ウーバーイーツ 仕組み 料金。 UberEats(ウーバーイーツ)の料金は高いのか?配達料、手数料比較してみました

【お得】ウーバーイーツ(ubereats)の利用料金は高い?お得な情報教えます。

ウーバーイーツ 仕組み 料金

基本料金 = 受取料金 固定 + 受渡料金 固定 + 距離料金 変動• 受取料金 固定 :「料理の受取」に対して支払われる料金• 受渡料金 固定 :「料理の配達」に対して支払われる料金• 距離料金 変動 :「配達距離1㎞毎」に対して支払われる料金 料理の受け取りと配達に対して支払われる料金は、1件ごとに決まった料金にいなっています。 一方の距離料金は、配達距離1㎞ごとに支払われるので、配達する距離が長ければ長いほど料金も高くなります。 基本料金は、各エリアごとに決まっていますので、エリアごとの基本料金をご紹介します。 この手数料は固定の金額ではなく 基本料金に対する割合 % で徴収されます。 サービス手数料も、配達するエリア サービスエリア ごとに決められています。 インセンティブの内容は、エリア・時間帯・配達パートナーなどによって異なります。 インセンティブには、主に 「ブースト」・「クエスト」・「ピーク料金」の3種類があります。 この3種類のインセンティブについて、実際の配達アプリの画面でご説明します。 【 ブースト】の仕組みと確認方法 ブーストは、注文の多い時間やエリアにおいて、一定の倍率で配送料を増額する仕組みです。 ブーストは、1日のなかの数時間単位で倍率が設定されるのですが、数日前から配達用アプリで確認することができます。 下図の例では、青い線で区切られたエリアに「1. 5倍」と表示されているのがわかると思います。 例えば、ブースト1. 5倍のエリアのレストランの配達を受けた場合、配送料に ブースト報酬として「基本料金x0. 5」が加算されることになります。 配達パートナーとして登録してから、だいたい 1~2週間ほどでブーストが表示されるようです。 【 クエスト】の仕組みと確認方法 クエストは、通常の配送料やブーストに加えて、配送件数に応じて追加で支払われる報酬です。 クエストの内容は、 配達パートナーごとに違っていて、個人の配達実績に応じてクエストの回数は増減します。 実際のクエストの例• 2回乗車して800円の追加収入を獲得• 5回乗車して2000円の追加収入を獲得 まずは、2回配達した時点で、追加報酬として800円を獲得できます。 さらに3回配達(合計で5回配達)が完了すると、上の800円に加えて1200円(合計で2000円)を獲得できます。 ブーストが事前に通知されていたのに対して、ピーク料金は事前通知なくリアルタイムにマップに表示されるという違いがあります。 配達用アプリでは、下図のように 赤いモヤモヤしたヒートマップとして表示されます。 配達パートナーの間では、通称「赤いシミ」とか、単に「シミ」といわれますw.

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金は高い?他社の料金と比較してみた│うばいつ

ウーバーイーツ 仕組み 料金

目次 ウーバーイーツ UberEats とは? ウーバーイーツ UberEats はアメリカ発のフードデリバリーサービスであり、 アプリを使って自宅から気軽にお店の料理を注文できます。 ウーバー Uber といえば世界70ケ国で展開される自動車配車アプリとして有名ですが、今ではウーバーイーツも世界40ケ国を超える地域で展開されるようになり、 グローバルに活用される人気のデリバリーサービスとなりました。 ウーバーイーツ UberEats を利用するメリット では、そんなウーバーイーツを利用するメリットを紹介していきます。 自宅から外に出ることなくデリバリーできる ウーバーイーツを使えば、 あなたは自宅から一歩も外へ出ることなくデリバリーの注文を行えます。 現在緊急事態宣言に伴う外出自粛の促進が強まっていますが、ウーバーイーツなら自宅から安全に注文できるでしょう。 スーパーへ食品の買い出しへ行く必要もない 自宅で自炊するとなると、食材の買い出しに行く必要がある上、調理の手間も掛かってしまいますよね。 電話不要でアプリからすぐに注文できる デリバリーの注文となると、 電話で注文しないといけないんでしょ…? と考えられたかもしれませんが、 ウーバーイーツなら電話不要でアプリから注文できます。 例えば、あなたがマクドナルドでデリバリーするならば、以下のように画面をタップして注文が可能です。 これなら自宅から出る必要も、電話で人と話す必要も一切なく料理を頼めるでしょう。 ウーバーイーツ UberEats の仕組みってどうなってるの? ウーバーイーツであなたの自宅に料理が届けられる仕組み ウーバーイーツは「加盟店舗 レストラン 」「注文者 あなた 」「配達パートナー」の3者によって成り立ちます。 このように、ウーバーイーツはアプリを通して配達員や飲食店、注文者とを繋げるプラットフォームを提供しており、 自社で料理を提供して配達しているわけではありません。 ウーバーイーツを使う3者のメリット そして各お店、配達パートナー、注文者がウーバーを使うメリットは以下の通り。 注文者のメリット アプリから手軽にたくさんのお店のデリバリーを注文できる• 飲食店のメリット 自分たちでデリバリー注文の機能や配達員を抱えることなくすぐにデリバリーサービスを消費者へ届けられる• 配達パートナーのメリット 注文のあったお店の料理を注文者へ届ければ報酬が得られる 配達パートナーは人気の副業となっている また、「配達パートナー」はウーバーイーツに雇用されたスタッフなどではなく、ウーバーと契約した「個人事業主」という扱いとなっています。 ウーバーイーツの配達パートナーは「自分の好きな時間に働ける副業」としても人気を集めており、その数は日に日に増しています。 ウーバーイーツで料金が設定される仕組み ウーバーイーツってどんな料金の仕組みになってるの…? と疑問に思った方も多いかもしれませんが、ウーバーイーツを利用する際には、以下のような配達やサービスに対する手数料が発生します。 配送手数料• サービス料• 少額注文における手数料 配送手数料 配送手数料は、お店から届け先住所までの距離や、配達可能な付近の配達パートナーの数によって変動します。 あなたの居場所から距離が遠くなると配送料が高くなりますが、他にも悪天候時やランチ・ディナータイムには「ピーク料金」が上乗せされます。 少額注文における手数料 700円未満の注文には一律で150円の 「少額注文における手数料」が適用されます。 なお、注文を追加して合計700円以上の注文になれば手数料は免除されるので、 追加で注文しておいた方がお得になるケースもあります。 ウーバーイーツ UberEats の登録方法 まずはウーバーイーツをインストールし、下の「続行」をタップして電話番号を入力しましょう。 そしてパスワード、名前を登録し、最後に支払い方法を追加すればウーバーイーツへの登録が完了します。 なお、お届け先は「自宅」「勤務先」の2つまで登録可能であり、 一度入力してしまえば再入力する必要もありません。 ウーバーイーツ UberEats で使える支払い手段は? ウーバーイーツを使っていくには支払い方法を追加しておく必要がありますが、 対応する支払い方法は以下の通りです。 クレジットカード• デビットカード• Apple Pay• LINE Pay• 例えば、スマホ決済の代表格でもあるLINE PayやPayPayなど。 それにクレカやスマホ決済はアプリから事前決済が可能なので、 料理の受け取り時に現金を用意しておく必要もなくなります。 日時と場所を指定した後、あなたが注文したいお店を選び、メニューから商品を選択していきます。 その後は商品の個数を選択し、合計金額を確認して「会計に進む」をタップしてください。 その後は支払い方法を選択し、決済を済まして配達を待ちましょう! ウーバーイーツでお得に注文するならクーポンを使おう! なお、あなたが少しでもお得にウーバーイーツで注文したいなら、 お得なクーポンコードを活用しましょう。

次の

【店舗向け】Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み|料金プランやメリットを解説!|亀井聖武/株式会社CAREARC|note

ウーバーイーツ 仕組み 料金

まとめ 最近では「食事のデリバリーサービス」が注目されています。 自社宅配サービスや出前館などを経由したデリバリーなども人気ですが、特に注目されているのが「Uber Eats ウーバーイーツ 」。 配達パートナーの姿を目にする機会も増えてきました。 そこで今回はこの「Uber Eats 以下、ウーバーイーツ 」の解説を行っていきます。 Uber Eats ウーバーイーツ とは? まずはじめに、「ウーバーイーツとは何か」について簡単に解説していきます。 なんとなく知っているけど、詳しい内容は知らないという方も多いはず。 概要をつかんで理解を深めていきましょう! Uber Eats ウーバーイーツ ってなに? ウーバーイーツとは、アメリカにある企業「ウーバー・テクノロジーズ」が展開するフードデリバリーサービスです。 もともと、配車サービスで有名な企業で「車に乗りたい人」と「車に乗せて運転ができる人」をマッチさせるサービスを行っています。 その会社が、食事のデリバリーサービスに目を付けて開始したのが「ウーバーイーツ」です。 「食事のデリバリーを注文したい人」と「配達できる人」と「飲食店」を結んで展開する新しいデリバリーサービスなのです。 Uber Eats ウーバーイーツ の特徴や他社との違い ウーバーイーツの特徴は、• 配達パートナーは個人が担当する 以上の3点が大きな特徴であり、他のサービスとの違いと言えるでしょう。 ウーバーイーツでは、宅配パートナーが個人であるため、店舗は人材を用意する必要がなく、配達範囲の細かい限定も不要となります。 配達パートナーを個人でまかなう点、そこから派生してそれぞれの特徴が生まれているのでしょう。 Uber Eats ウーバーイーツ の仕組みとは ウーバーイーツはどのようなシステムで展開されているのか、簡単に確認していきましょう。 Uber Eats ウーバーイーツ のシステム ユーザーから注文が入ると、配達パートナーのマッチングが行われます。 そこから決定した配達パートナーが飲食店へお届けすす商品を受け取り、注文をしたユーザーへお届けする流れとなっています。 これまでの宅配サービスとは異なり、宅配業者や店舗のスタッフが配達するのではなく、毎回異なる個人の配達パートナーが行います。 「その飲食店の一番近くにいてスムーズに配達できる人」によって受け取りから配達までがなされるわけです。 また、ユーザーは配達パートナーについての情報、配達状況に関しても、ウーバーイーツのアプリ上で確認することができるようになっているのも安心です。 ウーバーイーツは全てにメリットがある? ウーバーイーツは、利用するお客様や店舗、配達人のそれぞれにメリットがあります。 それぞれのメリットとして代表的な内容を以下で確認していきましょう。 ウーバーイーツ配達パートナーのメリット 自分の都合で仕事ができる。 働く時間と場所を生活に合わせて選ぶことができるため、副業やちょっとしたお小遣い稼ぎにも活用できる点が魅力となっているでしょう。 また、報酬は週払いであるため、コンスタントに収入が得られる点も人気の一つとなっています。 ウーバーイーツ加盟店 飲食店 のメリット 配達パートナーがいるため、専用のデリバリースタッフや配達手段を用意する必要がありません。 コストをかけずにデリバリーでの売り上げ拡大が期待できます。 外国でも人気であるため、外国人観光客が増加するなかでインバウンド対策としても使えるでしょう。 ウーバーイーツユーザー 注文者 のメリット アプリ上で簡単に注文ができるようになっています。 デリバリーサービスを行っていない店舗がウーバーイーツの加盟店になっていることもユーザーにとって人気の理由の一つです。 また、配達場所に関しても自宅以外でも指定することができるため、住所特定等の不安がある方や、ちょっとしたイベント等で利用したい場合にも有効ですね。 配達状況や配達パートナーに関しては、アプリ上で確認できるため安心して利用できるようになっている点もポイントでしょう。 ウーバーイーツの各種料金 ウーバーイーツでは、利用の際に手数料が発生します。 手数料の種類は3種類あるため、混同しないように確認しておきましょう。 2020年の1月に最新の手数料が改定されています。 ウーバーイーツでは、随時この手数料の改定を行っているようなので今後も動きがあるかもしれません。 配達手数料 ユーザーへのお届けに関する配達手数料です。 お届け先や配達パートナーの数などによるバランスで算出・決定されています。 そのため、毎回同じ配達手数料ではない変動制というのが特徴です。 最安値として50円の場合もあるようですが、この配達料が気になる場合は、アプリ上の各飲食店の所に記載されているのでチェックしましょう。 サービス料 ウーバーイーツの配達サービスを利用する際に、注文金額の10%がサービス料として発生。 店舗のスタッフによるお届けの場合はこのサービス料は発生しないようになっています。 注文金額による手数料 少額 700円未満 の注文の場合、別途150円の手数料が発生します。 お一人でのご利用や単価が低いもののみを注文する場合などにおいては注意が必要です。 ウーバーイーツ加盟店への登録が増加中? ウーバーイーツの加盟店は、サービス開始当初150店舗ほどだったものが、現在では10,000店舗以上とも言われています。 こうした加盟店の拡大はなぜ起こっているのでしょうか。 その理由ともなる、加盟店としての魅力をさらに掘り下げてチェックしていきましょう! コストをかけずにデリバリーができる ウーバーイーツには、全体として様々なメリットがありますが、特に飲食店としては日頃集客できないお客様を集客することのできるメリットがあります。 普段はコストの関係でデリバリーを行っていないため、集客できる層やお客さまが限定されていても、これを機に大きく拡大するチャンスにもなるでしょう。 インバウンド対策としても使える また、外国ではウーバーイーツは浸透しているサービスでもあるため、外国人にとっては安心感もあるはず。 今後さらなる外国人観光客が増加することが期待されている日本において、インバウンド対策として重要な要素になってくるかもしれません。 解約金がない 加盟店としての登録を終了する際に心配なのが解約金。 ウーバーイーツではこうした登録に関する契約期間や解約金がないため、安心して登録できるでしょう。 集客効果 通常ではデリバリーを行っていない店舗の場合、人件費や配達のためのコストをかけずにデリバリーからの売り上げを得ることが可能になってきます。 また、ウーバーイーツは特に昨今注目が集まってきていて、オフィスや若者を中心にユーザーも拡大しています。 こうした注目を集めている今のうちに加盟店として登録しておくことで新たな集客手段としても効果的かもしれません。 消費税増税でテイクアウトへの需要 2019年10月に消費税が増税されましたが、飲食物に関して、テイクアウトやデリバリーはそれまでの8%の据え置き措置である「軽減税率」が設定されています。 こうしたなかで、外食で高い消費税を支払うよりもテイクアウトやデリバリーを利用することへの興味・需要も高まっているでしょう。 ウーバーイーツはこうした時代の流れにも合致したサービスとも言えます。 まとめ 今回は今注目されている「Uber Eats ウーバーイーツ 」とはなにか、仕組みやメリット等についてご紹介しました。 現在、軽減税率やコロナウィルス対策としても外食を控える傾向にあるなかで需要がさらに増していくのではないでしょうか。 こうしたなかで、外食産業は店内集客だけでなくテイクアウト等の時代の流れにも注目して対策していく必要があるでしょう。 集客や売り上げの心配が増すなかで、「Uber Eats ウーバーイーツ 」がその解決策の一つとして重要なサービスになるかもしれません。

次の