ムツ ばあさん。 映画『花のあとさき ムツばあさんの歩いた道』公式サイト

はなのあとさき「ムツおばあさんの里」を訪ねて(本編)4K映像

ムツ ばあさん

この番組は2009年に放送されたものの再放送なのですが、1番最初に小林公一、ムツさん夫妻が取材を受けたのは2002年でした。 そして、主人公の小林公一さんは2006年(平成18年9月)に、妻のムツさんは2009年(平成21年1月)にお亡くなりになっていますから、番組タイトルが「ムツばあさんのいない春」となっています。 今年は2017年ですから、もう8年も経っているのですが、ちっとも色あせない何度も見たいドキュメンタリー番組です。 ここでは、 ムツばあさんが花を植え続けた秩父山中の場所や、どういった想いで花を植え続けたのか、また、ムツばあさんシリーズは全部で3部構成になっていますから、それも簡単にまとめています。 追記 2019年5月11日に、続編の最終章 「秩父山中花のあとさき・最終章ムツばあさんの歳月」が放送されました。 目 次• 秩父山中の場所 ムツばあさんが花を植えていた秩父山中は、 埼玉県吉田町大田部楢尾(おおたぶ ならお)という住所で、googlemapでは正確な位置が特定できないほどの山中です。 まんぞうさんから、貴重な情報をいただきましたので、記載させていただきます! 多分正確な場所について、かなり多くの方が気になっていると思っていました。 まんぞうさん、ありがとうございます。 ムツばあさんの家の正確な位置情報です 現在ここの集落には定住されてる方はいないようです。 谷をはさんだ小学校跡側にはまだ住んでる方がおります まんぞうさんから教えていただいた、小学校、吉田小学校太田部分校という場所のみ、住所から見つけることができます。 ムツばあさんの畑は、この小学校の住所が目印です。 おおよそこのあたりのはずです。 そして、この大田部楢尾(おおたぶ ならお)の、1番最初に取材が始まった2002年には、戸数5戸、住民9人の限界集落になっていました。 かつては、この地区一帯は、700名近くの人が住んでいましたが、下久保ダムの完成に伴って整備された道路によって、都会との距離を便利なものに変えてくれました。 この道路の完成によって、それまでは桑畑と養蚕と炭焼き。 また杉の栽培、及び伐採などの農業と林業で生計を立てていた人たちは、町の工場に働きに出ていってしまいます。 若者たちもこの地区を去り、残ったのはお年寄りの方達だけなってしまっていました。 村が栄えていた当時は、戦後の住宅ブームで、何もかもが高値で売れ大きな需要があったようです。 ムツばあさんが暮らしていた場所までの道のりを、車載のminiDVで撮影された動画がYoutube にあがっていました。 すれ違う車も人もいない山奥なのですが、その道のりの映像を見ていると、自然の景色の美しさよりも、懐かしい気持ちでいっぱいになり、涙が出そうになるのが不思議です。 住んだこともなければ、行ったこともない場所なのに、です。 この場所を調べる前に、ムツばあさんが花を植えていた場所や、その後ろに映る道路が、かつては畑だった場所で、そこにダムへと続く道路ができたことを知っていたからかもしれません。 nhk. ムツさんが2才年上の姉さん女房です。 ムツさんは山一つ越えた隣村から、当時は26歳と遅い年齢で嫁いできました。 少女時代から極度の近視だったムツさんは、小学校を出ると、みんな町の製糸工場に就職したのですがそれができず、子守や奉公をして青春時代を過ごしています。 結婚をして、結婚式の写真すら贅沢と思われていた時代に、夫・公一さんは半日かけて町の写真屋に出掛け、ムツさんの結婚写真を撮っています。 畑に花木を植えるきっかけ 加齢とともに段々畑での農作業が不可能になったムツさん夫婦は、畑をそのまま放っておくと雑草と蔓草(つるくさ)が繁茂して荒れてしまうので、木の苗と花を植え、雑草を取り除いて、お世話になった畑を山に返そうとし決心しました。 これが畑に花木を植えだしたきっかけです。 それから、番組が放送される2002年までの過去10年にわたって、1万本以上の木の苗や花をこの楢尾地区に植えてきたのだそうです。 「これまでお世話になった畑が荒れ果てているのは申し訳ない。 せめて花を咲かせて山にお返ししたい」 またムツさん以下のようにもおっしゃています。 「村に誰もいなくなっても、人が訪れてきて花が咲いていたらどんなに嬉しかろう」 私も近い将来は、こういった山奥の自然豊かな場所で自給自足暮らしをしたいと思っています。 そのことを想定した時に、自分が食べるための畑を借りるところまではイメージできていたのですが、体が動かなくなった後の畑について深く考えてはいませんでした。 人から借りた畑ならお返しすれば良いし。 自分名義の畑だったら、農作業ができなくなったら仕方がないのだから、そのまま放置、みたいな自分都合の勝手なことしか考えていなかったのです。 仮に、法的に自分が購入所有した土地だったとしても、もともとは地球のものでみんなのもの。 どんなに手入れをしたとしても、自然の恵みの太陽や雨や季節の変化による気温の高低差は人間ではコントロールできません。 また、枯れた雑草や落ち葉が土壌を豊かなもの変えてくれるそのサイクルは、決して人間にはかなわないものです。 そういった、頭で知ったつもりだったことが、ムツばあさんのお言葉や植樹の作業でを見ていて、自分のことだけしか考えていなかった自分の傲慢さやちっぽけさに恥ずかしくなってしまいました。 自然に生かされているという本質はこういうことだったのかと。 少しだけ気づけたような気がします。 これまでの番組 ムツばあさんシリーズは全部で3部構成になっています。 2002年8月「ムツばあさんの花物語 秩父山中・段々畑の日々」 こちらが1番最初の番組で、小林公一さんとムツさん夫婦が、先祖代々耕して来た畑を閉じ、そこに花やモミジを植え続けて来た様子が放送されています。 2007年12月4日「秩父山中 花のあとさき ムツばあさんの秋」 5年前の放送時には、9人いた住民も7人に減っていて、減った2名の中にはムツさんのご主人・公一さん(2006年9月にご逝去)も含まれています。 この時のムツさんはご主人を失って元気がなくなってしまっていたことと、体力も落ちてしまって、4人1組で行う山道の手入れも、他のみんなのようには動けなくなっていました。 ご主人の看病に追われ、思うように手入れができなかった花畑も蔓(つる)に覆われすっかり藪化。 しかも、イノシシに荒らされないようにと、囲いをしていた最後の畑も、柵は壊されています。 この時のことを語るムツさんの想いが、本当に山や自然を愛するものの言葉なんだな、とここでもうるっと感動してしまいます。 その言葉は以下のようなものでした。 「自分達人間が、イノシシ達の食糧となる木などを切り倒して炭を焼き、跡地に杉ばかりを植え、山の動物達の食糧を奪って来た。 だからイノシシも可哀想だ」 そして、最後の畑も、「山の自然に返す時期が来たのだ」と、山桃の苗木を植えるのでした。 その前の冬には、冬を過ごす体力と気力に限界を感じ、長男さんの住む長野市で過ごして5月に吉田太田部集落に戻って来たムツさんは、その夏に脳梗塞で入院。 1年前に最後の畑に植えた山桃は、ムツばあさんの背丈を超える位に育っています。 また、ご主人の公一さんと植えたモミジも大きく育ち、その見事な紅葉も美しく映し出されます。 アメリカ在住のターシャという有名なナチュラリストも同じように、丹精込めて維持して来た花畑を自然の雑草地に返すために、少しずつ世話するのを止めていたのを思い出しました。 ターシャのそれを見た時には、ちょっと無責任じゃないかとさえ思っていたのです。 ところが 多分、お二人ともそういったことを誰からも教わること無く、私達が肉体を持って生活するのに必要で、それに助けられた自然という宇宙からの贈り物。 それを、本来の姿に戻すところまでが自然と共存することの本質であることをご存知だったのかな、と今は思えます。 この番組では、20年間、山の畑に花を植え続けた故・小林公一、ムツさん夫妻と、二人の思いを受け継ぐ地元の人々の姿が放送されます。 そして番組内で紹介されるムツばあさんの言葉が、深い部分に落ちていきます。 「ぅん、そう。 畑を山に戻して、安気するだぁ。 のんびりするよぉ。 草むしりばりして、花を咲かせて山に戻す。 NHKの見逃しが配信されているのは「NHKオンデマンド」なんですが、直接NHKオンデマンドに契約すると、契約登録と同時に、即、月額料金が課金されます。 そんなNHKオンデマンドを無料視聴する唯一の方法が U-NEXT経由でNHKオンデマンド登録をすること! ただし、通常のU-NEXT登録サイトからでは、無料で視聴することができません。

次の

映画『花のあとさき ムツばあさんの歩いた道』公式サイト

ムツ ばあさん

「秩父山中 花のあとさき ムツばあさんの秋」というテレビのドキュメンタリー番組で見た景色が見てみたい、ムツおばあさんが植えた木々に咲いた花を見てみたいと思い、2017年3月、埼玉県吉田町大田部訪ねた。 このドキュメンタリーの内容には、本当に心打たれた。 と同時に、この吉田町太田部という所が、いったいどんな場所なのか、この目で確かめたいと思い、桜が咲くちょっと前のまだ肌寒い3月の終わりに秩父へ向かった。 ムツおばあさんと番組の内容については、テレビ局のウェブサイトに下記のような説明がある。 過疎化が進む埼玉県秩父の山あいの村で、もう耕さなくなった先祖代々の畑に、1万本以上の花やもみじを植え続けてきた小林公一さん・ムツさん夫妻。 「耕せなくなった畑を放っておくのは申し訳ない。 せめて花を植えて山に返したい」という思いからである。 2006年(平成18年)秋、夫の公一さんが肺炎で亡くなった。 晩秋、2人が植えたもみじが鮮やかに色づく山村を訪ね、ムツさんの晩年の過ぎゆく穏やかな時間を見つめる。 走行ルート ルートは、西武秩父駅〜太田部峠〜吉田太田部〜神流湖〜土坂峠〜西武秩父駅。 全長79km、獲得標高が1,274mの行程だ。 輪行で一気に秩父へ! 都心を朝8時に出発して、電車に揺られること約1時間半、9時40分過ぎに西武秩父駅に着いた。 途中、電車の乗り換えに失敗して、池袋駅をさんざん歩かされてしまったが、スムースに行けば、もう少し早く着いたはず。 池袋駅で乗り換え さて、西武秩父駅では、駅舎に併設されている土産物店や食堂がリニューアル中ということで、あてにしていた朝ごはんはおろか、補給食すら調達できないという事態となった。 仕方がないので自転車を組み立てて走り出す。 西武秩父駅 秩父駅から吉田太田部へ まずは、荒川を渡って県道72号線で北上。 朝食抜きだとペダルを踏む脚に力が入らない。 途中のコンビニで補給すればと思ったが、走れど走れどコンビニが現れずに焦る。 和菓子屋さんがあったのでピットイン。 どら焼きと干し柿を買って先に進む。 皆野橋の手前を左へ 県道44号線をしばらく進み、「尾田薪」信号にデイリーヤマザキがあったので吸収されサンドイッチと牛乳で補給。 道中の食べ物は、和菓子店で購入したどら焼きと干し柿が背中のポケットに入っていたので買わなかった。 しかしこれが失敗。 あとで痛い目を見ることになる。 県道44号線の「吉田」交差点を右に折れ、県道270号線・吉田方面へ向かう。 「太田」交差点を右へ いつのまにか37号線になっていた県道を、吉田川に沿って西に進む。 そして、「石間交流学習間」、「秩父事件資料展示室」、「城峯山キャンプ場」という案内板があるT字路を右折する。 城峯神社方面へ右折 右折した後は、吉田町太田部の玄関口、太田部峠への上り道が始まる。 沢度中山間地域 再び「城峯山キャンプ場」という案内板があるT字路を右折する。 城峯神社付近 青看板には「太田部」と表示されている。 jitenshazanmaiさん jitenshazanmai がシェアした投稿 — 2017 3月 18 7:42午後 PDT 太田部峠 城峯神社方面へ右折した場所が標高230mくらい。 そこから一気に標高780mの太田峠へと駆け上がる。 峠道は明るくて走りやすいが、眺望はなく黙々と上る感じ。 550mアップして、恐らくここが太田部峠だろうという場所に着いたのだが、峠の標識は無く、あったのは朽ち果てた観光ガイドの看板のみ。 太田部峠を通過し下り始めると、途中で開けた場所が現れ遠くに集落が見えた。 奥秩父の「天空の里」といわれる沢戸集落だ。 沢戸集落 太田部峠からの下りは結構な急坂。 一箇所T字路があったが、迷うこと無く進める。 太田部は左 急な下り坂が続く。 路面は荒れてないので走りやすかった。 数字がない不気味な標識 ムツおばあさんの家 標高500mのあたりまで下ると、ムツおばあさんの家がある楢尾(ならお)地区に着いた。 ヘアピンカーブの手前に、「このうえ100米 ムツさん宅 楢尾」と手書きされた立て看板がある。 ムツおばあさんの家への案内板 太田部楢尾は、埼玉県の北西に位置する秩父市のある地域で、群馬県との県境にある。 住んでいるのはお年寄りばかりで、限界集落と呼ばれている。 かつてこの太田部楢尾地区一帯は、700名近くの人が住んでいたが、2002年の時点で戸数5戸、住民が9人になったそうだ。 ムツさんの夫である公一さんは2006年に、ムツさんは2009年にお亡くなりになっている。 ムツおばあさんの家はこの奥にある 加齢とともに。 畑仕事ができなくなっていったムツさん夫婦は、畑をそのまま放っておくと荒れてしまうので、木の苗と花を植え、畑を山に返そうとしました。 そして、10年にわたって1万本以上の木の苗や花をこの楢尾地区に植えてきたそうです。 休憩場所 トイレも有る 私が訪れたのは、2017年3月19日。 ムツさんが植えた木々に咲く花を見るには、少しだけ時期が早かった。 早咲きの桜が咲いていた 今度訪れる時は、もっとたくさんの花が咲いている季節にしたいと思う。 jitenshazanmaiさん jitenshazanmai がシェアした投稿 — 2017 3月 18 9:19午後 PDT 神流湖 吉田太田部を後にし、神流湖に出る。 ここにはかつては集落があったそうだが、下久保ダムが建設されたことによってできた人造湖の底に沈んでいる。 神流湖 神流湖の北側には国道462号線が通っており、西に進む。 国道462号線は、通称「十石峠街道」とも呼ばれるらしい。 持参した補給食と飲料が底をついたが、売店も見当たらず万場という地名のあたりで県道71号線へ左折し、土坂峠へ上り返す。 土坂峠を越えて里に下りても、食料が手に入らず自動販売機のコーラなどを補給するが、栄養が足らず久しぶりにハンガーノックを体験した。 お店はあったが売っているものがない ようやく現れたデイリーヤマザキでおはぎを買って栄養補給し、西武秩父駅まで戻り、輪行して帰宅した。

次の

ムツばあさんのNHK花のあとさきが泣ける!夫公一と手がけた楢尾集落(ならお・秩父山中)は今!?

ムツ ばあさん

埼玉県秩父の山深い村に暮らす小林ムツさんは、平成に入った頃から夫の公一さんとともに、先祖代々守ってきた段々畑をひとつまたひとつと閉じ、そこに花を植えてきた。 その数、1万本以上。 長い間、世話になった畑が荒れ果てていくのは申し訳ない。 せめて花を咲かせて山に還したいと語るムツさん。 夫婦が心がけていたのは、いつか誰も世話をする人がいなくなっても咲く、丈夫な花を育てること。 暮らす人が年々いなくなる小さな村は、春、色とりどりの花に包まれるようになった。 福寿草、レンギョウ、ハナモモ、ヤマツツジ……。 潤いの雨を受けてアジサイが咲き、秋は、苗木の時から夫婦で育てたモミジが彩りを見せる。 「いつか人が山に戻ってきたとき、花が咲いていたらどんなにうれしかろう」柔らかな笑顔でそう言うムツさんだったが、やがて、あるつらい出来事が……。 関連するキネマ旬報の記事.

次の