腸液 アルカリ性。 酸性・アルカリ性・中性とは何?pHや水素イオン指数・液性・温泉

腸液

腸液 アルカリ性

「」で酸性とアルカリ性についてまとめた。 しかし、化学でいう酸性・アルカリ性という液性と、食品とは全く考え方が違う。 食品のpHとは何か? 食品の酸性・アルカリ性というのは、元となる食品のpH(水素イオン濃度)とはあまり関係がない。 元々は、スイスの生理学者グスタフ・フォン・ブンゲが、肉を食べると体が酸性化するので、アルカリ性のミネラルを摂取する必要があると考えたことが始まりである。 現在の医学・生理学界では、アルカリ性食品という健康法の効果を認める意見はほとんどない。 ミネラルは個別に必要性があるため、アルカリ性食品に含まれる物質の健康効果を否定するわけではないが、「アルカリ性食品」と一括りにした表現は意味がないとされている。 食品を燃やした灰を水に溶かしてpHを計測したものが、食品の酸性・アルカリ性である。 梅干しは酸っぱいので酸性であるが、食品としての計測ではアルカリ性になる。 梅干しを燃やした灰を計測するからである。 お酢は酢酸でできているが、これは燃やせば蒸発してしまうので、残らない。 あくまでも、一旦燃焼させた後に、残った物質だけで測るということだ。 不思議な体内バランス 酸性の食べ物を大量に摂取すると、尿が酸性になって酸性の物質を排出する。 アルカリ性のものを大量に摂取した場合は、その逆にアルカリ性の尿となって体外に排出して、体液のpHを弱アルカリに保つのである。 多くの野菜、あるいは味噌や梅干しのようなアルカリ性食品の必要性を訴える人々もいるけれども、それはアルカリ性だから良いというわけではなくて、 ビタミン、ミネラルやポリフェノールなどを含む食品が多いことによる。 酸性の食品を大量に食べていても、体液が酸性に傾いたというデータはないようだ。 体液のpHが大きく変化するようなことがあったら、それは生死に関わることなのだ。 食品の摂取によって、体内の酸性とアルカリ性のバランスが崩れると、血漿・呼吸・腎臓により調節されるのである。 この3つの調節機能により、体液の恒常性が保たれている。 食品添加物のリン酸 アルカリ性食品というのは、野菜が多い。 野菜をとる目安にしても良い。 また、カルシウム、鉄、マグネシムなどは体内でアルカリ性になり、リン、イオウ、塩素は酸性になる。 リンは必須の物質であるが多くの食品にリン酸(塩)という添加物として入っているので、現代人は過剰摂取になっていると言われる。 アルカリ性食品は、現代人の食生活の偏りを是正するための指標としては分かりやすいかもしれない。 人体のいろいろな酸性・アルカリ性について ヒトの肌は弱酸性、胃液は酸性、血液は弱アルカリ性、腸内はアルカリ性と人体にはさまざまなpHはある。 皮膚は弱酸性 ヒトの皮膚には常在菌がいて、およそ1兆個以上いると言う。 皮膚にいる菌は、表皮ブドウ球菌、アクネ菌、黄色ブドウ球菌などが多くいる。 表皮ブドウ球菌は、皮脂をトリグリセリド、脂肪酸、グリセリンに分解して、皮膚を弱酸性に保つ。 アルカリ性になると悪性の強い病原菌がはびこるのを防ぐ。 アクネ菌は、ニキビの原因菌であるが、通常は皮膚を守る役目を果たしている。 思春期やストレスや偏食などで異常増殖して炎症を起こしたりする。 黄色ブドウ球菌は、通常は害を及ぼさないが、皮膚がアルカリ性になると活性化して、炎症やかゆみを起こす。 洗いすぎや引っかき傷でアルカリ性になると注意が必要になる。 食中毒やとびひの原因菌にもなる。 血液は弱アルカリ性 人間の血液は、海水を体内に取り込んだものだと言われることがあるが、今の海水とヒトの塩分濃度は大きく異なっている。 海水の塩分が3. pHについて言えば、ヒトの体液は、7. 05 7. 35~7. 45 に保たれていて、非常に狭い範囲にコントロールされている。 それは、血液の液性が、この狭い範囲内にないと生きてはいけないからだ。 pHが7. 5以上になるとアルカローシス、pHが7. 3以下の場合にはアシドーシスと言って、生命にとって非常に危険な状態に陥ってしまう。 先ほど、二酸化炭素が溶け込んだ水は酸性になると説明した。 酸素と二酸化炭素をガスとして交換するのは肺の機能である一方で、腎臓も体液のバランスをとるように体外に排出することで調節する機能を持っている。 体液は、この二つの臓器の働きで変化していく。 肺が二酸化炭素排出と酸素の取り込みを行っているので、ここで一時的な血液のpHが決定する。 このpHが酸性かアルカリ性に傾いていると、腎臓が正常化しようと働く。 (順序関係を示しているわけではない。 ) 海水のpHはおおよそ8. 1であり、ヒトの体液は7. 05なので、もう現代の海は母ではなく、遠く彼方の先祖となった。 さらにこれからヒトはどうなっていくのか? 腸内はアルカリ性 さて、腸液はアルカリ性である。 ふうむ、そんなこと考えてもいなかった、という人が多いようだ。 下痢をするとお尻がヒリヒリするのは、アルカリ性の腸液がそのまま肛門に到達するからで、肛門の周辺の皮膚のタンパク質を溶かしてしまうことで炎症するからだ。 胃壁は強酸性に耐えられるよう、胃の内側の粘膜から粘液を出して0. 5mmの膜を作って守っているのである。 同じように、腸も強いアルカリ性の液体に耐性があるのかと思えば、実はそういうことではない。 実に、腸内の細胞はほぼ1日で死んでしまう。 (いろいろなデータがあり、個人差も大きいと考えられる。 ) 腸液の強いアルカリ性は腸内細菌のため 腸液がアルカリ性である理由はいろいろと考えられる。 胃液が強酸性であるので、後工程で中和できるようにという考え方がまずある。 しかしながら、腸内細菌の働きとして考えられていることは、以下の通り多岐にわたっている。 ・食べ物の消化・吸収や便の形成 ・ビタミンの生成(B2、B6、B12、ビタミンK、葉酸・・・) ・脳内伝達物質の合成(ドーパミン、セロトニン) ・免疫機能の維持 ・必須アミノ酸・酵素の合成 ・腸の蠕動運動の促進 ヒトが生きるためのかなり重要な部分が腸内細菌に肩代わりしてもらっているようだ。 腸内細菌は、1000種類以上あり、その数は100兆個以上と言われる。 この腸内細菌と共生することがヒトにとって、とても重要なことであるから、これが最優先事項となって、腸内細菌のために動いているようになったと考えるのが妥当ではないか。 腸内の乳酸菌をはじめとする腸内細菌の働きを助けるのが、アルカリ性である。 乳酸菌が働いた後にできる物質が乳酸で、これは酸性である。 乳酸菌は、酸性の環境ではうまく増殖できないことが知られている。 そのためにヒトの腸では、腸内細菌が生活しやすいようにアルカリ性の液体を分泌するようにして、たとえは悪いがそのために腸壁細胞には1日で死んでもらうことになったのである。 腸内細菌は人が生きていくために必須だが、ヒトとは別の生物群なので、人によっても保有し生育する細菌の種類も異なる。 研究はまだあまり進んでいない。 未知のことが多い。 食品と酸性・アルカリ性についてのまとめ 体内には強酸性も強アルカリ性もあり、それぞれの物質を作るために必要な元素がある。 食品の摂取に仕方で、体内の液性が酸性やアルカリ性に傾くことはないというのは、結果論である。 つまり、アルカリ性を作り出すための陽イオンとなる元素が足りない時には、体内では作りようがないわけである。 そういう時には、例えば骨やその他の部分から物質が調達される。 栄養素が極端に偏ったまま、その状態を続けることは危険だ。 人間のからだ全体を良い状態に保つには、食品の酸性・アルカリ性にこだわらずに、栄養のバランスを保つことが大切だということである。

次の

【保存版】アルカローシスとアシドーシスが楽にわかる!酸塩基平衡をわかりやすく説明。

腸液 アルカリ性

で分泌される消化酵素の種類は? 小腸では、食べ物の分解に必要な酵素をたっぷりと含んだ 小腸液(しょうちょうえき)と呼ばれるアルカリ性の消化液が、1日あたり約2. 4L分泌されています。 小腸液に含まれる代表的な消化酵素は、以下の6種類です。 マルターゼ• スクラーゼ• ラクターゼ• アミノペプチターゼ• ジペプチターゼ• ヌクレオシターゼ これらの消化酵素を含む小腸液は、小腸内のリーベルキューン腺という器官から分泌され、内壁の微小絨毛という小さな突起に大量に分布することで、食べ物に行き渡ります。 消化酵素の働きにより、胃からおかゆのような状態で運ばれてきた食べ物は、身体が栄養として吸収できる「栄養素」の状態にまで分解されていくのです。 小腸が消化・吸収する仕組みって? ここからは、小腸が食べ物を消化し、栄養として吸収する仕組みについて、もう少し詳しく見ていきましょう。 小腸が食べ物を消化・分解し栄養素として吸収するメカニズムは、以下の通りです。 小腸での消化・吸収の仕組み• 胃から送られてきた食べ物に反応し、消化酵素を含む小腸液が分泌される• 微小絨毛に行き渡った消化液が、蠕動運動によって食べ物と混ぜ合わさる• 生成された栄養素は、少しずつ小腸内壁から吸収される• 栄養素と水分が吸収された食べ物ののこりは、そのまま大腸へ送られる 上記1~5の工程は、規則的な伸縮運動によって食べ物が少しずつ小腸内を移動する過程で、ゆっくりと繰り返し行われています。 これにより、小腸は食べ物を消化・分解し、人間が食べ物から吸収できる栄養・水分のおよそ90%を吸収しているのです。 おわりに: 小腸には複数種類の消化酵素がたっぷりと含まれている! 小腸では、リーベルキューン腺という器官から消化酵素をたくさん含む小腸液が分泌されています。 小腸液に含まれる代表的な消化酵素は、マルターゼ・スクラーゼ・ラクターゼ・アミノペプチターゼ・ジペプチターゼ・ヌクレオシターゼの6種類です。 各消化酵素は、食べ物に含まれる栄養成分を人間の身体が吸収できる栄養素レベルにまで分解する働きをしています。 健康維持に役立つ知識として、ぜひ覚えておいてください。

次の

腸液(ちょうえき)とは

腸液 アルカリ性

「体内をアルカリ性に保って、健康に!」こういう類のキャッチコピーや、健康番組の一端を目にすることが多い今日この頃。 今よりもさらに健康を保ちたいと思ってやまない筆者も、なんとなく、「そうなんだ!アルカリ性って健康なんだ!」という浅い認識しかなかったです。 では、具体的にどういうことをすれば体内がアルカリ性になるのかな?と考えておりました。 その結果、体内のPHを計ることで、今まで試した結果を知りたいと思いました。 本当に、体内がアルカリ性になっているのかな? 正直なところ、自分の目で確認できないものはなかなか、実感できないものです。 ということで、今回は、そもそも論からスタートしたいと思います^^ 酸性・アルカリ性の基準 酸性からアルカリ性の間にはpHという指標を用いて14段階あります。 pH7が中性で、酸性はpH7. 0未満を、アルカリ性はpH7,0より大きいことを意味します。 人間の体液のpHについて説明します。 胃酸が強酸性(食べ物を消化する為)、胆汁はアルカリ性です。 一方、血液はpH7. 40と弱アルカリ性で狭い範囲内で一定に保たれています。 そもそも、酸性の食品、アルカリ性の食品って?その基準は、コレ! 酸性食品、アルカリ性食品を決定するのは、 その食品自体ではなく、 その食品を燃焼した後に生じる灰が 酸性か アルカリ性かによって左右されます。 結論から言いますと、本来、体液(血液)は弱アルカリ性になっています。 その状態が通常であり、特別それが健康になる要素というわけではありません。 酸性からアルカリ性の間にはpHという指標を用いて14段階あります。 pH7が中性で、酸性はpH7. 0未満を、アルカリ性はpH7,0より大きいことを意味します。 人間の体液のpHについて説明します。 胃酸が強酸性(食べ物を消化する為)、胆汁はアルカリ性です。 一方、血液はpH7. 40と弱アルカリ性で狭い範囲内で一定に保たれています。 ですので、アルカリ性の食品を摂取したからといって、それが直接、体液のpHに影響を及ぼす ことはありません。 仮に、摂取した食品により、体液(つまり血液のpH)が大きく変化するようであれば生命が危険な状態になるからです。 酸性食品 砂糖、酢、肉類全般、主食である米、魚、卵など アルカリ性食品 果物類、食物繊維が豊富なゴボウ、人参、野菜、海藻類、大豆など アルカリ性食品、飲み物を摂取すれば体内がアルカリ性になるの?その根拠、怪しくないですか? とある研究所の実験で、 アルカリ性食品を5日間食べ続けた場合、体液もアルカリ性になるかどうかの検証 があります。 結果は、採取した血液を調査したところpH7. 4前後でありアルカリ性に大きく傾くわけではなく 大きな変化は見られませんでした。 ここでも酸性食品を5日間食べ続けた実験がありますが、結果は同様で血液のpHは7. 4前後でした。 ここから言えることは、酸性食品あるいはアルカリ性食品を食べ続けたからといって体液(血液)のpHは酸性やアルカリ性に傾くことはなく、 一定の範囲内で保たれているということです。 体液のpHを一定の範囲内で保つことができる背景には、 身体の恒常性(外部環境の変化に関わらず常に一定に保とうとする=ホメオスタシス)が働いていることにあります。 身体の恒常性を十分に発揮させるには、 バランスの良い食事が必要です。 それが健康を維持することにも繋がります。 理由は、嘔吐の際、酸性である胃液も大量に喪失する為です。 その際は、脱水になりやすので 適度に水分補給をするようにしましょう。 逆に、体液が酸性に傾くケースは、下痢をした場合です。 理由は、腸の消化液がアルカリ性のため、下痢をすると腸液が喪失し酸性に傾きます。 下痢は、味付けの濃い外食や、酸性食品を摂取し過ぎた時に起こりやすいです。 酸性の食品は、摂取した後、消化管に留まる時間が短く、十分に栄養が吸収されないまま 消化管を早く通過してしまうために下痢を引き起こします。 体内では、どの食品を摂取しても、phバランスを整えようという、体内のすばらしい働きが備わっていることがわかりますね。 ということは、アルカリ性になりたいからアルカリ性食品ばかりを摂る!というのは、無駄な努力なんでしょうか? じつは、この体がphバランスをとりやすい食事の基準があるんです。 それは、上記に挙げた、酸性食品とアルカリ性食品の摂取割合を2(3):8(7)にすることです。 つまり、極端に酸性食品を絶つ!ということは決して健康のためとは云い難いのです。 結局のところ、酸性食品を抑えつつ、アルカリ性食品摂取を積極的にして、体内のバランスを保つことが健康的な食生活につながるのだということです。 海外では、サプリも豊富! サプリメント大国のアメリカでは、体内のPHバランスを整えるためのサプリ(多くがハーブ配合)が市販されています。 もちろん、このサプリもアルカリ性とうたわれています。 よく使われている原材料は、 ゴボウ根(Arctium lappa)(根) ニワトリのハーブ (Stellaria media)(空中部) タンポポ (Taraxacum officinale)(根) バジルリーフ(Ocimum basilicum)セイロンシナモン (Cinnamomum verum)(樹皮) 脱脂された甘草の根 エキス(Glycyrrhiza glabra) パセリの葉 いわゆる、デトックス効果の望める成分が配合された、自然派サプリメントです。 筆者も気になってPH検査キットを個人輸入しました! 唾液または尿で検査できます。 体液で変化した色味をこの表に照らし合わせると! 体液が酸性に傾いているか、アルカリ性の傾向にあるのか、分かるというもの。 筆者は数カ月おきに測ってみていますが、 大体ph6.5~6.75の色実に近いことが多いです。 当商品の説明書きの二本語訳 高レベルの酸は、消化、関節の健康、エネルギーレベルなど、さまざまな形であなたの体に悪影響を与えます。 リトマス紙のテストストリップとは異なり、pHion Balanceはテストストリップを取り扱いやすいプラスチックストリップに取り付けます。 広い範囲4. 5 — 9. 0 推奨使用:ディップpHイオンpH試験唾液または尿に浸し、15秒待ってからpHION pHカラーチャートに試験結果を合わせます。 pH試験の詳細な説明については、添付の小冊子を参照してください。 検査結果を決定したら、医師、開業医または栄養士の専門家に確認してください まとめ ・酸性食品・アルカリ性食品の分類基準は、その食品を燃焼させた後のPH測定値である。 ゆえに、素人が測定する範疇ではないということ ・自分で取り寄せてから目安を確認してみることも、悪くはない。 (どこかで腑に落ちるというもの) ・体内では、PHバランスを良好に保つためのしくみが備わっているため、酸性食品を摂ろうが、アルカリ性食品を摂ろうがあまり変化はない。 ・大切なのは、バランスをと機能の維持である。 そのためには、酸性食品を少なめに、アルカリ性食品を多めに摂取するように心がけましょう。

次の