療しようとすると、レーザーが強すぎるため、場合によっては、逆にシミや白斑、あるいは炎症性色素性沈着などを発生させてしまうという問題点がありました。 けれども、ピコレーザーなら、 弱いレーザーを照射できるので、広範囲にわたるくすみなどを消していく治療に役立ちます。 しかも、ダウンタイムがとても短いというメリットもあり、最短では24時間です。 ピコフラクショナル マイクロレンズアレイを装着して治療を行うと、 レーザーが真皮層まで届くため、コラーゲンの量を増加させられます。 コラーゲンは、肌が美しい状態に戻るのをサポートする働きがあるため、ピコフラクショナルは、肌を若々しく見せる効果を期待できる治療だといえます。 ニキビ跡や肌のたるみなどを改善していきます。 ピコスポット メラニン色素に照射を行い、粉砕していく治療方法です。 粉砕されたメラニン色素は、やがて老廃物として分解されていくため、シミが除去されるというメカニズムです。 強力な治療方法のように感じられるかもしれませんが、熱処理ではなく衝撃波による治療なので、肌へのダメージはあまり多くはありません。 ピコレーザーが大活躍する3種類の治療 1. 肌のハリを取り戻すための治療 肌にハリ・ツヤを与えるための鍵となるのが、コラーゲンやエラスチンです。 ピコレーザー治療を行なうことによって、それらを刺激し、生成を活性化。 活性化すると、コラーゲンやエラスチンは量が増えていきます。 すると、 肌の潤いが増すため、肌質自体が改善が期待されます。 その結果、若いときと同じような肌の状態に近づけることができるわけです。 また、ピコレーザー治療は肌へのダメージが少ないため、ダウンタイムも大幅に縮小されています。 手軽に若々しい印象を手に入れられる可能性のあるレーザー治療だといえるでしょう。 シミの状態を改善するための治療 シミに対しても、しっかりとしたアプローチが可能です。 短いパルス幅で肌へのダメージが少ない照射をメラニン色素へピンポイント照射できるため、 従来のレーザー治療では改善されなかったシミにも効果的な治療を行える可能性があります。 シミの他にも、虫刺されの跡や引っ掻いてできてしまった傷跡、そしてニキビ跡など、幅広い肌の悩みを改善するための治療用アイテムとして、ピコレーザーが活躍しています。 タトゥーを除去するための治療 従来のQスイッチレーザーなどと異なり、ピコレーザーは、複数のサイズのインク粒子に働きかけられるため、さまざまなタイプのタトゥー除去治療において効果を期待できる医療機器です。 インク粒子を破壊するスピードが早いため、かつてよりも短い期間での治療もしやすくなりました。 波長をコントロールでき、アートメイクや複数の色のインクを使ったマルチカラーのタトゥー除去にも対応可能です。 ピコレーザーのデメリット レーザー治療の中では、メリットが多いといるピコレーザーですが、デメリットがゼロというわけではありません。 それでもデメリットというより、「ピコレーザー治療であっても気をつけておきたいポイント」という表現のほうが合っているかもしれません。 ここでは、特に大切な2点について説明していきます。 しっかりとカウンセリングを受ける 後悔のない治療を受けるためにも、ピコレーザー治療について事前に充分なカウンセリングを受けることが重要です。 施術自体よりもカウンセリングにより多くの時間をかけるような積極的な姿勢が理想的です。 医師にしっかりと健康状態や肌の状態を診てもらい、自分に適した治療内容を提案してもらいましょう。 また、ピコレーザーを照射する際には、肌に多少の痛みを感じることがあるため、痛みに対する苦手意識が強い人は、カウンセリングでの話し合いによっては麻酔をかけてから照射を行なう流れになる可能性もあります。 ピコレーザー治療を受けられない人 肌へのダメージが優しく、過敏症の皮膚の人でも受けられる可能性があるのがピコレーザー治療の特徴です。 けれども、ピコレーザーが受けられない人もいます。 それは、妊娠中の人や特定の持病がある人、特定の皮膚病を抱えている人、過度の日焼けをしている人などです。 身体の健康を守るためにも、自分が該当していないかどうかを、「ピコレーザー治療を受けられない人」が一覧になっているリストなどで調べ、しっかりと把握しておく必要があります。 また、自分だけの判断では危険なので、該当する項目がない人でも、治療前に医師と充分話をしておくことが大切です。 施術当日・施術後に注意すべきことがある ピコレーザー治療を受ける日にそなえて、 しっかりと体調を整えておきましょう。 睡眠が不足していると、体調不良の原因になるため要注意です。 また、施術内容にもよりますが、施術後一定期間は浴槽につかれないことや、メイクができない場合もあり得るので、事前に把握しておきましょう。 適切な身支度をするのに役立つはずです。 施術後は 一過性のものではあっても、肌にトラブルが生じる可能性があります。 どうしても気になる場合は、すぐに医師に相談することが大切です。 また、紫外線をブロックするなどのアフターケアも、医師の指示どおりに行いましょう。 ピコレーザーに関するFAQ ピコレーザーを使う治療について、よくある質問大きく2種類に分け、それぞれに対する回答をまとめました。 施術そのものについて Q.一回だけの照射で悩みは改善されますか? A. ケースバイケースです。 たとえば、シミであれば、色の濃さや大きさ、皮膚の状態など複数の要素によって、必要となる治療回数は異なってきます。 ちなみに、色素が特に濃いタトゥーやアートメイクの除去治療では、6回以上必要となる場合が多いです。 Q.照射による痛みはどのくらいですか? A. 痛みに弱いタイプか否か、にもよって感覚は異なりますが、弾かれるような痛みと表現されることがあります。 どうしても痛みが苦手な場合は、照射する部位にクリームタイプの麻酔を塗布しておく場合もあります。 施術後のケアや悩みについて Q.施術後に気をつけることは何ですか? A. 肌へ刺激や熱を与えないように気をつけることが大切です。 また、紫外線をしっかりとグロックしましょう。 照射したのが小さなポイントだけであっても、軟膏・テープ・ガーゼで保護しておくのが理想的です。 施術後にシミが濃くなってしまったように思うのですが… A. 色素が濃くなったわけではありません。 ピコレーザーによって分解された色素が、一時的に濃くなったように見えているだけだと考えられます。 分解された色素は、やがて排出されていくため、シミも薄くなっていくはずです。 施術後にシミが広がってしまったように思うのですが A. 濃いシミだけでなく、「シミ予備軍」のような薄いシミも照射された結果だと考えられます。 ピコレーザーによって分解された色素が、排出されるまでの期間、少し濃くなっている状態です。

次の

ピコレーザートーニング

ピコ レーザー 大阪

PRICE 料金表 初回価格の記載がある施術・モニター募集中の施術はおトクです。 ・レーザー照射を受けた直後は、軽度の発赤とほてりが出ますが数時間で消失します。 正常な反応なので、心配はありません。 ・治療後わずかに一過性の皮疹や点状出血が出ることがありますが、時間が経過すると症状は改善していきます。 メイク 当日より可能ですが、過度な摩擦は避けて保湿をしっかり行ってください 入浴・洗顔 当日より可能ですが、過度な摩擦は避けて保湿をしっかり行ってください 運動 制限なし 施術部位への刺激 当日はお控えください リスク・副作用・合併症について• ・ピコフラクショナル後、施術の出力によりざらつきと赤みが数日間続くことがあります。 ・治療後、まれに白斑や一時的に色が濃くなることがあります。 また、紫外線にあたると色素沈着が発生する場合がありますので、日焼け止めクリーム等で紫外線対策をしてください。 ・個人差により、照射後2週間~1ヵ月程度で治療部位に色素沈着が生じることがありますが、時間の経過と共に消退していきます。 ・照射後、治療の経過により赤み、痛み、水疱が出た場合は適切な処置を行いますので、当クリニックにご連絡ください。 ・ゴールドセラピーを受けたことある方• ・リウマチなど関節炎があり金製剤を内服したことのある方• ・炎症性の日焼けをしている方• ・アトピーの方 医師への相談が必要な方• ・炎症性ニキビがある方• ・他院で1ヵ月以内にレーザー処置等を受けた方• ・お顔に異物が入っている方 その他• ・治療前に過度の日焼けや炎症、浮腫みがある場合は治療できないことがありますのでご注意ください。 ・アートメイクや肌色の色素を入れている場合は避けて治療します。 ・効果には個人差があります。 より高い効果を求める場合は複数回行うことをおすすめします。 従来のレーザーとピコレーザーの違いは何? 従来のレーザーは10億分の1秒(ナノ秒)単位での照射でしたが、ピコレーザーは1兆分の1秒(ピコ秒)単位での照射となり、色の戻りなどが少なく、痛みやダウンタイムも抑える効果が期待できます。 刺激が若干強めのピコフラクショナルの場合は、麻酔を使用するケースもあります。 痛みに弱い方は気兼ねなくお伝えください。 ピコレーザーの施術後にすぐメイクはできる? ピコトーニングの場合は、施術後すぐにメイクが可能ですが、ピコフラクショナルは念のため、翌日までお待ちください。 また、赤み、腫れ、痛みなどがある場合には、それらの症状が引いてからを推奨しています。

次の

ピコレーザーとは?シミにも効く!トーニングなどの種類や効果・ダウンタイムについて解説

ピコ レーザー 大阪

ピコレーザーによる美容施術も治療メニューから削除されているようです。 湘南美容クリニック新宿本院 ピコシュア (ニキビ跡、毛穴、しみ、そばかす、シワ) 10,800円(税込) 27,800円(税込) クリニックビザリア ディスカバリーピコ (しみ、そばかす、くすみ、肝斑) 30,000円(税別) 50,000円(税別) 東京皮膚科・形成外科 ピコウェイ (シミ、タトゥー除去) 21,600円(税込) 治療メニュー記載なし 秋葉原中央クリニック エンライトン (しみ・くすみ・肝斑・そばかす) 9,000円(税別) 治療メニュー記載なし 秋葉原フロンティアクリニック(旧:秋葉原F2クリニック) ピコシュア (ニキビ跡、毛穴、しみ、そばかす、シワ) 20,000円(税別) 34,000円(税別) 新宿中央クリニック ピコシュア (ニキビ跡、毛穴、しみ、そばかす、シワ) 14,000円(税別) 治療メニューに記載なし 川崎中央クリニック スペクトラピコ (トーニング、小じわ、毛穴、ニキビ跡) 35,000円(税別) 35,000円(税別) 四谷見附クリニック ピコシュア (ニキビ跡、毛穴、しみ、そばかす、シワ) リジュビネーション+フラクショナル1回 70,000円(税別) 藤沢美容外科クリニック ディスカバリーピコ (美白、引き締め、ハリ) 25,800円(税別) 治療メニューに記載なし シャルムクリニック エンライトン (しみ、タトゥー除去) 治療メニューに記載なし 治療メニューに記載なし 大宮中央クリニック エンライトン (しみ、くすみ、肝斑) 24,800円(税別) 治療メニューに記載なし ピコレーザー施術が受けられる首都圏のクリニックの特徴 芦屋美容クリニック銀座院 芦屋美容クリニック小西院長は、ピコシュアについて、かなり細かい設定や照射方法の工夫が必要なレーザーのため、事前のカウンセリングにより、どのような治療を行うことが、その患者の悩みに直結しているのかを診る力が一番大切だと考えています。 そのため、院長自らがピコシュアを使用した施術にも対応しています。 ピコビューティークリニック 新宿 ピコビューティークリニックはピコレーザーによる施術に特化したクリニックですので、技術や経験も豊富で安心してお願いできるというのも嬉しいポイント。 卓越した技術を持つスタッフのみを集めた少数精鋭体制で営業しているので、高い効果を保ちながらも価格も抑えることができているようです。 ルーチェ東京美容クリニック これまで使ってきたQスイッチレーザーに代わり、パルス幅がさらに短くなったピコ秒となったピコレーザー。 ルーチェ東京美容クリニックは「ピコレーザー(エンライトン)テクニカルプロバイダー」であり、技術力には高い信頼性があります。 これまでにもピコレーザーの学会発表をするなど熱心に取り組んでいます。 銀座みゆき通り美容外科 ピコレーザートーニングを「最新レーザーのシャワー」と呼んでいます。 透明感、ハリ、キメを生み出し、肌の状態をトータルに改善。 混在する様々な症状を一度に解消するため、肌をランクアップさせます。 ただし、薄いシミやそばかすは複数回の治療をすすめています。 東京美容皮膚科クリニック リニューアルオープンにともない、2018年11月30日をもって、ピコレーザータトゥー除去の受付を終了しています。 ピコレーザーによる美容施術も治療メニューから削除されているようです。 湘南美容クリニック 新宿本院 美容業界で大きな革新ともいえるピコレーザーを用いた美肌治療は、湘南美容外科グループの中で「もっとも最新で効果が期待できる治療」といわれているほど。 肌のハリ、小じわや毛穴の改善効果から、美肌を目指していたり、従来のレーザー治療での効果が物足りなくなった人向けに人気の施術となっています。 クリニックビザリア くすみ取りとしてのレーザートーニング、フラクショナル、シミ取り、タトゥー除去が施術メニューとして用意されています。 ピコレーザーを使った施術での大きな特徴は、シミ取りメニューにある「しみ・そばかす取り放題」でしょう。 顔全体で気になるシミが複数個ある場合は、こちらを選択した方が割安になるかもしれません。 東京皮膚科・形成外科 ピコレーザーを使用する施術はシミ取りとタトゥー除去のみとなっています。 ピコレーザー1ショット(3mm直径)2,000円、シミ面積1cm2につき20,000円の料金のいずれかを適用し、照射するという形となっています。 また、治療前後の写真をネット掲載や学術発表などの使用で協力する場合は2~4割引が適用されるようです。 秋葉原中央クリニック 美肌治療、タトゥー除去としてピコレーザーを使用した施術を用意しています。 注目すべきは新しい施術メニューとして登場した「ピコWレーザー」。 ピコレーザーとアレキサンドライトレーザーという2種類のレーザーを使用することで、30代から感じはじめる肌の老化に対し、若々しい印象と老化のスピードを変えていく治療です。 秋葉原フロンティアクリニック(旧:秋葉原F2クリニック) 秋葉原フロンティアクリニックの美肌治療は女性専用。 ピコトーニングはシミ、くすみ、そばかすに効果があり、ハリ、ツヤアップも期待できます。 背中や手の甲の施術もOKです。 フラクショナルならばニキビ跡、小じわ、毛穴の開きなどを改善します。 トーニングとフラクショナルを合わせた治療は割安に設定されています。 新宿中央クリニック 新宿中央クリニックのピコトーニングは、いくら治療しても取れなかったシミや顔全体を美肌にしたい、そばかすやシミを取りたい、という人を対象に設定されています。 顔・首・デコルテ・背中・腕・手の甲・足などあらゆる部位に治療可能。 麻酔クリームの塗布もあります。 川崎中央クリニック 川崎中央クリニックは日本で初めてルートロニック社のピコレーザー「スペクトラピコ」を導入。 ピコレーザーのうち、4つの波長を搭載しているのはスペクトラピコレーザーだけということで、院長自らが選びました。 トーニング、フラクショナル、シミ取り、タトゥー除去に対応しています。 四谷見附クリニック 院長は日本レーザー医学会が認定するレーザー専門医およびレーザー指導医の資格を所持。 スタッフも、レーザー医学会によるレーザー安全教育セミナーを受講したり、専門レーザー技師としての資格認定を受けていたりと、日々技術面、知識面で鍛錬しているので、安心してレーザー治療を受けることができます。 藤沢美容外科クリニック 最先端の美容医療技術を提供することを心がけている藤沢美容外科クリニック。 20台の機械を使いこなし、治療を行います。 ピコレーザーとしては、世界でいくつか発売されているピコレーザーのうち、2倍から4倍のパワーで照射ができる最も強力で柔軟なレーザー「ディスカバリーピコ」を導入し、ワンランク上の透明感を体験することができます。 シャルムクリニック シャルムクリニックのピコレーザーを使用した治療は、シミ取りとタトゥー除去。 また、老人性色素斑などの病変に対する治療にもピコレーザーを使用するようです。 皮膚科専門医として、術前の診断を重視しており、種類や症状に応じたシミの処置を行います。 しみやアザには様々な種類があるため、気になる人はカウンセリングをおすすめします。 大宮中央クリニック 大宮中央クリニックは、平成27年12月、ピコレーザーエンライトンを北関東で初めて導入しました。 エンライトンは非常に高性能なレーザー機器で、レーザーを均一に当てることができるようになり、治療のムラが起きにくくなっています。 トーニングの治療目安は週1回、1クール10回程度の治療を行い、1カ月に1度のメンテナンス治療を行います。 東京中央美容外科・美容皮膚科 リーズナブルな価格で高品質な利用を提供することをコンセプトに治療を行っているこちらのクリニック。 総院長は、大手美容クリニックグループで総院長を務めた経歴のある熟練ドクターです。 アフターフォローが充実しており、トラブルの際には無料で修正や回復の施術をおこなってもらうことができるほか、AGA治療などで効果が得られなかった場合に返金してもらうこともできます。 プチ整形メニューが豊富なのも魅力です。 クロスクリニック クロスクリニックは、ピコウェイでスキンケアの施術を行っているのが特徴。 しみやそばかす、肝斑、毛穴の開きなど幅広い症状を改善することができます。 様々な路線が乗り入れる銀座駅から徒歩2分という立地にあるのも魅力。 院長を務める石川ドクターは、年間で30回ちかく学会発表やセミナーで講師を務めるなど、申し分のない実績の持ち主なので、安心して施術を任せることができます。 MBクリニック麻布十番 アメリカの厚労省にあたるFDAから許認可を受けた安全性の高いピコレーザーマシン、ピコシュアを使って治療を実施。 周辺組織にダメージを与えることなく効果的な施術を行うことができます。 また、土日祝日も休まず診察を行っているので、自分の好きな時間に通えて便利。 医療レーザー脱毛も最新鋭の設備を導入して施術を行っているため、男女ともに患者から評判です。 様々なキャンペーンを積極的に行っているのも見逃せないポイント。 銀座フェミークリニック 最寄り駅である銀座一丁目駅のすぐ目の前にあるこちらのクリニックは、年中無休で診察を実施。 そのため、平日の昼間に通うのが困難な人にはぴったりです。 また、感染症のリスクを軽減するため、最新の滅菌機器などを積極的に導入しているため、安心して治療を受けることが可能。 インフォームドコンセントを徹底しているのも魅力です。 高山ホワイト皮膚科クリニック JR恵比寿駅や東急東横線の代官山駅など様々な路線でアクセスすることができる高山ホワイト皮膚科クリニックは、院長が女性ドクターです。 美容医療の悩みの中には、異性には話しにくいこともありますが、こちらのクリニックであれば女性でも気軽に話をすることができます。 また、ナチュライトやQ-YAGレーザーといった最新の設備を導入して治療を行っているのもポイントです。 表参道美容皮膚科 原宿駅のすぐ目の前にあるこちらのクリニックの特徴は、2名のドクターが在籍しています。 どちらの経験豊富なドクター、有名美容クリニックで10年以上、勤務し、院長を務めた経験もあり。 美容医療の施術では、カウンセリングだけドクターが行って、施術は看護師が行うというケースも珍しくありませんが、表参道美容皮膚科では、ドクター自ら施術を行ってくれるので、安心して治療を任せることができます。 品川スキンクリニック美容皮フ科 開院から31年の実績があり、全国各地に38院を展開している品川スキンクリニック美容皮フ科は、症例実績が800万件以上。 アメリカの厚労省にあたるFDAの承認を受けているピコシュアという設備を導入して、ピコトーニングの施術を行っています。 他社のピコレーザーマシンに比べて吸光度が3倍もあるので、皮膚に負担をかけずに治療を受けることが可能。 ダウンタイムも大変、短くなっています。 Wi Clinic銀座院 東京・銀座にあるWi Clinicで使用しているピコレーザーは、日本人の肌に合わせて開発したオリジナル機器。 従来のレーザーより少ない治療回数で効果を実感できるよう、より深くまでレーザーが届くようになりました。 施術による痛みやダウンタイムがほとんどないことも好評の理由。 仕事終わりや週末に受診することも可能です。 また、東南アジアでの医療活動経験もある秋田護院長が、自由診療だからこそ可能になる健康や幸せを追求し、治療を提供しています。 SHERIE CLINIC 日本ではまだ導入数が少ないと言われている「ピコドリーム」を導入しているSHERIE CLINIC。 この機器は、従来のピコレーザーより肌へのダメージが少なく、治療時間を短縮することに成功した機器です。 また、嬉しいことに美白効果もアップしているのだとか。 痛みが気になる方には表面麻酔を施すので、安心して施術を受けられます。 10年以上、美容医療に携わってきた鈴木院長が、その経験や知識を生かして患者さんに合わせた施術を行います。 レジーナクリニック 表参道院 厚生労働省の薬事承認取得のピコレーザーである「ピコウェイ」を導入しているレジーナクリニック表参道院。 これまでのレーザー治療より皮膚へのダメージや痛みを最小限に抑えることを可能にしたため、安心して受けられることが特徴です。 ダウンタイムを軽減して痛みも軽いことでも注目されています。 最寄駅から徒歩5分の立地にあって夜間も診療しているので、仕事終わりに受診することも可能。 休日にゆっくり施術を受けられます。 ガーデンクリニック新宿院 東京にあるガーデンクリニック新宿院では、肌への負担や痛みを最小限に抑える治療が可能なピコレーザー「エンライトン」を導入しています。 「厚生労働省医療機器製造販売承認」取得のレーザーで、総合的な美肌治療の提供に努めています。 また、安心と安全を最優先に、患者様のストレスとなる痛みや不安を取り除く努力を惜しみません。 そのため、カウンセリングを重視していることも特徴のひとつ。 忙しい方でも気軽に受診できるよう、オンライン診療も行っているため、スマートフォンからも診療可能です。 そもそもピコレーザーとは? ピコレーザーは、かつて肌治療に利用されていた従来のレーザー機器が抱えていた難点をクリアし、より効率的な治療をするために開発されました。 改良された主な機能、そして注目すべき特徴は次の通りです。 従来のレーザーの問題点を解決 シミなどの治療をさらに効果的に ピコレーザーが現在のようにクリニックなどの医療現場で普及しつつある状態になるまでは、Qスイチレーザーがレーザー治療において中心的な役割を果たしていました。 Qスイッチレーザーも、それ以前まで用いられていたレーザーと比較すると、かなり短いパルス幅で治療ができるようにはなっていました。 それでも、ナノ秒はピコ秒と比べれば長い時間になってしまい、「ピンポイントで照射」が難しかったのです。 そうなると、肌への負担も多くなってしまいます。 けれども、ピコレーザーが開発されたことで、想像するのも難しい「1兆分の1秒」という、非常に短い間隔で光を照射することができ、またより正確なピンポンと照射も可能になりました。 施術期間を短縮 ピンポイントで狙った肌の部位に照射を行なえるため、より効果的なアプローチを行なうことが可能になりました。 その結果、Qスイッチレーザーで治療する場合よりも、施術を受ける回数を減らすことができ、おのずと施術期間も短くなります。 注目すべき特徴 短いダウンタイム 非常に短い時間の照射ができるピコレーザーは、肌に与えるダメージを抑えつつ短期間での施術完了が可能です。 その結果、照射した肌の部位の細胞が起こす炎症も軽くなるわけです。 ですから、ダウンタイムが大幅に縮小します。 ダウンタイムが短ければ、さまざまなメリットを得られます。 たとえば、医師と相談の上ではありますが、敏感肌の人でも治療を受けられる可能性が上がりますし、会社などで連休が取りづらい場合なども、スケージュールを調整して治療を受けやすくます。 ピコレーザーで期待できる効果とは? 肌の悩みに幅ひろく対応するピコレーザー。 期待できる効果について、大きく3つにわけてみていきましょう。 若々しい印象を与える肌 ピコレーザー治療を受けることで、 若々しい印象を与えることのできる肌を目指せます。 治療の回数が短縮され、ダウンタイムも短くなっているので、思い立ったときに、くすみを改善したり肌にハリをもたせたりするための治療を気軽にスタートできるのです。 20代や30代前半のころには全く気にならなかったような肌の悩みが、40歳近くになって、急に感じられるようになるケースもあるでしょう。 鏡をみるたびにくすみが気になりだしたら、ピコレーザー治療を検討してみるのもひとつの方法です。 どのようなメカニズムなのか ちなみに、具体的にはどのような理屈で肌を若々しい印象にすることができるのでしょうか。 実は、ピコレーザーによる照射は、上皮の細胞を活性化して、ターンオーバーを促す作用をもっているのです。 肌が新しく生まれ変わるサイクルを短くすることで、潤いのある状態へと導き、キープする効果も期待できます。 さまざまな肌トラブルにアプローチ ピコレーザーを使用すれば、幅広い種類の肌トラブルに対応できます。 Qスイッチレーザーと比較すると、3倍もの効果を期待できるとされています。 というのも、メラニン色素に吸収されやすい波長を使えるため、しっかりとシミにアプローチしやすくなるためです。 なかなか除去できずにいる頑固なシミなども、改善できる可能性があります。 コラーゲンの量を増やす効果にも期待 また、ピコレーザーなら、真皮層にあるコラーゲンの量を増加させることも可能です。 これは、ニキビ痕の治療にも活用できます。 ニキビ跡の下の真皮層のコラーゲンを増やせば、皮膚の再生促進にもつながるからです。 また、コラーゲンが増えれば、肌にハリがでます。 その結果、毛穴が目立ちにくくなる美肌効果も期待できます。 タトゥー除去にも期待 大きな粒子だけでなく、 小さな粒子までしっかりと粉砕することができます。 そのため、タトゥーの色素はスムーズに分解されやすくなります。 かつては除去に時間がかかるうえに、あまりきれいに除去できないケースも少なくなかったタトゥー除去治療ですが、ピコレーザーではより効果的なアプローチが期待できます。 ピコレーザーの仕組み シミなどの原因であるメラニンやタトゥーのインク色素などに対して、振動波をぶつけることで砕いていくのが、ピコレーザー治療の仕組みです。 照射をピンポイントで行い、しかも肌にやさしい治療ができるのが特徴です。 この特徴を生かした、代表的な3タイプの施術「ピコトーニング」「ピコフラクショナル」「ピコスポット」についてみていきましょう。 ピコトーニング Qスイッチレーザーを使用してくすみを治療しようとすると、レーザーが強すぎるため、場合によっては、逆にシミや白斑、あるいは炎症性色素性沈着などを発生させてしまうという問題点がありました。 けれども、ピコレーザーなら、 弱いレーザーを照射できるので、広範囲にわたるくすみなどを消していく治療に役立ちます。 しかも、ダウンタイムがとても短いというメリットもあり、最短では24時間です。 ピコフラクショナル マイクロレンズアレイを装着して治療を行うと、 レーザーが真皮層まで届くため、コラーゲンの量を増加させられます。 コラーゲンは、肌が美しい状態に戻るのをサポートする働きがあるため、ピコフラクショナルは、肌を若々しく見せる効果を期待できる治療だといえます。 ニキビ跡や肌のたるみなどを改善していきます。 ピコスポット メラニン色素に照射を行い、粉砕していく治療方法です。 粉砕されたメラニン色素は、やがて老廃物として分解されていくため、シミが除去されるというメカニズムです。 強力な治療方法のように感じられるかもしれませんが、熱処理ではなく衝撃波による治療なので、肌へのダメージはあまり多くはありません。 ピコレーザーが大活躍する3種類の治療 1. 肌のハリを取り戻すための治療 肌にハリ・ツヤを与えるための鍵となるのが、コラーゲンやエラスチンです。 ピコレーザー治療を行なうことによって、それらを刺激し、生成を活性化。 活性化すると、コラーゲンやエラスチンは量が増えていきます。 すると、 肌の潤いが増すため、肌質自体が改善が期待されます。 その結果、若いときと同じような肌の状態に近づけることができるわけです。 また、ピコレーザー治療は肌へのダメージが少ないため、ダウンタイムも大幅に縮小されています。 手軽に若々しい印象を手に入れられる可能性のあるレーザー治療だといえるでしょう。 シミの状態を改善するための治療 シミに対しても、しっかりとしたアプローチが可能です。 短いパルス幅で肌へのダメージが少ない照射をメラニン色素へピンポイント照射できるため、 従来のレーザー治療では改善されなかったシミにも効果的な治療を行える可能性があります。 シミの他にも、虫刺されの跡や引っ掻いてできてしまった傷跡、そしてニキビ跡など、幅広い肌の悩みを改善するための治療用アイテムとして、ピコレーザーが活躍しています。 タトゥーを除去するための治療 従来のQスイッチレーザーなどと異なり、ピコレーザーは、複数のサイズのインク粒子に働きかけられるため、さまざまなタイプのタトゥー除去治療において効果を期待できる医療機器です。 インク粒子を破壊するスピードが早いため、かつてよりも短い期間での治療もしやすくなりました。 波長をコントロールでき、アートメイクや複数の色のインクを使ったマルチカラーのタトゥー除去にも対応可能です。 ピコレーザーのデメリット レーザー治療の中では、メリットが多いといるピコレーザーですが、デメリットがゼロというわけではありません。 それでもデメリットというより、「ピコレーザー治療であっても気をつけておきたいポイント」という表現のほうが合っているかもしれません。 ここでは、特に大切な2点について説明していきます。 しっかりとカウンセリングを受ける 後悔のない治療を受けるためにも、ピコレーザー治療について事前に充分なカウンセリングを受けることが重要です。 施術自体よりもカウンセリングにより多くの時間をかけるような積極的な姿勢が理想的です。 医師にしっかりと健康状態や肌の状態を診てもらい、自分に適した治療内容を提案してもらいましょう。 また、ピコレーザーを照射する際には、肌に多少の痛みを感じることがあるため、痛みに対する苦手意識が強い人は、カウンセリングでの話し合いによっては麻酔をかけてから照射を行なう流れになる可能性もあります。 ピコレーザー治療を受けられない人 肌へのダメージが優しく、過敏症の皮膚の人でも受けられる可能性があるのがピコレーザー治療の特徴です。 けれども、ピコレーザーが受けられない人もいます。 それは、妊娠中の人や特定の持病がある人、特定の皮膚病を抱えている人、過度の日焼けをしている人などです。 身体の健康を守るためにも、自分が該当していないかどうかを、「ピコレーザー治療を受けられない人」が一覧になっているリストなどで調べ、しっかりと把握しておく必要があります。 また、自分だけの判断では危険なので、該当する項目がない人でも、治療前に医師と充分話をしておくことが大切です。 施術当日・施術後に注意すべきことがある ピコレーザー治療を受ける日にそなえて、 しっかりと体調を整えておきましょう。 睡眠が不足していると、体調不良の原因になるため要注意です。 また、施術内容にもよりますが、施術後一定期間は浴槽につかれないことや、メイクができない場合もあり得るので、事前に把握しておきましょう。 適切な身支度をするのに役立つはずです。 施術後は 一過性のものではあっても、肌にトラブルが生じる可能性があります。 どうしても気になる場合は、すぐに医師に相談することが大切です。 また、紫外線をブロックするなどのアフターケアも、医師の指示どおりに行いましょう。 ピコレーザーに関するFAQ ピコレーザーを使う治療について、よくある質問大きく2種類に分け、それぞれに対する回答をまとめました。 施術そのものについて Q.一回だけの照射で悩みは改善されますか? A. ケースバイケースです。 たとえば、シミであれば、色の濃さや大きさ、皮膚の状態など複数の要素によって、必要となる治療回数は異なってきます。 ちなみに、色素が特に濃いタトゥーやアートメイクの除去治療では、6回以上必要となる場合が多いです。 Q.照射による痛みはどのくらいですか? A. 痛みに弱いタイプか否か、にもよって感覚は異なりますが、弾かれるような痛みと表現されることがあります。 どうしても痛みが苦手な場合は、照射する部位にクリームタイプの麻酔を塗布しておく場合もあります。 施術後のケアや悩みについて Q.施術後に気をつけることは何ですか? A. 肌へ刺激や熱を与えないように気をつけることが大切です。 また、紫外線をしっかりとグロックしましょう。 照射したのが小さなポイントだけであっても、軟膏・テープ・ガーゼで保護しておくのが理想的です。 施術後にシミが濃くなってしまったように思うのですが… A. 色素が濃くなったわけではありません。 ピコレーザーによって分解された色素が、一時的に濃くなったように見えているだけだと考えられます。 分解された色素は、やがて排出されていくため、シミも薄くなっていくはずです。 施術後にシミが広がってしまったように思うのですが A. 濃いシミだけでなく、「シミ予備軍」のような薄いシミも照射された結果だと考えられます。 ピコレーザーによって分解された色素が、排出されるまでの期間、少し濃くなっている状態です。

次の