シャドバ速報 デッキ。 【シャドバ】コントロールネメシスで15連勝のデッキレシピ!スロースで相手の行動を阻害できるコントロールネメシスが強かった?!デッキコードあり!

【5/27更新】デッキTierランキング速報

シャドバ速報 デッキ

コントロールヴァンプ(19連勝デッキ、ローテーション) <> なしこ。 氏がローテーション19連勝を達成したコントロールヴァンプのデッキです。 本サイトでは同じ型のデッキを「自然バーンヴァンプ」と呼称していましたが、これからは「コントロールヴァンプ」で統一しようと思います。 自然カードも入っていますし、リーサルがバーン中心なのも確かなのですが、全体としてはコントロールデッキですね。 運命の神々の新カードは「」「」「」の3種類が採用されています。 全体除去能力を持つ「」「」があるので、 アグロ型の連携ロイヤルには滅法強いのが特徴です。 さらに「」が採用されているので、「」「」など特定の大型フィニッシャーに頼るデッキを封殺することにも長けています。 全体除去、回復、ドロー、ダメージ軽減、アミュレット対策など一通り揃っているので、コントロールデッキとしての完成度は高いと思います。 このデッキで気になるのはドローソースの部分ですね。 1枚採用の「」は序盤のドローソースとして優秀ですが、自然カードの種類がそれほど多くないため、「」を早い段階で引きすぎてしまうリスクがあり、採用枚数を多くすると困ることがあります。 「深淵の約定・ダルホード」は、ドローだけでなく回復も両立しているカードで、さらに「魔獣の女帝・ネレイア」の自動進化もサポートできるので優れたドローソースです。 「」があるので進化権は問題になりづらいのですが、後攻だと手札が溢れやすくなることや、アミュレット破壊に弱いことがデメリットと言えるでしょうか。 「《世界》・ゼルガネイア」「堕落の決意」といった条件付きのドローソースもあり、 ドローソースの組み合わせ方や採用枚数がポイントの一つになるのかなと思います。 相手のリーダーに3ダメージ。 【進化時】自分のリーダーに3ダメージ。 漆黒の契約1つを出す。 漆黒の契約(関連カード) 漆黒の契約(ヴァンパイア) ゴールド アミュレット 3コスト 【カウントダウン】3 【ファンファーレ】自分のリーダーに6ダメージ。 自分のターン開始時、自分のリーダーを2回復して、カードを1枚引く。 ヴァンプ強い〜 — なしこ。 nashikoo0.

次の

【シャドバ】コントロールネメシスで15連勝のデッキレシピ!スロースで相手の行動を阻害できるコントロールネメシスが強かった?!デッキコードあり!

シャドバ速報 デッキ

スポンサードリンク シャドウバース(シャドバ)攻略速報!攻略情報やデッキ等最新情報まとめ シャドウバース攻略のヒントとなる情報をアップしています。 最強デッキの構築方法や2ch掲示板の最新情報やリセマラの方法や新カード情報や最新ナーフ情報 などいろいろな情報をまとめています。 シャドウバース(シャドバ)の最強デッキの構築方法!レシピを見てみよう! シャドウバース(シャドバ)の最新デッキレシピのまとめは下のリンクのページで行っています。 ローテーションデッキレシピ、アンリミテッドデッキレシピともにまとめていますので、デッキを構築するのにお役立てください。 ロイヤル・ドラゴン・エルフ・ネクロマンサー・ヴァンパイア・ビショップ・ウィッチ そして最新のネメシス(ユアン)もまとめています。 gamewith. カードの評価はもちろん、2Pick 攻略や大会情報も記載しているので、シャドバ攻略の参考になります。 atna. gamewith. gamewith. gamewith. パック内にはアンドロメダやヴィーナスなど、夜空の星々を彩るような名前のカードが収録されており、親しみやすいと言ます。 gamewith. ナーフ 後の効果やナーフされる要因、制限禁止カードについても考察しているので、ナーフ予想 の参考にしてください。 一人の声優が複数のカードを担当しています。 gamewith. カードの詳細や入手方法を掲載しているので、シャドバ攻略に役立ちます。 gamewith. 条件や報酬などを記載しているので、シャドバのグランドマスターになるための参考 にしてください。 gamewith.

次の

【シャドバ】スマホぶん投げた。ディスカだけで勝つドラゴン使いたいのに、Tier1デッキで煽んじゃねぇ!【シャドウバース/むじょっくす/運命の神々#43】

シャドバ速報 デッキ

Tier1 環境最上位デッキ 高いデッキパワーを誇り、現環境で最も注目されているデッキ。 そのため対策されやすく、デッキの中身や戦略もばれやすいが、それでもなお高い勝率を誇るデッキが多くランクインする。 Tier2 準最強クラスのデッキ Tier1のデッキに匹敵するデッキパワーを持つが、環境上位デッキとの相性差により、相対的な勝率はやや落ちる。 Tier3 中堅デッキ Tier1、Tier2のデッキと比べるとデッキパワーで劣り、見かける機会はあまり多くないデッキ。 環境次第では上位に上がることもある。 Tier4 発展途上のデッキ 研究が進まず構築が固まっていないデッキや、そもそものデッキパワーが足りていないデッキ。 新カードの追加やカード調整次第ではTier上位に食い込むこともある。 Tier1デッキ デッキ キーカード 変動 - - - - Tier2デッキ デッキ キーカード 変動 - - - - - - - - - Tier3デッキ デッキ キーカード 変動 - - - - - - - - - Tier4デッキ デッキ キーカード 変動 - - デッキ紹介 連携ロイヤル 代表的な採用カード 連携を活かしたデッキ 場にフォロワーが出た枚数を参照する「連携」を活かしたデッキです。 フォロワーのプレイ枚数ではなく場に出たフォロワーの数を参照するので、カードの効果で出たフォロワーもカウントされます。 連携条件を達成して高いバリューでカードを使いながら、の直接召喚を目指しましょう。 ハデスネクロ 代表的な採用カード 冥府への道を成立させる のアクセラレートorラストワードによってを場に出し、その起動を狙っていくデッキになります。 は条件を満たせば毎ターン相手フォロワーとリーダーに全体6点ダメージとなり、ゲームに勝利するレベルの力を発揮します。 葬送ネクロ 代表的な採用カード 葬送で連携を稼いで盤面展開 、の直接召喚を行い盤面を作っていくデッキです。 は葬送を2、連携を5(2枚蘇生すれば)稼いでくれるデッキの要です。 進化ロイヤル 代表的な採用カード 進化・連携を稼いで戦う 進化・連携を稼いで、、、、といったカード達をバリュー高く使っていくデッキです。 ロングゲームになればなるほど高いバリューを発揮するカードが多く採用されています。 魔道具専門店ウィッチ 代表的な採用カード 盤面、リーダーにバーンダメージを与える アディショナルによって追加されたを主軸としたデッキです。 設置には7PPかかりますが、設置後は全てのカードに1PP回復、盤面か体力に2点ダメージの効果が付与されます。 0コストのカードを用意しておく、設置する隙を作りを使っていきましょう。 リーダー付与後にディスカードを連打し、継続的な盤面処理&バーンダメージを与えていきましょう。 秘術ウィッチ 代表的な採用カード 様々なバーンで削り禁約でフィニッシュ はゲーム中に割れた土の印の数+2のバーンダメージを相手に与えることができます。 8コストのフィニッシャーでありながら結晶効果はデッキの循環を手助けし、大ダメージから身を守ってくれる非常に使い勝手が良いカードです。 アクセラレートエルフ 代表的な採用カード 異形をフィニッシャーとしたアクセラレートデッキ のようなアクセラレートでアドバンテージを取れるカードを軸に、をフィニッシャーとして採用したデッキです。 各種アクセラレート持ちカードをアクセラレートで使うか、の融合に使うか、そのまま使うか考えてプレイしましょう。 アマツエルフ 代表的な採用カード アマツによるフェアリーのバフ&疾走付与を目指す の起動条件を満たすためにを6枚集めていきます。 はエンハンスでのプレイに隙を生みますが、だけでなく1コストのカード全てにバフ&疾走を付与できます。 場にフォロワーを並べて序盤から体力を削りながら、疾走を付与したフォロワーで止めを刺しましょう! 自傷(狂乱)ヴァンプ 代表的な採用カード 自傷軸のコントロールデッキ 狂乱状態で強くなるカードを軸に、自傷と回復を意識して行うデッキです。 はフィニッシャーとなりながら、序盤はリソース確保としても使うことができます。 コントロールエルフ 代表的な採用カード リノセウスによるフィニッシュ ロングゲームの間にを引き入れ、各種バウンスカードで使い回してカウントを進めていきます。 耐久度が高いデッキなので完成まで焦らず、ゆっくりとカウントを進めていきましょう。 手札次第では6ターン目に完成することもあります。 自然機械ドラゴン 代表的な採用カード 直接ダメージを継続して与え勝つ の効果で手に入るをプレイし、毎ターン相手リーダーにバーンダメージを与えるデッキです。 の破壊枚数に応じてダメージが蓄積されるため、PPが余ることのないようにを回していきましょう。 バーンヴァンプ 代表的な採用カード ネレイアを軸としたヴァンパイア を軸とした盤面除去と各種回復・バーンカードでゲームを進めていきます。 をプレイするために渇望を意識しておきましょう。 進化ドラゴン 代表的な採用カード 進化を稼いでゼウスへ 1枚で5回の進化を稼ぐことができるを筆頭に各種カードで進化回数を稼ぎ、で勝つデッキです。 進化回数10回以上をも超えるで決めていきましょう。 シャドウバース主要記事.

次の