宮下裕任 twitter。 令和納豆の社長は誰?顔画像や名前・プロフィールを調査!納豆定食詐欺で炎上?|Happy Days

令和納豆の社長は誰?顔画像や名前・プロフィールを調査!納豆定食詐欺で炎上?|Happy Days

宮下裕任 twitter

令和納豆代表宮下裕任が詐欺師と炎上した背景 まず、今回炎上してしまった納豆専門店「令和納豆」ですが まずは炎上した背景について書いていきます。 2019年4月に納豆ご飯専門店「令和納豆」がクラウドファンディングで 出資者を募集。 その寄付のリターン(お返し)の1つとして用意されていたのが 「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」 「一生無料で食べられる定食」魅力的ですね。。 ですが、2020年5月にGoogleマップに投稿された口コミ その「一生無料で食べられるパスポート」を店員に没収されたとの口コミが ネットで注目され、 「やっぱり(出資金を集めるだけ集めて)パスポートは没収する行為」に詐欺なのでは。。 と炎上し話題となりました。 twimg. com) 令和納豆代表宮下裕任のFacebookは? 次に宮下裕任社長のFacebookアカウントですが こちらもTwitter同様に個人でのアカウントはないですね。 でも「納豆男子」のFacebookアカウントは存在します。 こちらです。 こちらのFacebookアカウントは 宮下裕任社長が、何かワクワクするようなことをやりたいと 有志で集まった仲間たちと「納豆男子」を結成した時につくった時のアカウントですね。 納豆が知られていないアフリカで1000人に納豆を配ることに挑戦したり 納豆のトッピングについて投稿したりと 納豆について投稿しています。 結構、「納豆男子」ですが、活動の幅を大きくしていくとともに 沢山のメディア(テレビやラジオ、雑誌まで)にも出演していました。 現在の「令和納豆」につながる活動ですね。 名前:宮下裕任(みやしたひろただ) 生年月日:1984年生まれ 出身地:茨城県水戸市 学歴:茨城大学大学院理工学部研究科博士課程前期修了 茨城大学大学の大学院を卒業し 「NTTアドバンステクノロジ」入社後 その後、海外で働いてみたいと思いから「KDDI香港」に入社 そして、2018年に現在の株式会社納豆を設立しています。 その後、2019年4月1日から6月19日にクラウドファンディングで 今回炎上した「納豆ご飯一生涯無料パスポート」で 開業資金を調達。 1000人を超える人々から1246万円の支援を受け 2019年7月に水戸市に令和納豆を開店させています。 事業を展開したきっかけは 「世界各国で焙煎されたコーヒー豆を新鮮な状態で日本の消費者に届けたい」 とのおもいがきっかけで 香港で「NATTO CORPORATION AND LIMITED」を設立させ コーヒーサービス「PANGEA パンゲア 」を立ち上げました。 インターネットでも購入できない 現地で人気と実力と実績を兼ね備えた 希少性高い日本未上陸のロースターと契約をしているとのことです。 すごいですね。 購入はこちらのサイトから 毎月3種類 50g x 3 ずつ配送するサブスクリプション 定期購入 形式で 提供するサービスだそうです。 値段は定額2,500円 こちらがコーヒーサービス「PANGEA パンゲア 」のサイトです。

次の

【悲報】ヤフートップ「令和納豆は詐欺」

宮下裕任 twitter

水戸市在住の宮下裕任(ひろただ)さんが1月から開始したサブスクリプション型のコーヒーサービス「PANGEA パンゲア 」を広めようと現在、クラウドファンディングを行っている。 「PANGEA パンゲア 」は、世界各国の人気ロースターで焙煎(ばいせん)された最高品質のコーヒー豆を毎月3種類ずつ配送する定期購入サービス。 宮下さんは「日本未進出で現地でしか飲めないこと」「現地メディアで評価が高く、人気店として現地を支えていること」「自分たちで焙煎していること」「味がおいしく独創的であること」を基準に、アメリカ、オーストラリア、中国、香港、マカオ、台湾、フィリピン、日本の8カ国30都市程を周り10件と契約。 クレジットカードやビットコインで購入できる。 [広告] 同サービスを知ってもらい、世界と自宅をつなぐきっかけにしたいと今回のクラウドファンディングを企画。 30万円を目標に5月14日から行われている。 3,600円(2コース)・6,000円・1万円・4万3,200円・10万円の6コースを用意する。 「日本のコーヒービジネスは顧客の奪い合いのようになっているが、市場を奪い合うビジネスをする前に目の前の一杯のコーヒーが出来上がるまでに、どれだけたくさんの人の愛情が注がれて私たちの元に届けられているのかということを少しでも伝えていくことができたら」と宮下さん。 「昨今は、経済とテクノロジーの発展により、ボーダーレスな世界をあらゆるところ体験することができる。 最先端のテクノロジーを駆使しながら、コーヒーを飲む消費者とコーヒー豆を育てる生産者をつなげたい」とも。 クラウドファンディングは6月29日まで。

次の

【悲報】ヤフートップ「令和納豆は詐欺」

宮下裕任 twitter

27 ID:FVlk3GLz0 水戸市在住の宮下裕任(ひろただ)さんが1月から開始したサブスクリプション型のコーヒーサービス「PANGEA パンゲア 」を広めようと現在、クラウドファンディングを行っている。 「PANGEA パンゲア 」は、世界各国の人気ロースターで焙煎(ばいせん)された最高品質のコーヒー豆を毎月3種類ずつ配送する定期購入サービス。 宮下さんは「日本未進出で現地でしか飲めないこと」「現地メディアで評価が高く、人気店として現地を支えていること」「自分たちで焙煎していること」「味がおいしく独創的であること」を基準に、 アメリカ、オーストラリア、中国、香港、マカオ、台湾、フィリピン、日本の8カ国30都市程を周り10件と契約。 クレジットカードやビットコインで購入できる。 14 ID:FVlk3GLz0 同サービスを知ってもらい、世界と自宅をつなぐきっかけにしたいと今回のクラウドファンディングを企画。 30万円を目標に5月14日から行われている。 3,600円(2コース)・6,000円・1万円・4万3,200円・10万円の6コースを用意する。 「日本のコーヒービジネスは顧客の奪い合いのようになっているが、市場を奪い合うビジネスをする前に目の前の一杯のコーヒーが出来上がるまでに、 どれだけたくさんの人の愛情が注がれて私たちの元に届けられているのかということを少しでも伝えていくことができたら」と宮下さん。 「昨今は、経済とテクノロジーの発展により、ボーダーレスな世界をあらゆるところ体験することができる。 最先端のテクノロジーを駆使しながら、コーヒーを飲む消費者とコーヒー豆を育てる生産者をつなげたい」とも。 クラウドファンディングは6月29日まで。 71 ID:1xpp6oJS0 自家焙煎じゃないのかよ >焙煎は各ロースターが現地で行っています。 彼らが愛を込めて焙煎したコーヒー豆を、 >最高の状態でお届けするために、世界各国で焙煎された後すぐに輸入し、みなさんへお届け致します。

次の