ハケンの品格2 一話。 【ハケンの品格】5話あらすじと視聴率!ダイエット効果のウソ黒豆ビスコッティを救え

ハケンの品格2の1話ネタバレあらすじと内容は?カウント動画まとめ!

ハケンの品格2 一話

「ハケンの品格」5話視聴率 「ハケンの品格」第5話が放送されました。 気になる視聴率は、 13. 大前春子(篠原涼子)が気になる東海林だったが、春子は彼をハエ呼ばわり。 東海林は、北海道で美味しく痩せると評判のお菓子「黒豆ビスコッティ」を全国展開しようと、ダイエット効果を証明するデータと、100人の女性達のアンケートを持って帰ってきていた。 しかし、雑誌の取材をきっかけに、ダイエット効果のデータ改ざんが疑われ、栄養学の教授のお墨付きも怪しくなっていく。 そして検査分析士の資格を持つ春子が検査することに…。 謝罪会見にまで追い込まれる東海林。 アンケートは実際に行われ、偽りがなかったが、宇野部長(塚地武雅)は証拠隠滅のため処分を命じ…。 東海林のアンケートへの思いを知る里中(小泉孝太郎)は、それらがシュレッダーにかけられたと知って愕然とする。 そんな中、北海道から「黒豆ビスコッティ」を作る小さな工場の社長が上京。 春子は「このままだと工場がつぶれそうだからと飛んできた」と聞かされー。 出典: 黒豆ビスコッティのデータ改ざん 北海道で人気のお菓子『黒豆ビスコッティ』には、ダイエット効果があるシアニジンが含まれていた。 春子は里中からの依頼で成分を調べる。 データは改ざんされていることが分かった。 東海林は謝罪会見をすることになった。 『北野菓子工房』の北野友造と娘・望は、S&Fに来ていた。 春子は帰り際に会ってしまう。 「黒豆ビスコッティは、黒豆と穀物の香りがする美味しいお菓子です。 しかも栄養価が高い。 」 「そうなんだよ、栄養たっぷりで痩せるワケないんだ。 」 東海林は、全ての責任は自分にあると認めた。 友造は東海林を心配していた。 春子はアンケート用紙を復元しようとする。 大逆転の謝罪会見 春子は、シュレッダーのアンケート用紙を持ち出す。 里中と浅野と3人で朝までかかって復元した。 「ちゃんと謝りなさい。 自分の言葉で謝りなさい。 」 アンケート用紙は派遣が誤って破棄した。 記者会見で宇野部長は責任を派遣のせいにした。 東海林はデータの改ざんを認めて自分の言葉で謝罪した。 「黒豆ビスコッティはホンモノです。 本当にいい商品なんです。 旭川の工場でおばちゃんたちが一つ一つ想いを込めて手作りで作っています。 あの商品にウソはありません。 」 東海林は自分の言葉で頭を下げた。 春子は謝罪文を東海林に渡した。 北海道の黒豆ビスコッティのユーザーたちと中継を繋いだ。 「シアニジンは、ほんの少ししか入ってないけど黒豆・小麦・卵・砂糖・バター栄養価の高い天然の食材しか入ってないから体が喜びそうですもんね。 」 その後、『S&F』には注文が殺到した。 ロボット春子は徹夜をしたため眠くて倒れそうだった。 見逃し動画配信サービス「ハケンの品格」 「ハケンの品格」5話感想 5話も楽しかった。 やはり、春子ちゃんには東海林さんやわー。 いつもの完璧な春子ちゃんのらしさを出せるのは、東海林さんだけだね。 他の人には、パーソナルスペースに入れない人。 しかし、東海林さんには顔近づけたり、髪の毛当てたりしてもう…。 先週より面白かった。 やっぱり脚本の好みってあるよね。 あと東海林さんとの絡みの量w MIU404に引き続きシュレッダーのデータ破棄出てきて笑う。 予告、6話めっちゃ楽しみじゃん。 7話で終わりって噂は本当かしら……コロナのせいで話数が少なくなったの?本当なら悲しい。 — 山本かおり kaoriymt 東海林さんと賢ちゃん仲良過ぎ! 笑 ハルコと3人で結婚しちゃえよと 思いました。 5話は中園ミホ脚本。 ふたりのケンカが小学生みたいで おもしろい笑 来週は洋ちゃんが リストラ担当になっちゃうみたい。 つらいなあ。 — A9A9A9 nanarirgi 5話、2人のやりとりが面白くて謝罪会見は感動した😂やっぱり東海林さんと大前さんのやりとりがあってこそのドラマだね。 5話からぐんと面白くなった!!! — てんちょも mtkgts0131 おいおい、この会社大丈夫か!?と思わせる程の過剰な演出は好きじゃないな〜💦 でも大前春子、東海林さん、ケンちゃんは歳を重ねたいい味出してる! そして浅野くんは結婚して赤ちゃんがいるという設定笑 色んな立場の人々が気持ちよく働ける世の中になって欲しい。 5話 — キャサリン・アツオ colomuck.

次の

ネタバレ感想【ハケンの品格】第一話篠原涼子主演

ハケンの品格2 一話

Contents• 「ハケンの品格」第一話 あらすじ 会社としての勢いを失い、職場にも活気がない食品商社S&Fで営業企画課の課長になった里中賢介(小泉孝太郎 はかつて一緒に働いた大前春子(篠原涼子)が戻って来てくれたらと考える。 当時の状況を知る浅野務(勝地涼)は驚く。 「 私を雇って後悔はさせません。 旭川支社 支社長補佐の東海林武(大泉洋)は大前春子が戻って来たと再会に感動するも完全に無視をされる。 「とっくりが舞い戻ったって本当か!」 社運を賭けた停泊するクルーザー上での商談で 通訳を任された大前春子だが、商談は決裂寸前だった。 すると、里中の携帯が鳴り響き、新人派遣の小夏 山本舞香 から「 助けてください。 人事部の人達に監禁されて・・・」と言う連絡が入る。 同じ派遣の亜紀(吉谷彩子)が社員から セクハラされているのを見かねた 小夏が匿名で会社に告発をしたら、なんと軟禁されてしまったらしい。 商談真っ最中のクルーザーにいる春子と里中、告発し保養所に監禁された小夏達、研修中の東海林。 この後、スーパーハケン大前春子の決断でとんでもない出来後が彼らの身に降りかかろうとしていたー。 冷たい人間にしか見えないぞ春子。 昔は明るかったらしいですが色々あって今のような対応になったようです。 リストラ、クビと社会の荒波に揉まれた結果派遣の道へと進んだ過去があります。 里中課長は終始優しいです! 契約内容である12時からは何をしていようが昼休憩を取る春子。 宇野部長がお茶のお替りを要求していましたがさらっと無視をして出て行きましたね。 13時から仕事に戻ってちゃんとお茶のお替りを宇野部長に持ってくるあたりは笑ってしまいました。 里中課長に頼まれてタチアナ社の資料を一瞬でまとめる大前春子は人間じゃないでしょう。 13年前を知らない企画課の他のメンバーもあり得ない仕事の速さだけは理解したようですね。 17時で退社する大前春子に昼の件でお礼を言いに行く福岡亜紀に残業泥棒とズバット言う大前春子だが福岡亜紀は残業代はもらってなくてサービス残業だという。 私もサービス残業した事ありますがほんとムカつきながら働いていましたよ。 タイムカード切った後に仕事を頼まないで欲しいよ、ホント。 模範的な派遣の福岡亜紀 とても強気な大前春子とは違って「ハケンライフ」の派遣社員である福岡亜紀(吉谷彩子)は 模範的な派遣と言うイメージです。 3か月ごとの更新で契約更新された福岡亜紀は残業、休日出勤もしますと企画課でも話していて勤務時間通りに働く大前春子とは対照的な姿です。 派遣として雇われていたらこの様に低姿勢で働くのが一般的なのですが、大前春子というキャラクターはとても強いですね! 後輩の派遣社員千葉小夏(山本舞香)に派遣は体力が必要だよと安い食事処や食費を押さえるコツを伝授しています。 基本的に良い人なんですよね福岡亜紀(吉谷彩子)。 彼女たちも話していましたが、 大前春子の伝説エピソードはほんとにすごいです。 正社員の妬みを今まで買ったことがあるんだろうなってぐらい仕事ができますよね。 仕事のできる人って先輩、上司から嫌われるんですよね。 人事主任からセクハラをされている福岡亜紀(吉谷彩子)ですが自分は派遣で向こうは正社員で人事部だから強い態度に出られなくてこのセクハラ野郎って思いました。 彼女は事なかれ主義と言うか契約期間満了まで何事もなく仕事をして契約を終えられたらと言う精神で働いていうのが分かります。 大人しい女性を狙う最低野郎ですね、墨田主任って。 タチアナ社との接待を任された大前春子 さて、スーパーハケン大前春子の本領発揮です。 会議でロシア人を接待する為に豪華でハッタリの効いた接待はないかと論議を交わしています。 里中課長は大前春子がロシア語が得意な事を知っていますので協力を求めます。 派遣ごときに納得のいかない宇野部長でしたが、 13年前に50億ものエビの取引をまとめたのが大前春子だと知って派遣なのに?と疑いながらも里中課長の下につくことを認めました。 会議での お茶くみは女性がするっていう文化は未だに存在するんですかねぇ、気にする浅野主任にひきかえ宇野部長はダメだな!令和の時代にそんな事を言っていては立派なセクハラですよ、それ。 お茶のお替りを宇野部長に求められても12時ですのでと休憩に向かう大前春子、つよい!最高です! 停泊するだけの船に飽きたロシア人達にこの船はそのままだと告げる宇野部長でしたが、このままでは商談が失敗してしまうと 大前春子が船を操縦します。 さすが、数多の資格を持つスーパーハケン!しかし、その接待を途中で放り投げた大前春子。 商談は失敗かとも割れましたが、 七輪で焼いた干物でロシア人を接待し無事に契約に繋げます。 接待に来ていた他の社員は全く何もしていません!給料泥棒ですね。 派遣に対してのセクハラ行為 大人しい派遣社員の福岡亜紀は人事の 墨田主任から狙われていてセクハラ被害にあっています。 女性の肩を持つのは今ではセクハラですよ。 しかも、福岡亜紀の契約更新に一躍買ったのは自分だからと食事に行こうと誘うなんて気持ち悪すぎです。 こういうのって派遣の立場じゃ断りにくいの分かってやってるんだろうな。 人事の主任なのにとんだセクハラ野郎です。 大前春子がテイクアウト購入なのに店内で食事をしていた セクハラ墨田主任のネクタイを持って店外に出させるシーンはスカッとしましたね!消費税が10%に変わってからテイクアウト、イートインで税率が違うと言うややこしい事になりました。 イートインコーナーでテイクアウト料金購入したのに食べて行く人がいて、こういった問題が多くてお店の人も苦労しているんでしょうね。 墨田主任にお寿司屋さんにしつこく誘われる福岡亜紀、ほんとにセクハラ人事主任だな気持ち悪っ。 誘いを断れずに人事主任と寿司屋で食事をする福岡亜紀。 もう一軒行こうという墨田主任に対してもう帰りますと言うのに強引に迫るなんて完璧セクハラだわ。 断ったらクビになるかもしれなと考えていて、でも本当は怖かったと思います。 お寿司屋さんの前でのセクハラシーンをたまたま目撃した派遣社員の千葉小夏は福岡亜紀に会社に訴えないのかと問いかけるが騒ぎ立てないでくれと言われてしまいます。 でも、正義感の強い千葉小夏は会社のクラウド目安箱(悩み相談)にセクハラの一件をっ投稿してしまいます。 これが後に 大変な事になります。 昨今はコンプライアンスがしっかりしてきて企業側もパワハラやセクハラは断固許さないと言う姿勢が見受けられます。 しかし、未だにそう言った被害が無くならないのも事実です。 匿名で相談って言われても結局は分かるもんなんですよね。 私も上司に話したことが風の速さで同僚内を駆け巡って普段違う店舗で顔を合わせない同期から聞かれたことがありました。 みんな口が軽い! 無視される東海林 2007年の「ハケンの品格」シリーズ1でも登場していた東海林さんです。 大前春子が戻って来たのを聞きつけて、旭川から丸ノ内まで飛んできた東海林が可愛いです。 絶対、大前春子に会うために全力で来たでしょう、これは。 否定していましたがね。 そして、とっくりってハイネックの事だったんですね! 出世街道を派遣の大前春子のせいで逃したという東海林ですが、名古屋の配送センターに飛ばされてカムバックできたのは大前春子のおかげで社内で取った賞の授賞式スピーチの原稿も大前春子に書いてもらったらしいですよ。 しかも、彼は過去に 交際0日で大前春子に結婚を申し込んだりしています。 忘れたい過去みたいですが。 今後、本社に戻ってきて大前春子と同じ空間で働く展開が来るんでしょうか?東海林と大前春子のやり取りはとても面白いので期待大です! 宮部社長が戻ってきたら業績はV字回復だと東海林は言いますが、里中課長は昔みたいには働けないし経済の波にうまくのれていただけだと言います。 確かに、高度経済成長期の当時の日本人の働き方は現代のブラック会社もびっくりの働き方だったんですよね。 現代でそんな働き方をしたら労働基準監督署から厳重注意をされてしまいますよ。 飲みの席で先に帰るという浅野を引き留める東海林にそれはパワハラだと言う里中は常識人ですね。 昔は上司に付き合え、飲みにケーションだ!とか言っていましたが今の若い子達はささっとお家に帰りますよ。 忘年会や新年会でさえも嫌がるんですから。 何故か、 七輪を持っている大前春子と遭遇する東海林と里中、めっちゃいいタイミングで現れますね。 冷静に七輪に突っ込む里中に対してびっくり仰天の東海林です。 そら、過去にはプロポーズをしたんです13年間大前春子が何をしていたのか気になりますよね。 河童橋街で購入した七輪は商談でのキーアイテムにもなります。 東海林の事をすっかり忘れているのか(いや本当は覚えているはず)この「 くるくるパーマ」は誰だって最後の方でようやく東海林の方を見ましたね。 クラウド目安箱は匿名ではない お寿司屋さんの件で福岡亜紀にキツク当たる人事主任、机を叩いて威圧的に怒鳴るなんてもろパワハラ案件ですよね。 セクハラの事に対して、物凄く腹を立てた千葉小夏は「ハケンライフ」の担当者に電話して訴えるもセクハラされた本人からは何も聞いていないのでと言われる。 被害者本人が声を上げないと何も改善されないんですよね。 お寿司屋さんでのセクハラを目撃した千葉小夏は福岡亜紀本人が何も行動を起こさないことにやりきれなかったのか会社のパワハラやセクハラを告発する クラウド目安箱を見つけ投稿をしてしまいます。 若くて正義感の強い行動ですよね。 この行動が吉と出るのかどうか、、、。 クラウド目安箱に秘密を厳守すると記載してあったから大丈夫だと信じている千葉小夏はまだ社会の怖さを知らないなと思いました。 セクハラの件を投稿したからきっと改善されると信じている千葉小夏と頼んでもいないのに勝手にそんな事をと思う福岡亜紀はきっと 派遣切りをされてしまうのではと怖かったんでしょう。 そして、案の定人事に呼び出された福岡亜紀と千葉小夏は大変な目に合います。 人事部に呼び出された二人の派遣と大事な接待中に駆け付ける大前春子 ここのシーンめちゃくちゃ怖かったです。 この状況で威圧的に聞かれたら何も話せないですよ!人事部に呼び出された千葉小夏、福岡亜紀は人事が集まる 部屋に呼び出され鍵を閉められたんです。 クラウド目安箱は匿名なはずなのに双方に話を聞いたといってセクハラ墨田主任に話が伝わってるんですよ!匿名って書いてあったのに! このピンチに部屋を抜け出した 千葉小夏が商談中の里中課長に電話をします。 この状況で頼られる里中課長は普段から相談できる上司だと思われているのでしょう。 威圧的な人事部にトイレから連れ出される小夏の様子を繋がったままの電話から知る里中課長は大前春子に助けを求めます。 威圧的な人事部は正社員の話だけを信じて福岡亜紀が墨田主任にハニートラップを仕掛けたんじゃないかと高圧的に問い詰めて墨田主任は体調を崩してショックで寝込んでしまった。 どうしてくれる、まさか慰謝料を取ろうとしているんじゃないのかと言われる福岡亜紀は反論をしても多勢に無勢で丸め込まれそうになります。 商談中の大前春子と里中課長はで水上バイクで駆けつけます。 鍵を開けない人事部に対してチェーンソーンで扉をぶち破り二人が閉じ込められている部屋に突撃する大前春子は千葉小夏に「 電話が切れたかどうか確認をしなさい」と 業務連絡の為にと助けに来たわけではないと言った体で話します。 裏でショックで寝込んでいたはずの墨田主任が聞いていて、里中課長がこの事を上に報告することになりました。 てっきり、自分達は契約を着られてしまうのだと思っていた千葉小夏と福岡亜紀でしたが里中課長がそんな事は絶対にさせないと言い切ります。 こんな上司が欲しい! 死ぬほど嫌な事があった次の日も生きるために出勤するのが派遣社員だ、有給たっぷりの正社員とは違うと言い放つ大前春子に正社員と言う椅子に呑気に胡坐をかいて偉ぶっているお前達とは違うんだと言っているようでした。 やる気のない正社員って本当にいるんですよ、生活の為必死に働く派遣社員と彼らとは仕事に取り組む姿勢違います。 見どころまとめ 私的には春子と東海林のやり取りがとても面白かったです!物凄く春子の事を気にしている東海林なのに春子は完全に無視をしています。 演じている 大泉洋さんはこういった演技がハマりますよね! 今の世の中って終身雇用で働く人はほとんどいないと思うんです。 新卒入社で2,3年したらすぐ転職をしているイメージがあります。 転職会社もサービスも沢山あってそれだけ需要があるという事でしょう。 法律で派遣にもきちんと有給を支給しなさいってなりましたし、立場は弱いかもしれませんがきちんとした福利厚生を受けられる所もありますし交通費もきちんと出たりします。 まぁ、それは大手に限った事なのかもしれませんが実際はまだまだ派遣の立場は弱いんだと思います。 外部の人間と言うイメージが強く責任ある仕事は回ってこないので出世とかは見込めないでしょうし企業は変えの効く人間だと考えている節もあります。 あくまで私の考えですがね。 派遣としての仕事を遂行する 大前春子は現代社会の制度をまさに切り込む存在ですよね!次話もとても気になります。

次の

『ハケンの品格2』2話のネタバレ感想!つまらない・面白いと賛否別れる理由は?

ハケンの品格2 一話

「このたび営業事業部、営業一課の課長に就任しました東海林武(大泉洋)です」 東海林が十三年ぶりに東京本社に戻った。 大前春子(篠原涼子)が気になる東海林だったが、春子は彼をハエ呼ばわり。 東海林は、北海道で美味しく痩せると評判のお菓子「黒豆ビスコッティ」を全国展開しようと、ダイエット効果を証明するデータと、100人の女性達のアンケートを持って帰ってきていた。 しかし、雑誌の取材をきっかけに、ダイエット効果のデータ改ざんが疑われ、栄養学の教授のお墨付きも怪しくなっていく。 そして検査分析士の資格を持つ春子が検査することに…。 謝罪会見にまで追い込まれる東海林。 アンケートは実際に行われ、偽りがなかったが、宇野部長(塚地武雅)は証拠隠滅のため処分を命じ…。 東海林のアンケートへの思いを知る里中(小泉孝太郎)は、それらがシュレッダーにかけられたと知って愕然とする。 そんな中、北海道から「黒豆ビスコッティ」を作る小さな工場の社長が上京。 春子は「このままだと工場がつぶれそうだからと飛んできた」と聞かされー。 (公式HPより引用) スポンサーリンク ハケンの品格2の5話のネタバレ 東海林は、営業事業部の社員と派遣に黒豆ビスコッティを配りました。 みんなおいしいと言ってくれて、東海林は上機嫌でした。 そして、黒豆ビスコッティを全国展開すると意気込んでいました。 この黒豆ビスコッティはおいしいだけではなく、ダイエット効果が見込めるお菓子でした。 有名な教授のお墨付きもありました。 東海林は、上司からダイエット効果を全面に押し出して全国展開を図るように指示されました。 春子は黒豆ビスコッティを食べて、「 味はいけますが、不祥事の臭いがします」と言いました。 東海林は、宮部に全国展開での大ヒットを約束しました。 北乃菓子工房は、黒豆ビスコッティを大量生産するために借金をして工場の拡大を図りました。 東海林は、北乃菓子工房の社長に本社でも好評なのでまったく問題ないと言いました。 黒豆ビスコッティはすごい人気でした。 あちこちのデパートやスーパーから黒豆ビスコッティを置きたいという連絡が入っていました。 東海林は月刊「おやつ倶楽部」という雑誌の取材を受けました。 黒豆ビスコッティのよさを猛アピールしました。 ダイエット効果については、100人の女性モニターからデータやアンケートを取り、栄養学の権威・漆原教授からもお墨付きをもらったと説明しました。 雑誌記者は、黒豆ビスコッティの栄養の分析データと東海林の写真を撮りたいと頼みました。 東海林は問題ないと答え、自身の写真を撮らせました。 春子は、東海林に100人の女性モニターは実際に痩せたのかを尋ねました。 東海林は、自慢げにダイエット効果のあるシアニンジンが含まれていると答えました。 春子は、シアニンジンではなく、シアニジンだと訂正しました。 東海林は、自分のプロジェクトにいちゃもんをつけないで欲しいと言います。 すると、春子は「 失敗はその腐れマリモだけにしてください」と返します。 東海林はヒートアップしますが、里中になだめられます。 先日取材を受けた「おやつ倶楽部」の最新号が発売されました。 そこには、黒豆ビスコッティは痩せるどころか太ると書かれていました。 記事には、黒豆ビスコッティの栄養の分析データの誤りまで指摘されていました。 このことはネット上などで大きな話題となりました。 社運がかかっているだけに大変な事態に陥ってしまいました。 東海林は、前にいた旭川支店に連絡しました。 高沢という者が黒豆ビスコッティのデータを取っていたのですが、高沢は急に辞めてもういませんでした。 高沢とは連絡先がつかないというのです。 里中は、検査分析士の資格を持つ大前に黒豆ビスコッティの検査を頼みました。 井手がやって来て、春子が検査するのをこっそり見ていました。 その頃、心配になった東海林は漆原教授の元を訪れていました。 東海林は、漆原教授にデータを改ざんしたかどうかを確認しました。 漆原教授はデータを改ざんしていないと言いました。 春子が検査した結果、東海林が持っていた黒豆ビスコッティの栄養の分析データは間違っていることがわかりました。 シアニジンは、実際に含まれている10倍の量が書かれていました。 春子は、 データの改ざんがあったということだと言いました。 漆原教授は、高沢の接待に気分をよくしてデータを改ざんしたというのです。 東海林の顔は引きつっていました。 東海林は宮部に呼ばれました 分析データに誤りがあったことを話して謝罪しました。 東海林は謝罪会見を行うように言われました。 工場拡大の話も白紙になってしまいました。 宮部からは、東海林の未来も白紙だと言われました。 東海林は、春子にダイエット効果について自分できちんと調べればよかったと言いました。 その言葉を聞いた春子は、本当に取り返しがつかないことになったのかと尋ねました。 里中はそのようなことはないと言い、スピーチ検定3段の資格を持つ春子に謝罪会見の原稿を書くように頼みました。 しかし、春子はそれを断りました。 東海林は自分で原稿を書くというのです。 その頃、井手からデータの改ざんがあったことを伝えられた営業事業部ではみんなが動揺していました。 宇野は、黒豆ビスコッティのアンケートもデタラメだというのです。 もしそのアンケートを調べられたら大変なことになるので、亜紀にシュレッダーにかけるように命じました。 そして、亜紀と小夏によって、アンケートはすべてシュレッダーにかけられました。 春子が帰ろうとしていると、北乃菓子工房の社長と娘が東海林を訪ねてきました。 春子は、社長に黒豆ビスコッティはおいしくて栄養がたっぷりであると言いました。 社長は栄養たっぷりなので痩せるはずがないというのです。 東海林がやって来ました。 東海林は社長に謝りました。 社長は、怒るどころか、東海林が認めてくれて自分のところの商品は幸せだったと感謝の気持ちを述べました。 春子は、遠くからその様子を伺っていました。 しばらくすると、春子が戻ってきました。 春子はシュレッダーのゴミが捨てられた後だとわかると、ゴミ集積場に向かいました。 営業事業部のシュレッダーのゴミを事務室に持ってきました。 春子はこれを復元するというのです。 里中は驚きます。 すると、春子は「 ジグソーパズル検定1級の大前春子です」と言いました。 春子は、里中と浅野に帰るように言いました。 しかし、2人はどうしても手伝いたいと頼みました。 春子は、色で判断してアンケート用紙のみを取り出すように指示しました。 アンケート用紙だけ取り出したら、今度は年代別に分けます。 アンケートは年代別に異なる色が使われていました。 ここから、一片ずつ照らし合わせてみて正しいものを組み合わせていきます。 本当に気の遠くなるような作業です。 すべて復元できたのは翌朝でした。 東海林が出勤してきました。 春子・里中・浅野が出勤していることに驚きました。 東海林は、謝罪会見では会社の方針でうまく誤魔化すしかないと言いました。 春子は自分の言葉で謝るように言います。 東海林は、謝るにしてもデータもアンケートもないというのです。 春子は、アンケートならあると言います。 東海林はアンケートを見て驚きました。 浅野は、春子が徹夜で残業したのが信じられないというのです。 すると、 春子はあれは残業ではなく、今ジグソーパズルにハマっているだけだと返しました。 そして、いよいよ謝罪会見が始まりました。 記者からは、100人のモニターが痩せたのは事実かどうかの質問がありました。 都合の悪い質問については、宇野らは現在調査中であると言って誤魔化します。 アンケート用紙については、事情を知らない派遣がシュレッダーにかけてしまったと説明します。 記者からは、調べられると困るので証拠隠滅したのではと言われてしまいます。 東海林は、黒豆ビスコッティは痩せないこととデータに嘘があったことを認めました。 それにより、東海林は記者からどう責任を取るのかなどと責め立てられます。 東海林は、黒豆ビスコッティは素晴しい商品だと訴えました。 アンケートにはモニターの正直な意見が書かれていると説明します。 記者は、そのアンケート自体もででっち上げなのではというのです。 その時です。 春子が会場に入ってきました。 東海林に、大逆転スピーチだと言って原稿を渡しました。 東海林は、次のように言いました。 黒豆ビスコッティを食べて痩せたというのは事実と異なっていました。 しかし、モニターの女性は調査終了後も黒豆ビスコッティを食べ続けてくれています。 この騒動を聞いて、モニターの女性が北海道から感想を述べてくれます。 会場が暗くなって、スクリーンには北海道にいるモニターの女性が映し出されました。 女性は次のようにコメントしました。 これを食べると元気になって仕事もジョギングもできる。 痩せないけどおいしいから食べてます。 夜勤の時にこれを食べると朝まで頑張れます。 スクリーンには、モニターの女性100人すべての顔が映し出されました。 みんな笑顔で手を振っていました。 シアニジンは少量しか入っていませんが、栄養価の高い天然の素材しか入っていないので体が喜びそうだと春子は言いました。 モニターの女性も同調します。 みんな口々においしいと言ってくれます。 東海林の目には涙が浮かんでいました。 しかし、記者は謝罪会見で商品のアピールかと言って非難しました。 会見の後、電話がひっきりなしに掛ってきました。 すべて黒豆ビスコッティの注文でした。 ネットでは、炎上商法だと言って叩かれました。 しかし、注文は殺到していました。 里中は、春子に感謝の気持ちを述べました。 浅野が春子が徹夜をしたことを話すと、営業事業部の全員が驚きの目で春子を見ました。 東海林は、春子にお礼を言いました。 すると、春子は東海林をビンタしました。 そして、「 ハエが止まっていましたが、何か?」と言いました。 春子は、徹夜で一睡もしていないので壊れてしまいました。 東海林は、改めて宮部に謝りました。 黒豆ビスコッティについては、結果オーライで不問となりました。 そして、東海林は宮部からあることを命じられました。 ハケンの品格2の5話の感想 黒豆ビスコッティで、東海林は窮地に追いやられてしまいました。 もしかしたら、また飛ばされてしまうのではと心配でした。 しかし、春子が見事に救ってくれました。 さすが春子ですね。 これからも、春子と東海林の舌戦を楽しむことができます。 うれしい限りです。 東海林は名古屋支店に行ってから、スナックのママと電撃結婚していました。 ただ、離婚も早かったようです。 それでも驚きましたね。 春子にフラれて、やけを起こして結婚したのでしょうか? ドラマのラストで、東海林は宮部から何か頼まれていました。 本社に長い間いなかった東海林にしかできないことだと言われていました。 人員削減とかでしょうか? 気になりますね。 SNSでは、次のような声が上がっています。 人生仕事に捧げたくはないけど、大変でも自分の成長に繋がる環境に身を置きたいものです。

次の