かって に シロクマ。 あの名作ギャグ漫画が復刊!? 相原コージ デビュー35周年記念『かってにシロクマ』を応援しよう!|株式会社双葉社のプレスリリース

『かってにシロクマ』 スンバラシー『熊の惑星』

かって に シロクマ

『かってにシロクマ』 1980年代~90年代に『コージ苑』『ムジナ』など数々のヒット作を世に送り出してきた漫画家・相原コージさんのデビュー35周年を記念し、大ヒットギャグ漫画『かってにシロクマ』特別愛蔵版の出版をかけ、クラウドファンディング支援者を募集します。 いま注目を集める『ざんねんないきもの事典』の先駆けとも言える!? 『コージ苑』『ムジナ』、『サルでも描けるまんが教室』(竹熊健太郎さんと共著)等、数々のヒット作を手掛けてきた漫画家・相原コージさん。 長きにわたり日本のギャグ漫画界をリードしてきました。 中でも『漫画アクション』誌上にて連載、大ヒットした『かってにシロクマ』は、30年以上前の作品ですが、今でこそ読まれるべき魅力を備えています。 主人公・シロ、無邪気なウリ坊、とってもかわいいちょしちゃんなど様々な動物たちが活躍する、いわば爆笑の動物生態図鑑。 現在出版界を賑わせている『ざんねんないきもの事典』『わけあって絶滅しました。 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑』等に先行する傑作です。 あの名作ギャグ漫画が復刊!? 相原コージさんデビュー35周年記念『かってにシロクマ』を応援しよう! そして2018年の今年、そんな相原コージさんもデビュー35周年を迎えました。 「誰かお祝いしてくれてもいいんじゃね!? 」 かつての盟友であり元担当編集者の島野さん(双葉社)にその相談を持ちかけます。 「たとえばさぁ、俺の代表作、『かってにシロクマ』の愛蔵版を再刊行するとかさぁ、どう?」 島野さんの腰は重い。 かつての担当編集者も今や双葉社の重鎮。 「冒険はできない…」保身の心境がちらほら伺える。 昨今の激シブの出版事情。 ただ昔のヒット作の愛蔵版を刊行してもなかなか重版出来!ということにはなりません。 「ここは一つ、長年の愛読者のお力をお借りしよう、そしてそのお礼に、素敵な単行本を作り、小冊子もつけて、美麗なボックスに収めてファンのもとへ。 」 「前代未聞の試みもしよう!単行本の奥付に、支援していただいた方々のお名前を明記。 これはまるで、映画のエンドロールに名前が載るかのような感慨を支援者の方々に与えるのではないか!? 事実、重要な協力者たちなのだから。 」 「さらには、今年中野で行われた相原コージ氏の個展で大好評だった、特製「直筆トートバッグ」、直筆イラスト(額装)なんかもつけたリターンコースも展開しよう。

次の

[相原コージ] かってにシロクマ 全01

かって に シロクマ

かってにシロクマについて。。。 古いマンガですが、昔大好きだった『かってにシロクマ』というマンガの最終話について質問です。 母ちゃんから親離れの習性で追い出された三匹 シロ、大ちゃん、ウリ坊 ですが、、、 突然シロが、『自分だけで……だ……。 でしたっけ? 』と初セリフを残して森に走り去っていきます。 その後、ウリ坊が川に落ちて濁流に流されてしまい、大ちゃんだけが残った状態で終わりとなりますが。。。 ここで質問です。 「かってにシロクマ」、懐かしいですねえ。 唯一無二の抱腹絶倒ギャグマンガだったのに、最終回はとても美しい終わり方でしたよね。 私も印象に残ってますよ。 で、回答ですが・・・ (1)これは、ご質問の通りだと思います。 つまり親を離れて3匹一緒にという意味です。 で、それに対してシロは、みんな大人なんだから互いを頼らずに自分だけで生きろと大ちゃんに渇を入れたわけです。 ずっと「ぴゃーぴゃー」しか喋らなかった奴の最初のセリフがこれですからね。 それは衝撃でしたよ。 (2)3匹が去っていくシーンで終われば感動の最終回だっただけに、おまけのように書いてある、シロ達が別の一家に追われて川に逃げ込みウリ坊が流されるシーンは余計な気がします。 私が思うに、あれは相原氏(作者)の照れ隠しなのではないでしょうか?ギャグマンガだったのにあまりにも綺麗に終わっちゃったために、ついつい魔が差してしまった的な・・・。 シロ達が大きくなって戻ってくる頃には、あの両親ならとっくに次の子どもがいるでしょうから、縄張り争いみたいになっちゃいそうですね。 それはそれで、面白い展開になりそうですが。 大ちゃんが何者かに襲われて「ギャー」とかいうシーンで終わってます。 興味があればブックオフあたりで探してみては?.

次の

漫画「かってにシロクマ」の最終話は何だったのか

かって に シロクマ

かってにシロクマについて。。。 古いマンガですが、昔大好きだった『かってにシロクマ』というマンガの最終話について質問です。 母ちゃんから親離れの習性で追い出された三匹 シロ、大ちゃん、ウリ坊 ですが、、、 突然シロが、『自分だけで……だ……。 でしたっけ? 』と初セリフを残して森に走り去っていきます。 その後、ウリ坊が川に落ちて濁流に流されてしまい、大ちゃんだけが残った状態で終わりとなりますが。。。 ここで質問です。 「かってにシロクマ」、懐かしいですねえ。 唯一無二の抱腹絶倒ギャグマンガだったのに、最終回はとても美しい終わり方でしたよね。 私も印象に残ってますよ。 で、回答ですが・・・ (1)これは、ご質問の通りだと思います。 つまり親を離れて3匹一緒にという意味です。 で、それに対してシロは、みんな大人なんだから互いを頼らずに自分だけで生きろと大ちゃんに渇を入れたわけです。 ずっと「ぴゃーぴゃー」しか喋らなかった奴の最初のセリフがこれですからね。 それは衝撃でしたよ。 (2)3匹が去っていくシーンで終われば感動の最終回だっただけに、おまけのように書いてある、シロ達が別の一家に追われて川に逃げ込みウリ坊が流されるシーンは余計な気がします。 私が思うに、あれは相原氏(作者)の照れ隠しなのではないでしょうか?ギャグマンガだったのにあまりにも綺麗に終わっちゃったために、ついつい魔が差してしまった的な・・・。 シロ達が大きくなって戻ってくる頃には、あの両親ならとっくに次の子どもがいるでしょうから、縄張り争いみたいになっちゃいそうですね。 それはそれで、面白い展開になりそうですが。 大ちゃんが何者かに襲われて「ギャー」とかいうシーンで終わってます。 興味があればブックオフあたりで探してみては?.

次の