ほっけ の 焼き 方。 フライパンでホッケの焼き方を教えてください。

ホッケ開きは家でも焼ける!?グリルとフライパンでの焼き方徹底解説

ほっけ の 焼き 方

ほっけには基本的には2種類がある。 北海道近海を中心に獲れる国産のほっけは「真ほっけ」と呼ばれるものだ。 真ほっけは主に北海道で食べられており、シンプルながら味わい深く、魚通には人気がある。 一方、我々が居酒屋などで目にするほっけのほとんどは、ロシアのオホーツク海で獲れる「しまほっけ」と呼ばれるもので、真ほっけに比べると、脂のノリが良く、大ぶりなものが多い。 ただし、脂のノリが良いぶん少々クセもあるため、好き嫌いは分かれるかもしれない。 さらには函館などで獲れるほっけで回遊しない「根ほっけ」と呼ばれるほっけもある。 本物の根ほっけは、真ほっけと同じように味わい深く、回遊しない分脂のノリも良いため、ワンランク上のほっけとして扱われていることが多い。 もちろん、焼き魚としてのほっけは脂がのっており美味しいのは間違いない。 しかし、その他にも、生ほっけが手に入るのであれば、煮物やフライ、ムニエルなどはもちろん、鮭と同じように味噌だれと野菜で「チャンチャン焼き」にしたり、ほっけをすり身にしてつみれを作り、味噌汁や鍋に入れても美味しいようだ。 基本的には、ほっけは白身魚の一種なので、白身魚として料理すれば、大抵の調理法で美味しく味わうことが出来る。 ただし、ほっけの皮はほかの魚に比べて固いため、ほっけの皮が苦手という人は取り除いて調理すると良いだろう。 基本的に干物を焼く場合、グリルとフライパンの二種類がある。 グリルで焼く場合は、網にサラダ油を塗り、ほっけの身の部分を上にして中火で焼く。 程よく焼き色が付いたら裏返し、次は皮を上にして弱中火で仕上げると良い。 ただし、みりん干しの場合は、直火では焦げ付きやすいため、フライパンで焼くのがおすすめだ。 フライパンで干物を焼く場合は、温めたフライパンにクッキングシートを乗せ、皮を下にして中火にかける。 皮に焦げ目が付き、身が白くなってきたら裏返して、身に焼き色がつけばできあがりだ。 みりん干しの場合は、焦げ付きやすいので弱火で焼いていこう。

次の

ホッケ開きは家でも焼ける!?グリルとフライパンでの焼き方徹底解説

ほっけ の 焼き 方

ホッケといえば今や居酒屋の定番メニューである。 熱々の脂がのったホッケをつつきながらの一杯は、なんとも言えない至福の時間だ。 ホッケは身が大きく、一匹開きがあれば長いこと味わえて楽しめる。 その大きさが原因してか、ホッケを家で調理するのは面倒に感じ、外で食べるものとする人も少なくないようだ。 しかし大きければ切って焼けばいいのだ。 旬の時期のホッケは特に脂が乗って美味しく、他の魚同様、ぜひ家でも調理して味わってほしい。 ホッケは漢字で「魚へんに花」という字をあてるが、「北方」と書かれることもあり、字が示すごとく北の海に生息する魚である。 稚魚から成長していく間に呼び名が変わり、体調4〜15cmほどのものをアオボッケ、20cm前後になるとロウソクボッケ、20〜25cmほどをハルボッケ、それ以上になるとネボッケと呼ばれ60cmほどにまで成長する。 一番体が大きいネボッケは脂が乗って美味しいが値段も高くなる。 スーパーで見かけるホッケは「真ホッケ」と「シマホッケ」の2種類あり、日本でとれるホッケのほとんどが「真ホッケ」である。 北海道より更に北のロシア近郊の海では「シマホッケ」がとれ、日本に輸入されている。 シマ模様が特徴のシマホッケは低温かつ深海を好み、体を守るために体内にたくさん脂を身にまとう。 一般にシマホッケは脂の乗りがよく、真ホッケは脂が少ないが深みのある味を持っている。 どちらのホッケも大きいものほど脂が乗り旨味が増す。 美味しいホッケを食べたいときは体の大きいものを選ぶと良いが、その分値段も上がる。 ホッケは鮮度が落ちるのがとても速い。 漁獲地である北海道では鮮度の良いホッケの刺身が食せ、その美味さから「白身のトロ」と称されている。 しかし北海道以外の地域では生食は難しく、ホッケは開いて干物にされることがほとんどだ。 家庭でホッケの開きを調理するのは決して難しいことではない。 ホッケが手に入ったらぜひグリルかフライパンで焼いてみよう。 ホッケが大きすぎる場合は、ホッケを半分か4つに切り分け、残りは味が落ちないように必ず冷凍保存するようにしよう。 次回調理するときには、冷蔵庫に移し3〜4時間ほど待てば、良い具合に解凍できる。 冷凍保存した干物は、室温で解凍すると旨味が失われてしまうので、必ず冷蔵庫で解凍することが肝心だ。 ホッケはやはりグリルを使って直火で焼くのが美味しい。 グリルには片面焼き、両面焼きと2つのタイプがあるが、上方から火がでるタイプの片面焼きグリルを例に、焼き方の手順と目安時間をご説明しよう。 焼く時間はホッケの大きさや厚さによって変わるので、途中確認しながら調節する。

次の

北海道産ほっけを炭火で焼く 脂ののったホッケを上手にBBQで焼く

ほっけ の 焼き 方

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の