嶋村 吉洋。 嶋村吉洋氏から学んだオンラインサロン創りの前にやること~筋トレコミュニティ創り~

嶋村吉洋のモテ男研究所

嶋村 吉洋

この東海道新幹線まわりは、地上も上空も競合路線がひしめきあう激戦ルートのひとつ。 空の便は、東京羽田と大阪伊丹を1時間10分で結ぶ国内外のレガシーキャリア路線が片道50便以上あり、さらに東京成田と関西国際空港を1時間40分で結ぶ便はジェットスターやピーチアビエーションなどのLCCを含めて片道15便以上が飛んでいる。 また東名道を経由する東京~大阪 高速バスも昼行・夜行の両方で走っている。 高速バスの所要時間はおおむね10時間。 いっぽうで好き好んで自らクルマを操って東阪間を往復する人もいる。 出張や旅行、帰省、個人にグループ、ファミリーと、新幹線の使いみちや誰と乗るかなどは千差万別・十人十色。 では、この東京と大阪の間を行き来する経営者や実業家といったビジネスのフロントランナーは、東京~大阪をどう移動し、どう過ごしているか。 グリーン車の窓側を選び、ブラインドを閉める 新幹線のぞみには大阪寄りに自由席、中央寄りにグリーン車、そして指定席がある。 ビジネスキーマンは定例的な出張で、どのクラスを選ぶか。 「ぼくももちろん、東京と大阪の間は新幹線を利用します」と話すのは、大阪に本社を構え、東京のほか各地を飛び回る実業家・嶋村吉洋氏。 「ぼくはいつもグリーン車を選びます。 グリーン車の場合、事前に予約しなくても、だいたい席が空いてるから、急な出張や帰阪でもゆとりをもって移動できる」 「また、となりの席も空いていることが多く、通路を行き来する人も少ないうえ、みな静かに過ごしているので、東京と大阪の間の2時間30分をリラックスして自分らしく過ごせます」 また、東海道新幹線は富士山を愛でる山側と、駿河湾がみえる海側がある。 グリーン車を選ぶ嶋村氏は、山側2列・海側2列ある席のどこを選ぶか。 「山側や海側というこだわりはありませんが、窓側の席を選びます。 通路側が埋まるような混雑しているときは、あえて通路側を選ぶときもある。 急な電話連絡などで、すぐに通路を抜けてデッキへ移動できるから」 ここに嶋村氏のルーティーンがひとつ。 車窓を眺めるために窓側を選ぶのではなく、「通路側に人がいない」「通路を行き来する人と干渉しない」といった理由で、「2時間半を自分らしくリラックスしながら集中する時間として使える」という。 「だから、集中するためにいつも座ったらすぐに窓のブラインドを閉めます。 これがいつも習慣化していますね。 ブラインドを閉めてから、仕事や読書、仮眠に入る。 仕事も、長期的なビジョンを描くこともあれば、下車してすぐに始まる仕事の準備もあります」(嶋村氏) リニア開業後は「1日になんども往復するかも」 また、グリーン車に乗って東京と大阪を行き来する嶋村氏は、「グリーン車で移動していると、気になっている経営者やビジネスキーマン、アスリートなどに遭遇することも多く、車内での出会いからビジネスチャンスがいろいろ生まれることもあります」ともいう。 また、嶋村氏と交流のあるビジネスキーマンたちのなかでも、「気になるルーティーンがある」という。 「たとえば、ノイズキャンセル機能などがつく防音ヘッドホンをつけて、仕事に集中する人もいます。 最後に「リニア中央新幹線が東京~大阪で開業すると、どんな移動シーンを想像する?」と聞くと、嶋村氏からこんなことばが返ってきた。 「デジタルテクノロジーがどこまで進化しても、アナログな人と人とのコミュニケーションは存在し続けるだろうし、コミュニケーションのさらなる向上も重要だと思っています」 「だから、リニア中央新幹線 東京~大阪が開業して移動時間が短くなると、こんどは地下鉄で街を移動するような感覚で、東京~大阪を1日になんども往復する……そんな時代がもうすぐやってくるかも」 写真 記事:鉄道チャンネル編集部.

次の

嶋村吉洋さんとの出会いで気付いた「仕事ができる人は第一印象が違う!」

嶋村 吉洋

01ジュンク堂梅田ヒルトンプラザ店で、売り上げが7位になりました。 8月25日~31日 ・ 2007. 01ツタヤオンラインで、売り上げが4位になりました。 ・ 2007. -熊本日日新聞に書籍が掲載されました。 ・ 2007. 28紀伊国屋 光の森店で、売り上げが6位になりました。 2007年10月22~28日 ・ 2007. 01ジュンク堂梅田ヒルトンプラザ店で、売り上げが11位になりました。 ・ 2007. 07サンデー毎日10月7日号126ページに掲載されました。 ・ 2007. 05週刊朝日10月5日号105ページに掲載されました。 ・ 2007. 29日本流通産業新聞社が9月に発行しているビジネス誌掲載されました。

次の

嶋村吉洋さんとの出会いで気付いた「仕事ができる人は第一印象が違う!」

嶋村 吉洋

実業家の嶋村吉洋氏が主催する「Session」が11月19日、都内で開催された。 嶋村氏と仕事を通じて交友関係のある著名人が集まる本イベントは、今回で第4回目。 今回は、美容、広告、映像制作、エンタメ、社会活動など幅広い業界の実業家たちが集った。 ゲストの中には、一つの肩書に留まらず、複数のジャンルで活躍する人も。 日々変化し続ける社会の中で、それに順応できる働き方や生き方が求められている。 各業界で求められている人物像とはどういうものだろうか。 今を駆け抜ける実業家たちが思う「これからの社会で活躍する人材」について様々なトークが繰り広げられた。 創業者であり代表取締役社長の國分利治氏、取締役の山下誠司氏がSessionに参加した。 株式会社アースホールディングス 代表取締役社長 國分利治氏 写真左 、同取締役 山下誠司氏 写真右 美容業界の第一線を走ってきた國分氏は、その華やかなイメージの裏で地道かつ愚直な努力を積み重ね、今もなお自身の道を切り開く。 これからの社会で活躍していく人材について 「自分を分析し、自分の強みを活かしていく人。 自分自身の輝ける場所を見つけていくことが大事」と、國分氏は語る。 他人がどう思い、何をするかは関係なく、自分に自信を持つ事こそが、社会で活躍する上で重要なポイントであると続けた。 國分氏の右腕としてアースホールディングスを盛り立てる山下氏は、 「女性の良さを活かすマネジメントができるかどうかも重要」と語った。 多くの企業でダイバーシティ、ジェンダー平等への取り組みが盛んな今、ますます女性リーダーが増えていくことが予想される。 女性ならではの強みを引き出すマネジメントは、幅広く活躍していきたい社会人にとって一つの武器になるだろう。 加えて、國分氏と山下氏が共通して挙げたポイントが 「20代〜30代で1つのことに集中して取り組んだ経験があること」だ。 途中で投げ出さず、必ず成果を出すという熱意を持って取り組んだ経験こそが財産になる。 いかなる環境の変化があろうとも、ブレることのないひとつの軸となるだろう。 国境を越えグローバルに応援されるための人物像とは? シャラド・ライ氏は東京大学の大学院に通う傍ら、NPO法人 YouMe Nepal ユメ ネパール の代表も務めるパラレルワーカーだ。 日本で体験した教育制度やプログラムを活かし、母国ネパールの教育における社会課題に取り組んでいる。 ライ氏はこれまでに2つの学校とスクールバスを贈り、ネパールの子供達が自由に教育を受けられる環境をつくった。 現在は「愛のランドセル寄付プロジェクト」を継続し、累計2万個ものランドセルがネパールの子供達に渡ったという。 NPO法人 YouMe Nepal ユメ ネパール 代表 シャラド・ライ氏 写真左 、株式会社Kanatta 代表取締役社長 井口恵氏 写真右 次々と想いを形にし続けている秘訣を聞くと、 「応援される人であること」というシンプルな答えが返ってきた。 ライ氏の転機は、過去に嶋村氏が主催したスピーチコンテストでの優勝だという。 「コンテストに出場したことで、多くの方に僕の取り組みを知っていただき、応援してくれるようになりました。 また、優勝という結果が信用に繋がり、仕事もとてもしやすくなりましたね」と語った。 嶋村氏との関係もこのコンテストがきっかけで、嶋村氏がライ氏の母国に対する情熱に心を打たれ、事業を支援している。 「ライ氏の情熱と笑顔を絶やさないその姿が多くの人の心を動かし、自然と応援したい気持ちが湧いてくるのだと思います」と語るのは、株式会社Kanattaの代表取締役社長である井口恵氏 写真右 だ。 会社に勤めながら事業を立ち上げ、クラウドファンディングや講演を通して女性の社会進出を推進する活動をしている。 女性の活躍に対する強い意志を持つ井口氏もまた、嶋村氏をはじめ多くの人を巻き込み、想いを形にしている経営者だ。 「応援される人」であることは、多くの協力者と共に夢を叶えるスピードと規模を大きくするキーワードになりそうだ。 時代に敏感な広告業界で活躍するには!? 中島氏は、日清食品カップヌードルCMの「hungry? 」シリーズでカンヌ国際広告祭グランプリを受賞、その後もサントリー「燃焼系アミノ式」「伊右衛門」など数々のヒットCMを手掛けた。 CMディレクター 中島信也氏 写真中 30年以上ものあいだ、時代のながれや流行りの変化を捉えながら人々の印象に残る数々のCMを生み出し続けている、まさに広告界の巨匠にも活躍する人材について聞くと、次のように想いを語った。 「志高くいることはもちろんのこと、みんなの幸せのために最善を尽くせるかどうか。 昔は自然にできてきたことだけれども今は意識しないといけない」 「戦後間もないころは、みんなが志高く、そしてみんなの幸せのために働いていた。 みんなでよいものを作ろう、喜ばせようと日本のために働いている人が自然といた」 いかに自身の利益ではなく、みんなの幸せのためを想って行動できるか。 その志高いマインドの有無がこれからの社会で活躍する人にとって、各業界共通の重要なポイントとなるだろう。 *** 各業界を牽引する事業家たちが交流することで、業界業種に特化したスキル・能力ではなく、その人の仕事に取組む姿勢・あり方が共通の価値観であると伝わってきた。 主催の嶋村氏も 「このような交流の機会は、僕自身も非常に学びが多いです。 今後も互いに刺激を与え合える環境を提供していきたい」と語った。 [PR]提供: 嶋村塾.

次の