公認会計士 資格講座。 公認会計士スクールの「FIN」を紹介

公認会計士の資格がとれる通信講座ベスト3

公認会計士 資格講座

会計のプロフェッショナルとして様々な業務に携わる 公認会計士。 会社を運営していく中で会計や税務といったコンサルティングの知識は必要不可欠ですので、どの業界でも常に安定して需要はあります。 給与も高く独立して自分で会計事務所を開いて事業を続けられれば、 年収1,000万円以上も公認会計士であればそこまで難しくないです。 ただ、公認会計士は国家資格ですので目指すためには 資格の取得が必要不可欠です。 会計系資格の最高峰とも言われるだけあって、平成28年度の試験では 出願数約10,000人に対して合格率は10%と10人のうち1人しか合格できないという現状です。 少しの努力や勉強だけでどうにかなるような試験ではありませんので、試験の合格を目指すのであれば中途半端な覚悟ではなくしっかりと本腰を入れて学ぶようにしましょう。 難しい試験なので出来れば大手スクールなどに通って勉強するのが基本的には望ましいですが、中には仕事で忙しくて スクールに通う時間がないという人もいるかと思います。 そのような方はよく独学で合格を目指そうとされる人が多いですが、先ほど述べた通り合格率約10%と大変狭き道ですので、出来れば カリキュラムのしっかりと整った通信講座 eラーニング で勉強するのがいいでしょう。 ユーキャンの公認会計士講座について 通信講座と聞かれるとユーキャンを真っ先に思い浮かべる人は多いかと思います。 知名度も信頼感もあるのでユーキャンの講座であれば何かと安心して選びやすいですよね。 しかし、残念なことに ユーキャンには現在公認会計士を目指せる講座はありません。 同じ会計資格で簿記検定の2級・3級の講座はありますが、公認会計士と簿記では求められる問題も難易度も段違いです。 簿記の知識だけでは公認会計士試験の合格を目指すのは難しいので、公認会計士を専門とした講座で学ぶ必要があります。 ただ、初心者の方であれば公認会計士を目指す前に簿記の資格を取得をしておくのは、 同じ分野の学問ですので全然ありです。 ユーキャンの簿記講座は2019年の オリコン顧客満足度調査で第1位を取るほどの人気講座なので、簿記講座であればユーキャンで受講するのがいいです。 既に簿記の資格を持っているという方は、公認会計士講座がある他の通信講座を受講しましょう。 クレアール 公認会計士を学べる通信講座はいろいろとありますが、その中でもお勧めなのがです。 通信講座の中でも最大手の会社であり、これまでに多くの修了生が 一発合格を成し遂げた実績があります。 ホームページ上に合格者の体験記が掲載されているので興味のある方はご覧になるといいでしょう。 クレアールの最大の特徴は、公認会計士業界でも有名な講師を2名の指導のもと、 カリキュラムや教材を設計しており通学さながらの質の高い学習内容を受けられるところです。 公認会計士の 書籍の累計売上が5万部を超えるなどとても実績のある講師を採用しています。 講座にはいくつかのコースが用意されており、1年間の短期合格を目指す全力投球コースや3年や4年掛けてじっくりと合格を目指すトータルセーフティコースなどがあります。 自分の今の状況に合わせてコースを選べるので、 ライフスタイルに沿った学習プランが立てられるのが魅力的です。 学習内容が気になる方は資料請求することで、パンフレットに加えて 講義DVDのサンプルを無料でもらうことができるのでどんな内容が学べるのか受講する前に確認することができます。 また、初学者のために個別相談を設けていて専門のアドバイザーが親身にカウンセリングを施してくれるので、分からない所や聞きたいことがあればまずは電話で相談してみるといいでしょう。 資格スクエア クレアールの他にもう1つお勧めなのが、の公認会計士講座です。 資格スクエアのサービスは厳密に言えば通信講座というよりはオンライン学習サービス eラーニング ですが、忙しい人でも学びやすいという点で言えば同じでしょう。 テキストではなく スマホを用いた動画学習をメインとしてますので、通勤時やカフェなどより気軽に勉強がしやすいといったメリットがあります。 資格スクエアは数ある通信講座の中でも特に 法律や会計分野をメインに力を注いでいるので、公認会計士に対応した講座もしっかりと用意されています。 また、資格スクエアの公認会計士講座の最大の特徴はその合格率の高さと言えるでしょう。 先程、合格率は10%前後が平均と述べましたが、 資格スクエアの合格率は47%と何と約2人に1人が合格されてるという実績があります。 なぜここまで合格率が高いのかと言うと、公認会計士試験受験指導校として最も長い歴史を持つ 東京CPA会計学院と業務を提携しており、最高水準の教材と講義カリキュラムを整えているからです。 長年のノウハウの詰まったスクールとの提携によって、ここまで高い合格率の実績を出しているのも納得できるでしょう。 公認会計士のeラーニング 通信講座 でここまで質の高い講座内容を提供している会社は中々ありません。 無料会員登録を行えば公認会計士の一部の講義が無料で視聴できますので、購入を検討している方はまず最初に登録してみることをお勧めします。 他にも会員になることで、受講相談やクラウド体験といった新しい学習システムのサービスの利用、公認会計士の有益情報を配信しているメルマガを受け取れるなど色々な恩恵が受けられます。

次の

公認会計士|LEC東京リーガルマインド

公認会計士 資格講座

2019年:470名• 2018年:486名• 2017年:482名• 2016年:406名• 2015年:381名• 2014年:389名• 2013年:439名• 2012年:401名• 2011年:606名 毎年、平均して 400名を超える合格者を輩出していることが分かりますね。 公認会計士試験の合格者数は、毎年約1,100~1,300名程度ですから、 合格者の3人に1人は大原の受験生ということになりますね。 母集団数が多く、合格者数も高水準をキープしているため、受講生は『ここで勉強していれば大丈夫』という安心感があると思います。 公認会計士試験は長丁場の試験ですから、『 安心感』というのは強い味方になります。 計算を重視した授業 資格の大原は、元々『簿記専門学校』としてスタートし、その後すぐに『公認会計士講座』を開設しました。 資格の大原の最大の強みは『簿記』すなわち 計算です。 「理論」は暗記をすれば誰でも正答できるものであり、シンプルに努力量=得点につながります。 一方、公認会計士試験における「計算」は、 受験テクニックが多く求められます。 これを知っているか知らないかで、合否が分かれるケースもあるため、資格の大原の学習スタイルは非常に論理的であることが分かります。 また筆者の体験談ですが、実際に試験本番で「大原の受講生は解けたけど、その他の受験生は解けなかった」という問題がありました。 教室数が多く、通いやすい 資格の大原は、老舗の専門学校だけあって、教室数が 全国に50教室と最多です。 そのため、自宅の近くにあることが多く、通いやすい(通学しやすい)のが特徴です。 通学コースを受講される場合、どうしても『 地理的な問題』が発生します。 もう1つのメリットは、日々の答練(定期テスト)が、疑似的な公認会計士試験(本番)になることです。 公認会計士受験生の多くが資格の大原の受講生であるため、大原内でのテストの成績が、 公認会計士本試験の成績にリンクしやすいのです。 テストの成績が良ければ、「きっと本番の成績も良いはず」と推定できますよね。 このメリットを得ることで、 勉強の戦略を立て直すことができます。 これは大手ならではの強みと言えるでしょう。 精神衛生的にも、勉強の戦略的にも、『大手だからこそ』という武器は強いのです。 持ち運びに便利なテキスト 資格の大原『公認会計士講座』では、ポケットコンパス(通称、ポケコン)と呼ばれるテキストが人気です。 その理由の1つに、「受験仲間が作りやすい」というものがあります。 資格の大原は、講師が全員常勤であることから、講師と受講生との距離が非常に近く、自然と受講生同士も仲良くなりやすい雰囲気があります。 受験仲間を作ることで、「陰鬱にならず、適度にリフレッシュできる」「お互い分からないところを、教え合うことができる」などのメリットが生まれます。 また、 大原生専用のSNSもあるため、通信の方も他校の受験生とコンタクトを取ることができます。 「受験仲間」の存在は、長い資格試験を乗り越える上で強みになります。 私は逆に「仲間を作ると遊んでしまう」タイプでしたが、「楽しく受験生活を送りたい」「お互い切磋琢磨して、受験生活を送りたい」という方には、資格の大原がオススメです。 講師が「公認会計士」とは限らない• 料金が少し高い 講師が「公認会計士」とは限らない 通常、資格予備校で「公認会計士講座」を指導する場合、「現役の公認会計士」が講師として指導するケースが多いです。 しかし資格の大原では、「専門知識のある人」を講師として採用しているため、「 実は教えている先生が公認会計士ではない」というケースがあります。 (これは、資格の大原だけの特徴です。 ) 公認会計士ではない先生に教わっていると、人によっては、「受かってない人が教えられるのかな?」と不安を抱く方もいると思います。 なぜこのような体制をとるのか?と言うと、大原では「 常勤講師体制」を徹底しているからです。 常勤講師体制とは、その名のとおり「講師が全員常勤職員で構成されている」ことを言います。 これにより、 講師同士が連携することができ、授業の質を高めることができる仕組みです。

次の

【2020年】公認会計士の通信講座〜比較・おすすめ・ランキング

公認会計士 資格講座

公認会計士資格取得の流れ 公認会計士試験について 公認会計士の試験を受験する上で、学歴は必要ありません。 公認会計士の試験は、「知識確認型」の短答式試験と「課題解決型」論文式試験に分かれています。 一次試験となる短答式試験は、2010年より年2回に開催日が増設され、合格した年以後2年間は申請により短答式試験免除(科目合格はありません)となっています。 同年で2回チャレンジできるので、まずは試験の雰囲気に慣れるためにも、学習途中でも一度チャレンジし、その後改めて合格を狙いで受験するのが良いでしょう。 短答試験に合格した人だけが受験できる論文試験は、必須課目4科目と選択科目1科目から成り、3日間にわたって行われます。 万が一不合格になっても、「一部の科目で相当の成績を得たと認められる者は、以後2年間は申請により論文式試験の当該科目を免除」という一部合格制度があるので、次回以降の受験にも挑戦しやすくなっております。 初心者の方は、一部合格制度を上手に活用して合格を狙いましょう。 試験の詳しい内容 試験は短答式(マークシート)と論文式に分けられます。 短答式は、財務会計論、管理会計論、監査論、企業法の4科目。 論文式は、短答式に合格した者及び免除された者が、会計学、監査論、企業法、租税法及び選択科目(経営学、経済学、民法、統計学のうち受験者があらかじめ選択する1科目)の5科目について行われます。 試験に合格するにはどれくらい勉強すればいいの? 1年目に短答式試験の合格を目指し、その後1~2年かけて論文式試験にトライするというのが一般的なようです。 勉強に時間を割くのが難しい社会人の方なら、じっくり3年かけて合格を目指すのもいいでしょう。 また学生の方なら入学と同時に試験勉強を開始することで、在学中の合格も可能になるのではないでしょうか。 試験に合格後、すぐに公認会計士と名乗れるの? 無事試験に合格しても、すぐに公認会計士と名乗れるわけではありません。 まずは試験に合格した後、2年間の実務経験(業務補助又は実務従事)と、日本公認会計士協会が実施する実務補習を受け、修了考査の合格を得ます。 その後に内閣総理大臣の確認を受けて公認会計士として登録。 晴れて正式に公認会計士として認められます。 活躍の場 資格を取得するとどんなところで働けるの? 公認会計士の資格取得後の代表的な就職先は、監査法人です。 監査法人では、会計処理や会計記録、計算書類、財務諸表など企業の財務状態が適正であるかどうかを公認会計士が監査をします。 特に資本金が5億円以上大企業や証券取引所に上場している企業は、監査が義務化されています。 監査法人の中でも、新日本有限責任監査法人・有限責任あずさ監査法人・有限責任監査法人トーマツ・あらた監査法人、この4大監査法人に多くの資格取得者が就職します。 大手監査法人でキャリアを積んだ後、独立する人も多くいます。 独立については、企業コンサルタントや同時取得できる税理士の資格を活かして独立することもできます。 財務のスペシャリストとしてだけでなく、いち経営者として起業し、日本経済を活性化させるなど幅広い活躍が期待されています。 公認会計士資格が持つ独占業務って何? 公認会計士は、監査業務に関して独占業務資格(特定の業務に関して、特定の資格を持っている者のみが業務を行うことができる資格)を有しています。 監査業務とは企業の決算書において財政や経営状態が適正に表示されているか、第三者的立場で判断する大変重要な仕事で、公認会計士のメイン業務となっています。 公認会計士の将来性 公認会計士は、今後さらに求められる仕事だと言えます。 特に、専門分野での活躍が期待できます。 とりわけ、中小企業の事業承継や事業再生において注目されています。 と言っても、公認会計士の数は多いので、地域性や独自性を特化させて、いかに差別化をするかがポイントです。 また企業の海外展開をサポートする業務も、今後は拡大が期待できます。 特に成長が著しいアジアへの進出が増えていますが、中国やインドへの展開に強い公認会計士が重宝されています。 公認会計士は、グローバル規模で見ても、将来性がある仕事です。 公認会計士の給料・年収分析 公認会計士の平均年収 厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」の結果、公認会計士の平均年齢は、正社員の場合で40. 7歳で、勤続年数が11年であることがわかりました。 そして給与に関しては、月収は47万5800円となりました。 さらに平均年収は718万8000円で、年間ボーナスの平均が、147万8400円です。 国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」によると、給与所得者の平均年収は415万円だったので、公認会計士の年収は、かなり高い水準であることがわかります。 日本では、資格別に見ると医師、弁護士に次ぐトップレベルの収入が得られる仕事です。 または公認会計士と同レベルの所得である資格には、税理士や不動産鑑定士などが挙げられます。 【正社員】 平均年齢 40. 1歳 勤続年数 11. 8年 実労働日数 20. まだまだ女性は少数派ですが、最近になって徐々に公認会計士を取得する方は増えています。 というのも、女性が社会で活躍するために、公認会計士は適しているからです。 例えば、結婚や出産・子育てなどの理由で、一度退職をしても、専門性が高くニーズもある資格なので、再就職をする上で、あまり困ることはありません。 一方で、コンサルティングファームや会計事務所を開業して、バリバリ働くことができます。 また年齢を気にせずに、ずっと働き続けることもできます。 自分のライフプランや、人生の状況に合わせた働き方を、いつでも選択することが可能なので、女性にとっては魅力的な仕事だと考えられます。 合格率 - 出題内容・形式 短答式試験:財務会計論/管理会計論/監査論/企業法 論文式試験:会計学/監査論/租税法/企業法及び選択科目(経営学、経済学、民法、統計学のうち、受験者があらかじめ選択する1科目) 検定料 19,500円 問い合わせ先 公認会計士・監査審査会 〒100-8905 東京都千代田区霞が関3-2-1 中央合同庁舎第7号館 公認会計士・監査審査会事務局総務試験室試験担当係 TEL:03-5251-7295 さらに詳しく• 公認会計士の資料請求• 地域を選択• 講座を選択• お届け先を入力 通信講座• 都道府県から探す 北海道・東北• 中国・四国• 九州・沖縄• 公認会計士の関連資格 関連特集.

次の