やばいニュース。 コロナ禍で明暗を分けた!経済影響を受けた業種・業界悪化ランキング

息子が通う中学校の先生が「やばい」という言葉の“使用禁止令”を出したそうだ|【西日本新聞ニュース】

やばいニュース

「弊社の社運をかけたプロジェクトです。 京都府宇治市にある製菓会社の社員が、自社製品を含む地元の名産品セットを懸命にアピールするツイートを投稿し、話題になっています。 なぜここまで必死のツイートをしたのか。 会社の現状を含めて、投稿した本人に聞きました。 ツイートしたのは、宇治市の製菓会社に勤務する女性(32)です。 宇治市には10円硬貨に刻まれている鳳凰堂で有名な平等院をはじめ、抹茶を使ったスイーツなど、観光資源が豊富にあります。 しかし、新型コロナウイルスの感染が広がった影響で、2月以降は観光客が激減しました。 女性の勤務先も売り上げが急減し、店や社員を休業させるしかありませんでした。 宇治市内に多くある土産用の食品を製造する会社も、同様に多くの在庫を抱えたといいます。 ピンチを打開しようと、ライバルたちが手を携えてつくったのが「宇治土産集合ギフト」です。 宇治を代表する宇治茶や人気の茶団子、そしてしょうゆ醸造業者による濃口しょうゆなどを詰め合わせ、格安で提供しようという企画です。 もちろん、女性の勤務先の製品であるわらび餅や抹茶あめも入っています。 しかし、勤務先がばれるのを覚悟しながらも、「友人やフォロワーが買ってくれて売り上げが伸びるといいな」という思いから、6月9日に名産品セットについて、こう投稿しました。 「弊社の社運をかけたプロジェクトです。 宇治のおみやげをぎゅっと詰めたやつなんですけど、これが売れないとほんとにやばいので、助けると思って見るだけ見てほしい」 ツイートは瞬く間に拡散。 6000回以上リツイートされたほか、「勢いで購入した」「京都行くときいつも買うやつ全部入ってる」などのコメントが付きました。 女性は「こんなにもリツイートや『いいね』の数が伸びてびっくりしました。 コメントも好意的なものばかりでした」と驚きを隠しません。 さらにツイートが拡散された結果、この名産品セットには100個以上の注文が入ったそうです。 女性は「会社に採用されて5年になりますが、やっと仕事らしい仕事ができた」と謙遜を込めて話します。 名産品セットは送料込みで3980円。 宇治商工会議所が運営する「京都宇治土産.com」などから申し込みができます。 (まいどなニュース/京都新聞・浅井 佳穂).

次の

白濱亜嵐、LDHでやばい4人を選抜!?「一緒にしたら間違いなくやばい」(2020年7月15日)|BIGLOBEニュース

やばいニュース

目次はこちら• 天理教とは 天理教とは創価学会に次いで日本で2番目に信者数を抱える新興宗教です。 信者数は最新のによると約120万人とされていますが、実数は5,60万人だと言われています。 神道系の新宗教だと思われるも、実際には神道に属さず新たな新宗教という立ち位置になります。 天理教と言えば天理市(奈良)で、 日本で唯一地方都市の名前が宗教団体名と同一で有名です。 たまに駅前などの街頭で宗教的な歌や踊りと共に、ドンチャン鳴り物を鳴らし、周りの信者がパンフレットを配り勧誘しているのを見た事ある人も少なくないでしょう。 天理教はやばいのか? 天理教はやばい新興宗教なのか。 一口にやばいと言っても、良い意味でも悪い意味でも当てはまるのが天理教でしょう。 最近、話題になった天理教校学園高等学校の閉校するという発表したものの、閉校の真意は定かになっていません。 中堅の新興宗教団体が新規信者の獲得より、二世信者の教化教育に専念する教団が増えるなか、新興宗教の中でも比較的歴史の古い天理教では、若者の信仰離れ(宗教離れ)の影響もあるため、 今後の教勢拡大を考えると死活問題です。 突然の閉校は、天理教に何かやばい事があったのではないかと噂されています。 基本的に、信者にとっては天理教はやばいネタが少ない新興宗教かもしれません。 しかし、天理教の全国にある地域支部(教会)は独立採算制で、兼業は禁止され宗教活動に専念しなければいけないため、運営は個人の裁量が求められ、かなり厳しいとも言われています。 こういったシワ寄せは結果として信者が負担しないと続かないため、やばい状況が表面化しにくいだけでやばい体質だと言っても良いでしょう。 天理教の事件がやばい 天理教で表立った事件はここしばらくありません。 当時、最も話題となり、やばいと言われた事件の1つが天理教の教会長の自殺です。 天理教の秋季大祭前日に山名大教会( 静岡県袋井市) の部下教会である静岡県の鮎ケ瀬分教会長(伊藤辰彦)が詰所で自殺した事件です。 自殺した動機は明らかとなっていませんが、教団組織内でのトラブルが原因だったという声が上がっています。 天理教の教団組織は本部をトップとして縦社会で、大きなイベントの前にはお布施(お供え)ノルマが課されます。 生活にさえ困窮している信者にこれ以上のお布施を要求できないなど、上位教会長や信者との軋轢に耐えきれなかったのが事件の原因ではないかと言われています。 天理教の評判はやばい? 天理教は良い評判が目立ちます。 一方でやばい評判として根強いのは、天理教の教会運営の二極化です。 独立採算制を取るため、教会運営は教会長の手腕に左右されます。 天理教は歴史もあるため、教会長は多くの場合で親から子へ受け継がれてゆきます。 やばいのは、運営が上手くいかないからと言って簡単に天理教から離れる事ができないのが宗教の特徴です。 そう簡単に信仰は捨てられるものではありません。 信者からの献金は天理教本部へ横流すため、末端の天理教の教会は毎月十数万の収入の中から家族を養い、教会を運営し、毎月のお供えをするという話も少なくありません。 天理教の教団組織には縦社会的な上下関係が強く残っているため、代々受け継がれる信者の評判は 「陽気ぐらし」とは違いギャップがあるやばい話も散見されます。 天理教が危ない?危険なのか3つのやばいポイントを検証 天理教は危ない宗教なのか。 危険だと言われる やばいポイントを3つに絞り、検証しました。 まず第一関門は勧誘、多くの新興宗教は勧誘がやばい。 第二関門は修養科、共同生活をして信仰を擦り込むコミューンに近い手口がやばい。 第三関門はお布施、信仰心とお布施が比例し宗教が生活の中心になるのはやばい。 天理教の勧誘はやばい? 天理教に限らず宗教でやばいのは勧誘です。 天理教の勧誘は、新興宗教でも大手教団だけあって勧誘には貫禄があります。 天理教では勧誘のことを「にをいがけ」と呼んでいます。 昨今で最も有名な勧誘は「こどもおぢばがえり」で、毎年夏休みの天理教信者の子供たちの恒例行事となっています。 親の偏見がない限り、子供たちは宗教だと意識をしたりせず楽しめるため、勧誘のきっかけになっています。 やばい状況になってしまう特徴は、天理教のイベントだと知らず子供を参加させてしまった場合や、イベント参加後に執拗な勧誘をされた場合に距離を置いてしまうなどトラブルもあるようです。 子供を宗教の勧誘に使うのもやばいですが、子供同士の関係を親が大人の事情で介入するのも同じくらいやばいでしょう。 天理教の修養科はやばい? 天理教のとっておきが修養科です。 修養科を簡単に言えば、天理教本部(おぢば)で3ヶ月ほど生活します。 信者からすると信仰を深め、時には回心体験と成り得る事も少なくないようです。 一方で、信者以外からすると洗脳教育に近いやばい体験を味わえると揶揄されています。 言ってしまえば、能力開発や自己啓発のような研修に近い体験を非日常的な空間で体験できるのが修養科の特徴です。 同じ格好(はっぴ)を着て、同じ釜の飯を食い、規則正しい生活のもと神秘的な空間で集団生活する訳ですから、修養科が終わる頃に感動する人もいるでしょう。 言うならば、何かしらの目的を持って修養科に参加したなら、 3ヶ月で「何か」を得れない方がやばいのかもしれません。 修養科を進める訳ではありませんが、仮に修養科へ実際に参加して批評している人を見ると、3ヶ月の過ごし方(本人そのもの)がやばいという話になっても不思議ではありません。 天理教のお布施はやばい? 天理教のお布施はお供えと呼ばれています。 お布施がやばいと言われる理由として有名なのが、イベントや行事への参加有無に関わらずお布施をするのが一般的です。 天理教では身代と呼ばれ、強要はされませんが自分の身代わりにお布施をする習慣があります。 信者へお布施を強要しないため、天理教本部や上位教会から教会長はしわ寄せが多いのか、自殺を引き起こしたやばい事件もありました。 ちなみに、天理教は毎月行われる月次祭があり、 お布施の相場は5000円前後(信者によって違う)のようです。 一方で、身の丈に合わないお布施を行い宗教が生活の土台ではなく、出家信者でないにも関わらず宗教が生活の中心と成り下がってしまったやばい話も散見されます。 まとめ.

次の

息子が通う中学校の先生が「やばい」という言葉の“使用禁止令”を出したそうだ|【西日本新聞ニュース】

やばいニュース

歌手のGACKT(45)が15日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演。 同局の音楽番組「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」(1994〜2012年)で「ダウンタウン」浜田雅功(55)と共演した時のトラウマを明かした。 コミュニケーション能力が低く対人関係に悩んだ過去を告白したGACKT。 「今だから言えますけど、HEY!HEY!HEY!に出ているほとんどのアーティストって皆仲良くなるんです。 僕だけずっといまだに浮いているんですよ」と切り出し、15年間、心に秘めてきたその理由を説明した。 「セットチェンジの時にたまたま雨が降ってきて、浜田さんは僕の右にいて、僕の横に若いミュージシャンが並んでいたんですよ。 (安室)奈美恵だったり、MAXだったり、DA PUMPもいた」といい、「雨もかかるし、僕は結構イライラしちゃってたんですよ。 そしたら浜田さんが来て『まあ、しゃあないわ』って言ってくれたので『自分、全然大丈夫ですから』って言ったんです。 で、目の前に動きの悪いADがいたんですよ。 すると、浜田さんがバーッて歩いて行って『われ、コラァ!』ってADをぶっ飛ばして、すごく大きな声で『GACKT、これでええか?』って。 これやばくないですか?振り向いたら、全員が僕のことを(引いていた)。 なんて芸能界ってやばいところなんだと思った」と暴露した。 このエピソードに松本人志(55)は「本当にずるいよな。 浜田さんがたまにやる手ですよね」と爆笑。 当の本人である浜田は「覚えていない」と苦笑いを浮かべていた。

次の