立命館 大学 スタートアップ サイト。 大学内運搬 ロボを活用、立命大・三菱地所が実験 :日本経済新聞

【WILLFU】評判と3社の起業成功&失敗例【ウィルフスタートアップアカデミー】

立命館 大学 スタートアップ サイト

21 件中 件目を表示• 5月29日(金)から31日(日)にかけて兵庫県宝塚市・宝塚市立スポーツセンター総合体育館において開催された第84回関西学生卓球選手権大会において、男... 5月30日(土)、2015年4月入学の外国人留学生を歓迎する『2015年度新入留学生歓迎バーベキューパーティー』がびわこ・くさつキャンパス(BKC)... 5月27日 水 、びわこ・くさつキャンパス BKC にて、主に生命科学部・薬学部の教育研究施設となる「バイオリンク」の竣工式を開催し、工事関係者や学... 5月26日(火)、びわこ・くさつキャンパス BKC にて、立命館グローバル・イノベーション研究機構(R-GIRO)環境研究拠点シンポジウム「サステイ... 5月26日(火)、衣笠キャンパス究論館にて、「大学院コミュニケーションスキルアップ講座 ~他大学院生・社会人・先輩との交流の基礎知識~」を開催した。... 本日、わかさスタジアム京都(京都市)で行われた、関西学生野球連盟春季リーグ最終節3回戦において、立命館大学硬式野球部が同志社大学に15対1で快勝した... 5月24日(日)、大阪いばらきキャンパス(以下、OIC)の新ホッケー場「OICフィールド」において、「OICフィールド開場式典」を実施した。 開場式典... 5月23日 土 、朱雀キャンパス多目的室にて、第10回 2015年度 「平井嘉一郎研究奨励賞授与式」を開催した。 「平井嘉一郎研究奨励賞」は、ニ... 5月19日(火)、衣笠キャンパス究論館にて、研究会企画とマネジメントセミナー「研究会を始めよう」を開催した。 本セミナーは大学院キャリアパス推進室が主...

次の

僕は立命館大学の情報理工学部に進学するのですが、どのようなパソコンを買っ...

立命館 大学 スタートアップ サイト

実施事業者の選定結果 令和2年5月29日(金曜日)に外部有識者による選定委員会を開催し、事業者からの提案内容を審査した結果、下記のとおり決定しました。 【選定委員会会議の議事要旨については、こちらをご覧ください】 (3)選定委員会委員(敬称略、五十音順) 職名 委員名 選任理由 大阪弁護士会 弁護士 安達 友基子 法律の専門家であり、関係の諸問題に精通 立命館大学大学院 テクノロジー・マネジメント研究科 教授・研究科長 名取 隆 学識経験者であり、創業・ベンチャー分野に精通 一般社団法人大阪府中小企業診断協会 中小企業診断士 橋本 博 経営コンサルタントであり、創業支援に精通 公募要領、応募資格、審査基準等について審議 1 議事概要 公募事項、応募資格、審査基準等について審議 【選定委員会会議の議事要旨については、こちらをご覧ください】 2 選定委員会委員(敬称略、五十音順) 職名 委員名 選任理由 大阪弁護士会 弁護士 安達 友基子 法律の専門家であり、関係の諸問題に精通 立命館大学大学院 テクノロジー・マネジメント研究科 教授・研究科長 名取 隆 学識経験者であり、創業・ベンチャー分野に精通 一般社団法人大阪府中小企業診断協会 中小企業診断士 橋本 博 経営コンサルタントであり、創業支援に精通 事業概要 大阪府では、大阪でのスタートアップ・エコシステムの構築と将来の大阪発のロールモデルとなる企業の発掘、成長支援を目的とする「大阪府スタートアップ発展支援プロジェクト「RISING!」」の実施にあたり、事務の受託事業者を企画提案公募により募集します。 1 事業名 大阪府スタートアップ発展支援プロジェクト「RISING!」 2 事業概要 まだ世の中にない新たな価値を自ら創出し、急速な規模拡大を志向し、大阪から世界を舞台に市場を求めるスタートアップ(既にビジネスプランが構築され、原則年商1億円以上の企業)を対象として、その成長速度、成功確率を高めるため、企業のネットワーク構築支援、先輩経営者によるメンタリング、情報発信支援等、事業拡大に必要とされる支援プログラムを実施します。 (1)成功起業家等によるプロデュース 自ら事業を立ち上げ、創業した企業を株式の新規上場や事業売却に至らせた経験のある成功起業家等が、自らの経験や人脈を活かし、事業全体の計画及び実施を統括します。 (2)支援対象企業の募集及び審査・選定 支援機関から多くの企業が推薦される仕組みで支援対象企業を募集し、成功起業家等の目利きによる審査を実施します。 (3)アクセラレーション業務 選定された支援対象企業に対して、その成長速度、成功確率を高めるため、スタートアップの育成において幅広いネットワークを持つ支援機関や豊富な経験を持つ成功起業家等とのネットワーク構築やメンタリングなど事業発展に資する支援を実施します。 (4)情報発信業務 本事業及び支援対象企業の首都圏や全国での認知度を高めるための情報発信業務を実施します。 3 委託期間(予定) 契約締結日から令和3年3月31日(水曜日)まで 4 委託費の上限 委託費の総額は、6,449千円(税込)を上限とします。 公募要領の配布及び応募書類の受付(終了しました) 1 配布期間 令和2年3月4日(水曜日)から令和2年4月3日(金曜日)まで (土曜日、日曜日及び祝日を除く午前10時から午後5時まで。 正午から午後1時を除く)【最終日は正午まで】 2 配布方法 下記「4 配布及び受付場所」で配布するほか、以下からダウンロードできます(郵送による配布は行いません)。 6 費用の負担 応募に要する経費は、すべて応募者の負担とします。 7 その他 本事業は、「令和2年2月定例府議会大阪府一般会計予算」の成立を前提に事業化される停止条件付き事業です。 予算が成立しない場合には、提案を公募したに留まり、いかなる効力も発生しません。 ・「件名」に、「【説明会申込:大阪府スタートアップ発展支援プロジェクト「RISING!」】」と明記してください。 ・口頭、電話による申込みは受け付けません。 ・会場の都合により、応募者1者につき2名まででお願いします。 ・申込期限は、令和2年3月11日(水曜日)午後5時までとします。 質問の受付(終了しました) ・電子メール()にて受け付けます。 ・「件名」に、「【質問:大阪府スタートアップ発展支援プロジェクト「RISING!」】」と明記してください。 ・電話、FAXでのお問い合わせはご遠慮ください。 ・質問への回答は、大阪府商業・サービス産業課のホームページに掲示し、個別には回答しません。 ・質問受付期限は、令和2年3月18日(水曜日)午後5時までとします。 このページの作成所属.

次の

学生起業社数1位は慶大「スタートアップ大学別マップ」公開

立命館 大学 スタートアップ サイト

ディップが公開した「2017年 学生起業家スタートアップ大学別マップ」によると、学生による起業社数の 1位は「慶應義塾大学」、2位は「東京大学」、3位は「早稲田大学」であることが明らかになった。 アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」などを運営するディップは5月23日、スタートアップ専門メディアの「Startup Times」にて学生起業家のスタートアップ企業をカテゴリごとにまとめた「2017年 学生起業家スタートアップ大学別マップ」を公開した。 「2017年 学生起業家スタートアップ大学別マップ」は、2017年3月時点に在籍する学生起業家を対象に調査を実施し、サービスカテゴリごとに分類したもの。 掲載を承諾した企業のみを掲載している。 学生による起業社数の1位は藤沢イノベーションビレッジ(SFC-IV)を運営する 「慶應義塾大学」が16社、2位はEDGE programを運営する 「東京大学」が14社、3位はWASEDA-EDGE人材育成プログラムを運営する 「早稲田大学」が9社であった。 ほかには、「立教大学」5社、「中央大学」「明治大学」「九州大学」各3社、「筑波大学」「京都大学」「立命館大学」など7校が各2社など。 また、番外編として 中高生が約5%を占めている結果は、注目すべき点であるとしている。 ディップは自薦他薦問わず、スタートアップの追加や要望をWebサイトより受け付けている。 学生起業家は知名度で不利なことが多いが、マップを公開することで学生起業家に注目が集まり、資金や人材などが集まることなどを願っているという。 《外岡紘代》.

次の