煉獄 女子 ネタバレ 結末。 煉獄ゲームの結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!

漫画「煉獄女子」感想・ネタバレ!学園系サイコサスペンス漫画の期待作!

煉獄 女子 ネタバレ 結末

煉獄女子 2巻 ネタバレ こんにちわ!こんばんわ! コミブロのRINです。 今回も、 怖いサスペンス漫画の 煉獄女子の2巻を読んだ感想を ネタバレ出しつつ書いていこうと思います。 煉獄女子の1巻では、 イジメられていた詩音の前に 新入生の霧恵が現れるます。 詩音をイジメていた瑠美は 霧恵も仲間に引き込もうとしますが、 霧恵は瑠美の誘いを断ってしまいます。 詩音にとって霧恵は 救世主となるのでしょうか? 煉獄女子は、 無料の試し読みがありますので、 気になったら読んでみて下さいね! サイト内で 煉獄女子と検索してみてね! 煉獄女子2巻のネタバレ 部活動の準備をする女子生徒達。 「急がないと先輩達来ちゃうよ!」 用具室の扉を勢いよく開ける。 「ぎゃあああああああああ」 そこには、 首を吊って死んでいる瑠美の姿があった。 そして、 学校に救急車や警察が到着する。 物々しい雰囲気に騒然となる現場。 野次馬も集まって来る。 「何?何?」 「なんか首吊りらしいよ」 噂はすぐに広がり 詩音も瑠美が死んだ事を知る。 瑠美が死んだ事で事件となり 生徒はすぐに帰された。 警察の鑑識が現場を調べる。 現場にあったホワイトボードには、 ラテン語で 『noli me tangere』と書いてあった。 『我に触れるな』 そう書いたペンには 瑠美本人の指紋しか無かった。 若手刑事は、 瑠美が自殺だと考えていたが、 ベテラン刑事は違った。 わずか2ヶ月足らずの間に 二人の女子生徒が変死し 現場にはラテン語のメッセージ。 ベテラン刑事は 二人の死は自殺ではないと 考えていた。 自殺でなければ 犯人は一体誰なのか!? 詩音の周りで起こる 不可解な事件の真相とは!? スポンサーリンク 煉獄女子2巻の感想 詩音をイジメていた 瑠美や瑠美の友達は次々と不幸に見舞われます。 タイミング的に 霧恵が学校に来てからなので 霧恵が事件に関わっているのは明らかですよね。 とはいえ、 霧恵が犯人という証拠がないので 実は 真犯人が別にいるとか? そんな風にも思ってしまいます。 なぜ霧恵は、 詩音に優しくするのかも謎ですね。 霧恵にはまだまだ謎が多すぎます・・・。 次回の3巻で 霧恵の謎も解明されていくのでしょうか? 続きが気になるところです。 煉獄女子は じっくりと試し読みができるので 漫画が気になる方は読んでみてね! 登録不要で無料なので とてもおすすめです。 サイト内で 煉獄女子と検索すれば一発です。

次の

煉獄女子(室井まさね)のネタバレ!感想と試し読み情報も!

煉獄 女子 ネタバレ 結末

by 続きが見たくて課金しちゃいました。 絵が綺麗なので読みやすい。 続きが気になって課金したくなる話の展開です。 ただ、初めから終わりがけまでのスピード感がありすぎて最終話で失速した感じがありすぎ。 登場人物が多いのでその関係とか、霧絵の友人の事件の真相がよくわからない。 霧絵の母親が途中からどっかいっちゃうし。 阿部君の存在意義も必要だったのか。 それぞれの事件を深掘りして納得したいので続編かスピンオフをだしてほしいですね。 主人公が思ったより軽傷で、なんで単身カナダにいかなきゃならないのか 日本国内ではダメなのか? よくわからない。 続編あればたぶん課金しても見ると思うので続編希望します。 不完全燃焼な感じは拭いきれない歯切れの悪い終わり方だと思います。 by 面白いけど消化不良 絵柄に惹かれて全話購入 内容は、サイコパスホラーの王道といった感じで、グロ表現に抵抗がなければ、するすると読めるストーリーでした 消費ポイントは高かったけど、概ね満足 ただ、ラストが、いろいろ消化不良です… 霧恵死亡があまりにも呆気なく、それですべてが終わってしまったことになっていて、あれ〜???という感じ 真壁さんも、植物状態のまま、その後どうなったかの描写もなかったですし… 詩音に至っては、カナダに移ることになって、それですべてが終わり 阿部くんとのロマンスもないまま 友情の一線を越えないままな感じ 身寄りのない女子高生が、単身カナダに渡るって、イマイチ現実味がないような… 「まるで全てが夢であったかのような、長い人生の中での短い一瞬、それでも確かな傷痕を残す大きな現実」 そんなコンセプトのストーリーなのでしょうか? 後日談で、その後の登場人物の行方などを描いてもらいたいです by 匿名希望 めちゃめちゃ面白かったです!!! やはり無料分で皆さん惹き込まれてしまうでしょう。 最初のうちは予測も可能で、まぁそうなるよねっていう展開。 でも最終の方が意外なことが多くて、えぇッ!?!?ってなります!!!

次の

煉獄女子~ネタバレと結末!詩音はいじめられていた・・・: 煉獄女子~ネタバレと結末!猟奇的殺人事件の裏側は?

煉獄 女子 ネタバレ 結末

Contents• あらすじ まずは、全体の構成を説明しておきましょう。 「暗黒女子」の世界観 舞台はお嬢様ばかりが通う女子高「聖母女子高等学校」の文学サークル。 校内でも選ばれた者しか在籍できないこのサークルで、定例の「闇鍋会」が開かれている。 豪奢な家具や装飾が施されたサロンの中は真っ暗であり、各自が持ち寄った具材が煮えている鍋の中身もわからない。 今宵、サークルのメンバーたちは各自が執筆した小説を朗読しながら、この闇鍋を食べる決まりだ。 鍋の中身を唯一知っているのは、現会長である澄川小百合だけ。 そして、小説のテーマは 「前会長・白石いつみの死」について。 テラスから落下し、手にすずらんを持ったまま帰らぬ人となった白石いつみの身に何が起こったのか? 犯人がいるなら、それは誰なのか? 美人で、聡明で、明るく、誰にでも優しい、そして経営者の娘でもある「いつみ」 それが、なぜこんなことになってしまったのか? 小説という名の「証言」が始まろうとしていた。 登場人物 二谷美礼(1年) 家が貧しく、奨学生として入学してきた。 小南あかね(2年) 実家は老舗の割烹。 自身はスイーツづくりが大好き。 ディアナ・デチェヴァ(留学生) ブルガリアの小さな村出身。 古賀園子(3年) 医師志望の理系女子。 高岡志夜(2年) 現役のライトノベル作家。 澄川小百合(3年) 現会長。 白石いつみの親友。 細かい計画を立てる参謀役。 白石いつみ(3年) 前会長。 校内一の有名人。 文学サークルを復活させ、メンバーを集めた発起人。 天真爛漫で行動力がある。 犯人は誰? 登場人物それぞれの書いた小説が、そのまま事件の「証言」の役割をはたしています。 それぞれの「証言」は次のとおり。 二谷美礼の証言 二谷美礼は、白石いつみに救われた。 アルバイト禁止ながら金を稼ぐ必要のあった美礼のため、いつみの弟の家庭教師を任せてくれた。 いつみは美礼に心を開き、黒いバレッタをプレゼントしてくれたと言う。 ある日、美礼はいつみから相談を受けた。 『古賀園子がいつみの父親を誘惑している』 事態は悪化していくばかりで、いつみは日に日に弱っていった。 おそらく、いつみは古賀園子に口封じされたのだろう。 手に握っていた「すずらん」の意味は、古賀園子が身にまとう香水の匂いを暗示している。 犯人は古賀園子と証言 小南あかねの証言 小南あかねの実家が焼失した。 何者かによる放火の可能性が高いという。 その夜、あかねはいつみとサロンで遅くまで議論していたため火事には巻き込まれなかった。 お菓子作りが生きがいであるあかねにとって、サロンの完璧なキッチン設備は唯一の心のよりどころとなった。 あかねが希望を持ち続けられたのは、キッチン設備を整えてくれたいつみのおかげだ。 ある日、あかねはいつみから相談を受ける。 『二谷美礼が家の物を盗んでいる』 無理やり弟の家庭教師になった美礼は、家に来るたびに金品を盗んでいくのだという。 大事なバレッタまで盗まれたこともあり、いつみは日に日に弱っていった。 おそらく、いつみは話し合いに行ったテラスで美礼に突き落とされたのだろう。 手に握っていた「すずらん」の意味は、バレッタにラインストーンで装飾されていた模様を暗示している。 犯人は二谷美礼と証言 ディアナ・デチェヴァの証言 いつみが短期留学したブルガリアの村のホームステイ先がディアナの家だった。 引率の北条先生(文学サークル顧問)が忙しかったため、留学中の相手はディアナと双子の姉であるエマが担当。 3人はすっかり打ち解け、翌年もいつみはディアナの家にホームステイすることになった。 ただし、2度目の留学には高岡志夜も同行していた。 志夜は終始、無愛想で態度が悪く、特にいつみに向ける視線には敵意が感じられた。 その後、ディアナはいつみの計らいで聖母女子学院に招待留学することになった。 学院の生活の中で、ディアナはいつみが志夜に首を絞められている場面を目撃する。 おそらく、いつみを亡き者にした犯人は志夜だろう。 動機は、ストレートに作品を批判するいつみの文学論に、作家としてのプライドを傷つけられたために違いない。 いつみが最後に手に握っていた「すずらん」の別名は「君影草」 志夜が賞を獲った作品のタイトルである。 犯人は高岡志夜と証言 古賀園子の証言 いつみと園子は、医師を目指す理系クラスの良きライバルであった。 園子は個人的にいつみの父・白石氏に恩がある。 その恩を少しでも返すため、園子は白石氏が力を入れるイースター祭の実行委員長となり、たびたび白石家で打ち合わせを重ねていた。 そのうち、園子はいつみが日に日に弱っていることに気がつく。 どうにも気になるのは留学生・ディアナの妖しい雰囲気だ。 まるで、呪術でいつみから生気を奪っているような…。 非科学的ではあるけれど、おそらくいつみを飛び降りさせたのはディアナだろう。 動機もある。 いつみはディアナの村からではなく、世界中の地域から留学生を交代で招待しようとしていた。 しかし、それでは旅行会社につとめる姉・エマの給料が立ち行かず、家族は路頭に迷ってしまう。 いつみがいなくなれば招待留学制度変更の話は消え、来年もディアナの村から留学生が呼ばれるはずだ。 そして「すずらん」 故郷の花だと言って花壇にすずらんを植えたのは、他ならぬディアナであった。 犯人はディアナ・デチェヴァと証言 高岡志夜の証言 高岡志夜は白石いつみを心から慕っている。 一緒に行ったブルガリアでも、いつみと志夜とディアナは終始仲良く過ごしていた。 そのうち、いつみが日に日に弱っていった。 特にいつも小南あかねがつくるスイーツを食べた後などは、急に吐き気を催すようだ。 志夜(そういえば、いつみの体調が悪くなったあたりから、スイーツが1つ1つ独立したものになったな) 切り分けるタイプではないなら、誰かを狙って毒を仕込みことも容易だ。 いつみの様子はまるで薬物中毒のようにも見える。 おそらく、犯人は小南あかねだ。 動機はサロンのキッチンを守るため。 いつみは卒業後にサロンを閉鎖することを決めていたのだ。 あかねにとって、キッチンはそれほど重要な居場所だったのだろう。 だから、毒を盛り、最後にはテラスから突き落とした。 志夜は小南あかねの腕に「すずらん」のようなアザがあることを知っている。 犯人は小南あかねと証言 ネタバレ 全てのメンバーの小説朗読が終わった。 証言内容には多くの矛盾点があり、誰が犯人なのか、何が真実なのかはわからない。 最後に小説を朗読するのは、現会長の澄川小百合だ。 小百合「今から私が読む小説は、白石いつみ本人が書いたものなのです」 今朝届いたといういつみの小説。 その内容とは…? 白石いつみの小説 自分が主人公でない人生になんて、意味がない。 では、主人公として輝くにはどうすればいいか? 必要なのは主人公になりうるほど優れた脇役だ。 しかし、その脇役にとって代わられては台無しだ。 だから、最高の方法は脇役の秘密を握ること。 それによって、私・白石いつみは完璧な主人公として輝くことができる。 1人目・高岡志夜の作品は、海外文学の盗作だった。 2人目・小南あかねは、自宅の老舗旅館に放火した。 不出来な兄ばかりがひいきされるのに耐えられなかったのだ。 3人目・古賀園子は白石父のPCをクラッキングして自身の成績を改ざんした。 一流医大に行くためだ。 4人目・ディアナは本来留学するはずの姉・エマに重傷を負わせて代わりに留学した。 いつみを愛していたからだ。 5人目・二谷美礼は金のために援助交際をしていた。 なお、白石家の金品盗難も美礼の犯行だ。 いつみは5人の秘密を握り、決して反逆されないようにして忠誠を誓わせた。 一方、いつみにも秘密はある。 いつみは文学サークルの顧問教師・北条先生と恋人関係にあった。 アプローチしたのはいつみの方から。 そもそも、文学サークルを復活させ豪華なサロンを設えたのもすべて北条先生との逢瀬のためだ。 これを知っているのは唯一無二の親友にして参謀の小百合だけだった。 いつみが北条先生の子供を妊娠した。 北条はいつみとの結婚を約束。 中絶不可の時期まで待って白石氏に報告する算段だった。 ありえないことに、白石氏に妊娠のことが露見した。 状況的に、脇役5人が結託して裏切ったに違いない。 北条先生はすでに学校を首になり、追放済み。 もう2度といつみと会うことはないという。 白石氏は相手を徹底的に追い詰めるやり方を好む。 いつみは強制的に入院の上、堕胎させられた。 入院後、いつみを心から温かく迎え入れたのは、唯一小百合だけだった。 いつみは5人への復讐を決意し、小百合が実際の計画を立てた。 狂言の飛び降り。 5人は子供の名前である「すずらん」を手に持ついつみの亡骸を見て震え上がるに違いない。 もちろん、実際に亡き者になるわけではない。 いつみは生きており、小百合が独自に入手した連絡先を使い北条先生とも再会していた。 そして、いつみは今このサロンの暗闇に潜み、滑稽な小説朗読を笑って聞いている。 闇鍋の中には強力な毒性物質を含む「すずらん」が入れられている。 5人の小説はそのまま各自の遺書になるのだ。 結末 小百合の朗読を聞き、サロンは阿鼻叫喚の騒ぎとなっている。 外は嵐、サロンの扉は固く閉ざされて出ることはかなわない。 そんな中、小百合は静かに上品に口を開く。 「さあ冷静になって、じっくり考えてみて」 今、このサロンには白石いつみはいない。 そして、5人のメンバーの体調に異変はない。 それはなぜか? 小百合が「すずらん」の毒を盛ったのは闇鍋の中ではなく、紅茶の中。 そして、今日その紅茶を飲んだのは、白石いつみだったのだ。 実際、小説の内容通りにいつみはサロンに来ていた。 いつみは小百合に感謝し、これからは北条先生と小さな幸せを育み生きていくという。 その時、いつみの顔に浮かんでいたのは蠱惑的な魔性の女の表情ではなく、平凡な母親の表情だった。 小百合は思った。 これで、罪を増した5人の秘密を知るものは澄川小百合だけ。 主人公交代劇は終わった。 これからは、小百合が新たな支配者となる。 5人は決して逃げられない。 小百合は語る。 「聖体と聖血を弟子に分け与えたキリストのように、みなさんといつみの魂は一体となりました」 闇鍋の中にはいったい何が入っていたのか? いつみが腕にしていたはずの腕時計、そして、いつみ自身の… 小百合「以上を持ちまして、今学期最後の定例会を終了させていただきます。 「えっ、いつみってこんなエゴイストだったの!?」 しかし、本当の衝撃はさらにその後! 状況を利用し露見しないように白石いつみを亡き者にした小百合。 その小百合が新たな支配者として君臨するとともに、闇鍋の中身があかされて結末を迎えるのですが… 「うわ……(ドン引き)」 まさに暗黒な気分をもって小説「暗黒女子」は幕を迎えます。 まさに「やられたな…!」という感じですね。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 U-NEXTなら初回登録から31日間無料! もらえるポイントを使えば、最新作でも 課金なしで見ることができます。

次の