リミット あらすじ。 バーティカル・リミット ネタバレ注意!あらすじ,感想, 登場人物!

使命と魂のリミット(東野圭吾)ネタバレ含む結末とあらすじ/医者になった誰にも言えない動機

リミット あらすじ

Contents• 主な登場人物・キャスト キム・ムヨル キム・ドヒョン シングク銀行の業金融部課長 ユン・ジュヨン ドヒョンの婚約者 チャ・ユンミ 刑事、失踪者担当班チーム長 パク・ヒョンシク 刑事、強力班チーム長、ユンミの恋人 ソ・ジンギ 闇金業界の影、セリョ建設理事 チョ・ハンチョル パク・テギュ セリョ建設部長 イ・スンヨン イ・ジンスク エスクラブ代表 イエル ソン・ヘジョン ジンギの腹心 中盤までのあらすじ 韓国の最大手銀行であるシングク銀行の企業金融課の課長ドヒョン(キム・ムヨル)は、恋人のジュヨン(コ・ソンヒ)にプロポーズをする。 ジュヨンは、身分が釣り合わないと悩むが、やっとプロポーズを受け入れることを心に決めたその夜、何かが起こり、彼女は突然姿を消してしまう。 ドヒョンは、警察に失踪届けを出す。 失踪者担当チームの刑事ユンミ(イ・シヨン)は、ジュヨンの失踪届けを目にして驚き、すぐに捜査に乗り出す。 ジュヨンは、ユンミが過去に担当した事件の情報協力者だったのだ。 しかし、捜査が進むにつれて、刑事ユンミはドヒョンに隠し事があると疑惑を抱く。 疑われたドヒョンも警察に対して不審感を抱き、自分でジュヨンを探し出そうとする。 恋人を一途に想い、行方を追うドヒョンは、すべてを投げ出して怪物のようになっていく。 やがて協力してジュヨンの行方を追うようになるドヒョンとユンミは、金融業界の闇社会と闘うことになる。 予告編 感想 2015年の作品なのですがこれまで視聴する機会が無く、今回GYAO! で視聴しました。 衛星劇場では原題の「美しい私の花嫁」で放送されましたが、フジテレビTWOでは「リミット」というタイトルで放送されていました。 嵌りました!ジェットコースターのようなストーリー展開に、1話から引き込まれていきました。 主要キャストはあまり有名な俳優ではないのですが、脇を固めるキャストはお馴染みの実力派俳優揃い。 主演のキム・ムヨルさんはドラマ出演作は少ないのでこの作品で私は初めてお目にかかりましたが、ミュージカル俳優さんで映画の出演は多い俳優さんなのですね。 キム・ムヨルさん演じるは無口で堅物という感じの銀行員なのですが、実は兵役で特殊部隊の訓練を受けた経歴があり、めちゃめちゃ強いのです!その強さたるもの、やくざ十人ほどを相手に一瞬のうちになぎ倒してしまう勢い。 そして非常事態の脱出作戦とか高い場所から飛び降りる方法とか、笑っちゃうほど凄い!外見は優しそうなのですが、素晴らしい肉体派の俳優さんです。 アクションシーンが見事です。 恋人を一途に想い続け、すべてを投げ打って闇社会に挑んでいく姿勢にも好感を持てました。 それと良かったのは音楽!ドラマを盛り上げていました。 ドラマを見終わってOSTが欲しいと思ったのは初めてのことです。 ほほえみ度 ウルウル度 トキメキ度 ハラハラ度 感動度 皆さんの評価 4.

次の

韓国ドラマ「リミット(美しい私の花嫁)」キャスト

リミット あらすじ

『ファン・ジニ』『エマージェンシーカップル』『Mother マザー』のキム・チョルギュ演出家と、『ハートレスシティ〜無情都市〜』のユ・ソンヨル脚本家による作品です。 スポンサーリンク リミット韓国ドラマ あらすじ 平凡な銀行員のドヒョン(キムムヨル)は2年付き合った恋人のジュヨン(コソンヒ)にプロポーズをします。 ジュヨンは悩んだ末にプロポーズを受け入れることにするのですが、彼女が突然姿を消してしまったのです。 彼女の行方に見当もつかないドヒョンは警察に失踪届けを出すのですが、逆にドヒョンが疑われてしまいます。 一方、ジュヨンと顔見知りだった刑事のユンミ(イシヨン)は、彼女の失踪を知り事件を担当することになりますが、何かを隠しているドヒョンのことを疑います。 そんなドヒョンは、警察の事が信じられず独自で彼女を探し出そうとするのですが、彼女を追えば追うほどに隠された過去が明かになり・・・。 スポンサーリンク リミット韓国ドラマ みどころ 本作は、映画専門チャンネルOCNが贈るアクションミステリードラマです。 映画なような緊張感と映像の美しさがあり、地上派のサスペンスドラマとは一線を画した作品となっています。 では、そんなアクションドラマの主人公なら刑事とかスパイなのか?と思うかもしれませんが、なんとただの銀行員なんです! そんなアクションとは何の関係もないような仕事をしている男が、女性刑事と共に失踪した婚約者を探すことになります。 その過程で主人公はとんでもない強さを発揮するのですが、彼の過去や婚約者にも秘密があったりとミステリー要素もあります。 この二人の秘密が明かされていくのも魅力であり、ストーリーはシンプルでありながらも主人公の魅力で強く引き付けられます。 この主人公は普段はお堅い銀行員で愛想もないんですが、婚約者の前だけで見せる笑顔は魅力的ですし、二人のロマンスも見応えありです。 そんな彼が彼女のためにどんどん変わっていくところも本作の見どころとなります。 スポンサーリンク リミット韓国ドラマ 感想と評価・評判 普通の人だと思っていた男が、実は過去に秘密がありめっぽう強かった!というのは、アクション映画やノワール作品で良く使われる設定ですが、それを連続ドラマで観れるのがこのドラマの醍醐味ですね。 主演のキム・ムヨルさんの作品は見たことなかったので、彼のイメージがあまりなかったのがこの場合は良い方に働き、サラリーマンから怪物のように強くなる流れが非常にインパクトがあり、そのギャップにやられました。 アクションドラマとして見応えがあるのは勿論、主人公と婚約者に様々な秘密があるのもポイントとなっていて、そこに闇の組織なんてものも関わってきます。 ストーリー的には珍しいところは特に無いのですが、バックで流れる音楽がドラマと良く合っていて、映画のような雰囲気がありました。 主人公の変貌やそのアクションだけ見ても十分面白い作品で、特に格闘ものが好きな人におすすめな作品です! そして主人公が戦う理由が愛する女性のためというのも定番ですがグッと来ますし、主人公以外のロマンスも良かったです。 ただ、敵の組織については謎な部分が多く、出演女優さんにもあまり魅力は感じませんでした。 後半ダレてくるところもありますし、内容が重いので人によっては見ていて疲れるかもしれません。 更に、ラストも評価が分かれるものだと思います。

次の

リミット (漫画)

リミット あらすじ

ネタバレ・あらすじ 使命と魂のリミット 氷室夕紀は中学三年の時、大動脈瘤切除がうまくいかず、父(健介)を亡くし医者になる決意をした。 病院に脅迫状が届き騒動になるのだが・・・・。 捜査する七尾刑事は20年前父親の部下であり、父親は少年グループをパトカーで追跡していたところ少年が事故死し問題視されたため辞職した事を知るがその少年は西園の息子だったのです。 早く医療ミスを公表しろ! 七尾刑事は転院や退院する患者が続々といるのを見てそれが犯人の狙いなのではと疑います。 残る患者の中に大動脈瘤の手術を受けるアリマ自動車の島原社長がいる事を知ります。 アリマ自動車はエンジンを制得するICに欠陥があり対応が遅れ犠牲者を出していた。 被害者遺族などを調べてみると「被害者の会」に間接的に被害を受けても入れるのかという問い合わせがあった事を知ります。 救急車で運ばれる途中、欠陥車による大渋滞で病院に到着するのが大幅に遅れ死亡してしまった神原春菜という女性がいました。 島原総一郎の手術の助手をするよう西園から命じられた夕紀は刑事から春菜の写真を見せられ隣に写っている男は同僚の望と一緒にいた男だと言いました。 その男は直井譲治、日本サイバトロニクスに勤め電子計測機器開発課に所属していました。 島原総一郎の手術が開始され夕紀はこの目で西園の手術を見極めようと決心しているが一瞬暗くなります。 受信施設が爆破され病院が停電になったのです。 自家発電装置により大事な機器は無事動いていたが島原の心臓は人工心肺装置に委ねられ体温は二十五度近くまで下がってしまいます。 やがて自家発電システムが停止し完全な停電となり手術室は暗くなります。 患者の体温が上昇すると死んでしまうので血液のチューブを外側から冷やしたり人工心肺のバッテリーが切れたので手動に切り替えたりします。 人工血管の置換は完了し体外循環している血液量を段階的に減らしていくが脳を保護するため下げていた血液の温度を今度は体温近くまで上げねばならず使い捨てカイロで温めます。 望の元に譲治から電話があったので七尾は携帯を変わって貰い今回の事件で何か変わるはずだから島原を殺してはダメだと説得します。 また島原の事を探るためだけで愛情はなかったのかと嘆く望みは「楽しかったから恨んではないが愛情が嘘でないならお願いだから助けて」と必死でお願いすると譲治は復讐するのをやめるためパソコンを操作しました。 自分が心臓を止めたから責任を持って絶対に助ける!!と懸命に手術する西園を見てどんな事情があってもわざと失敗するはずないと夕紀は思います。 手術が成功すると、西園は疑われているのを知っていたから助手を任せたのだと言いました。 10年前、父親は少年の父親だと知っていたが「どんな事情があろうと使命を全うする人だから任せる」と母親に話していました。 母親は手術について西園と話し合っており夕紀が目撃していたのはそのためだったのです。 そして父親が死んでずっと後から2人に恋愛感情が芽生えたことを知ります。 夕紀は西園みたいな先生になりたいと思ったが狭心症の発作で西園が倒れます。 夕紀は心配する母親に「父親を2回も死なせるわけにはいかない」と言い手術室に向かいました。

次の