ハウスクリーニング フランチャイズ。 おすすめのハウスクリーニングフランチャイズ比較ランキング

ハウスクリーニングで独立したい!集客のために知っておくべきこと | みんなのハウスクリーニング

ハウスクリーニング フランチャイズ

Contents• 失敗しないフランチャイズ経営なら「おそうじ本舗」がオススメ!• 全国で 知名度が高いから集客効果も高い• 実店舗がいらない、人件費をかけずに店舗運営ができる• お客さんから依頼をもらうのが難しい• ハウスクリーニングは作業単価が安い• 営業や宣伝も自分でやらなければならない お客さんから依頼をもらうのが難しい ハウスクリーニングは、お客さんから依頼を受けることで、初めて仕事が発生します。 逆に言えば、お客さんから依頼が来なければ一円のお金にもなりません。 ハウスクリーニングで開業したての人にとって、お客さんから依頼をもらうのはかなり大変です。 なぜならお客さんからしたら、そのハウスクリーニングの業者が信頼できるかどうか分からないからです。 信頼がなければ、お客さんも大切な家に人を上げて部屋の中を掃除してもらおうとは思えません。 こうして依頼を獲得できず、稼げないまま廃業してしまう人もたくさんいるのです。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ハウスクリーニングは作業単価が安い お客さんからの依頼が少なくても、作業単価が高ければ、それなりに稼ぐことはできるでしょう。 ハウスクリーニングの作業単価は、せいぜい1~2万円程度 作業単価が安いハウスクリーニングでは、とにかく件数をこなさなければ稼げません。 しかし先ほども説明したとおり、ハウスクリーニングはお客さんから依頼をもらうのが難しいため稼げないという人が多いのです。 営業や宣伝も自分でやらなければならない ハウスクリーニングで依頼を獲得するためには、営業やポスティングなどの宣伝活動が必要です。 営業や宣伝活動をしなければ存在すら知ってもらえないため、依頼が来ることはありません。 個人で開業した場合、営業や宣伝活動を全て一人ですることになります。 また営業や宣伝活動のやり方を、教えてくれる人もいません。 結局営業や宣伝活動がうまく行かないために依頼を獲得できず、稼げないという人が多いのです。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 儲からないと言われているハウスクリーニングで稼ぐ方法 ここまで説明してきたとおり、ハウスクリーニングで稼ぐのは、かなり難しいと言えます。 しかしだからと言って、諦める必要はありません。 何故ならハウスクリーニングには、稼ぐための方法もあるからです。 その方法とは、フランチャイズに加盟することです。 ハウスクリーニング業界には、フランチャイズ展開しているサービスがたくさんあります。 多くの フランチャイズ本部では加盟者の約9割が清掃業の未経験者ですが、それでも高い収益を上げているオーナーが続出しています。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 フランチャイズに加盟すれば儲けられる3つの理由 フランチャイズに加盟した人たちは、未経験なのにも関わらず、何故高い収益を上げられるのでしょうか? ここでは、フランチャイズに加盟すれば儲けられる3つの理由について説明していきます。 お客さんから依頼がもらいやすい• 最初のうちはお客さんの紹介をしてもらえる• 営業や宣伝活動のサポートをしてもらえる お客さんから依頼がもらいやすい フランチャイズに 加盟する最大のメリットは、本部の看板を使って開業できるという点です。 例えば「おそうじ本舗」のフランチャイズに加盟すれば、おそうじ本舗の名前を使って開業できます。 先ほども説明したとおり、信頼がなければ、お客さんから依頼をもらうのは困難です。 その 点、おそうじ本舗のような有名なフランチャイズ本部の名前を使えば、それだけでお客さんから信頼してもらえるため、依頼も受けやすくなるのです。 最初のうちはお客さんの紹介をしてもらえる ハウスクリーニングで開業してから一番大変なのは、始めたばかりの頃です。 なぜなら開業したての頃は、お客さんを一から開拓しなければならないからです。 その点、フランチャイズに加盟すれば、その心配はありません。 多くのフランチャイズ本部では開業間もない加盟店オーナーに対して、お客さんの紹介をしてくれます。 そのため、開業したてでも全く稼げないということにはなりません。 本部から紹介してもらったお客さんにリピートしてもらったり並行して営業や宣伝活動したりすることで、ゆくゆくは安定して依頼を受け続けることも可能になります。 営業や宣伝活動のサポートをしてもらえる 先ほども説明したとおり、個人で開業した場合は営業も宣伝活動も全て自分でやらなければなりません。 一方フランチャイズに加盟した場合、本部のスタッフが営業や宣伝活動のサポートをしてくれます。 例えば営業の際には、本部のスタッフが同行してくれたり悪い点を指摘したりしてくれるのです。 これなら営業をしたことがない人でも、スキルが身につくため安心です。 さらにフランチャイズ本部では、テレビCMを流すなどしてチェーン全体の知名度を上げる活動をしています。 チェーン全体の知名度が上がれば、加盟店オーナーも依頼を受けやすくなります。 このように、 フランチャイズに加盟すれば本部の宣伝活動の恩恵にも預かれるのです。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ハウスクリーニングのフランチャイズ加盟店オーナーの収支モデル ここまでフランチャイズに加盟すればハウスクリーニングでも稼げる理由について説明してきました。 しかしなかには、本当にフランチャイズに加盟すれば稼げるのかと不安な人もいるかもしれません。 もちろんフランチャイズに加盟したからといって全員が稼げるわけではありません。 しかし努力や工夫次第では未経験からでも稼げることは確かです。 それを証明するためにも、ここでは未経験でハウスクリーニングのフランチャイズに加盟し高い収益を上げているオーナーの収支モデルを紹介していきましょう。 おそうじ本舗で開業1年目(店舗なし)の男性• 売上…880,710円• 経費…303,235円• 収益…577,475円 こちらはおそうじ本舗に加盟して開業一年目の男性の月の収支です。 こちらのオーナーは店舗を持たず一人で営業しているため、家賃や人件費などの固定費がかからず経費は30万円程度となっています。 売上が88万円あるため、経費を引いて月収は58万円ほどです。 おそうじ本舗で開業3年目(店舗あり)の男性• 売上2,075,051円• 経費1,073,982円• 収益1,001,069円 こちらはおそうじ本舗で開業3年目のオーナーの月の収支です。 こちらのオーナーは店舗を構えており人も雇っているため、経費が100万円と高くなっています。 しかしそのぶん売上額も高いため、月の収益は100万を超えています。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 まとめ ハウスクリーニングは、以下3つの理由から儲からない業種だと言われています。 依頼をもらうのが難しい• 作業単価が安い• 営業や宣伝活動も一人でやらなければならない しかし有名なフランチャイズに加盟すれば、それだけでお客さんからの依頼が見込めます。 さらにお客さん紹介や営業・宣伝活動のサポートもしてもらえるため、安定して依頼を受け続けることも可能です。 そうなれば、儲からないと言われているハウスクリーニングで稼ぐこともできます。 ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟するなら、 業界トップの知名度を誇り本部からのサポートも手厚い「おそうじ本舗」がおすすめです。 ハウスクリーニングで稼ぎたいという方はまずは資料請求してみてはどうでしょうか。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸.

次の

ハウスクリーニングが儲からない理由と、稼ぐための方法を紹介

ハウスクリーニング フランチャイズ

ハウスクリーニングで独立して開業したいと思っている人もいるのではないでしょうか。 確かに、ハウスクリーニングならある程度容易であるため、比較的に開業しやすいものです。 しかし、いきなりゼロから開業をはじめると大変です。 ハウスクリーニングで独立して開業するためには、フランチャイズがおすすめです。 というのも、フランチャイズならいろいろアドバイスしてくれるため、より安心して開業できるためです。 しかし、フランチャイズもいろいろなところがあるため、注意して選ぶ必要があります。 ここでは、ハウスクリーニングのおすすめのフランチャイズとそれぞれの特徴などについてご紹介します。 ハウスクリーニングで独立して開業する場合は、ぜひ参考にしましょう。 Contents• ハウスクリーニングで独立して開業する方法 ハウスクリーニングとはどのようなものか? ハウスクリーニングで独立して開業する場合は、ハウスクリーニングとはどのようなものかについて十分に把握しておく必要があります。 ハウスクリーニングというのは、普通の家庭から掃除のプロが頼まれて、なかなか普通の人では掃除ができにくい汚れなどをきれいにするものです。 近年は、共稼ぎの世帯が多くなったりすることなどによって、ハウスクリーニングを普通の家庭でも使うようになってきています。 特別な資格はハウスクリーニングを開業する際に必要なく、機材の高いものが必要ないため、費用が少なくても開業ができることも魅力でしょう。 ここでは、おすすめのフランチャイズに入る場合の長所と短所についてご紹介しましょう。 フランチャイズに入る長所としては、知名度があるため信頼されることです。 ハウスクリーニングの場合は、作業を家の中で行うため、信頼されるということが非常に大切です。 一方、 フランチャイズに入る短所としては、月々のロイヤリティやイニシャルコストがかかることです。 なお、ロイヤリティというのは、フランチャイズの名称を使うためにかかる費用です。 このロイヤリティはフランチャイズによって違っており、月額で安い場合は3万円、高い場合は15万円になります。 また、途中で解約することがフランチャイズによってはできない場合もあるので、契約の内容なども調べることが必要です。 1位「おそうじ本舗」 特徴 おそうじ本舗は、誰もがテレビのCMで一回は目にしたことがあるくらい有名で、フランチャイズチェーンとして全国的なものです。 ハウスクリーニングの場合は、頼まれた人の家の中で掃除をするので信頼されている必要があります。 おそうじ本舗は、知名度が高いので頼まれた人から信頼をもらっています。 そのため、オーナーとしては営業をスムーズに行いやすいでしょう。 本部には、• 毎月6万円のロイヤリティ• 2万円の広告分担金 のトータル8万円を払う必要があります。 別のハウスクリーニングのフランチャイズと比較して毎月の8万円は高めになりますが、サポートがその分充実しています。 開業が経験が無い場合でも成功するように、 一緒に現場に行ってくれたり、営業してくれたりするだけでなく、業務提携も地元の会社と進めてくれます。 オーナーが営業や掃除方法に不安がある場合は、フランチャイズとして非常におすすめでしょう。 ハウスクリーニングをおそうじ本舗で開業したオーナーの口コミとしては、次のようなものがあります。 将来に対して大きな期待が持てるようになった お客さんはお金を支払っているにも関わらず、掃除が終わった後には感謝してくれます。 そのため、自分の気持ちは仕事をスタートから非常に充実しています。 また、サポートをしっかりしてくれるため、困ったりすることはありません。 経験が無かったので非常に不安でしたが、だんだん研修によって不安も無くなり、経験を開業して積み重ねるにつれて将来に対して大きな期待が持てるようになってきました。 経費が毎月かかる 毎月、販促、宣伝費がロイヤリティの他に計上されます。 おそうじ本舗は有名で、仕事を多くいただけますが、経費が毎月かかるため、仕事をその分多く取る必要があるので大変です。 また、2年の契約期間で短めです。 しかし、フランチャイズであるため、余程のことが無ければ、契約は更新されるようです。 なお、オフィスクリーニングがメインですが、基礎はハウスクリーニングと変わらないため、それほど心配する必要はないでしょう。 ダイオーズカバーオールは、オフィスサービスを長年行ってきました。 そのため、 取引先が数十万件もすでにあるので、お客さんを確保するためにオーナーは営業する必要がないのがメリットです。 営業したことが無いため心配であるという場合は、フランチャイズとして非常におすすめです。 プランや地域によってロイヤリティやイニシャルコストは違ってきますが、他のフランチャイズと比べると高めです。 600万円のイニシャルコストが必要であるため、若いオーナーのようにお金を確保しにくい場合は厳しいでしょう。 イニシャルコストは高くなりますが、お客さんが確実に得られる、売上がしっかりと保証されるようになっています。 安定性を重要視して、ある程度イニシャルコストが用意できている場合は、ダイオーズカバーオールがいいでしょう。 ハウスクリーニングをダイオーズカバーオールで開業したオーナーの口コミとしては、次のようなものがあります。 営業をオーナーが行う必要が無い ダイオーズカバーオールの場合は、営業をオーナーが行う必要が無いのがいいです。 そのため、仕事が安心してできます。 イニシャルコストはかかりますが、売上をフランチャイズで保証しているのが素晴らしいです。 もともと掃除が得意であったので、オーナーになろうと思いました。 関東と中部エリアしか開業できるところがカバーできていない 自分が開業したのは関東でしたが、関東と中部エリアしか開業できるところがカバーできていないためデメリットでしょう。 関東でしばらく仕事を経験して、地元の関西にその後は戻って仕事をしたいと考えていましたが、自分の地元はカバーされていないため仕事ができないので困っています。 売上が保証されるのは非常にいいですが、イニシャルコストがその分高く、個人の場合は非常にハードルが高いと思います。 営業の経験が無い、全くパソコンを操作した経験が無いというような初心者の場合は、非常におすすめです。 なお、 入るためには、2人以上の従業員が必要になります。 ハウスクリーニングのほとんどはオーナーのみでも入れますが、おそうじ隊501の場合は最低でも2人の従業員が必要です。 そのため、ほとんどのオーナーにとって障害になっています。 しかし、従業員を開業するために求人するサポートを行っています。 ハウスクリーニングをおそうじ隊501で開業したオーナーの口コミとしては、次のようなものがあります。 丁寧に教えてくれたので非常にありがたかった 入っている店がお互いに年齢やエリアに関係なく、結束が強いため助かります。 何かあれば、すぐに電話などで連絡できるため安心です。 また、掃除方法以外に、丁寧に事務や営業方法などを教えてくれました。 パソコンが全く操作できませんでしたが、丁寧に教えてくれたので非常にありがたかったです。 従業員が2人以上必要というのはハードルが少し高い おそうじ隊501に入る場合は従業員が2人以上必要というのは、仕事をオーナーだけで行っている場合はハードルが少し高いでしょう。 また、契約期間の2年間は、別のフランチャイズと比較して短いと思いました。 研修においては、掃除の基礎だけでなく、ウエブでの営業・集客活動まで学習することができます。 開業した後も研修において獲得したお客さんを引き継ぎすることができるため、「最初から始めるため心配である」という不安はありません。 掃除や営業の経験がない場合は、フランチャイズとしてぴったりでしょう。 おそうじ革命は、開業する前の研修が充実しているため、経営に失敗しにくいように教えてくれます。 しかし、長い研修期間があり、イニシャルコスト・ロイヤリティが高くなります。 ハウスクリーニングをおそうじ革命で開業したオーナーの口コミとしては、次のようなものがあります。 集中して仕事ができる そのまま従業員の時のお客さんを引き継ぎすることができるため、儲ける予測ができて開業が安心してできました。 新しい仕事を紹介してくれたり、宣伝をホームページでしてくれたりするため、集中して仕事ができます。 しっかりとサポートしてくれるため、プライベートも仕事も充実しています。 1年半の研修を受けることが必要である 開業はいきなりできるということでなく、1年半の研修を契約社員として受けることが必要です。 また、首都圏だけをカバーしているのがデメリットです。 同じような業者が首都圏は多くいるため、非常に競争が激しくなっています。 自社の商品も売っており、楽しく掃除がなります。 細かいところまで、ダスキンのハウスクリーニングでは対応してくれます。 窓周り• 水周り• ランドリー• 玄関 などの掃除であれば、全てダスキンに任せるときれいになります。 ダスキンの場合は、エアコンのハウスクリーニングが高い人気になっています。 ハウスクリーニングを自宅で依頼する場合は、エアコンが多くなります。 エアコンクリーニングの場合は、ダスキンでは12960円で1台当たり行っており、割安に2台目からはなります。 しかも、抗菌加工がオプションでできるため、非常に衛生的にも安心できます。 エアコンの内部は、掃除を自分で行うのは困難ですが、ホコリやカビ、臭いを高圧洗浄で除去してくれます。 これ以外にも、人気が高いのはハウスワイドサービスです。 ハウスワイドサービスでは、まとめて家の中を掃除してくれます。 自分で隅々まで部屋の中を掃除するのは困難ですが、ハウスワイドサービスがこのような場合はおすすめです。 ハウスクリーニングをダスキンで開業したオーナーの口コミとしては、次のようなものがあります。 入っている店同士がきちんとネットワークを作っている 老舗であるダスキンの場合は、入っている店同士がきちんとネットワークを作っており、入っているオーナーたちが地域ブロックごとに定期的勉強会などを行っています。 入っているオーナーたちがお互いに連携することによって、親交を深めるようなところがあります。 オーナーも理念をしっかりと持ってなければ駄目である ダスキンの場合は、オーナーも理念をしっかりと持ってなければ駄目でしょう。 というのは、ダスキンにぜひ入ってくださいと営業されるということではありません。 ダスキンスクールが大阪にあり、創業してからの考え方や歴史などがここには展示されています。 このようなことをきちんとダスキンの考え方を分かってもらうために行っており、儲かるかどうかのみでダスキンを検討する場合はそれほどおすすめではないと思います。 ハウスクリーニングで独立して開業する場合は、ハウスクリーニングのフランチャイズがおすすめです。 ハウスクリーニングのフランチャイズとしては、ここでご紹介したように、ランキング1位の「おそうじ本舗」がおすすめです。 というのは、サポート体制がしっかりしており、初めての場合でも安心であるためです。 なお、オフィスクリーニングにチャレンジしたい場合は、メインにオフィスクリーニングを行っているダイオーズカバーオールがおすすめです。

次の

ハウスクリーニングの独立開業に失敗した原因を探る

ハウスクリーニング フランチャイズ

フランチャイズの評判 そりゃそうですよね。 フランチャイズに加入・加盟しているのに、仕事も少ないし、やっとこさ、 独立して自分がトップで仕事をするはずが、フランチャイズに加入・加盟したばかりに、お金を多く持っていかれるとなると何の為に働いているのか、わからなくなりますよね。 そして、フランチャイズの評判によっては、悪い影響をうける場合もあります。 フランチャイズで悪い影響を受けて失敗 フランチャイズの加盟店もあなたも仮に同じフランチャイズの中にいれば、悪いこともあなたの看板であるフランチャイズの評判になってしまいます。 あなたがどんなに丁寧にお客さんに対応していようが、心無い加盟店が1店舗でもあればその悪い噂はたちまち広まってしまいます。 ぼくだったら、絶対にやらないです。 だって、そんなことをしなくても、 集客できますから。 フランチャイズに加入・加盟すると研修期間が設けられますが、その期間にぼくがやっている事を実践していったほうが、オーナーさんから直接仕事がもらえるし、間にフランチャイズも居ないので、マージンを取られることもありません。 当然、その間に清掃技術や清掃の心得は学ぶ必要はあります。 ただし、難しいことではありません。 手(作業)が遅くても丁寧に行なえば、お客さんとも信頼関係が生まれます。 信頼関係が生まれれば、そのお客さんが新しいお客さんをまた連れて来てくれます。 フランチャイズのランキング比較と料金 フランチャイズのランキング比較と料金 比較とか料金とかを出してもあまり意味がないかもしれませんが、一応打ち出していきます。 Daiohsの開業資金とランキング比較 開業資金:250万円(10年) 内訳は• 加盟金100万円• 保証金50万円• 3%の請求が来ることを考えると50万円の売上が仮に出て、41万円の利益がでるので御の字と思いたい所ですが、実際には・・・ その他の交通費などを考慮していかないとならないでしょう。 それに加えて、いくらかかるのか洗剤代。。。 洗剤代で10万円前後の覚悟は合った方がいいでしょう。 おそうじ隊501の開業資金とランキング比較 開業資金250万円(10年) 内訳• 加盟金70万円• 研修費30万円• 資機材費150万円• 車両費約80万円• 必要備品(PC,FAXなど)約50万円 売り上げの6%がロイヤリティとまぁまぁですね。 営業部分がどのようになっているのか。 また、10年後には、再契約?というところが焦点でしょうか。 おそうじ本舗の開業資金とランキング比較 開業資金231万円(税抜)2年間• 加盟金20万円• 保証金20万円• 研修・講習費26万円• 機材費145万円• システム導入費15万円• 開業支援チケット5万円• 2年後再度加入ですか? 大きな金額が2年おきに動く事になります。 しかも2名は確保しなくてはいけない点にも注意です。 開業資金としては、高く感じますね。 約400万円?? その辺りで折り合いがつけば、良いのではないでしょうか。 フランチャイズのランキング比較と記事にしましたが、どれも一緒かな。 と思うので、ランキングはつけられませんでした。 フランチャイズの現状 はっきりお伝えすると、どのフランチャイズでも飽和が起きています。 知恵袋でもこの様な記事が書かれている。 相当厳しい現状なので、フランチャイズを検討されている方は上記の内容を確認した方が良さそうです。 フランチャイズの看板とあなたという看板 フランチャイズの看板はそれこそフランチャイズの本部のですよね。 CM費用をかき集めて沢山の加盟店に振り分けて居るようにも見えます。 ですが、小さな円のなかで加盟店が集まりすぎていて仕事がない状況なんですね。 ところが、あなたという看板ならばどうでしょう。 あなたは1人しかいませんので、あなたという人柄が営業になり、良い仕事をすれば、新しい仕事が頂けます。 そして、あなたの円はそのほかの人に乱されることはないのです。 つまり、営業はぼくの方法を学んでもらえれば、お客さんはネットから集客できます。 そうした連鎖で仕事が増えます。 決して楽ではありませんが、すべて自分に跳ね返ってきます。 売り上げをフランチャイズみたいに横取りされることもありません。 一連の流れもご確認ください。

次の