共働き 小学生 夏休み。 共働き家族は注目!小学生の学童保育の現状とかかるお金

子どもの夏休み、共働き家庭はどうしてる? 夏休みの過ごしかた

共働き 小学生 夏休み

もくじ• そもそも学童ってなに? 学童保育、通称学童とは主に日中保護者が労働やその他の理由から家庭にいない児童を授業終了後、保護者に代わって保育する施設です。 学校と違ってクラスや学年で分けられることはなく、学童にいる子供たちはみんな一つの部屋で放課後を過ごすことになります。 預かり時間は授業終了後から夕方は18時半までというところが多く、延長料金を払えば19時半まで利用可とするところもあります。 夏休みの学童。 十時間もなにしてるの? 夏休みや冬休みなどの長期休みは朝から預かってくれます。 時間は8時半からというところが多いですが、早朝料金を支払うと 7時半からというところもありました。 これは学童によって差があるので、早めに確認しましょう。 地域によっては断られるほど激戦です! 学童を利用する子供は年々増えていますが、学童の数がそれに追いついていません。 民間の学童も少しずつ増えていますが、それでもまだまだ足りていないのが現状です。 学童によっては通年利用は受け入れ不可でも、長期休みのみの利用だったら受け入れ可としているところもあるので、お住まいの地域の学童を調べてみましょう。 学童入室に潜む落とし穴【私が実体験したこと!】 公立の学童の場合ですが、実際に体験したエピソードをお話します。 私が住む地域は子供がそれほど多くなく、「学童も断られないよ」と聞いていました。 ところが、学童に入室の問い合わせをしたところ思わぬ返事が返ってきたのです。 利用する日数や時間、サービスによって、利用料は同じ施設の中でも大幅に変わりますが、 約10倍の利用料です。 しかし、どうでしょうか? 公立の学童+スイミング+習字教室+塾などの習い事をトータルすると、民間の利用料くらいになっているかもしれませんね。 学童以外の選択もあります! 公立の学童と民間の学童を比べたところですが、ここで学童以外の選択肢も見てみましょう。 授業は終わってもそこで待つこともできますよね。 普段ゆっくり会うことができない親戚に会えるチャンスですね。

次の

夏休みの子供の昼ご飯は共働きの場合どうしてる?小学生はどうやって過ごしているの?

共働き 小学生 夏休み

kumon. この調査結果の中では、 共働き世帯でも、専業主婦世帯でも、家庭学習に取り組む日数や時間はほぼ同じという結果が出ています。 家庭学習に取り組む時間については、 共働き世帯36. 8分、 専業主婦世帯36. 4分で、差がありません。 やはり 子供の帰宅時間はどの世帯も一緒だから、あまり変わりがありませんでした。 平日の帰宅後の学習時間は、 子供と親の帰宅時間の差が少なければ少ないほど、各家庭の差はないと思います。 その差が大きい場合、例えば、子供が夕方16時帰宅、そして親の帰宅が19時となると、 この3時間にどれだけ子供が自主学習に取り組めているかが、ポイントになります。 ここで自宅学習に取り組んでいるか、あるいは、塾で学習しているか、色々な方法がありますが、共働きの場合は、各家庭で工夫をこらしているのでしょう。 ちなみに、 共働き世帯の我が家の場合は、娘が16時帰宅、親は17時帰宅の1時間差があるので、この1時間で自主学習を進めるように、毎日スケジュールを立てています。 しかしながら、共働き世帯と専業主婦世帯でも、 夏休みなどの子供の長期休暇になると、家庭学習の取り組む日数や時間に差が出始めるのではないかと、思いました。 親が見守りながら学習を毎日進めている主婦世帯は、• 決めた時間に学習できるかどうか?• 学習内容で不明な部分は自分の力で調べられるのか?• あるいは親の帰宅時に確認するという判断が出来るか? 共働き家庭は、 親の不在時にいかに自主的に学習が進められるかが、重要になるのではないでしょうか。 家庭学習する小学生の親の共通点とは?母親が意識的に行っていること さて、調査結果に戻ってみましょう。 調査結果を見ていて、気になったところがもう1点ありました。 「 家庭学習で母親が意識的に行っていること」です。 内容としては、 「家庭学習で母親が意識的に行っていること」の多くの項目が共働き世帯より専業主婦世帯が上回っている、という結果でした。 ただ、一つだけ 『怒る事よりも褒める事を大切にしている』の項目が、唯一共働き世帯が上回っています。 共働きだと直接自主学習を見られない状況が多いので、意識してほめるという分析でした。 我が家の場合も、出来るだけほめるようにしていますが、理由はちょっと違ってまして… まず、怒り始めると、帰宅してからさらに疲れるし、そこに費やす時間も長くなります。 要は、怒りすぎになってしまうので、注意はするけど「怒らないようにしなければ!」と気を付けています。 子供も帰宅後、親と顔を合わせてから怒られてばかりいると、勉強もまったく楽しくありませんし、頑張って自主学習を進めていく意欲もなくなってしまいますよね。 当然ですが、注意する事は必要です。 しかしそれ以上に、ほめてあげた方が、お互いに良い結果になるのではないでしょうか。 自主学習の意外にシンプルな共通点は、 怒る事よりも褒める事を大切にしていることかもしれません。 まとめ 共働き家庭でも、専業主婦家庭でも「子供が勉強できる子か?できない子か?」という結果に直接的には繋がらないということがわかりました。 工夫が大事だということですね。 家庭学習で意識的に行っている事の共通点としては、共働き家庭・専業主婦家庭どちらも 子供の自主学習の様子を注意深く観察し、学習後に確認しているという事になるのでしょう。 その結果、 学習意欲がわき、自力で問題が解けるようになっているのだと思います。 我が家のような共働き家庭でも、 帰宅後の取り組み方に専業主婦世帯との共通部分が多いのが、今回確認出来て参考になりました。 家庭の状況や生活リズムは色々ですが、工夫して学習していけるようにしたいですね。

次の

夏休みの子供の昼ご飯は共働きの場合どうしてる?小学生はどうやって過ごしているの?

共働き 小学生 夏休み

Contents• 理想の過ごし方 共働き家庭の小学生の夏休みの過ごし方で検索したり情報収集すると、だいたいこんな選択肢が出てきます。 学童保育(民間含む)• 遠方の祖父母宅へ子どものみで泊りに行かせる• サマーキャンプ、合宿などのイベントに参加させる• 夏期講習、習い事など これらを全部取り入れられれば、夏休みもなんとか乗り越えられそうですし、何より、 子ども1人で祖父母宅や、キャンプとかって、子どもにとって貴重な体験、成長する機会になりそうですよね。 こういう過ごし方、理想です。 理想通りにいかない要因 しかし!現実的にはウチはなかなかそううまくはやれてません。 理由は以下2つ。 下調べ計画するのが面倒 これは私と夫がダメダメなだけですが。 もともとインドア派の我ら夫婦。 おでかけの下調べや計画のハードルが高い。 そしてあれよあれよと夏休みは近づき、気づいたら何も計画しないまま。 暇だー になるんですけど。 学童が続くよりは気が紛れるようです。 親の休み あとはこれ。 有休や夏休を利用して、 できるだけ夏休み中は仕事の休みを普段より多めにとるようにしてます。 夫の休みも総動員すれば、両親どちらかが休みで家にいる状態にできるので、これができるとかなり大きいです。 親が働いていない家庭の子は夏休みを満喫できるのに、共働きの我が家だけ子どもも休みなしってやっぱり少し罪悪感はあるんですよね。 なので、数日だけでも連休を作って、親も一緒に夏休みを少し味わうようにしてます。 下の子の育休 これは運よく1度だけ使えたのですが。 私は2人目に前向きになるのに時間がかかったこともあり、小1の壁に下の子の産休育休をぶつける作戦を考えました。 しかし、残念ながら長女が1年生の時には妊娠せず。 ただ、3年生の夏休みは 下の子の産休育休とかぶせることにたまたま成功!夏休みの間も育休で家にいられたので、助かりました。 以上が、今のところの 我が家の夏休みのリアルな過ごし方です。 日数の割合で言うと、 学童3割強、祖父母宅3割弱、親の休み3割 くらいでしょうか。 半日単位で、 午前中は学童、午後は祖父母宅とか 半日有休を取って、午後は自宅で過ごすとかもあります。 なかなか理想とは違うけど、なんだかんだ、今のところ我が家は共働きでもなんとか夏休み冬休みを乗り切れてます。 ただ、高学年になってくると学童に行く子もかなり少なくなるようで、また何かしら対処を考えなきゃな…とは思ってます。

次の