フォートナイト キャッシュ削除。 フォートナイト 機種変更時の引き継ぎ・アカウント連携方法【スマホ/PC/ゲーム機】

【フォートナイト】ニンテンドースイッチ版のデータ通信量はどれくらいか検証

フォートナイト キャッシュ削除

Contents• epicgames. com さて、まずは 今回の記事の主題である 「フォートナイト」の「課金」についてですが、まず大前提として、 課金要素による有利不利について。 一般的な ソーシャルゲームなど、 ゲーム内に課金要素がある場合、 課金している方がゲームプレイ中に有利になる、というのはままある話ですね。 ところが、 フォートナイトの課金要素は、 ゲーム中で使える強力な武器や技、という物は一切用意されておらず、 コスチュームなどに限定されています。 そのため、あくまで 他プレイヤーと差をつけられるのはダンスモーションによるやりとりや、 コスチュームによる見た目のみといった所。 逆に言えば、 そういった部分以外での違いは発生しないので、単に ゲームのみを楽しみたい人にとって課金要素は必須とは言えない物になっているのが特徴。 こういったゲームにおいての 有利不利が発生しない課金形態は中々珍しいですが、それだけに 気軽に遊べるので非常に有り難いですね。 以前にも紹介した バトルパス以外にも、 コスチュームや武器スキン、マップ降下時に利用するグライダーのデザイン変更などが 単体で販売されています。 この辺りを駆使して オシャレを追求したいプレイヤーとしては、 課金要素を楽しむのもアリですし、勿論 課金しないという選択肢もありますね。 何にせよ、 見た目以外の部分で変化がない、というのは ユーザーが課金する際の抵抗が薄く、なおかつ 必須ではないという点で非常に良心的。 以前 した「 バトルパス」もありますので、まだ 無課金でプレイしている、という人は 試しに課金してみるのもアリではないでしょうか。 epicgames. com フォートナイトの課金要素を購入する際には、ゲーム内通過である「 V-BUCKS」を購入する事で利用する、という形態を取っています。 これは様々な ソーシャルゲームやブラウザゲームなどでも導入されている方式なので、 馴染みがあるという人も少なくなさそうですね。 ちなみに このゲーム内通過「V-BUCKS」ですが、何と 課金を一切していない状態でも ゲーム内で入手する事が可能となっています。 以前 バトルパスを紹介した記事内でも書いた「 ゲームをプレイする事で上昇していくティア」で 報酬を受け取る事が出来るようになっている、とお伝えしました。 バトルパスを購入してない場合でも、この ゲームプレイによる「ティア」の上昇でいくつか報酬が用意されているのですが、その中にも 「V-BUCKS」が含まれています。 「 V-BUCKS」の額は 無課金状態の報酬では200と少ない物の、 根気良くプレイする事を前提にするのであれば、 無課金のまま貯める事も可能です。 また、 バトルパスを購入している場合の報酬では、なんと 最大で「1300 V-BUCKS」を入手する事が可能、という 非常に美味しい特典が付いています。 バトルパス自体の価格は「 950V-BUCKS」なので、 ゲームをキッチリプレイしてティアを上げている プレイヤーなら、実質タダみたいな物、という味方も出来ます。 こういった方法で V-BUCKSを貯める事も出来ますので、何も 必ず課金する際に大量のお金を要求される、という事はない、というのも安心できる点ではないでしょうか。 ちなみに、気になる V-BUCKSの価格は以下のようになっています。 ・1080円=1000V-BUCKS ・2700円=2800V-BUCKS ・6480円=7500V-BUCKS ・10800円=13500V-BUCKS ちょっと実際の価格と V-BUCKSの数字にはちょっとズレが出るので、注意が必要かもしれませんが、これさえ覚えておけば問題ありません。 欲しい課金アイテム等がある時は、しっかりと V-BUCKSの価格をチェックしてから課金するように注意しておきましょう。 スポンサーリンク iTunesカードを使って課金する方法 こちらは 以下の Apple製端末をお持ちの方限定になります。 【iPhone】 SE、6S、7、8、X 【iPad】 Mini 4、Air 2、2017、Pro 手順1 まずはAppleStoreで iOS版のフォートナイトをダウンロードし、 ちゃんとゲームが起動することを確認。 iTunesカードは起動を確認してから購入しましょう。 手順2 今メインでプレイしている Epic GamesのアカウントをiOS版のフォートナイトと連携。 手順3 アカウントが連携されていることを確認し、iTunesカードで iOS版のフォートナイトに課金 V-Bucksは異なる端末ではシェアできないので、 その場で目当てのアイテムを購入! あとはメイン端末でログインすれば、購入したアイテムが反映されています。 これならクレジットカードを持っていなくても簡単に課金できますね! 以上、iTunesカードで課金する方法でした。 photo-ac. com さて、 フォートナイトは現在 PS4など様々なプラットフォームで配信されているゲームという事で、 課金する際には色々と方法が変わってきます。 クレジットカードでの課金が一番お手軽ではあるのですが、 個人情報が気になるので利用したくないという人もいるでしょう。 ここでは、フォートナイトに課金する際に、 クレジットカード以外での課金方法を 紹介&解説していきますので、課金する際の参考にしてみてください。 その際、支払いには基本的に PS Storeの「ウォレット機能」を利用する事になるので、ここに 予めチャージしておくと楽ちんですね。 PSNウォレットへのチャージには、 PS Storeカードを購入する他、 クレジットカードや、 各携帯キャリア決済が利用できます。 普段から ウォレットを利用している人にとっては非常に楽ちんですし、 PS Storeからの購入であればクーポンを利用できる場合もあるのでお得です。 この PayPalは、買い物等で 海外に送金する必要がある場合によく利用されるサービスで、 クレジットカードの情報が相手に公開されないといったメリットがあります。 また、クレジットカードによる支払いだけではなく、 Visa系列が販売している 「Vプリカ」というプリペイドカードを利用する事でも支払いが可能です。 フォートナイト課金まとめ• 課金要素は見た目などのお楽しみ要素! 有利不利は無し!• ゲームプレイでも入手が可能! バトルパスがお得!• PS4でもPCでも課金方法は様々! 使いやすい方法を使おう! どうしても海外のゲームという事で、PC版での課金は少々面倒になってしまいますが、PS4版ならそういった部分も軽減されますね。 必ずしも課金する必要があるわけではない、という点も含めて非常に遊びやすく作られている作品だと思いますので、興味のある人はオシャレに力を入れてみましょう。

次の

【Windows】ブラウザのキャッシュを削除する方法を解説します!│THE THOR(ザ・トール)マニュアル・カスタマイズNAVI

フォートナイト キャッシュ削除

ブラウザのキャッシュとは WEB担当者の方も「キャッシュ」って言葉、耳にしたことがありますよね? ご存知の方も多いと思いますが、今回はキャッシュのクリアについてまとめておきます。 「キャッシュ」とは、WEBページを表示した時に、ページで使われている 画像やHTMLファイルなどのデータをローカル(使用しているパソコン)へ一時的に保存する仕組み です。 それによって、再度同じページへアクセスする際、サーバから再度データをダウンロードするのではなく、一時保存しておいたデータを使って表示することで、初回時よりも速く表示することができるメリットがあります。 図を使ってわかりやすく仕組みをご説明します。 まず、初回Webページを表示する際は、必要なファイルデータを全てダウンロードしながら、ぺージを表示します。 その際にダウンロードしたデータはキャッシュとしてブラウザ内に一時保存されます。 WEB担当者も、サイトに新しいコンテンツを追加、ブラウザ確認してみたが、新コンテンツがどこにも見られなかった。 CSSを追記・更新したのに、表示が崩れていた。 JavaScriptで新しい効果や、制御を加えたのに、機能しなかった。 このような経験、何度かあるかと思います。 特に、 CSSやJavaScriptの更新時はキャッシュが強く影響する可能性 がありますので注意が必要です。 まずは、リロード 更新されていなかった場合、まず行うのは、リロードですよね。 ブラウザの左上にある、円形の矢印ボタンです。 これだけで正しく更新されることも少なくありません。 そして、スーパーリロード キャッシュを無視し、 強制的に、画像やHTMLなどを再取得する方法 です。 ショートカットキーを使うのでとても簡単ですので、リロードしても更新されていない場合にお試しください。 該当のぺージを開いた状態で、キーボードと一部ブラウザで以下の操作を行ってください。 スーパーリロードという名前からして、全てクリアになりそうなのですが、実際は、 スーパーリロードでも及ばないことがあります。 「動的に読み込まれた外部ファイル」などですが、その詳細については専門的な内容ですので、ここではとても簡単に申し上げておきます、「 キャッシュが強すぎてクリアできなかった 」という事です。 スーパーリロードでも更新されない可能性がある事を知っていただけたかと思いますので、もしそのような状況でこのぺージをご覧になっている方には以下で説明します、ブラウザのキャッシュクリア方法(手順)も試していただけたらと思います。 ブラウザのキャッシュクリア方法(手順) キャッシュはご使用の各ブラウザから削除が可能です。 またブラウザごとに方法は異なります。 以下では、主要なPC、スマートフォンでの手順を紹介しております。 Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)• 画面右にあるツールアイコンをクリックし、メニューから「インターネットオプション」をクリックします。

次の

【Windows】ブラウザのキャッシュを削除する方法を解説します!│THE THOR(ザ・トール)マニュアル・カスタマイズNAVI

フォートナイト キャッシュ削除

先の7月29日に第二回のフォートナイト ワールドカップ ソロ が実施され、二代目の世界チャンピオンが生まれました。 本稿ではそんな新チャンピオンが見せた決勝戦での動きとかを取り扱っています。 チャンピオンらしく、バトロワの基礎に対して忠実で、技術面も攻守共に隙が無い。 身長も高いし、若いしで、PCシューターで強い人を体現しているかも。 予選を勝ち抜いてきた有数のプレイヤーなので、その実力は伯仲していたはずなんですが、長期的な戦いにおいては、ペース配分やリスクの管理も考えないと駄目ですし、その辺りのところが各人の明暗を分けていた気がします。 運の管理をしっかりして、基本をしっかり守ることが大事であるということを再確認させてくれました。 選手名 順位 総合点 撃破点 順位点 平均撃破数 平均順位 Bugha 1 59 23 36 3. 8 18. 8 psalm 2 33 5 28 0. 8 17 EpikWhale 3 32 14 18 2. 3 24. 5 Kreo 4 30 8 22 1. 3 28. 8 KING 5 30 21 9 3. 5 42. 7 Crue 6 27 12 14 2 41. 5 Skite 7 26 4 22 0. 7 32. 7 Nayte 8 26 11 14 1. 8 38. 2 Riversan 9 24 9 15 1. 5 30. 8 Fatch 10 24 7 17 1. 2 32 Dubs 15 21 4 17 0. 7 40. 8 結果としては2位とダブルスコアに近い点を付けていた新チャンピオンですが、その立ち回りに関しては、バトルロイヤルのセオリー通りと言いますか、まさにお手本に近い動きをしていました。 上位入賞プレイヤーのうち、アグレッシブなタイプは少数派で、チャンピオンもディフェンシブなタイプです。 守りが堅く、リスクのある行動は追い詰められるまでしません。 チャンピオンはディフェンシブの中ではキル数が飛び抜けて多いですが、あくまで自衛のための戦いに徹しており、その立ち回りは非常に堅実なものになっています。 クラフトを正面突破しようとはせずに、奇襲効果を最大限に利用していますし、移動用の補助系アイテムを活用して、クラフト素材の消耗を押さえています。 2ラウンド目にポンプSGの一撃で事故死した以外は、目立った失敗がなく高い順位をキープし続けました。 その一方で、必要とあれば思い切った行動に出られるなど、リスクリターンの管理が理に適っていたと思います。 素材ゼロの状態から2連続キルして、状況を繋げるなど、ここ一番の勝負強さも凄いです。 ショックウェーブグレネードと、シャドーボムを両方揃えるだけの強運もありましたが、他のプレイヤーよりも明らかに洗練されてたと思います。 僻地降りで非交戦が基本 大会時のマップ 彼の降下地点は最南端にある僻地 ラッキー・ランディングが5回、その東にあるガソリンスタンドが1回です。 ラッキー・ランディングは宝箱の密集性こそ高いものの、武器やアイテムの総量はそこまで多くありません。 ただしクラフト素材が満遍なく揃っており、最大2台の自販機沸きがあるなど、バランスという点では優れているような気はします。 乗り物も二種類あるので、僻地ですが移動も優遇されています。 降下地点で競合するプレイヤーが2~3人ほど居ましたが、基本的には戦闘を避けています。 不意を突いてヘビーSRを撃つくらいはありましたが、街中でショットガンの距離まで詰めるような行為はしていません。 クラフト素材を集める時間が惜しいのか、適当に囲んで位置を誤魔化したら、即座に後退して戦闘を切り上げています。 物資を漁る際も小まめに射線を切るクラフトを貼っており、リスクマネジメントが徹底されています。 通常マッチだと早期に制圧を目指す方が良かったりしますが、同格通しの戦いになってしまうと、早期決着は難しくなると思うので、闘わないという選択がベターなんでしょう。 アイテムスロットの構成 移動系のアイテムをかなり重視しているようです。 どれ位かと言えば、落ちているシールドポーションや、スラープジュースで回復2枠にするのを捨てる位。 ただしグライダーは回復2枠のために捨てているので、あんまり重要だとは思っていない模様。 ショックウェーブグレネード、 シャドーボム、 フリントノックといった、上への機動性に繋がるアイテムを大量に抱え込んでいます。 通常マッチだとそこまででもありませんが、クラフト素材を節約しなければ、いつ息切れになってもおかしくないので、位置取りするときの素材消費を抑えられる恩恵は大いにありそうです。 武器に関してはライフル系等1、ショットガン枠1が基本で、SMGの評価は回復以下になっていました。 また1ラウンド目で至近距離の戦いになることを想定してか、偶然拾った ポンプSGをメインにして、持っていた コンバットSGを捨てています。 まぁ通常マッチだと敵のガードが杜撰なのと、終盤に入る前に人員整理が進むのとで、あえてポンプSGを選ぶ理由も無い気がしますが、密着戦になるならポンプSGという選択なのでしょう。 1撃の重さで勝敗が左右される事態もありえます。 なお緑ポンプと紫タクティカルを迷う姿もあるので、実際には極端な差があるとは思っていないのかも もう優勝が決まっているような状況だったので、遊ぶのか迷っただけかもしれませんが。 場所取り優先でライフル主体 特に序盤の戦いで顕著ですが、チャンピオンの立ち回りは接近戦を拒否して、ライフルによる遠距離攻撃が多いです。 接近戦をすると大ダメージを受ける危険、第三者の横槍を受ける危険があるため、それを避けたいということなんでしょう。 大会ルールではキルの恩恵が後付けされていますが、それでも同格のプレイヤー同士で争うことにメリットが見えないからでしょう。 たった1ポイントのために順位ポイントを失うリスクを犯すのは得策ではないと判断したのだと思われます。 場所取りはかなり強気ですが、攻撃に関してはかなり慎重です。 敵が自発的に寄って来る場合や、密着せざるを得ない最終局面以外は、ボックス内部からの遠隔攻撃にのみ専念していました。 また攻撃する相手も自分より有利な位置の相手には手を出しませんし、一方的に攻撃出来る場合でしか撃ち出しません。 射線を切られたらすっぱり諦め、逃げ出した敵を深追いしたりもしませんでした。 白40ダメージが出ていますが、追いかけてません。 下手に固執すると危険なので、安全な位置からキルが取れたらラッキーぐらいの動きに見えます。 ミドル以下のセンシ設定 ライフルの攻撃精度を出すためか、センシ設定がフォートナイトにしてはかなり低めです。 あくまでフォートナイトでは……なので、一般的なFPS水準だとハイセンシのローくらいですが、他プレイヤーに比べれば低感度よりです。 腰だめのベース値は振り向き16センチくらいのミドルーハイですが、ターゲット時に大きく下がるようになっていて、その場合は振り向き40センチくらいのローセンシ。 極端にセンシが変わる設定をすると、混乱するから避けた方がいい気はするんですが、練習量で補えるから良いってことなんでしょうか。 かなり高精度の攻撃をしており、ヘビーARの命中精度がかなり高いです。 ちなみに使っているマウスはFinalmouse Air58みたいです。 近年増えつつある超軽量マウスの一種で、公称58グラムなのが売りの左右対称タイプ。 フォートナイトは元々ハイセンシ有利と言われていましたが、最近はミドル以下のプレイヤーが増えており、クラフトだけでは勝てない局面になってきているのかも。 奇襲性を重視 普段ディフェンシブな動きをしているのですが、奇襲攻撃は相当に重視しています。 クラフトの角や、階段の裏で敵を待ち構えて、不意から殴りつけるパターンが多い。 というかキルの殆どをそれで稼いでいます。 逆に警戒している相手には殆ど干渉せず、ボックスで籠もっている相手へ力押しはしません。 張り替えで追い詰めようともしません。 例外なのはビクロイ直後のラウンド2で、出くわした相手にクラフト戦を挑んで下に籠もられ、切り返しのポンプSGで即死した一例ぐらいです。 ここだけ別人みたいな動きをしていて、ビクロイ直後の高揚感を自制しきれなかったのかな……と思います。 唯一、チャンピオンがアグレッシブだったマッチ。 籠もっている敵にエディトポンプを喰らって90位退場。 その失敗で意識を切り替えたのか、以降は奇襲できるときにしか闘わなくなります。 ボックスに籠もっている敵に対しても、最初のトライで崩せなかったら即座に諦めるようになって、立ち直りの速さ、メンタル面の強さが見受けられます。 クラフトで箱を作って引き籠もる戦法はシーズン2から絶えず主流のままですが、多少環境が変わってもずっと最強のまま。 むしろターボ建築の強化によって、鉄壁に近い状態になりました。 堅い部分を攻めて突破しようとするのは戦術的に良くないと孫子にもあります。 チャンピオンの立ち回りは不意を突けない限りは攻めません。 そして不意を突けるときは見逃しません。 非常に能率的だと思いますし、頭の切り替えが素早い。 ディフェンシブな動きをしていてもキル数が稼げた最大の要因だと思います。 総括と環境作り まとまりのない構成になってしまいましたが、チャンピオンが一番バトロワの基礎に対して忠実に行動している姿が見えてきます。 僻地に降りる• 敵と自発的に接近戦はしない リスク回避• 有利位置にいる敵とは戦わない• 逃げる敵は追わない• クラフトを正面突破しない• 機動系のアイテム重視• 奇襲攻撃を重視• 順位を保つため危険は犯さない ラウンド1で勝利したので慢心したのか、ラウンド2ではクラフト戦を仕掛けて90位退場になっていますが、それ以外だとリスクに繋がるような行動は殆どしていません。 すっごくセオリー通りで、堅実すぎるくらいのプレイングです。 むしろ予想外だったのが、バトロワの基礎を守っていないプレイヤーが相当数居て、その殆どが上位に絡むこと無く敗退していること。 絶対にマイナスになるだろうキルへの執着を見せる人が割と多かった気がします。 もう上位入賞のチャンスがないから自棄になっている面もありそうですが、意外といえば意外。 大金が掛かっているので、もっと消極的になるかと思ったんですが、大舞台故に良いところを見せようとしてしまった感じでしょうか。 チャンピオンの場合、まず賞金が掛かっている大会で笑えるメンタルが一番凄いと思いますが、堅実な行動と、速度と安定性を兼ねたクラフトワーク、連続してヘビーARを当て続けるAIM力と三拍子揃っており、まさに勝つべくして勝ったと言えるんじゃないでしょうか。 長期的なリーグ戦では、運に左右される戦術や、極端に疲弊するような行動を避け、正攻法で挑むことが大前提なんですが、まさしくそれを体現してます。 例えば、派手なキルムーブで会場を沸かせた若干13才のKing氏ですが、後半になるにつれて精細を欠いて順位を下げています。 初戦では7キルという凄まじい戦果でしたが……。 上位入賞者で唯一撃破点の方が多いアグレッシブプレイヤーで、戦闘技能だとチャンピオンのBugha氏に対しても決して劣っていなかったように見えたのですが、ペース配分を間違えたことが明暗を分けたように思えます。 Eスポーツと修飾されるようになって久しいですが、海外においても、存外にその辺りの管理やコーチングが杜撰な部分があったり、温度差があるのかなとも思いました。 長期的な視野で見ると才能のある一個人では限界があって、やっぱり有名チームのある国の方が結果に反映されやすいのかなぁ……と。 人材不足で伸び悩む現在の国内事情においても、その辺りを押さえれば十分に巻き返せるのかもしれないです。 まぁPCゲームが普及しないことには駄目なので、日本の場合はまずそれからだとは思います。 私ももう30歳なんですが、それでも国内フォートナイトでは相当な上位にいるみたいなので トラッカーサイトとか、ごくまれに参加する大会結果とかでは 、まずは才能があって、やる気がある10代を集めることが肝要かなって思います。

次の