ラーメンズ 解散。 小林賢太郎の嫁は?絵が凄い?コンビ解散?鼻兎って?アニメ監督なの?

ラーメンズ 小林賢太郎 解散について 小林賢太郎「ラーメンズの解散は・・・」

ラーメンズ 解散

早速というか、wikiにそのまま書いてありました。 特に伏せる必要もないようですね。 名前や顔が出てこないところを見ると、やはり一般人なのでしょうか。 わからないとなると、ますます気になってきたりしますね。 一説には、「美大生時代の同級生」との噂があります。 これは、相方の片桐仁さんがやっているラジオ番組でのフリートーク中に、片桐さんの「美大生同士で付き合ってもうまくいかない」と言う言葉に対し、共演しているエレキコミックさんから「身近に結婚してるやついるじゃないか」というツッコミが入りました。 断定は出来ませんが、この流れだと、相方=小林賢太郎さんのことを指しているものと思われます。 ということは、お嫁さんは同じ美大生ということになるのかな?と。 いずれにせよ、そういった個人情報を公にする片桐さんに対し、多くは語らないミステリアスな雰囲気も、小林賢太郎さんの魅力の一つなのかもしれませんね。 スポンサードリンク 絵がすごい!? 先程も書きましたが、小林賢太郎さんは多摩美術大学出身の方です。 多摩美術大学といえば某オリンピックのシンボルマークでの騒ぎで一躍有名?になりましたが、、、 それはおいておいて、美術大学といえば、絵やそういった才能のある方が行く学校ですし、そこ出身であればそれはお上手なんだろうと察しがつきますね。 専攻は版画のようです。 その小林賢太郎さんの絵はこちらになります。 こちらの絵は、小林賢太郎さんのコントや演劇で実際に使われたセット?です。 さすが、といか、独特のタッチで描かれていて、ファンならずとも思わず引き込まれてしまいそうです。 コンビ解散? 小林賢太郎さんといえば、冒頭でも出てきた「ラーメンズ」というコンビを片桐仁さんと組んでいますが、まさか解散するのでは?という情報がファンの間で流れました。 2017年10月17日、小林賢太郎の仕事【公式】のTwitterで以下の内容が投稿されました。 「業務連絡です。 異動になりました。 また、ラーメンズ公式サイトは「小林賢太郎のしごと」にリダイレクトされるようになりました。 この報告に期待を寄せるファンもいますが、片桐仁さんのページにもラーメンズの文字がないことに不安を覚えるファンもいたりと、少なからず動揺が広がっています。 もし本当に解散するとなったら、それなりの報告はあるとは思いますが、、、、今後の活動に注目ですね。 鼻兎って何? 鼻兎とは、小林賢太郎さんが書いている鼻のある兎が主人公の漫画です。 鼻のある兎って、兎ってもともと鼻あるよね?私もそう思いました。 こちらをご覧ください。

次の

[mixi]ラーメンズと検索したら、

ラーメンズ 解散

僕が好きなお笑い芸人の1人にがいます。 とりあえずこの名前を出しとけば感が出るので好きです。 嘘です。 コバケンはコントや演劇などを中心にやっており、は俳優活動などでテレビへ積極的に出演しています。 『』としての活動は約10年、ありません。 としての舞台の本公演は2009年を最後に行われておらず、長らく事実上の活動休止状態にある。 2016年6月26日にNHKBSプレミアムで放送された小林による年1回のコント番組『テレビ』に片桐が初出演し、7年ぶりに2人が共演。 2016年7月27日から行われた小林の新作舞台『カジャラ 1「大人たるもの」』にも片桐が出演し、舞台でも共演した。 今後について小林は「解散はありえない。 継続していきたい」と話している。 コバケンはの解散については否定していますが、約10年という間、活動していない事実は変わりません。 ファンは首を長くして久しぶりの活動を待つしかないのでしょうか。 そんな中、3年前にの動画がに投稿されました。 近い内にまたのお笑いが見られるのかを待望していましたが、今のところ、その様な動きは見られませんね。 なぜ長い時を経てそのような事をしたのか、ずっと不思議に思っています。 2人での活動を望む人は僕以外にもいると思うので、またとしての公演が見たい。 活動再開を望んでいます。 最後に、僕が一番好きなコントを貼りつけてお別れにしたいと思います。

次の

ラーメンズはなぜ突然復活に?活動休止の原因や理由はなに?

ラーメンズ 解散

片桐仁 生年月日:1973年11月27日 出身地:埼玉県 血液型:B型 身長:176cm 所属事務所:トゥインクル・コーポレーション 2人は、多摩美術大学版画科の同級生。 在学中にラーメンズを結成し、活動をスタートしました。 ラーメンズが一躍多くの人に知られるようになったのが、お笑い番組『NHK爆笑オンエアバトル』(NHK)への出演。 ラーメンズは第1回から参加し、独創的なコントで大人気に。 その後はメインの活躍の場を舞台に移し、2009年まで定期的に行われたライブツアーは好評で、回を追うごとにファンを飛躍的に増やしていきました。 それから小林賢太郎さんはソロでのコント公演に力を入れ、片桐仁さんは俳優や粘土アーティストとしての活動が中心になるなど、それぞれのステージで活躍。 しばらくコンビとしては活動休止状態でしたが、2016年には7年ぶりとなる2人そろっての活動がコント番組『小林賢太郎テレビ8』(NHK BSプレミアム)で見られ、ファンを大いに喜ばせました。 ラーメンズのコントは、じわじわくる独特の笑いが魅力 ラーメンズの2人は2017年に、YouTubeに100本ものコント動画を公開し、広告収入を災害復興の寄付金に当てることを発表しました。 「背筋が寒くなる」とファンの間で話題になる、ちょっと怖いコント『採集』をはじめとした人気作が公開されており、現在も多くの人が視聴しているようです。 ラーメンズ 『採集』 僕のこれまでの著作物がすごい量になってきたので、管理・運営してくれる専用の会社ができることになりました。 トゥインクル・コーポレーションと同じ経営陣による、ちっちゃな制作会社です。 このたび小林賢太郎は、そちらに異動になりました。 といっても、変わるのは関係者用の連絡先くらいで、社長からも「賢太郎のやることは今までどおり」とのこと。 マネージャーを含むスタッフも、みんなこれまでどおりです。 新体制になってもますますがんばります。 引き続き宜しくお願いします。 ーより引用 どうやら、小林賢太郎さんの作品が多くなり、それを管理する会社が新しく設立されたことによる異動だったようです。 特に活動について変化があるわけではないようで、ファンからは「ホッとした」といった声が上がっていました。 ラーメンズの現在・これからは 現在、ラーメンズとしての活動予定は発表されていません。 反面、各自での動きは活発で、小林賢太郎さんは舞台やテレビで活躍中です。

次の