古い 灯油 処分 方法。 灯油の正しい処分方法は?少量と大量では方法が違う!

灯油の処分はエネオスでやってくれる?他のガソリンスタンドでは?

古い 灯油 処分 方法

By: 不良灯油や 不純灯油を出さないためには、 シーズンの余った灯油は処分するということが大切です。 しかし、どのように処分するのか? 灯油の処分に困る人も多いと思いますが、 実はそんなに難しいものではありません。 まず、 量が少ないようであれば、 ちょっと無理してでも ストーブなどで使い切ってしまう方法。 あまり環境には良くなさそうですが、 使い切ってしまうのは実に簡単です。 また、 庭に埋める という方法もあります。 灯油は土の中に埋めると、 自然に帰ります。 そのため埋めても問題ありません。 ただし、 あくまで自分の家で行って下さいね。 当然ですが公園だったり 他人の家ではやってはいけません。 量が多い場合は、 ガソリンスタンドに持って行きましょう。 ガソリンスタンドには 排油設備があることがほとんどですので、 引き取ってくれるケースが多いです。 このように灯油の処分と言っても、 いくつか方法がありますので、 量などを加味してベストな方法を選択しましょう。  灯油ポリタンクの廃棄方法.

次の

古い灯油ってどのようにして処分したらいいのですか?

古い 灯油 処分 方法

もくじ• 灯油が古い場合の処分方法は? まず、古い灯油って使えるかどうか不安だし、とりあえず処分して新しい灯油を使いたいですよね? でも、古い灯油の処分方法は?どうしたらいいの?って、パッとわからないものです。 それでは、灯油の処分方法をお伝えします! 基本的に、灯油は 灯油を扱っているところで引き取ってもらうのがベストです。 ガソリンスタンド 身近なところであれば、ガソリンスタンドで引き取ってもらうことが可能です。 スタンドによっては、引き取ってもらえないことや手数料を取られるところもあるので、 事前に電話確認がオススメです。 実は灯油は車や農機具、電動工具などの洗浄や、金属への塗装前処理に使用されます。 車の整備をするときの金属パーツなどを洗浄に使うことができるので、車の修理やさんにとっては再利用できるものになります。 こちらも、オイル交換時のオイルなどと廃棄処分することができるので安心してくださいね! 自宅で再利用してから引き取ってもらう 金属パーツの洗浄に使える灯油は、自宅に 自転車やバイクがあればチェーンを洗浄するのにも役立ちます。 その他にも、接着剤が手に付着した場合に灯油で拭くと接着効果が弱まったり、服についたペンキを落とすことができたり、タバコのヤニが気になる箇所の掃除に使えたりもします。 カラッと乾いてベタつかないので意外と便利ですよ〜! ただし、灯油のニオイが気になる箇所には使うのは控えた方がいいです。 ストーブによっては古い灯油を使うことで部品が壊れてしまったり、正常に動作しないなどの故障の原因になりかねないので使う場合は自己責任でお願いします。 古ければ古いほど酸化して質の悪いものになっているので、使用するのはやめて早めに処分してしまいましょう。 ただし、灯油も保管をきちんとしておけばある程度の質を保つことができます。 その保管で気をつけるポイントは、 日の当たらない涼しい場所で保管することです。 灯油にとって最大の敵は日光と温度変化です! この2つを避けると酸化を遅らせることができます。 通常冬のシーズンに灯油を入れておく容器としてよく使われるのがポリタンクですよね。 このポリタンクですが、日光、温度変化どちらも影響しやすいものなんです。 冬のシーズンは高温になることも少なく灯油を使い続けるので保管というのはさほど気にしなくてもいいのですが、夏場を乗り越えることを考えると少し工夫が必要になります。 工夫の仕方としては、ポリタンクの周りをダンボールで囲うという方法が有効です。 ポリタンクではなく、一斗缶などのスチール缶に入れて保管するというのも一つの手ですね。 (漏れ防止のため) また、保管してあった灯油で使用できるかどうかは次の「使用できない灯油の特徴」を目安に判断してみてください。 スポンサーリンク まとめ 今回は、古い灯油について処分方法や使えるかどうか、使用期限についてなどご紹介しました! 灯油は、ガソリンスタンドや車の整備場などで引き取ってもらうことが可能です。 事前に電話確認しておくとスムーズですよ! 1シーズンの持ち越し灯油は使える可能性が高いですが、灯油の状態を見て自己判断で使用するかどうか決めてください。 使える灯油は透明ですが、古くて使えなくなっている灯油は酸っぱい匂いがしたり、黄色や茶色く変色しています。

次の

古い灯油の危険性や処分方法を徹底解説!使い道や保管方法を紹介

古い 灯油 処分 方法

Contents• 去年の灯油はファンヒーターやストーブに使えないのか? 余った灯油の処分方法をご紹介する前に、基本的なことをおさらいしましょう。 そもそも余った灯油は、そのままポリタンクや暖房器具の灯油タンクに残したままにしておいて、次の冬が来た時に使えないのでしょうか?? 国民生活センターでは、シーズン持ち越しした去年の灯油を使うとストーブやファンヒーターの故障につながるため使わないように注意喚起しています。 1年前の古い灯油を使えば、ストーブやファンヒーターが点火できなくなったり、臭い煙が出ることもあるそうです。 暖房器具から煙が出て来たら…ちょっと怖いですよね。 しかし、暖房器具のメーカーの中には、前シーズンの灯油を使えることをセールスポイントにもしている会社もあります。 そのメーカーとは、トヨトミ。 トヨトミのファンヒーターは灯油をガス化せずに灯油に直接火をつける燃焼方式のため、前シーズンの灯油を使っても良いことを売りにもしているのです! 詳しくは、 の記事でも書いていますので、ファンヒーターの燃焼方式について読んでいただくと分かると思います。 ですが、トヨトミのファンヒーターについても「適切に保管された灯油で、保管期間が1年を超えていないもの」とされています。 「適切に保管する」というのはどういう保管かと言えば、直射日光が当たらず、ゴミや水分が混入しないような状態を保って保管することです。 でも、一般家庭の保管では本当に「適切な保管」なのかは心配なもの・・・ゴミや水分なんて、空気中にたくさん存在しますものね。 基本的にはシーズンを持ち越した灯油を使わない方が安心です。 ちなみに、普通に前シーズンの灯油を使っている家庭も一定数はいる模様・・・ まったく良いお手本とは言えませんが、うちの実家では冬場には灯油を2缶のブリキの一斗缶に大量の灯油を購入し保管しております。 そして、毎年のように余る灯油を次のシーズンに持ち越して使用していたそうです。 しかしながら、今までファンヒーターやストーブが壊れたことはないとのこと。 実家のファンヒーターはコロナ、トヨトミの2種ですがいずれも無事のようです。 古い灯油を使ってトラブルが発生した例は、そんなに多くはないためうちの実家もとくに被害はなかったのでしょう。 しかし確率は低いとはいえ、前シーズンの灯油は使わないに越したことはありません! 実家の両親にも私が説得したため、今年からは前シーズンの灯油を使わなくなりました。 (一安心^^ スポンサーリンク 前置きが長くなりました。 では本題。 暖かくなってきて灯油が余ってしまったとき、どうやって処分すればよいのでしょうか? 方法はいくつかあります。 次の冬が来る前に灯油を使い切ってしまいましょー! 4月でも花冷えの時期にもストーブやファンヒーターを使えば、効果的に灯油が消費できますね。 それでも使い切れなくて、汗ばむ初夏に入ってしまっても大丈夫です。 ただし、リビングなどの生活スペースで行うと、当たり前ですが暑いです・・・ スポンサーリンク 2. ガソリンスタンドに引き取ってもらう!値段は無料~ ガソリンスタンドでは、廃油の引き取りサービスを行っているところも多いです。 私も昨年、余った灯油をガソリンスタンドで引き取ってもらうために、近所のガソリンスタンド数店舗に電話してみました。 A社は400円 B社は200円~(廃油の量に応じて) C社は無料! ということでC社までポリタンクを車で運び、あまった灯油を無事捨ててもらうことができました! ガソリンスタンドによって、灯油を捨てる料金がかわるようです。 無料のところも多いようなので、いろいろと電話して無料のお店を探してみると良いかと思います。 ただ高くても灯油の処分は数百円程度なので、遠くの無料店より近くの有料ガソリンスタンドの方がコスパ良い可能性もあります。 スポンサーリンク 3. トヨトミのファンヒーターで次のシーズンも使う 先ほども触れましたが、前シーズンの灯油をどうしても使いたい!という思考の方は、トヨトミのファンヒーターを選ばれると良いでしょう。 繰り返しになりますが の記事でもある通り、各社のファンヒーターはバーナーでの燃焼方式が違うのです。 トヨトミの燃焼方式は、ファンヒーター大手3社の中では前シーズンの灯油でも問題を生じにくいものだと言えます。 ただ、しつこいようですが 前シーズンの灯油がOKと言っても、適切に保管された1年を超えない灯油がOKということです。 ではもう一つ、灯油の処分で、やってはいけない方法もチェックしておきます。 NG1. 灯油を家の庭に捨てて処分する 危ないです。 引火したら大変です。 とはいえ、もし道行く人があなたのお庭にタバコのポイ捨てをしたら、火事の危険性もあるのです。 「ちょっとだけだから大丈夫」なんてバケツの水を捨てる感覚で、灯油を庭に捨てるのは絶対にやめましょう! もし、庭などに灯油がこぼれてしまった場合には、 上から砂や土をかぶせておきましょう。 時間とともに、乾燥していきます。 スポンサーリンク NG2. 灯油を下水に流して処分する 灯油を排水溝から捨てるなんて、絶対に絶対にいけません! 自然が汚されることはもちろん、大量に灯油を流してしまうと引火する恐れもあります。 過去には、下水に流れたガソリンがなにかのはずみで引火し、マンホールが大量に吹き飛んだという出来事もあったそうです。 「家の外から流れてしまえば関係ない」なんて、軽い気持ちで灯油を処分しては絶対にいけません。 家の排水溝、トイレ、そこらへんの溝、いずれも灯油を流すところではありませんので、くれぐれもご注意ください。 NG3. 灯油をゴミ袋に入れてゴミの日に出す 「少量の灯油なら、新聞紙などに含ませてゴミの日に出せばよい」 なんてことを言う方もいらっしゃいますが、これもおすすめではありません。 やはり、引火し火災が発生する恐れがあるからです。 もしポイ捨てされたタバコが種火になり、そのゴミに引火したら・・・ ゴミ集積所には大量のゴミが山のように積まれており、小さな火種が大きな火災にもなりかねません。 余った灯油は新聞紙などに含ませても引火の可能性はあるため、ゴミの日に捨てることは適切な処分方法とは言い難いです。 スポンサーリンク おわりに 「今まで普通に去年の灯油使っているよー全然大丈夫!」 「余った灯油を新聞紙に含ませてゴミの日に出しても、別にいいでしょ」 なんていう方は、意外に多いのかもしれません。 ですが、こうやって灯油の処分方法をお調べになっているあなたには、適切な処分方法をきっちりと頭に入れておいてほしいと思って記事を書きました。 灯油はとても身近な燃料ですが、危険物にも分類されることは忘れてはなりませんね。 ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

次の