ジェー ワイ パーク。 有限会社ワイエムジェー鈑金

会社概要 / 店舗紹介

ジェー ワイ パーク

パク・ジェボム(Jay Park) 基本情報 出生名 パク・ジェボム Jay Park, Park Jaebeom 生誕 1987-04-25 (33歳) ・ 職業 、、、、、、 活動期間 2008—present レーベル 2008-2010 2010-2016 公式サイト パク・ジェボム(: 박재범、: Jay Park、 - )は、で活動する韓国系アメリカ人。 2008年から2010年2月まで、韓国のアイドルグループ「」のリーダーとして活動していた。 2010年2月に2PMを脱退し、同年7月からに所属し、ソロで活動を再開。 契約終了後、2013年に自身の会社AOMGを設立。 CEOとしてクルーを率いながら自らもアーティストとして活動している。 2017年、新たに別のレーベルH1GHR MUSICを立ち上げた。 プロフィール [ ]• 身長:172cm 体重:60kg• 特技:しらけギャグ• 趣味:バスケットボール、音楽鑑賞、服の色を合わせる 来歴 [ ] 地元シアトルのダンスチームに所属し、を得意としていた。 のファンであった母の勧めでアメリカのJYPEオーディションに参加。 そこで、の目にとまり、練習生として1月に韓国へ。 韓国語の習得と歌唱練習に4年を費やし、2008年に2PMのリーダーとしてデビュー。 脱退問題 [ ] 、ジェボムが練習生時代にアメリカのウェブサイトに当時の韓国での厳しかった生活に対する文句を書いていたことが一部のネットユーザーにより明らかになり、その内容が韓国と韓国人に対する卑下だと誤訳され韓国で論議になった。 ジェボムはこの日午後12時3分、2PMのファンカフェに謝罪文を掲載。 約2時間後の2時56分には当時の彼の事務所であったJYPE側で追加謝罪文を掲載した。 しかし彼への批判は収まらず、9月8日12時頃2PMから脱退するとファンカフェを通じて明らかにし、同日午後6時30分のシアトル行飛行機に乗ってアメリカに帰国した。 問題の文章は、一人でアメリカから韓国に来て韓国語も話せず、文化になじめなかった時期に書かれたものであり、一部では、ジェボムが復帰するまで2PMのCDなどの関連商品を一切買わない、支持しないというボイコット運動も行われていた。 しかし2010年2月26日、JYPEよりジェボムの解雇が正式に通達された。 活動 [ ] アメリカ帰国、そして韓国での再始動 [ ] アメリカ・シアトルに戻り、B-boyダンサーとしてブレイクダンスチームAOM(Art Of Movement)で活動する一方、ソロとしても活動をスタートさせたジェボムは、B. 韓国ではB. またこの頃からAOMの仲間だったCha Cha Maloneが作曲家・プロデューサーとして活動を共にするようになった。 2010年6月、再びソウルに戻ったジェボムは7月と契約、韓国での活動を再開する。 2011年4月、ミニアルバム「Take A Deeper Look」を発表。 テディ・ライリーが故マイケル・ジャクソン用に制作していたという曲「Demon」もリリース。 2012年2月にはファースト・アルバム「New Breed」を発表し、韓国チャートで1位になった。 AOMG創立、CEOに就任 [ ] 2013年、Saturday Night Live Koreaにレギュラー出演しコメディもこなす一方、「Joah」が大ヒット。 盟友Dok2との親交も深まる中、ジェボムはDok2の運営するレーベル「Illionare Records」への所属を希望するも、断られ、結果として自らレーベルを設立することとなる。 2013年9月、「AOMG」が創立された。 メンバーはAOMからのダンス仲間でプロデューサーのCha Cha Malone、シンガー兼プロデューサーのGray、作曲家のJun Goon。 レーベル名「AOMG」はシアトルで所属していたブレイクダンスチームAOMから発展させたもので、「 Always On My Grind」「 Above Ordinary Music Group」という意味を持つ。 2014年3月、ラッパーのSimon DominicがAOMGにダブルCEOとして迎え入れられた。 その後2年間でUgly Duck、Loco、Elo、Hoody、DJ Pumkin、DJ WegunがAOMGに参加する。 「Show Me The Money」プロデューサーとして [ ] 2012年から放映がスタートされ、シーズンを追うごとに人気が増しているラップオーディション番組「Show Me The Money」のシーズン4(2015年)プロデューサーに就任。 審査員でもあり、自らもパフォーマンスを行うが、このシーズンでは優勝に至らなかった。 (2017年シーズン6では盟友Dok2とのコンビで再びプロデューサーに就任) ラップアルバム「Worldwide」をリリース。 リリースとフィーチャリング・ラッシュ [ ] 前作から1年も経たないうちに「ラップをたくさんしたから、今度は歌いたくなった」とアルバム「EVERYTHING YOU WANTED 」をリリース。 また一方ではバスケットボール・バラエティ番組「buzzer beater」にプレイヤーとして出演するなど、幅広く活動。 Roc Nationと契約 [ ] 2017年7月、ラッパーが率いるレーベル『』との契約を発表。 アジア系アメリカ人としては初めてとなる。 新レーベル、H1GHR MUSIC創立 [ ] 2017年、普段から交流のある若いラッパーや作曲チーム、シアトルのラッパーたちをメンバーとして、韓国とシアトルに拠点を置いた 新たなインターナショナル・レーベル『H1GHR MUSIC』を創立。 メンバーは、韓国からG. Soul、Sik-K、pH-1、Woodie Gochild、HAON、国外からはYultron、Avatar Darko、Raz Simone、Phe Reds、JARV DEE、Ted Parkが所属している。 韓国側にも英語を話せるメンバーが多く、よりグローバルな活動を目指している。 ディスコグラフィ [ ] アルバム [ ]• 年 タイトル 収録曲 2012 New Breed• New Breed Intro• Know Your Name feat. Dok2• Girlfriend• Up and Down feat. Dok2• I Love You feat. I Got Your Back• Star• Come on Over• Turn Off Your Phone• I Can't Be Without You• Enjoy the Show feat. Wasted feat. Bizzy• Clap feat. Evolution feat. GRAY• Joah Remastered• So Good feat. Common Ground• Let's Make Up Remastered• The Promise• Secret Remastered• Welcome Remastered• Ride Me• Metronome feat. GGG• 1 Hunnit Remix feat. Success Crazed feat. I Like 2 Party• Hot• Hot Remix with Cha Cha Malone• Nana feat. Loco 2015 Worldwide• Worldwide feat. Don't Try Me feat. My Last feat. Mommae feat. Ugly Duck• You Know feat. Okasian• Cha Cha Cypher feat. When feat. Tablo• Want It feat. My feat. Lil Boi• B-Boy Stance feat. Life feat. Lotto Remix feat. 지구인• Mommae Remix feat. On It feat. DJ Wegun• Seattle 2 Seoul 2016 EVERYTHING YOU WANTED• REPLAY• FEATURE feat. Cha Cha Malone• ALL I WANNA DO K feat. LIMOUSINE feat. KRNFX• SOLO feat. Hoody• ALONE TONIGHT feat. Sik-K• ONLY ONE feat. Raz Simone• the truth is• STAY WITH ME• DRIVE feat. GRAY• AQUAMAN• ME LIKE YUH K feat. Hoody• 2nd THOTS• FOREVER with DJ ALE MORA feat. Cha Cha Malone• TURN OFF YOUR PHONE REMIX feat. ELO• I GOT THIS• ME LIKE YUH• ALL I WANNA DO 2019 The Road Less Traveled• What Up! feat. Don Flamingo• Get It All feat. Cha Cha Malone• Twilight feat. Twisted Dreams feat. WDFA feat. Doin' Me feat. Plottin' feat. Ill Chris• Stutter feat. Ted Park• Feng Shui• Ben Baller feat. Step Son feat. Nacho Picasso• Monster feat. Raz Simone• Sun Comes Up feat. GRAYGROUND Cypher feat. Legacy feat. For Ourselves feat. Chloe DeVita• Undefeated feat. The Flavr Blue 脚注 [ ].

次の

パク・ジェボム

ジェー ワイ パーク

三井不動産は、東京・渋谷に6月18日に開業する複合施設「ミヤシタパーク(MIYASHITA PARK)」の商業テナント全90店舗の概要を発表した。 同施設は、渋谷周辺エリアをつなぐ全長約330メートルの立体都市公園にあり、公園、商業施設に加え、6月11日に開業するホテル「シークエンス ミヤシタ パーク」が一体化となった低層型複合施設だ。 ファッション、グルメ、カルチャーにおいてバラエティーに富んだ個性豊かな90店舗が出店する商業施設は、「刺激と快適が交わる4階建ての公園」をマーチャンダイジング(MD)コンセプトに公園の心地よさと周辺エリアの特色を活かした構成が特徴となっている。 南街区1階には、日本の古きよき横丁文化をさらに発信できるよう「渋谷横丁」を構え、2、3 階には公園のアクティビティと親和性の高いスポーツブランドやカル チャーブランドを配置。 また、原宿エリアやキャットストリートと繋がる北街区 1、2 階には、高感度なファッションブランドが揃う。 また、ホテル利用者にも対応する店舗構成となっており、海外からのインバウンドを含む来館者の幅広いニーズへも対応していく。 商業施設全体を包み込む緑の天蓋は、植栽の方位ごとの日照時間の違いを考慮することで、年間を通して緑化を実現。 南街区には多種多様なブランドが集まったマーケットをイメージするインモールを、北街区には明治通りの賑わいと繋がるアウトモールを採用。 全長約330メートルのストリートには、広い吹き抜けや寛ぎを感じられるシーティングスペースを多く設け、ゆとりのある設計で、天候型の商業施設の快適さと街歩き、公園散策の心地よさや楽しさを感じられるようになっている。 宮下公園内のスケート場やボルダリングウォールなどのスポーツアクティビティや芝生広場と親和性の高い店舗とし、国内直営店最大となる「アディダス ブランド センター(adidas Brand Center)」(南街区1階)や、初心者からプロまで幅広い層に人気の老舗スケートボード専門店「インスタント スケートボード( instant skateboards)」(南街区3階)などのスポーツ・アウトドアブランド、ヨガやトレーニングなど芝生広場を使ったワークアウトジムなどを提案する「グリット ネーション(GRIT NATION)」(南街区2階)、スポーツ好きに向けた高タンパク、低カロリー食を提案する「筋肉食堂」(南街区3階)が出店する。 南街区3階の「フード ホール(FOOD HALL)」には、新しい「コカ・コーラ」の魅力を発信する 「バリューム(VALUME)」をはじめ、テイクアウトしやすいカジュアルなファーストフード店舗が集結。 また、公園内には「スターバックス コーヒー」が、買い物目的以外の来館者へも快適な時間を提供する目的で出店。 南街区1階には当社の法人向け多拠点型シェアオフィス「ワークスタイリング」が入居し、「憩い」と「働く」の、オンとオフ の新しい距離感を提案。 多様なライフスタイルに対応する他、顧客との接点を創出する情報発信スペースを併設する。 明治通りに面する北街区1階には、世界初となる「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のメンズフラッグシップストアを始め、2フロアでフルコレクションを展開する「グッチ(GUCCI)」、「バレンシアガ(BALENCIAGA)」、「プラダ(PRADA)」などの世界を代表するブランドが路面店として出店。 さらに「ソフ(SOPH. )」、「アンド ワンダー(and wander)」、「ミノトール(MINOTAUR INST. )」などの日本人デザイナーが手がけるブランドが出店。 渋谷駅周辺、原宿、表参道などと繋がる、新しいファッションストリートを目指す。 カルチャーを発信する店舗には、渋谷エリアを拠点にダンススタジオを展開する「エン スタジオ(En STUDIO)」、 同施設のBGMセレクションも行う「フェイス レコード(Face Records)」、新しいアートプラットフォームの「サイ(Sai)」、セレクト書籍やカメラをはじめとしたさまざまなワークショップを展開する「天狼院カフェ SHIBUYA」が出店。 また、「シブヤ ハラジュク ファッションフェスティバル」などを運営するワンオーが展開する新しいコミュニティスペース「イコーランド シブヤ(EQUALAND SHIBUYA)」の他、北街区2階には、「伝説のカルチャー誌」として知られ、復活する「トキオン(TOKiON)」の旗艦店「トキオン ザ ストア(TOKiON the STORE)」がオープンする。 玄関口となり、渋谷駅側となる南街区2階エリアには、雑貨やファッション、食、サービス、カフェ、お土産ショップなどが多数集積したマーケットを展開。 オリジナルのキットカットを作れる日本初の体験型店舗の「キットカット ショコラトリー」をはじめ、関東初上陸のステーショナリー専門店「ハイタイド ストア ミヤシタ パーク(HIGHTIDE STORE MIYASHITA PARK)」、商業施設初出店となるアクセサリーショップ「グラム コンテンポラリー(gram contemporary)」、ガラスのアクセサリーショップ「ハリオ ランプワーク ファクトリー(HARIO Lampwork Factory)」、メンズヘアケアブランド「デニス メイド イン トーキョー(DENIS MADE IN TOKYO)」が出店。 また、期間限定のポップアップ店舗も充実し、商業施設初出店となる白地のTシャツ専門店 「シロティジップ( FFFFFFT. zip)」や日本初出店のジューススタンド「ジャンバ(Jamba)」などが出店する。 北街区・南街区ともに、4階の公園へのアクセス動線となるエリアには、公園での憩いの時間やアクティビティなどをより楽しめるよう、様々なカフェ・飲食店舗を配置。 様々なイベントなどを通じ、多くの人々が集まる芝生ひろばへのアクセスに便利な北街区3階は、渋谷エリアで人気 の「ミヤシタ 成ル」、「青山 シャンウェイ」、渋谷初の醸造所付きワインダイニング「渋谷ワイナリー」、日本初出店となるサンセバスチャンの人気店「グラン ソル トーキョー(GRAN SOL TOKYO)」などが出店。 その他、インバウンド観光客や渋谷の来街者をターゲットに、ナイトエンターテインメントコンテンツも充実。 また、南街区1階には、全長約100メートルの空間に多彩な飲食店やスナックが並び、様々なコラボ企画やイベントを行う「渋谷横丁」を展開。 24時間年中無休の全19 店舗が揃う。 また、同施設の開業に合わせ、北街区と接続している神宮通りの歩道橋を横断歩道に替える整備を行う他、渋谷駅から南街区へ繋がる通路の整備や、明治通りの2つの歩道橋の直結により、来園者、来館者のスムーズなアクセスをサポートする。 さらに、時間貸しの駐車場・駐バイク場・駐輪場を、従前と同様に整備、再配置し、周辺エリアとの回遊性の向上を目指していく。

次の

「パ~ジェ~ロ!パ~ジェ~ロ!w」ワイ「はぇ~高級車なんやろなあ」 : 乗り物速報

ジェー ワイ パーク

三井不動産は、東京・渋谷に6月18日に開業する複合施設「ミヤシタパーク(MIYASHITA PARK)」の商業テナント全90店舗の概要を発表した。 同施設は、渋谷周辺エリアをつなぐ全長約330メートルの立体都市公園にあり、公園、商業施設に加え、6月11日に開業するホテル「シークエンス ミヤシタ パーク」が一体化となった低層型複合施設だ。 ファッション、グルメ、カルチャーにおいてバラエティーに富んだ個性豊かな90店舗が出店する商業施設は、「刺激と快適が交わる4階建ての公園」をマーチャンダイジング(MD)コンセプトに公園の心地よさと周辺エリアの特色を活かした構成が特徴となっている。 南街区1階には、日本の古きよき横丁文化をさらに発信できるよう「渋谷横丁」を構え、2、3 階には公園のアクティビティと親和性の高いスポーツブランドやカル チャーブランドを配置。 また、原宿エリアやキャットストリートと繋がる北街区 1、2 階には、高感度なファッションブランドが揃う。 また、ホテル利用者にも対応する店舗構成となっており、海外からのインバウンドを含む来館者の幅広いニーズへも対応していく。 商業施設全体を包み込む緑の天蓋は、植栽の方位ごとの日照時間の違いを考慮することで、年間を通して緑化を実現。 南街区には多種多様なブランドが集まったマーケットをイメージするインモールを、北街区には明治通りの賑わいと繋がるアウトモールを採用。 全長約330メートルのストリートには、広い吹き抜けや寛ぎを感じられるシーティングスペースを多く設け、ゆとりのある設計で、天候型の商業施設の快適さと街歩き、公園散策の心地よさや楽しさを感じられるようになっている。 宮下公園内のスケート場やボルダリングウォールなどのスポーツアクティビティや芝生広場と親和性の高い店舗とし、国内直営店最大となる「アディダス ブランド センター(adidas Brand Center)」(南街区1階)や、初心者からプロまで幅広い層に人気の老舗スケートボード専門店「インスタント スケートボード( instant skateboards)」(南街区3階)などのスポーツ・アウトドアブランド、ヨガやトレーニングなど芝生広場を使ったワークアウトジムなどを提案する「グリット ネーション(GRIT NATION)」(南街区2階)、スポーツ好きに向けた高タンパク、低カロリー食を提案する「筋肉食堂」(南街区3階)が出店する。 南街区3階の「フード ホール(FOOD HALL)」には、新しい「コカ・コーラ」の魅力を発信する 「バリューム(VALUME)」をはじめ、テイクアウトしやすいカジュアルなファーストフード店舗が集結。 また、公園内には「スターバックス コーヒー」が、買い物目的以外の来館者へも快適な時間を提供する目的で出店。 南街区1階には当社の法人向け多拠点型シェアオフィス「ワークスタイリング」が入居し、「憩い」と「働く」の、オンとオフ の新しい距離感を提案。 多様なライフスタイルに対応する他、顧客との接点を創出する情報発信スペースを併設する。 明治通りに面する北街区1階には、世界初となる「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のメンズフラッグシップストアを始め、2フロアでフルコレクションを展開する「グッチ(GUCCI)」、「バレンシアガ(BALENCIAGA)」、「プラダ(PRADA)」などの世界を代表するブランドが路面店として出店。 さらに「ソフ(SOPH. )」、「アンド ワンダー(and wander)」、「ミノトール(MINOTAUR INST. )」などの日本人デザイナーが手がけるブランドが出店。 渋谷駅周辺、原宿、表参道などと繋がる、新しいファッションストリートを目指す。 カルチャーを発信する店舗には、渋谷エリアを拠点にダンススタジオを展開する「エン スタジオ(En STUDIO)」、 同施設のBGMセレクションも行う「フェイス レコード(Face Records)」、新しいアートプラットフォームの「サイ(Sai)」、セレクト書籍やカメラをはじめとしたさまざまなワークショップを展開する「天狼院カフェ SHIBUYA」が出店。 また、「シブヤ ハラジュク ファッションフェスティバル」などを運営するワンオーが展開する新しいコミュニティスペース「イコーランド シブヤ(EQUALAND SHIBUYA)」の他、北街区2階には、「伝説のカルチャー誌」として知られ、復活する「トキオン(TOKiON)」の旗艦店「トキオン ザ ストア(TOKiON the STORE)」がオープンする。 玄関口となり、渋谷駅側となる南街区2階エリアには、雑貨やファッション、食、サービス、カフェ、お土産ショップなどが多数集積したマーケットを展開。 オリジナルのキットカットを作れる日本初の体験型店舗の「キットカット ショコラトリー」をはじめ、関東初上陸のステーショナリー専門店「ハイタイド ストア ミヤシタ パーク(HIGHTIDE STORE MIYASHITA PARK)」、商業施設初出店となるアクセサリーショップ「グラム コンテンポラリー(gram contemporary)」、ガラスのアクセサリーショップ「ハリオ ランプワーク ファクトリー(HARIO Lampwork Factory)」、メンズヘアケアブランド「デニス メイド イン トーキョー(DENIS MADE IN TOKYO)」が出店。 また、期間限定のポップアップ店舗も充実し、商業施設初出店となる白地のTシャツ専門店 「シロティジップ( FFFFFFT. zip)」や日本初出店のジューススタンド「ジャンバ(Jamba)」などが出店する。 北街区・南街区ともに、4階の公園へのアクセス動線となるエリアには、公園での憩いの時間やアクティビティなどをより楽しめるよう、様々なカフェ・飲食店舗を配置。 様々なイベントなどを通じ、多くの人々が集まる芝生ひろばへのアクセスに便利な北街区3階は、渋谷エリアで人気 の「ミヤシタ 成ル」、「青山 シャンウェイ」、渋谷初の醸造所付きワインダイニング「渋谷ワイナリー」、日本初出店となるサンセバスチャンの人気店「グラン ソル トーキョー(GRAN SOL TOKYO)」などが出店。 その他、インバウンド観光客や渋谷の来街者をターゲットに、ナイトエンターテインメントコンテンツも充実。 また、南街区1階には、全長約100メートルの空間に多彩な飲食店やスナックが並び、様々なコラボ企画やイベントを行う「渋谷横丁」を展開。 24時間年中無休の全19 店舗が揃う。 また、同施設の開業に合わせ、北街区と接続している神宮通りの歩道橋を横断歩道に替える整備を行う他、渋谷駅から南街区へ繋がる通路の整備や、明治通りの2つの歩道橋の直結により、来園者、来館者のスムーズなアクセスをサポートする。 さらに、時間貸しの駐車場・駐バイク場・駐輪場を、従前と同様に整備、再配置し、周辺エリアとの回遊性の向上を目指していく。

次の