将棋 なんj。 日本将棋連盟と日本棋院、なぜ差がついたか…慢心、環境の違い

おんJ速報 : 将棋の戦法で打線組んだwwwwww

将棋 なんj

先手の巨人小笠原棋畜は初手から守りを捨てる速攻の手で飛車角と引き換えに金2枚を奪うと、玉の四方を金で囲う『金玉囲い』を完成。 上下左右どこから読んでも「金玉」となる布陣に二岡七段は動揺を隠せず、9800秒に及ぶ長考の末、投了。 わずか43手の出来事だった。 会心の勝利に巨人小笠原棋畜は雄たけびをあげ絶頂射精で喜びを表した。 二岡七段は、「あの棋畜相手に安易に金を与えてしまった。 もはや勝ち目はなかった。 」と、足早にホテル街へ消えた。 解説の原八段は、「後手には 玉がないから できないことを逆手に取った戦略だね ニッコリ」と勝因を分析した。 なお、翌日の王座戦では同じ戦法を使うも角の強襲を受けあえなく死亡している。 6日行われた第334回名人戦にて、巨人小笠原棋畜 38 が新戦法で二岡七段を破り名人位を防衛した。 先手の巨人小笠原棋畜は初手から守りを捨てる速攻の手で飛車角と引き換えに金2枚を奪うと、玉の四方を金で囲う『金玉囲い』を完成。 上下左右どこから読んでも「金玉」となる布陣に二岡七段は動揺を隠せず、9800秒に及ぶ長考の末、投了。 わずか43手の出来事だった。 会心の勝利に巨人小笠原棋畜は雄たけびをあげ絶頂射精で喜びを表した。 二岡七段は、「あの棋畜相手に安易に金を与えてしまった。 もはや勝ち目はなかった。 」と、足早にホテル街へ消えた。 解説の原八段は、「後手には(玉がないから)できないことを逆手に取った戦略だね ニッコリ」と勝因を分析した。 なお、翌日の王座戦では同じ戦法を使うも角の強襲を受けあえなく死亡している。 金 <金玉囲い> 金玉金 巨人小笠原棋畜が考案。 金 玉の四方に金を置いて守りを固める囲いの一種で、どの方向から読んでも「金玉」となる。

次の

【疑問】藤井棋聖がなんJで大人気になった理由wwwww

将棋 なんj

羽生善治ってどんな人? 羽生 善治(はぶ よしはる、1970年9月27日 — )は、日本の将棋棋士。 二上達也九段門下。 棋士番号は175。 1996年2月14日、将棋界で初の7タイトル独占を達成。 全7タイトルのうち竜王を除く6つでの永世称号(永世名人(十九世名人)・永世王位・名誉王座・永世棋王・永世棋聖・永世王将)の資格を保持(いわゆる「永世六冠」)。 さらに名誉NHK杯選手権者の称号を保持しており、7つの永世称号の保持は史上初。 通算優勝回数147回、通算公式戦優勝回数137回、通算タイトル獲得94期、タイトル戦通算登場回数124回、同一タイトル戦連続登場回数24回(王座)、同一タイトル獲得通算23期(王座)は歴代1位の記録である。 また、通算非タイトル戦優勝回数53回、通算非公式戦優勝回数10回、最多最優秀棋士賞20回、獲得賞金・対局料ランキング首位20回も歴代1位である。 一般棋戦優勝回数43回は大山(44回)に次いで歴代2位である。 詳細は主な成績を参照。 1992年に王座・竜王を獲得して以降、いずれかのタイトルを24年に渡って維持しており、一冠までに追い込まれたのは2004年のわずか89日間(王座)のみである。 その前後も年度複数冠は達成しているため、年度複数冠継続の記録は2015年現在も更新中である。 羽生とほぼ同じ年齢にトップクラスの実力者が集中しており、彼らは「羽生世代」と呼ばれる。

次の

【疑問】藤井棋聖がなんJで大人気になった理由wwwww

将棋 なんj

先手の巨人小笠原棋畜は初手から守りを捨てる速攻の手で飛車角と引き換えに金2枚を奪うと、玉の四方を金で囲う『金玉囲い』を完成。 上下左右どこから読んでも「金玉」となる布陣に二岡七段は動揺を隠せず、9800秒に及ぶ長考の末、投了。 わずか43手の出来事だった。 会心の勝利に巨人小笠原棋畜は雄たけびをあげ絶頂射精で喜びを表した。 二岡七段は、「あの棋畜相手に安易に金を与えてしまった。 もはや勝ち目はなかった。 」と、足早にホテル街へ消えた。 解説の原八段は、「後手には 玉がないから できないことを逆手に取った戦略だね ニッコリ」と勝因を分析した。 なお、翌日の王座戦では同じ戦法を使うも角の強襲を受けあえなく死亡している。 6日行われた第334回名人戦にて、巨人小笠原棋畜 38 が新戦法で二岡七段を破り名人位を防衛した。 先手の巨人小笠原棋畜は初手から守りを捨てる速攻の手で飛車角と引き換えに金2枚を奪うと、玉の四方を金で囲う『金玉囲い』を完成。 上下左右どこから読んでも「金玉」となる布陣に二岡七段は動揺を隠せず、9800秒に及ぶ長考の末、投了。 わずか43手の出来事だった。 会心の勝利に巨人小笠原棋畜は雄たけびをあげ絶頂射精で喜びを表した。 二岡七段は、「あの棋畜相手に安易に金を与えてしまった。 もはや勝ち目はなかった。 」と、足早にホテル街へ消えた。 解説の原八段は、「後手には(玉がないから)できないことを逆手に取った戦略だね ニッコリ」と勝因を分析した。 なお、翌日の王座戦では同じ戦法を使うも角の強襲を受けあえなく死亡している。 金 <金玉囲い> 金玉金 巨人小笠原棋畜が考案。 金 玉の四方に金を置いて守りを固める囲いの一種で、どの方向から読んでも「金玉」となる。

次の