新幹線 動画。 無料で見れる電車動画や新幹線動画をご紹介 前面展望や4K映像も

無料で見れる電車動画や新幹線動画をご紹介 前面展望や4K映像も

新幹線 動画

tags: , , , 東海道・山陽新幹線の次期車両「N700S」、その姿が次第に見えてきました。 全席コンセントのほか、さまざまな改良が加えられ、普通車座席はグリーン車に近いというその車内。 東海道・山陽新幹線の次世代車両、その車内はこうなる! 公開されたN700Sの車内モックアップ。 JR東海の担当者は、その特徴をこう話す(1分40秒)。 JR東海は2017年10月1日(日)、製造中である「N700S」の車体と、その内装モックアップ(実物大模型)を報道陣へ公開。 なお、内装モックアップにはグリーン車、普通車それぞれ3列分の座席がありますが、最前列は従来車両N700Aの座席で、後ろ2列が新しいN700Sの座席です。 (1)停車駅接近で明るくなる! N700Sは停車駅に接近すると、荷棚の照度が上昇。 乗客が降りるとき、そこへ目を向かせて忘れ物を防止するためです。 車内の照明も、N700系は天井中央にありましたが、N700Sは左右2列にすることで、車内全体の明るさが均一になるようにしたといいます。 (2)全席にコンセント! 肘掛けにコンセントが備えられるN700S普通車。 リクライニングレバーも、動かしやすいよう改良(2017年10月、恵 知仁撮影)。 現在のN700系でコンセントがあるのは、グリーン車と普通車の窓側などのみでしたが、N700Sはすべての座席に用意されます。 肘掛けに設置することで、座席を回転して向かい合わせにしても使えるようにした、また、通路側の人がコンセントを使っていても窓側の人が通路へ出やすいようにしたそうです。 (3)個室に近い雰囲気も? 荷棚まで一体化されているN700Sグリーン車の車内側面(2017年10月、恵 知仁撮影)。 グリーン車は、側面を大型パネルで荷棚まで一体化。 「包まれ感」や「個別感」の演出を狙っているそうです。 普通車も、荷棚は別ですが近い構造をしています。 また、グリーン車の座席にある読書灯は照射範囲が新聞一面ほどに広がるほか、フットレストの大型化(幅+25%)、足元スペースの拡大(+15%)も図られました。

次の

プラレール動画図鑑(新幹線編)

新幹線 動画

tags: , , , 東海道・山陽新幹線の次期車両「N700S」、その姿が次第に見えてきました。 全席コンセントのほか、さまざまな改良が加えられ、普通車座席はグリーン車に近いというその車内。 東海道・山陽新幹線の次世代車両、その車内はこうなる! 公開されたN700Sの車内モックアップ。 JR東海の担当者は、その特徴をこう話す(1分40秒)。 JR東海は2017年10月1日(日)、製造中である「N700S」の車体と、その内装モックアップ(実物大模型)を報道陣へ公開。 なお、内装モックアップにはグリーン車、普通車それぞれ3列分の座席がありますが、最前列は従来車両N700Aの座席で、後ろ2列が新しいN700Sの座席です。 (1)停車駅接近で明るくなる! N700Sは停車駅に接近すると、荷棚の照度が上昇。 乗客が降りるとき、そこへ目を向かせて忘れ物を防止するためです。 車内の照明も、N700系は天井中央にありましたが、N700Sは左右2列にすることで、車内全体の明るさが均一になるようにしたといいます。 (2)全席にコンセント! 肘掛けにコンセントが備えられるN700S普通車。 リクライニングレバーも、動かしやすいよう改良(2017年10月、恵 知仁撮影)。 現在のN700系でコンセントがあるのは、グリーン車と普通車の窓側などのみでしたが、N700Sはすべての座席に用意されます。 肘掛けに設置することで、座席を回転して向かい合わせにしても使えるようにした、また、通路側の人がコンセントを使っていても窓側の人が通路へ出やすいようにしたそうです。 (3)個室に近い雰囲気も? 荷棚まで一体化されているN700Sグリーン車の車内側面(2017年10月、恵 知仁撮影)。 グリーン車は、側面を大型パネルで荷棚まで一体化。 「包まれ感」や「個別感」の演出を狙っているそうです。 普通車も、荷棚は別ですが近い構造をしています。 また、グリーン車の座席にある読書灯は照射範囲が新聞一面ほどに広がるほか、フットレストの大型化(幅+25%)、足元スペースの拡大(+15%)も図られました。

次の

無料で見れる電車動画や新幹線動画をご紹介 前面展望や4K映像も

新幹線 動画

2010年3月のダイヤ改正によって姿を消した500系新幹線「のぞみ」。 1997年に登場した500系は、 当時時速300キロで走行を可能とした世界最速の新幹線としてその名を馳せました。 現在は8両編成に短縮されて山陽新幹線で「こだま」に使用されており、500系のぞみとして生で走っている姿をみることはできません。 他の新幹線とは違った、これぞ新幹線といわざるをえないかっこよすぎるシャープなデザインから、ファンが忘れることができない新幹線の覇王「のぞみ」。 本記事では、 16両編成で走っていた500系新幹線のぞみの当時の姿とその前面展望が見られる動画をご紹介したいと思います。 【博多~新神戸】500系新幹線のぞみの前面展望が記録された動画 今回紹介するのは、 ビコムワイドが販売している『』というDVD(動画)です。 この動画には、500系新幹線のぞみが時速300キロで走っている際の前面展望が記録されています。 動画自体が前面展望メインなので、 500系のぞみのシャープでかっこいい先頭形状やデザインが映るのは動画の冒頭とおわりの数分間のみになります。 しかし、博多を出た 500系のぞみが刻々と変化する景色の中、大小異なる数々のトンネルをくぐり、新神戸まで時速300キロで走り切る姿を運転台から見られる本動画は圧巻といわざるを得ません。 動画では500系のぞみの最前車両が映っており、カメラは普通の展望ビデオと一味違ってかなり手前に設置されています。 ダッシュボードにおいてほしいという願いはありましたが、この位置でのカメラ設置になったのはおそらく、運転士の支障になる可能性が高いことに加えて、500系のぞみのジェット機のような先頭部の形状からはこの位置にしかカメラがおけなかったのだと思います……。 他の新幹線と比べて500系新幹線は先端部が狭いイメージがありますし……もう少し奥に置いてしまうと窓に映る景色の映り込みなどでうまく撮れないというのがあったのかもしれません。 ちょっと残念な部分かもしれませんが、 カメラが手前にあるおかげで速度計がばっちり映り込んでいるのがこの動画のいいところの一つとしてあげられるので悪くはないでしょう。 300キロで走っていることが速度計をみるだけで確認できますし、何より他の前面展望のビデオよりも、最前車両の車内が映り込んでいることから 車掌気分が味わえるのは、この動画ではないと味わえない魅力だと思います。 ただ、12月中旬の博多を朝7時に出るということで、出発してしばらくは暗くてほとんど何も見えない状態が続きます。 そこからしばらくして少しずつ東の空から太陽が昇り、光が差し込むことで徐々に、きれいな景色が見えてきます。 前半は朝日が少しまぶしかったり、トンネル内は暗くてほぼ何も見えないところがあるなど、最前車両内がうつらない普通の展望ビデオを望む方には不評かもしれません。 しかし、 585. 4キロをわずか141分のうちに走り切る500系のぞみの疾走感を味わえる本動画は、他の展望ビデオではみられない魅力があると個人的にはおすすめできる前面展望動画です。 博多から新神戸を走る動画なので、東京までの道のりをみることはできませんが、生でみられない分、動画として500系のぞみを味わうのも楽しみ方の一つではないでしょうか。 今はもう見られないのぞみの前面展望を収めた本動画は、DVDで買うと3000円ほどするため、価格としては結構高め。 そんなにお金をかけたくない! という方は、今回ご紹介した動画は 動画配信サービス「」で見放題配信されているので、こちらのサービスの利用がおすすめです。 DVDを買うまではしたくない方や、お金をかけずに動画が見たい方、一度試してみたいという方はぜひチェックしてみてください。 DVDはAmazonや楽天でも買うことはできますが、3000円くらいする上に画質がいいブルーレイ版だともっと高いため手が出ない方も多いでしょう。 お金をかけたくない!という場合は、動画配信サービスの無料トライアル期間の利用がおすすめです。 動画配信サービスというとAmazonプライムやdTV、ネットフリックスなどが有名で、その多くは映画やバラエティ番組が配信されているという印象が強いのではないかと思います。 ただ、新幹線や電車関連の動画を配信している動画配信サービスも近年では多く登場してきています。 中でも、 では独占でこのような新幹線の前面展望動画を多く取り扱っているので、多くの前面展望動画をお得にみたい!という方には個人的におすすめです。 U-NEXTでは登録後31日間無料でお試しする期間が付与されます。 この期間中に 動画をみて解約してしまえば一切料金はかかりません。 500系のぞみ以外にも「8000系いしづち」、「30000系スマイルレイン」、「10000系ニューレッドアロー」、「255系特急しおさい」など、多くの前面展望動画が配信されているため、DVDを買うより多くの動画をみることができてお得です。 気になる方はぜひチェックしてみてくださいませ。 詳細は下記から! DVDしか信用できないという方へ 動画配信サービスの利用はちょっと……という方もいらっしゃるかもしれないので、一応DVDの紹介もさせてください。 今回ご紹介した動画が収録されているのは、 下記の『新幹線 500系のぞみ 博多~新神戸』というタイトルのものになります。 『新幹線 500系のぞみ 博多~新神戸』 これです。 ブルーレイとDVDで2種類でていて、上記はブルーレイバージョンで価格は4160円と、DVD版と比べて高いです。 ただ、画質がブルーレイの方が鮮明でかなりきれいなので、もし買うのであればブルーレイの方がいいんじゃないかなぁと個人的には思います。 どうせお金を出すならいいものを買った方が後悔はないかと思います。 安物買いの銭失いはしんどいですからね……。 まとめ 以上が新幹線500系のぞみの前面展望が記録された動画についてまとめでした。 現在走っている姿をみることができない500系ですが…… とてつもなくかっこいいこれぞ新幹線!というデザインの新幹線なので、ぜひまだみたことがないという方は一度動画をみてみてくださいませ。 ではでは、動画をみるぞ!という方も、いや、いいかなという方も、良い新幹線ライフをお過ごしくださいませ。

次の