ブラックタイガー レシピ。 ブラックタイガーの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

エビのピリ辛マヨ炒めのレシピ・作り方

ブラックタイガー レシピ

アメリケーヌソースは海老の頭と殻しか使わないので、この甘味をどう表現するかが腕の見せ所。 旨味の強いミソの入った頭を使えば、そこまで意識しなくても美味しくなりますが、今日は捨ててしまう 殻のみなのでかなり重要。 今回は、海老の甘味を香りで補います。 スパイスの甘い香りで海老らしさを出すわけです。 今回は八角を使いましたが、アニスやシナモンにクローヴ、ごく少量のバニラビーンズを使っても面白いですね。 ハーブならタラゴンもありです。 作り方 海老の殻のソテー アメリケーヌソースの美味しさの8割はここで決まる。 水分が出ると生臭くなるので、水分を飛ばすように強めの火でソテーすること。 オリーブオイルをひいたフライパンを強火で温め、煙が出てきたら海老の殻を入れる。 焦げないように火加減を調整しながら、強めの火できれいに色付けていく。 このくらいこんがり色付いてきたら、火を弱めて手で潰せるくらいカラカラになるまで炒める。 コニャックを入れてすぐ火を止める。 野菜のソテー 海老の殻を炒めながら、野菜もソテーする。 玉ねぎと人参はこのくらい。 ソースを綺麗なオレンジ色に発色させるために、人参は皮を剥かずに半割りにしてスライス。 たまねぎは火が入りやすいように、繊維に垂直にスライスする。 ニンニクとオリーブオイル10gを鍋に入れ、弱火にかける。 海老の香ばしさを補強するため、たまに上下を入れ替えながら 焦げるギリギリまで加熱。 玉ねぎとニンジンを入れ、しんなりするまで弱火で加熱する。 海老と野菜を合わせる ソテーした海老の殻、トマトを入れて海老の殻を潰すようにしながら加熱。 海老の殻をソテーしたフライパンは洗わないこと。 白ワインを入れて一度沸かし、残った海老のエキスをこそげ取る。 トマトが崩れて水分が出てきたら、白ワインを入れて強火に。 水分が無くなるまで煮詰める。 水を入れて強火で一度沸かして火を弱め、軽く沸くくらいの状態で20分煮出す。 アクは取らなくていいです。 飲んでみたらわかりますが、これは美味しいアク。 20分したらこんな感じ。 ザルでギュッと押しながら濾して、エビの出汁、野菜の甘味を出し切ります。 これで完成でもいいですが、色も味もまだ薄いので煮詰めます。 かるく沸くくらいの火加減で、ゆっくり煮詰めていく。 海老の味が濃く、きれいなオレンジ色になったら完成。 美味しいソースを作ろうと思ったら、量はこんなもんです。 ソース作りは儚いんです。 今回はフレッシュのトマトを使ったのでサラッとしてますが、トマト缶ならもう少し濃度が出ますよ。 仕上げ アメリケーヌソースに少量の生クリームを入れて沸かす。 火を止めてバターをひとかけ。 コクととろみを出します。 最後に塩で味付けすれば完成。 アメリケーヌソースの使い方 今回は海老と鶏のガランティーヌを作るときに出た殻で作ったので、それのソースに。 アメリケーヌソースは炭水化物とよく合うので、付け合わせはバターライスにしました。 海老の殻だけで作ったとは思えない、味と香りは絶品ですよ。

次の

ブラックタイガーの栄養とおすすめレシピ、食品成分表

ブラックタイガー レシピ

ブラックタイガーの効能 ブラックタイガーは正式名称をウシエビといい、東南アジアやメキシコなどが産地です。 全世界で食されており、日本では天ぷらやフライ、焼き物、炒め物、和え物、カレーの具、サラダ、グラタン、クリーム煮、蒸し物、エビチリなど多くの料理で利用されています。 タンパク質はもちろん、ビタミンEや亜鉛、カリウムなど多くの栄養を含んでおり、これらは美肌づくりや不眠改善、アンチエイジング、便秘・高血圧の予防・改善など、人体に大切な役割を担っています。 また、カルシウムが骨・歯の形成や精神安定、血圧上昇抑制に役立ち、キチンが便秘の予防・改善、コレステロールの排出、免疫力強化、抗アレルギー、自律神経の調節に有効であるほか、セレンは抗酸化作用による老化防止や、ビタミンEとともに血行をよくする作用があります。 さらに、レチノールはシミ・そばかす・にきびの改善や視力改善に役立ち、シアノコバラミン(ビタミンB12)は活性酸素を除去し、免疫機能を正常に保つ働きがあります。 ブラックタイガーの人気&簡単レシピ ブラックタイガーのガーリックバター焼き ニンニクが焦げやすいので、中火より弱い火加減で焼いてください。 ブラックタイガーと春雨のスパイシー・カレー炒め お汁の中で春雨を戻すので、下茹の準備を省けます。 春雨が柔らかくなり過ぎない水分量にしてますが、好みの軟らかさになるように調整してください。 ヤムウンセン 野菜類は家にあるものを活用してください。 野菜から水分が出て味が薄まるので、最初は濃いめに感じてもちょうどよくなります。 はんぺんでかさ増しエビマヨ はんぺんは思い切り握りつぶし、エビは細かくしすぎず粗めにして食感を残しましょう。 ソースを和えると玉ねぎが少し種から外れますが、それもソースの一部で美味しいです。 ブラックタイガーでエビチリ 海老は背わたを取り、軽く洗う際に分量外の片栗粉大さじ1、塩少々を振ってやさしく揉み洗いすると良いですよ。 ブラックタイガーの栄養成分表 出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。 表の見方や注意事項は、のページを参照してください。 ブラックタイガー(海老 養殖・生)の食品成分 部分をクリックすると開閉します。 9g たんぱく質 18. 4g アミノ酸組成によるたんぱく質 15. 2 g 脂質 0. 3g トリアシルグリセロール当量 0. 1g 飽和脂肪酸 0. 04g 一価不飽和脂肪酸 0. 03g 多価不飽和脂肪酸 0. 06g コレステロール 150mg 炭水化物 0. 3g 利用可能炭水化物(単糖当量) — 水溶性食物繊維 0 g 不溶性食物繊維 0 g < 食物繊維総量 > 0 g 灰分 1. 1g ナトリウム 150mg カリウム 230mg カルシウム 67mg マグネシウム 36mg リン 210mg 鉄 0. 2mg 亜鉛 1. 4mg 銅 0. 39mg マンガン 0. 07mg ビタミンB2 0. 03mg ナイアシン ビタミンB3 2. 6mg ビタミンB6 0. 07mg ビタミンB12 0. 59mg ビオチン ビタミンB7 1. 9g たんぱく質 18. 4g アミノ酸組成によるたんぱく質 15. 9g 脂質 0. 3g トリアシルグリセロール当量 0. 1g 脂肪酸総量 0. 13g 飽和脂肪酸 0. 04g 一価不飽和脂肪酸 0. 03g 多価不飽和脂肪酸 0. 06g n-3系多価不飽和脂肪酸 0. 04g n-6系多価不飽和脂肪酸 0. 4 15:0 ペンタデカン酸 0. 3 15:0 ant ペンタデカン酸 — 16:0 パルミチン酸 19. 8 16:0 iso パルミチン酸 — 17:0 ヘプタデカン酸 1. 1 17:0 ant ヘプタデカン酸 — 18:0 ステアリン酸 9. 7 20:0 アラキジン酸 0. 3 22:0 ベヘン酸 0 24:0 リグノセリン酸 0 10:1 デセン酸 0 14:1 ミリストレイン酸 0 15:1 ペンタデセン酸 0 16:1 パルミトレイン酸 1. 2 17:1 ヘプタデセン酸 0. 3 18:1 <計> 16. 5 18:1 n-9 オレイン酸 — 18:1 n-7 シス-バクセン酸 — 20:1 イコセン酸 1. 8 22:1 ドコセン酸 0. 3 24:1 テトラコセン酸 0. 2 16:2 ヘキサデカジエン酸 0 16:3 ヘキサデカトリエン酸 0 16:4 ヘキサデカテトラエン酸 0 17:2 ヘプタデカジエン酸 — 18:2 オクタデカジエン酸 — 18:2 n-6リノール酸 12. 1 20:2 n-6 イコサジエン酸 0. 8 20:3 n-6 イコサトリエン酸 0. 1 20:4 n-3 イコサテトラエン酸 0. 2 20:4 n-6 アラキドン酸 3. 6 20:5 n-3 イコサペンタエン酸 12. 8 21:5 n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0 22:2 ドコサジエン酸 0 22:4 n-6 ドコサテトラエン酸 0 22:5 n-3 ドコサペンタエン酸 0. 6 22:5 n-6 ドコサペンタエン酸 0. 3 22:6 n-3 ドコサヘキサエン酸 16.

次の

プロが教えるアメリケーヌソースの作り方とレシピ。ブラックタイガーの殻でも本格的な味は作れます!

ブラックタイガー レシピ

アメリケーヌソースは海老の頭と殻しか使わないので、この甘味をどう表現するかが腕の見せ所。 旨味の強いミソの入った頭を使えば、そこまで意識しなくても美味しくなりますが、今日は捨ててしまう 殻のみなのでかなり重要。 今回は、海老の甘味を香りで補います。 スパイスの甘い香りで海老らしさを出すわけです。 今回は八角を使いましたが、アニスやシナモンにクローヴ、ごく少量のバニラビーンズを使っても面白いですね。 ハーブならタラゴンもありです。 作り方 海老の殻のソテー アメリケーヌソースの美味しさの8割はここで決まる。 水分が出ると生臭くなるので、水分を飛ばすように強めの火でソテーすること。 オリーブオイルをひいたフライパンを強火で温め、煙が出てきたら海老の殻を入れる。 焦げないように火加減を調整しながら、強めの火できれいに色付けていく。 このくらいこんがり色付いてきたら、火を弱めて手で潰せるくらいカラカラになるまで炒める。 コニャックを入れてすぐ火を止める。 野菜のソテー 海老の殻を炒めながら、野菜もソテーする。 玉ねぎと人参はこのくらい。 ソースを綺麗なオレンジ色に発色させるために、人参は皮を剥かずに半割りにしてスライス。 たまねぎは火が入りやすいように、繊維に垂直にスライスする。 ニンニクとオリーブオイル10gを鍋に入れ、弱火にかける。 海老の香ばしさを補強するため、たまに上下を入れ替えながら 焦げるギリギリまで加熱。 玉ねぎとニンジンを入れ、しんなりするまで弱火で加熱する。 海老と野菜を合わせる ソテーした海老の殻、トマトを入れて海老の殻を潰すようにしながら加熱。 海老の殻をソテーしたフライパンは洗わないこと。 白ワインを入れて一度沸かし、残った海老のエキスをこそげ取る。 トマトが崩れて水分が出てきたら、白ワインを入れて強火に。 水分が無くなるまで煮詰める。 水を入れて強火で一度沸かして火を弱め、軽く沸くくらいの状態で20分煮出す。 アクは取らなくていいです。 飲んでみたらわかりますが、これは美味しいアク。 20分したらこんな感じ。 ザルでギュッと押しながら濾して、エビの出汁、野菜の甘味を出し切ります。 これで完成でもいいですが、色も味もまだ薄いので煮詰めます。 かるく沸くくらいの火加減で、ゆっくり煮詰めていく。 海老の味が濃く、きれいなオレンジ色になったら完成。 美味しいソースを作ろうと思ったら、量はこんなもんです。 ソース作りは儚いんです。 今回はフレッシュのトマトを使ったのでサラッとしてますが、トマト缶ならもう少し濃度が出ますよ。 仕上げ アメリケーヌソースに少量の生クリームを入れて沸かす。 火を止めてバターをひとかけ。 コクととろみを出します。 最後に塩で味付けすれば完成。 アメリケーヌソースの使い方 今回は海老と鶏のガランティーヌを作るときに出た殻で作ったので、それのソースに。 アメリケーヌソースは炭水化物とよく合うので、付け合わせはバターライスにしました。 海老の殻だけで作ったとは思えない、味と香りは絶品ですよ。

次の