美白化粧品 乾燥。 美白化粧品は肌が乾燥する!?乾燥させない使い方【100の口コミ調査】

美白化粧水おすすめランキング【シミ・そばかすに効くアイテム】|ブティーマガジン

美白化粧品 乾燥

こんにちは。 キレイ女子を応援する美容情報発信サイトふわりー編集部です。 敏感肌の人にとって自分の肌に合う化粧品を選ぶことって結構難しいものです。 「敏感肌用」「低刺激」なものを選んで使ってみても、ヒリヒリとしみたり、肌が荒れてしまったり、、、 特にシミ、くすみを予防する美白ケアを目的とした 美白化粧水は肌に刺激になる美容成分が多く、神経質になってしまう人も多いようです。 それでも新しいシミを見つけてしまうと「どうにかしたい」「どうにかしなくちゃ」と悩みが深刻になりがち。 敏感肌のほとんどは乾燥が進んだ肌状態。 乾燥性の敏感肌の可能性が高いので、 しっかり保湿することは大前提と言えます。 今回はそんな敏感肌の人のために [2018. 26編集部よりお知らせ] 敏感肌専門ブランド「ディセンシア」の美白ケアライン「サエル」のリニューアル情報。 敏感肌の美白ケアで圧倒的に支持され、数々のコスメ大賞を受賞してきたサエルが「精神的なストレスが肌に及ぼすメカニズム」を解明し、ストレスによるバリア機能低下や活性酸素によるシミ発生にもアプローチできるストレスバリアコンプレックスCLを搭載してパワーアップ。 新サエルの化粧水は、従来に比べて保湿力も3倍UP。 肌本来の力を高めながら美白有効成分をしっかりと抱え込んで潤いと美容成分を角層すみずみまで届けてくれます。 今一番新しいサエルの化粧水は「10日間のトライアルセット」でお試し可能です。 詳しく公式サイトまで。 目 次 読みたい項目をClickしてください• 敏感肌のための美白化粧水選び方 敏感肌の原因 健康な肌は外部刺激を跳ね返すバリア機能を持っていますが、何らかの理由で水分と油分が減少し、肌が乾燥するとバリア機能を失って敏感肌となってしまいます。 肌表面の水分、油分を絶妙なバランスで保っているのがセラミドを主な成分とする細胞間脂質です。 このセラミドが減少してしまう原因はいくつかあります。 保湿することはあらゆる肌トラブルの改善につながります。 2018年3月のリニューアルでは「精神的なストレスが肌に及ぼすメカニズム」を解明し、 ストレスによるバリア機能低下や活性酸素によるシミ発生にもアプローチできるストレスバリアコンプレックスCLを搭載。 ただ肌全体の美白を考えるのではなく、紫外線などの外部要因と合わせて、ストレスなどの内部要因にもアプローチする 「敏感肌のための最新美白ケア」を実現しています。 高い美白アプローチに加えて保湿成分も1. 7倍増量。 保湿力は従来の3倍以上と大幅にUPしており、美白有効成分をたっぷり抱え込んだ美容成分が角層のすみずみにとどまって潤いと透明感のある肌に導いてくれます。 さっぱり、しっとり、とてもしっとりの3タイプは独自の浸透実感技術で肌状態に合わせて角層のすみずみまで浸透するので、好みや使い心地など自分で選ぶことができます。 角層細胞を丈夫にして バリア機能を高めるCEケアを取り入れ、敏感肌、乾燥肌を改善しながら美白ケア、エイジングケアまでできてしまう優秀なローションです。 化粧水のためだけに進化させた浸透技術を採用。 長時間とどまる美容成分を配合しているので、浸透性だけでなく貯蓄性が強化され、17時間潤いが続く設計。 何度も進化させてきたビーグレンのローションは、継続的にエイジングサインや肌構造の乱れにアプローチする機能性化粧水として、しわ、シミ、毛穴、乾燥、ハリなど幅広い肌悩み対応するローションです。 水を一切使わずダマスクローズから抽出したローズ水を主成分とした化粧水です。 この1本にバラの花びら3000枚のエッセンスが配合され、ローズポリフェノールのもつ抗酸化力がシミ、くすみに働きかけます。 HANAオーガニックは 1)自律神経の乱れ 2)酸化によるダメージ 3)常在菌のバランスの乱れ による肌ダメージに花精油、オーガニックハーブ、高機能植物を配合して心身両面からアプローチするホリスティック処方。 繰り返す肌荒れ、 敏感肌を改善して肌本来の再生力、修復力を最大限に引き出してくれます。 肌に刺激となりやすい石油由来成分を一切排除しながら、ローズと和漢植物の力で透明感のある肌を目指します。 天然由来の ブライト二ング美容液「ホワイトジェリー」がお試しできます。 トリプルセラミドと肌刺激を徹底的に排除した新安定型ハイドロキノンを配合。 新配合のAOカプセルには速攻型ビタミンC誘導体を始めとする抗酸化成分をナノサイズに閉じ込めて、ハイドロキノンの効果を最大限に引き出してくれます。 セラミドが肌のバリア機能を高めながらもメラニンを ・たたいて減らす ・作らせない ・ため込まない 3方向から美白ケアをアプローチ。 使い続けるほど本来の透明感に近づきます。 ・新安定型ハイドロキノン配合。 琉白はオーガニック品質ながら機能性、肌実感をとても大切にしているブランド。 光老化を防ぎ、メラニンの生成を抑えるだけでなく、紫外線による肌の炎症を抑えるという 有機栽培のシークワーサーをたっぷりと配合。 こだわったのは肌の白さだけでなく、白く美しく見えるための条件として、目立たない毛穴、キメの整った肌。 フルーツAHA配合なので角質ケアもできて肌表面を整えながらブライト二ングケアができます。 11」。 国産の白米を90日間かけて発酵、熟成されて抽出される ライスパワーNo. 11は医薬部外品の効能として、唯一「水分保持機能の改善」効果を認可された成分です。 澄肌美白化粧水にも米由来成分や発酵エキスがたっぷり配合されているのでみずみずしくふっくらと潤いのある肌へ導きます。 【保湿作用】 米由来成分、米ぬか発酵エキス、ハト麦発酵液などの保湿成分を超微細乳化技術でカプセル化。 角層をたっぷりを潤します。 ホワイトニング化粧液にも肌ストレスの原因になる添加物は配合されていません。 ホワイトニング化粧液は、シミのもとが生まれるスタート段階で先攻ブロックする「ヤグルマギクエキス」をはじめ、肌の奥に蓄積してくすみの原因となる「居座りメラニン」の発生にアプローチする「白ブドウ発酵エキス」「メラノブライト」を配合。 肌に潤いを与えながらシミ、くすみを徹底ケアしてくれます。 【配合成分】ヤグルマギクエキス・白ブドウ発酵エキス、メラノブライト アクティブビタミンC 【肌刺激への配慮等】5つ[防腐剤、香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤]の無添加 【保湿作用】 ・グリチルリチン酸2K配合。 写真フィルムの主原料であるコラーゲン、写真の色あせ防止となる抗酸化作用の強いアスタキサンチンやリコピンなどのナノ化に成功し、コスメ会でも数々の受賞歴があります。 アスタリフトホワイトは独自のナノテクノロジーで「成分を肌に届ける」「届けた成分を働かせる」「紫外線をしっかり防ぐ」美白ケアを目指しています。 抗炎症作用、抗アレルギー作用のある有効成分グリチルリチン酸ジカリウム配合で季節や環境で揺らぐ肌をうるおい、整えてくれます。 美白化粧水ではありませんが、ハト麦から抽出されるヨクイニンエキスには保湿以外にも血行を促進して代謝を高めることで、ターンオーバーを整えたり、肌の色を明るくしてくれます。 炎症抑制効果・美白効果・肌修復効果など多機能に働くツボクサエキスが、ハリ、うるおい、美白を実現。 紫外線、季節性だけでなくインナーストレスにも効果を発揮するので、敏感肌におすすめです。 プチプラでもしっかり保湿、低刺激で透明感のある肌w目指す美白化粧水紹介していきますね。 高純度アルブチン、ナノ化ヒアルロン酸配合で美白にも保湿も効果が期待できます。 【美白有効成分】アルブチン 【肌刺激への配慮等】低刺激性・無香料・無着色・鉱物油フリー・アルコールフリー 敏感肌と乾燥肌の違いとは? 半数以いると言われる敏感肌。 けれど、敏感肌は医学的には定義がありません。 医学上定義される肌のタイプは、普通肌 脂性肌 混合肌、乾燥肌の4つだけなんです。 肌が乾燥すると敏感になったり、敏感肌が原因で乾燥したり、、、、同じように使われることも多い敏感肌と乾燥肌の違いって何なんでしょう?• 乾燥肌とは 医学的に定義される肌タイプの一つ。 細胞間脂質が減少して肌表面に水分を保持できなくなった状態を言います。 細胞間脂質は肌の最も表面にあるたくさんの角質細胞のすき間を埋めている物で、主な成分に セラミドが挙げられます。 セラミドが不足すると、細胞間にすき間ができやすくなって、肌表面に水分を保てなくなって乾燥肌になります。 乾燥がひどくなるとかゆみを伴うことが多く、ひっかいたり、摩擦などで角質層が傷つきバリア機能が低下することで、さらに乾燥も進んでしまいます。• 乾燥肌の症状 肌表面のカサつきや粉ふき、洗顔後のつっぱりなど。 アレルギーを誘発する可能性があります。• 合成界面活性剤 水分と油分を馴染みやすくするために使用されます。 角質層を溶かして肌のバリア機能を破壊する可能性があります。• エタノール・ベンジンエタノール パラベン同様に保存料や防腐剤として使われます。 肌質によっては肌が乾燥しやすくなります。 アレルギーの人もいます。• 香料 文字通り、香り付けの成分。 成分表に香料と書かれている物はほとんどが合成香料です。 いくつもの化学物でできているので肌に合わない成分でできている可能性があります。• 合成ポリマー 合成界面活性剤と一緒に使うと肌のバリア機能を破壊する力が強まります。 肌の表面に膜を作ることで潤った感触にしてくれますが、肌自体が潤っているわけではないので、肌あれを繰り返す原因になることがあります。 また合成ポリマー自体が肌に密着することから、落とすときにも強い洗浄力が必要で、肌刺激の原因になることがあります。 厚生労働省認可「美白有効成分について」 厚生労働省認可の代表的な美白有効成分について表にまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてくださいね。 表示名の例 アルブチン 特徴など コケモモに含まれる成分。 シミのある慢性微弱炎症状態に作用しメラノサイトの活性化を抑制。 シベリアのモミの木に含まれる成分。 シベリアのモミの木に含まれる成分。 資生堂が開発、認可を受けた。 ロシナーゼの活性を抑え、メラニンの生成を抑制。 シミのある部位は、「表皮が生まれ変わるプロセスが慢性的に乱れていて、メラニンが皮膚の中から逃げ場を失っている状態(慢性角化エラー)」。 「慢性角化エラー」は資生堂が導き出した新知見。 4MSKはこの慢性角化エラーに作用し、皮膚の中に溜まったメラニンを排出する効果を持つ。 水溶性のビタミン、ナイアシンの一種。 メラニンが表皮細胞に受け渡されるのを防ぐことで、メラニンが過剰に表面化するのを防いでくれます。 メラニンの作る過程に作用する美白有効成分。 「メラニン生成」の指示を出す情報伝達物質「プロスタグランジン」の働きを抑制します。 肌あれ、荒れ性の原因「プラスミン」の生成を抑制するので、肌荒れ、乾燥肌にも効果を発揮する。 ベニバナから抽出した成分。 チロシナーゼを分解して、量を減らすのでシミの元が作られにくくなる。 メラニンを排出作用もある。 =その他の気になる成分= ハイドロキノン イチゴ、コーヒーなどに含まれる成分で、「肌の漂白剤」と言われることも。 チロシナーゼの働きを抑制。 メラニンの還元作用(酸化を還元し、メラニンの色を薄くする) 美白成分は刺激の強いものも多いので、パッチテストや試供品、トライアル商品で試してみることをおすすめします。 まとめ いかがでしたか? 乾燥性の敏感肌や季節、環境などで起こるゆらぎ肌でもヒリヒリしない、肌荒れしない低刺激だけどしっかりと効果のある美白有効成分 配合の美白化粧水をご紹介してきました。 敏感肌の美白化粧水選びのポイントは.

次の

【完全版・アイテム紹介】正しい美白ケアのやり方を徹底解説!効果的な美白化粧品の使い方も♪

美白化粧品 乾燥

こんにちは。 キレイ女子を応援する美容情報発信サイトふわりー編集部です。 敏感肌の人にとって自分の肌に合う化粧品を選ぶことって結構難しいものです。 「敏感肌用」「低刺激」なものを選んで使ってみても、ヒリヒリとしみたり、肌が荒れてしまったり、、、 特にシミ、くすみを予防する美白ケアを目的とした 美白化粧水は肌に刺激になる美容成分が多く、神経質になってしまう人も多いようです。 それでも新しいシミを見つけてしまうと「どうにかしたい」「どうにかしなくちゃ」と悩みが深刻になりがち。 敏感肌のほとんどは乾燥が進んだ肌状態。 乾燥性の敏感肌の可能性が高いので、 しっかり保湿することは大前提と言えます。 今回はそんな敏感肌の人のために [2018. 26編集部よりお知らせ] 敏感肌専門ブランド「ディセンシア」の美白ケアライン「サエル」のリニューアル情報。 敏感肌の美白ケアで圧倒的に支持され、数々のコスメ大賞を受賞してきたサエルが「精神的なストレスが肌に及ぼすメカニズム」を解明し、ストレスによるバリア機能低下や活性酸素によるシミ発生にもアプローチできるストレスバリアコンプレックスCLを搭載してパワーアップ。 新サエルの化粧水は、従来に比べて保湿力も3倍UP。 肌本来の力を高めながら美白有効成分をしっかりと抱え込んで潤いと美容成分を角層すみずみまで届けてくれます。 今一番新しいサエルの化粧水は「10日間のトライアルセット」でお試し可能です。 詳しく公式サイトまで。 目 次 読みたい項目をClickしてください• 敏感肌のための美白化粧水選び方 敏感肌の原因 健康な肌は外部刺激を跳ね返すバリア機能を持っていますが、何らかの理由で水分と油分が減少し、肌が乾燥するとバリア機能を失って敏感肌となってしまいます。 肌表面の水分、油分を絶妙なバランスで保っているのがセラミドを主な成分とする細胞間脂質です。 このセラミドが減少してしまう原因はいくつかあります。 保湿することはあらゆる肌トラブルの改善につながります。 2018年3月のリニューアルでは「精神的なストレスが肌に及ぼすメカニズム」を解明し、 ストレスによるバリア機能低下や活性酸素によるシミ発生にもアプローチできるストレスバリアコンプレックスCLを搭載。 ただ肌全体の美白を考えるのではなく、紫外線などの外部要因と合わせて、ストレスなどの内部要因にもアプローチする 「敏感肌のための最新美白ケア」を実現しています。 高い美白アプローチに加えて保湿成分も1. 7倍増量。 保湿力は従来の3倍以上と大幅にUPしており、美白有効成分をたっぷり抱え込んだ美容成分が角層のすみずみにとどまって潤いと透明感のある肌に導いてくれます。 さっぱり、しっとり、とてもしっとりの3タイプは独自の浸透実感技術で肌状態に合わせて角層のすみずみまで浸透するので、好みや使い心地など自分で選ぶことができます。 角層細胞を丈夫にして バリア機能を高めるCEケアを取り入れ、敏感肌、乾燥肌を改善しながら美白ケア、エイジングケアまでできてしまう優秀なローションです。 化粧水のためだけに進化させた浸透技術を採用。 長時間とどまる美容成分を配合しているので、浸透性だけでなく貯蓄性が強化され、17時間潤いが続く設計。 何度も進化させてきたビーグレンのローションは、継続的にエイジングサインや肌構造の乱れにアプローチする機能性化粧水として、しわ、シミ、毛穴、乾燥、ハリなど幅広い肌悩み対応するローションです。 水を一切使わずダマスクローズから抽出したローズ水を主成分とした化粧水です。 この1本にバラの花びら3000枚のエッセンスが配合され、ローズポリフェノールのもつ抗酸化力がシミ、くすみに働きかけます。 HANAオーガニックは 1)自律神経の乱れ 2)酸化によるダメージ 3)常在菌のバランスの乱れ による肌ダメージに花精油、オーガニックハーブ、高機能植物を配合して心身両面からアプローチするホリスティック処方。 繰り返す肌荒れ、 敏感肌を改善して肌本来の再生力、修復力を最大限に引き出してくれます。 肌に刺激となりやすい石油由来成分を一切排除しながら、ローズと和漢植物の力で透明感のある肌を目指します。 天然由来の ブライト二ング美容液「ホワイトジェリー」がお試しできます。 トリプルセラミドと肌刺激を徹底的に排除した新安定型ハイドロキノンを配合。 新配合のAOカプセルには速攻型ビタミンC誘導体を始めとする抗酸化成分をナノサイズに閉じ込めて、ハイドロキノンの効果を最大限に引き出してくれます。 セラミドが肌のバリア機能を高めながらもメラニンを ・たたいて減らす ・作らせない ・ため込まない 3方向から美白ケアをアプローチ。 使い続けるほど本来の透明感に近づきます。 ・新安定型ハイドロキノン配合。 琉白はオーガニック品質ながら機能性、肌実感をとても大切にしているブランド。 光老化を防ぎ、メラニンの生成を抑えるだけでなく、紫外線による肌の炎症を抑えるという 有機栽培のシークワーサーをたっぷりと配合。 こだわったのは肌の白さだけでなく、白く美しく見えるための条件として、目立たない毛穴、キメの整った肌。 フルーツAHA配合なので角質ケアもできて肌表面を整えながらブライト二ングケアができます。 11」。 国産の白米を90日間かけて発酵、熟成されて抽出される ライスパワーNo. 11は医薬部外品の効能として、唯一「水分保持機能の改善」効果を認可された成分です。 澄肌美白化粧水にも米由来成分や発酵エキスがたっぷり配合されているのでみずみずしくふっくらと潤いのある肌へ導きます。 【保湿作用】 米由来成分、米ぬか発酵エキス、ハト麦発酵液などの保湿成分を超微細乳化技術でカプセル化。 角層をたっぷりを潤します。 ホワイトニング化粧液にも肌ストレスの原因になる添加物は配合されていません。 ホワイトニング化粧液は、シミのもとが生まれるスタート段階で先攻ブロックする「ヤグルマギクエキス」をはじめ、肌の奥に蓄積してくすみの原因となる「居座りメラニン」の発生にアプローチする「白ブドウ発酵エキス」「メラノブライト」を配合。 肌に潤いを与えながらシミ、くすみを徹底ケアしてくれます。 【配合成分】ヤグルマギクエキス・白ブドウ発酵エキス、メラノブライト アクティブビタミンC 【肌刺激への配慮等】5つ[防腐剤、香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤]の無添加 【保湿作用】 ・グリチルリチン酸2K配合。 写真フィルムの主原料であるコラーゲン、写真の色あせ防止となる抗酸化作用の強いアスタキサンチンやリコピンなどのナノ化に成功し、コスメ会でも数々の受賞歴があります。 アスタリフトホワイトは独自のナノテクノロジーで「成分を肌に届ける」「届けた成分を働かせる」「紫外線をしっかり防ぐ」美白ケアを目指しています。 抗炎症作用、抗アレルギー作用のある有効成分グリチルリチン酸ジカリウム配合で季節や環境で揺らぐ肌をうるおい、整えてくれます。 美白化粧水ではありませんが、ハト麦から抽出されるヨクイニンエキスには保湿以外にも血行を促進して代謝を高めることで、ターンオーバーを整えたり、肌の色を明るくしてくれます。 炎症抑制効果・美白効果・肌修復効果など多機能に働くツボクサエキスが、ハリ、うるおい、美白を実現。 紫外線、季節性だけでなくインナーストレスにも効果を発揮するので、敏感肌におすすめです。 プチプラでもしっかり保湿、低刺激で透明感のある肌w目指す美白化粧水紹介していきますね。 高純度アルブチン、ナノ化ヒアルロン酸配合で美白にも保湿も効果が期待できます。 【美白有効成分】アルブチン 【肌刺激への配慮等】低刺激性・無香料・無着色・鉱物油フリー・アルコールフリー 敏感肌と乾燥肌の違いとは? 半数以いると言われる敏感肌。 けれど、敏感肌は医学的には定義がありません。 医学上定義される肌のタイプは、普通肌 脂性肌 混合肌、乾燥肌の4つだけなんです。 肌が乾燥すると敏感になったり、敏感肌が原因で乾燥したり、、、、同じように使われることも多い敏感肌と乾燥肌の違いって何なんでしょう?• 乾燥肌とは 医学的に定義される肌タイプの一つ。 細胞間脂質が減少して肌表面に水分を保持できなくなった状態を言います。 細胞間脂質は肌の最も表面にあるたくさんの角質細胞のすき間を埋めている物で、主な成分に セラミドが挙げられます。 セラミドが不足すると、細胞間にすき間ができやすくなって、肌表面に水分を保てなくなって乾燥肌になります。 乾燥がひどくなるとかゆみを伴うことが多く、ひっかいたり、摩擦などで角質層が傷つきバリア機能が低下することで、さらに乾燥も進んでしまいます。• 乾燥肌の症状 肌表面のカサつきや粉ふき、洗顔後のつっぱりなど。 アレルギーを誘発する可能性があります。• 合成界面活性剤 水分と油分を馴染みやすくするために使用されます。 角質層を溶かして肌のバリア機能を破壊する可能性があります。• エタノール・ベンジンエタノール パラベン同様に保存料や防腐剤として使われます。 肌質によっては肌が乾燥しやすくなります。 アレルギーの人もいます。• 香料 文字通り、香り付けの成分。 成分表に香料と書かれている物はほとんどが合成香料です。 いくつもの化学物でできているので肌に合わない成分でできている可能性があります。• 合成ポリマー 合成界面活性剤と一緒に使うと肌のバリア機能を破壊する力が強まります。 肌の表面に膜を作ることで潤った感触にしてくれますが、肌自体が潤っているわけではないので、肌あれを繰り返す原因になることがあります。 また合成ポリマー自体が肌に密着することから、落とすときにも強い洗浄力が必要で、肌刺激の原因になることがあります。 厚生労働省認可「美白有効成分について」 厚生労働省認可の代表的な美白有効成分について表にまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてくださいね。 表示名の例 アルブチン 特徴など コケモモに含まれる成分。 シミのある慢性微弱炎症状態に作用しメラノサイトの活性化を抑制。 シベリアのモミの木に含まれる成分。 シベリアのモミの木に含まれる成分。 資生堂が開発、認可を受けた。 ロシナーゼの活性を抑え、メラニンの生成を抑制。 シミのある部位は、「表皮が生まれ変わるプロセスが慢性的に乱れていて、メラニンが皮膚の中から逃げ場を失っている状態(慢性角化エラー)」。 「慢性角化エラー」は資生堂が導き出した新知見。 4MSKはこの慢性角化エラーに作用し、皮膚の中に溜まったメラニンを排出する効果を持つ。 水溶性のビタミン、ナイアシンの一種。 メラニンが表皮細胞に受け渡されるのを防ぐことで、メラニンが過剰に表面化するのを防いでくれます。 メラニンの作る過程に作用する美白有効成分。 「メラニン生成」の指示を出す情報伝達物質「プロスタグランジン」の働きを抑制します。 肌あれ、荒れ性の原因「プラスミン」の生成を抑制するので、肌荒れ、乾燥肌にも効果を発揮する。 ベニバナから抽出した成分。 チロシナーゼを分解して、量を減らすのでシミの元が作られにくくなる。 メラニンを排出作用もある。 =その他の気になる成分= ハイドロキノン イチゴ、コーヒーなどに含まれる成分で、「肌の漂白剤」と言われることも。 チロシナーゼの働きを抑制。 メラニンの還元作用(酸化を還元し、メラニンの色を薄くする) 美白成分は刺激の強いものも多いので、パッチテストや試供品、トライアル商品で試してみることをおすすめします。 まとめ いかがでしたか? 乾燥性の敏感肌や季節、環境などで起こるゆらぎ肌でもヒリヒリしない、肌荒れしない低刺激だけどしっかりと効果のある美白有効成分 配合の美白化粧水をご紹介してきました。 敏感肌の美白化粧水選びのポイントは.

次の

【完全版・アイテム紹介】正しい美白ケアのやり方を徹底解説!効果的な美白化粧品の使い方も♪

美白化粧品 乾燥

目次(もくじ)• 美白化粧品で乾燥するという悩み 10代20代の時はそこまで気にしなかったシミやくすみ。 残念なことに、加齢とともに濃くなって目立つようになってきました。 そこで美白化粧品を使い始めたんですけど、どんなメーカーの商品を使っても乾燥してしまうのが悩みだったんです。 ジプシーってやつです。 でも私のように「美白コスメは乾燥してしまう」という人は意外と多いみたいですね。 乾燥するけど美白化粧品を使い続ける(探し続ける)• 乾燥するから美白をあきらめて保湿に特化する このどちらかになっているかと思います。 乾燥するのに美白化粧品を使い続けるという場合 美白化粧品を使い続けると肌は乾燥してしまうので徐々にバリア機能がなくなっていきます。 バリア機能がなくなって肌が荒れてしまうと化粧品の効果が低くなってしまうんです。 ループですね。 乾燥するからと美白コスメを止めて保湿のみにしている場合 美白するための前提には保湿が必要です。 肌の状態が良くないと美白化粧品の効果は得られませんからね。 それに肌の水分と油分が正常になれば肌が明るく見えます。 保湿をしっかりしてターンオーバーを促すのは大切です。 でもシミやくすみの対策をしないでいると、加齢とともに濃くなっていくし、増えます。 自分に合った美白化粧品を見つけることが一番だってわかってるんですけどね。 いまだ自分に合う美白化粧品と出会ってないだけなのかもしれませんが、試さないとわからないのでなかなか見つからないんですよ。 探し続けるのも正直キリがないような気がしてしまって。 もう半分諦めてるかも(笑) なので化粧品以外の美白についても考えることにしました。 敏感肌に合う美白ケアの方法とは 敏感肌に合う美白化粧品を探すのは結構難しいですが、美白ケアは化粧品だけとは限りません。 これ、わたしには盲点でした。 例えば食べ物や飲み物など体内からアプローチすればOKなんです。 お肌の機能というのは体内の栄養素が大きく関係しているからです。 実際に美白サプリとしていろんな商品が出ていますし、飲み薬もあります。 ただしサプリや飲み薬を選ぶためには、自分自身の知識もある程度必要なんです。 例えばベータカロテンやビタミンEなどの脂溶性ビタミンが入っているものは、摂りすぎによる副作用があるので、服用には注意が必要です。 どういうことかと言うと、たまにいるんですよ。 「飲めば飲むほど効果が出るはず」と思ってしまう人が。 なので普通にサプリを飲めばいいんですけど、私の場合はサプリや飲み薬は続けるのが難しくて^^;忘れちゃうんですよね。 シミとかくすみの対策って年単位でするものだし長期間じゃないですか。 そんなに持続できる自信がないんです。 逆にやめてしまう自信ならあります(笑) もちろんサプリメントを摂る生活スタイルが合うという人なら問題ないと思います。 美白できる食べ物飲み物は? そんなわけで、私はできれば自然の食べ物や飲み物で何とかならないかなと思っていました。 そしたらありました。 偶然出会ったんですけどね。 それはシークワーサーです! 美白は柑橘系のフルーツが有名ですよね。 中でもシークワーサーは特に美容と健康の効果が期待できるんです。 シークワーサーは天然のビタミンCとクエン酸が豊富です。 ビタミンCは抗酸化作用があるので肌の細胞の老化を防いでくれますし、コラーゲンの生成には欠かせません。 クエン酸はミネラルの吸収を促進してくれる効果があるんです。 ミネラルを吸収することで美肌&アンチエイジングに繋がります。 疲労回復にも役立つので疲れた肌のためにも良いんです。 ですがそれ以上に注目されているのが「ノビレチン」「ヘスペリジン」という柑橘系のフルーツに含まれる栄養素です。 ノビレチンの美白効果 ノビレチンにはメラニン生成の抑制作用があります。 つまり美白効果があるんです。 肌が黒くなるのはチロシナーゼ(メラニンの生成酵素)が多く作られるからです。 じゃあチロシナーゼの働きを止めればいいのかというとそんなに単純ではなく、直接邪魔してしまうと白斑などの症状が起こることがあります。 ですがノビレチンはチロシナーゼを直接邪魔するのではなくて、チロシナーゼの活性に関わる2つのタンパク質の働きを抑えるので白斑という副作用が出にくいんです。 ノビレチンは副作用の心配がない美白成分という意味でも注目されています。 シークワーサーのノビレチンの含有量はダントツです。 他のフルーツとは比べ物になりません。 しかもノビレチンは皮膚の老化でできるシワの原因の酵素の産生を抑えるんです。 シワを予防する効果もあるなんて、まさかのアンチエイジング? さらに炎症を抑える作用があるので、日焼けで皮膚が赤くなるのも予防できます。 皮脂の生成も抑えるのでニキビ予防にも効果的です。 血中の脂質を分解するのでダイエットにもおすすめです。 ヘスペリジンの美白効果 青ミカンの皮に多く含まれるヘスペリジンですがシークワーサーでも摂取できます。 ヘスペリジンもメラニンの産生を抑制することがわかっていて美白効果に期待できるんです。 美白だけではなく毛細血管を強化するので冷え症の改善にも。 毛細血管まで血液の巡りが良くなると、皮膚にも栄養が行きわたるので美肌につながるんです。 素晴らしい美容効果ですよね。 ちなみに抗アレルギー作用があるので花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患にも効果があるといわれています。 スポンサーリンク 美白ケアおすすめなのは? というわけで美白ケアにおすすめなのはシークワーサーです。 注意点として「ノビレチン」も「ヘスペリジン」も実よりも皮に多く含まれています。 そして黄色く完熟した実よりも、青切り、つまり熟す前の青い状態の方が栄養価が高いんです。 シークワーサーを食べるなら皮も摂らないともったいないということですね。 でも熟してない柑橘の皮を食べるなんて苦いし、ずっと続けるのは難しいです。 シークワーサージュースの選び方 数あるシークワーサージュースの中で選ぶならこれらをチェックしましょう。 沖縄産のシークヮーサー• 青切りのシークヮーサー• 皮ごと絞っている• 無添加 砂糖が入ってないのもポイント高いですよね。 輸入物より国産がいいし、栄養価が高く、混ぜ物がしてない。 ちなみにノビレチンは加熱しても変化しにくいですが、ヘスペリジンは熱や光に弱いです。 でもどちらにもメラニン抑制作用があるので好きな飲み方をして問題なさそうですね。 >>> を見てみる スポンサーリンク 敏感肌の美白ケアのまとめ 敏感肌や乾燥肌で美白化粧品が合わない場合はシークワーサージュースがおすすめです。 美白はもちろん美肌やダイエットに期待できます。 それだけではなくシークワーサージュースは実は健康食品として販売されています。 血糖値• 高脂血症• 風邪やインフルエンザの予防• 花粉症やアトピーなどに対する抗アレルギー• 冷え性の改善 などに期待できます。 なので自分自身の美容のためだけではなく、例えば旦那さんの糖尿病予防、子供の風邪予防などにもオススメなんです。 家族みんなで飲めるというのが続けやすいという理由なのかもしれません。 関連記事 関連記事.

次の