脚刳り。 ハイレグとは

ハイレグ

脚刳り

水泳競技の公式大会に出場するには、FINA(国際水泳連盟)や日本水泳連盟の定めた厳しい規定を満たした公認水着を着用しなければなりません。 主な規定は以下の通りになります。 水着タイプ 女性は首や肩、ひざ下を水着で覆ってはならず、ショートジョンと呼ばれるタイプの水着が一般的です。 素材 布帛(ふはく)と呼ばれる麻・木綿の織物や、ニットなどの繊維素材は使用可能ですが、ラバーやポリウレタンの使用は禁止されています。 表面 素材の本来持っている通気性を損なう、ラバーや大きなパネルの貼り付けは禁止されています。 また、凸凹した構造のものは着用できず、平坦な素材のものでなければいけません。 生地 水着の厚みは最大でも0. 8mmまで、浮力は0. 5ニュートン以下までのものが使用可能です。 重ね着 サポーターや当て布を使用することは原則禁止ですが、透けることを防止するため、インナーショーツと、女性は胸部分に二重構造が許されています。 女性用競泳水着を種類で選ぶ 練習用水着のタイプを大きく分けると2種類で、身体能力を強化するための生地が厚いトレーニング用と、速く泳ぐための生地が薄い一般用があります。 生地の素材は、殺菌用塩素の入ったプール水に長時間耐えられるポリエステルと、プール水に弱い伸縮性のあるポリウレタンが使われています。 速く泳ぐことを重視した水着を選ぶとポリウレタンの配合比率が高くなるので劣化も早くなります。 競泳選手として身体作りを目的とするのでなければ、価格も安く一般的な競泳水着を選ぶと良いでしょう。 競泳水着(一般) 練習用で着用する水着は、ハイレグタイプが主流で生地は伸縮性の高いポリウレタンが使われています。 試合では水の負担や抵抗を少なくする素材が使われていますが、練習中は身体能力を向上させるために、あえて泳ぎにくい水の吸収を高めた高負荷の水着を着用します。 他にも、正しいフォームを体に覚えさせるために、骨盤の位置をサポートする機能をもった水着もあります。 競泳水着(練習用) 練習用で着用する水着は、ハイレグタイプが主流で生地は伸縮性の高いポリウレタンが使われています。 試合では水の負担や抵抗を少なくする素材が使われていますが、練習中は身体能力を向上させるために、あえて泳ぎにくい水の吸収を高めた高負荷の水着を着用します。 他にも、正しいフォームを体に覚えさせるために、骨盤の位置をサポートする機能がある水着もあります。 競技レベルで選ぶ 水着は種類を大きく、初心者用、中級者用、上級者用の3つに分けて販売しています。 初心者用は、比較的着やすく従来の競泳用水着のデザインをそのままにしている一般的なタイプです。 中級者用になると「プロ志向競技水着」として非常に強い締め付けで水中の体積を抑えるように作られているタイプになります。 上級者用は「高速競技水着」として世界レベルのスイマーたちに向けて作られた、一人では着脱できないほどタイトな作りで、ランクの高い縫製と生地が使われます。 自分の競技レベルに合わせて水着のタイプを変えていきましょう。 初心者におすすめの選び方は? 初めて競泳水着を着てみるとフィット感が強く、きついため違和感を覚えるかもしれません。 しかし、最適な泳ぎができるようになるために開発された水着なので、初心者の方も最初から競泳用水着で泳ぐことで上達も早まるかもしれません。

次の

【脚刳りの位置】の例文集・使い方辞典

脚刳り

ローカットとも称される。 脚刳りのラインが浅く、太もも側に布地が多く取られているものを指す。 肌の露出が抑えられるが、デザインによっては動きやすさや通気性が劣ることがある。 脚刳りが非常に浅く、男性用トランクスのようにほぼ水平にカットされたデザインのものをこう呼ぶ。 一分丈ショーツとも称される。 ハイレグの脚刳りの位置は、各衣服の通常持っているラインよりも深く、ウエストラインとヒップラインの中間点あたりまで切り込まれて鋭角ラインをなしている。 ちなみに、脚刳りの位置がウエストラインの上まで切り込まれているものをスーパーハイレグという。 ハイレグの特徴としては以下のような点が挙げられる。 ハイレグとは、ハイレグカットの略称で、主に女性用の下着や水着のデザインの一種である。 ハイレグの脚刳りの位置は、各衣服の通常持っているラインよりも深く、ウエストラインとヒップラインの中間点あたりまで切り込まれて鋭角ラインをなしている。 ちなみに、脚刳りの位置がウエストラインの上まで切り込まれているものをスーパーハイレグという。 また、脚刳り側でなく股上を浅くしたデザインには、ローライズ、ビキニなどがある。 イラストレーターの島田フミカネが提唱したとされる。 レースクイーンはスーパーハイレグ・レオタードを着用した。 その後、1990年代からはビキニやタンキニなどセパレート型水着の復活、ローライズなどの流行により、脚刳りのラインカットは多様化してきている。 バニーガールにおいてもハイレグのレオタードをまとうが、一般的な水着・レオタードとは異なり、肩に当たる部分がないか、あるいはあっても透明のブラストラップを付ける。 スーパーハイレグとは、スーパーハイレグカットの略称で、主として女性用の水着や下着のデザインの一種である。 ハイレグが脚刳りの位置がウエストラインとヒップラインの中間点あたりまで切り込まれているのに対して、スーパーハイレグは脚刳りの位置がウエストラインの上まで切り込まれ、サイドが3cm~4cm程度になるまでに鋭角をなしている。 ローレグとは、ハイレグの対義語で、脚刳りのカットが浅いボトムおよび下着のことである。 また、絵や漫画の中にのみ存在する、極端に股上が浅いボトムのこととされる場合もある。

次の

カヤ材の話

脚刳り

ローカットとも称される。 脚刳りのラインが浅く、太もも側に布地が多く取られているものを指す。 肌の露出が抑えられるが、デザインによっては動きやすさや通気性が劣ることがある。 脚刳りが非常に浅く、男性用トランクスのようにほぼ水平にカットされたデザインのものをこう呼ぶ。 一分丈ショーツとも称される。 ハイレグの脚刳りの位置は、各衣服の通常持っているラインよりも深く、ウエストラインとヒップラインの中間点あたりまで切り込まれて鋭角ラインをなしている。 ちなみに、脚刳りの位置がウエストラインの上まで切り込まれているものをスーパーハイレグという。 ハイレグの特徴としては以下のような点が挙げられる。 ハイレグとは、ハイレグカットの略称で、主に女性用の下着や水着のデザインの一種である。 ハイレグの脚刳りの位置は、各衣服の通常持っているラインよりも深く、ウエストラインとヒップラインの中間点あたりまで切り込まれて鋭角ラインをなしている。 ちなみに、脚刳りの位置がウエストラインの上まで切り込まれているものをスーパーハイレグという。 また、脚刳り側でなく股上を浅くしたデザインには、ローライズ、ビキニなどがある。 イラストレーターの島田フミカネが提唱したとされる。 レースクイーンはスーパーハイレグ・レオタードを着用した。 その後、1990年代からはビキニやタンキニなどセパレート型水着の復活、ローライズなどの流行により、脚刳りのラインカットは多様化してきている。 バニーガールにおいてもハイレグのレオタードをまとうが、一般的な水着・レオタードとは異なり、肩に当たる部分がないか、あるいはあっても透明のブラストラップを付ける。 スーパーハイレグとは、スーパーハイレグカットの略称で、主として女性用の水着や下着のデザインの一種である。 ハイレグが脚刳りの位置がウエストラインとヒップラインの中間点あたりまで切り込まれているのに対して、スーパーハイレグは脚刳りの位置がウエストラインの上まで切り込まれ、サイドが3cm~4cm程度になるまでに鋭角をなしている。 ローレグとは、ハイレグの対義語で、脚刳りのカットが浅いボトムおよび下着のことである。 また、絵や漫画の中にのみ存在する、極端に股上が浅いボトムのこととされる場合もある。

次の