目の下 の クマ マッサージ。 老化によるクマには目元マッサージが効く!方法と嬉しい効果

目の下のクマを解消したい人におすすめのマッサージ・クリーム・クマ取りのアイケアなどをご紹介!

目の下 の クマ マッサージ

シワの原因となりやすいダメージをチェックしましょう。 皮膚の乾燥 細かなシワは乾燥が原因です。 ちりめんジワと呼ばれてる。 皮膚が薄い目もとは水分を抱え込む力が弱いので、うるおいが逃げやすくなります。 乾燥が原因のシワは、こまめな保湿ケアをすれば改善も早くなります。 小ジワだからと油断していると、どんどん深いシワになるので早めの対策をしましょう! 肌に強い刺激 目もとの周りの肌は薄い。 その薄い肌に強い刺激を与えると肌にダメージを与えてしまい、シワの原因になります。 肌への刺激によって角質層が傷ついてしまうと乾燥を引き起こし、結果的にシワができやすくなります。 できるだけ刺激を与えないようにしましょう。 目の疲労 パソコンや携帯などによる、目の疲労はかなりきます。 眼球疲労は、眼球だけでなく目の周りまで血行不良を引き起こし、血行が悪くなります。 長時間パソコンなどを使うときは、合間に少しでも適度な休憩をとるようにしましょう。 私は40分ごとに休憩をとり、目の疲労に気をつけてます。 目の下のたるみ、クマになる原因 目の周囲は皮膚が薄いので、どうしてもたるみやくまが目立ちやすくなります。 加齢や乾燥、筋力の衰え、摩擦による刺激などの原因がたるみやくまにつながります! 目の下のたるみ クッションのように眼球を支えている脂肪を、眼窩(がんか)脂肪と言います。 年齢とともに目周りの筋力が低下すると、この眼窩(がんか)脂肪が重力で圧迫され、ふくらんで目立つようになります。 それが目の下のたるみです。 目もとへの刺激 パソコンや携帯を長時間見ている人は、目の疲れがたまりやすいです。 たるみやくまにも関係します。 まばたきの回数が減り、 目の周囲の筋肉が衰えてしまう可能性もあります。 加齢による弾力と筋力の低下 皮膚内の コラーゲンやヒアルロン酸が減少することにより、肌のハリが失われます。 年齢を重ねるにつれて目の周囲の筋肉も衰えてしまう。 まぶたや目の下の皮膚と脂肪を支えきれなくなることで、たるみが目立ち、その下のへこみがくまになります。 個人差により効果は違います。 効果は凄いあるわけではないですが継続が大切です! 私はピンピンスティックEX使用と目の疲労やひどい目の下くま、たるみ、しわ改善のためマッサージと顔の筋トレもしてる。 マッサージをプラスするだけで効果が少しずつでてきました。 目の下のクマ、たるみ、シワの改善マッサージ方法 目の疲労改善 私がひどいクマ、たるみ、しわを改善するためにマッサージも毎日1日2回(朝、晩)してます。 簡単な顔の筋トレとマッサージで 1日2回継続して改善していきましょう! 1日1回でもOK。 まったく何もやらないよりは少しでも改善します。 時間がある女性は1日3回でもOK。 より効果がでやすくなりますね。 目のたるみ改善するリンパマッサージ方法 首から肩のリンパを流すことで、リンパの流れを改善し顔に溜まりやすい老廃物などをスッキリ流れます。 顔の筋肉が硬直してる人は、リンパマッサージでトレーニングしてみましょう。 リンパの流れを整えると、表情筋をほぐしてリラックスします。 筋肉の硬直はたるみやしわの原因になるため緩めることはとても大切です。

次の

老化によるクマには目元マッサージが効く!方法と嬉しい効果

目の下 の クマ マッサージ

お疲れ顔撃退!クマに効くマッサージのまとめ。 寝不足でクマが... なんだか余計に疲れて見える... など疲れが目元にでやすい人に。 THREE バランシング トリートメント アイローション 97ml ¥7,000 温感ジェルで目元をじんわり温めくすみを改善。 オルビス ホットアイリフレパック 25g ¥2,000 教えてくれたのは… 松倉HEBE DAIKANYAMA 貴子先生 医師、美容クリニック松倉HEBE DAIKANYAMA院長。 美容医療の第一人者として、女性誌をはじめとした数多くのメディアにて活躍中。 ご本人の美しさも常に話題に。 体が冷えていると血液が頭や手足にまで行き届かず、目元にも古い血液が滞ってしまいます。 まず温めてから指でポンプのように押し流して、血流を促しながら排出しましょう。 お風呂の湯船にきちんとつかったり、甘いものの食べ過ぎや運動不足にも注意してくださいね! [Step1] アロマホットタオルで目元を温め&癒す! ホットタオルを作ってちょうどいい大きさに折り、好きな香りのアロマオイルを1~2滴垂らす。 少し上を向いた状態でタオルを目の上にのせ、1~2分待つ。 次に上まぶたも下まぶたも、目頭側からこめかみに向かって流す。 有用成分ハロキシルを配合。 目周りに停滞した血液に働きかけて、エイジングや疲れた印象をケア。 ヘレナ ルビンスタイン フォース C. 目頭は中指のみ、それ以外は人差し指・中指・薬指の3指をそろえて行って。 こめかみは円を描くように! プロおすすめのマッサージ法&アイテム6選 Q. 顔がゲソッと疲れててくまやシワが目立つ… A. スペシャルローションパックを試してみて 瀬戸口流、スペシャル即効ケア 「乳液とオイルを混ぜたものを、肌がじゅわっとする程たっぷりつけてマッサージ。 その後に、コットンパックをしてみてください。 1回でぷるぷるの肌になれますよ!」(瀬戸口さん) 「乳液を2プッシュ、オイル3滴が1回量の目安。 多めに使うのがコツ」。 手もちのアイテムでももちろん可。 江原道 マクロヴィンテージ ロイヤルマッサージミルク 140ml ¥12,000 同 マクロヴィンテージT3 プレミアムオイル 30ml ¥8,000 A. スキンケアをする前に血の通り道を開きましょう 首から頭にかけて、両手で「血の通り道」を広げる 「うなじに両手を当てて、左右に広げるようにマッサージしましょう。 そのまま少しずつ手を移動させて、後頭部から頭頂部、額まで同様に。 『血の通り道』を開くことで、顔の血色が良くなります。 「目元の皮膚は、頬と比べてとっても薄くてデリケート。 それに最近はスマホの見過ぎや睡眠不足などで目元が疲れている人って本当に多いんですよね。 だけど専用のアイテムを使ったり、押したり揉もんだりほぐしたり…という調教ケアをしない人が多すぎ! 目と眉の周りには美人ツボがたくさんあるので、それを刺激しながら流すというお手入れがとても重要です。 若いうちから頑張りすぎると肌がたるむと思っている人、それは間違いよ!今すぐ本気のケアを始めることが5年後、10年後の美しさを決定づけます。 バランスの良い食生活を心掛けることも重要ですよ。 目ヂカラのある澄んだ瞳を手に入れれば、モテ運もアップすること間違いなし。 目頭からこめかみまで5往復くらい。 少し刺激を与えて、毛細血管の血流を促す。 目の下のシワをつまむ 今度はこめかみ側から、指先で表皮を軽くつまむ。 横にシワができている場合、それをのばすようにつまんで。 こちらも5往復。 目の周りの皮膚は薄いので、強くしすぎないよう フィンガープレスで形成 よーくほぐしたら、3指を目の下に当ててフィンガープレス。 指先の熱と水分で、ほぐした皮膚がじわーっと温まり、これだけでも目元がくっきり 眉頭を下から押し上げる 親指の腹を眉間の骨の下に当て、引き上げながら5秒。 ここは「攅竹」という、目の疲れやまぶたのむくみに効くツボ。 仕事の合間、「目が疲れたな」 というときに行うのも効果的。 目がパッチリする。 アイクリームを塗って、その上からホットアイマスクを。 カサつきが気になるときの緊急ケアに最適。 自分の肌色に合ったベージュを使うのがポイント。 何色か混ぜて色味を調整できるアイテムを使うとGOOD。 【STEP2】コンシーラーを指で下から上になじませる コンシーラーで引いたラインを指でぼかします。 ポイントは下から上になで上げるようになじませること。 くまの境目から目のキワにかけて薄くグラデーションにすると、よりナチュラルに仕上がります! 【濃いくまの場合】 濃いくまにはオレンジコンシーラーが必需品! 「ファンデーションを塗っても暗く沈み、アイメイクも濁るくらい濃いくまにはオレンジが不可欠!暗い部分でもオレンジのコンシーラーなら、厚塗りせずともパッとキレイに中和できるんです!」(林さん) メイク方法 【STEP1】くまの範囲全体にオレンジのコンシーラーをオン 特にくまが濃く、影になっている部分全体にオレンジ系のコンシーラーをのせます。 青暗い色は補色であるオレンジ系カラーで1度中和することがポイント。 ムラにならないよう指で丁寧になじませて。 【STEP2】気になる部分にはベージュを重ね塗り! 特にくまの濃い部分など、気になる部分にだけ、ベージュ系のコンシーラーを重ね塗り。 薄いくまをカバーするときと同様、ライン状に塗った後、薄く指でぼかしましょう。 夕方の日差しや室内ならハデに光らないし、目元が潤んで見えてイキイキ感も復活。 指先にとり、3か所くらいに分けてポンポンと下まぶたへおいていきます。 下まつげをカラーチェンジ 下まつげの色を黒からブラウンへトーンアップし、下まぶたを明るく演出。 1のアイカラーとのコントラストも弱まり、より自然な仕上がりに。 青くまの対策 疲労顔の元凶「青くま」が悪化するNG習慣3つ 青くまの即効ケア法 ビタミンC美容液とマッサージでくすみ払拭 中指または薬指で、目頭側から目尻側へと上下のまぶたを軽く押して。 目元用の美容液やクリームを塗りながらマッサージをすると、滑りが良く摩擦が軽減されます。 *価格はすべて税抜きです。

次の

目の下のクマ対策のマッサージの間違った方法とその回避方法

目の下 の クマ マッサージ

青クマ• 赤クマ• 茶クマ• 黒クマ なんです。 特に厄介なのが「黒クマ」。 黒クマってクマの中でもボス的存在なんですよ。 だからね~なかなか倒せません(笑) 年齢とともに皮膚のたるみが酷くなってきますから、目の下がくぼんだように見えて、尚更、黒く見えてしまうんですよね。 クマには種類が4つある クマは若い人でも悩んでいる人って多いんですよね。 ちょっと寝不足が続いたりすると、クマがくっきりってこともあります どっちかといえば、ぱっちりお目々の彫りの深い顔立ちの人のほうがクマで悩んでいた気がするんですよ~ 私は平たい顔の弥生顔なので、あんまりクマで悩んだことがなかったかも・・・ そして、このクマはメイクで隠すにも、ちょっとしたコツが必要です。 (詳しくは後ほど!) クマには4つの種類がありますが、簡単に改善できるものから順番に書いていきます。 よく化粧品で目元ふっくらなんてものがありますが、コラーゲンやヒアルロン酸を化粧品で補っても、肌にはバリア機能があるので、異物とみなしてしまい真皮までは残念ながら届かないんですって。 私は読めなかったので一応ふりがなをふっておきました(笑) 目の下がぷくっとしたふくらみがあると眼窩脂肪が突出して黒クマができてしまうんですって。 目の周りには眼輪筋という筋肉があるんですが、この 眼輪筋が年齢と共に弱くなってしまうことが原因だとか。 年々足腰が弱くなっていることは実感してるけど、全身のあらゆる筋肉が衰えてきているってことなんですね~(泣)でも、筋肉はいくつになっても鍛えられるとか!まだまだ希望は持っていたい私なのでした。 糖質の摂りすぎでも黒クマ、くぼみができる? 糖質を摂りすぎると黒クマ、くぼみができるって本当? 私たちの細胞の主成分はタンパク質です。 そのタンパク質と食事から摂取した糖が結びついたものが AGEなんですね。 このAGEが厄介なのは コラーゲンに影響を与えてしまうというところ。 真皮にあるコラーゲンって繊維状で強度もあるらしいんです。 だから、コラーゲンが減るっていうより、変化してしまうっていうほうが正しいみたいですね。 どのように変化するかって? ハリがあったコラーゲンの繊維がダラ~ンとたるんでしまうっていうことです。 だから、ハリがなくなちゃうんですね・・・ コラーゲンは肌だけでなく、内臓や骨、血管などあらゆる部位を作ってくれているので、肌の弾力がなくなるだけならいいですが(良くはないですけど)、 シミや シワ、 骨粗しょう症、 動脈硬化や 脳卒中、 サルコペニアなどになってしまうと聞いて怖くなりました・・・ 「リンパずらし」をやってみたんですけど、あまり効果がなかったんですよ~でも、他のリンパマッサージを試してみたら、1週間で顔のたるみとほうれい線に効果があったんです!これおススメですよ!詳しくはこちらを見てくださいね。 この後にスキンケアをすると、より肌がしっとりするので メイクノリも良くなりますよ。 ぜひお試しを~! 毎朝、メイクをする前に 蒸しタオルを使って顔全体と首筋も一緒に温めてるんです。 すると、メイクノリも良くなるし、くすみも解消される感じがしますよ。 蒸しタオルは電子レンジでチンするだけなので、とっても楽ちん!チン! お助けアイテムコンシーラーで黒クマを消す 悩みのシミやクマを消すのに便利なお助けアイテムがコンシーラー。 初めて使ったときは、ちょっとしたコツが必要だと思ったんですけど、慣れるとこんなに便利なものはないですね(笑) いや~コンシーラーって超便利アイテム! ファンデーションだと黒クマを隠そうと厚塗りになってしまう上、シワが目立ってしまうという最悪の仕上がりになっちゃうけど、コンシーラーなら、指先でポンポンと伸ばすだけなので、本当に楽ですよね~ お出かけのときは必須のアイテムです! アットコスメで人気のコンシーラー 「クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールヴィサージュ」は50代に人気のコンシーラー。 クリーミーな使い心地ですが、軽くなめらかにスーッと伸びます。 プチプラの固めのコンシーラーを使ったことがありますが、 伸びが悪くいので皮膚を引っ張ってしまうんですよ~ 「クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールヴィサージュ」が50代以上に人気なのも頷けます! おススメは ハイライト的に使いたいので「LO」がいいと思いました。 スティック状なので、細かい部分に使いたいときは筆を使っても良いみたいですよ。 7時間睡眠でエイジングケア 睡眠不足だとね~ 目の下の黒クマやくぼみが、更に酷くなっている気がするんですよ・・・ 日本人って諸外国に比べて睡眠時間が少ないんですってね! 世界主要28国の中で日本は平均睡眠時間が一番短いんだそうな・・・ ブラック企業も多いから働きすぎなのかなぁ??? で、日本人の平均睡眠時間は6時間30分。 せめて 7時間睡眠は確保したいところ。 ちなみに1位だったのは、フィンランド・ベルギーの7時間45分! 特に 眠り始めの3時間はシンデレラタイムと言われるくらい大事なんですけどね~ 日本人は睡眠の質も悪いそうなので、睡眠の質を高める努力も必要らしいんです。 ブルーライトの影響で自立神経が乱れるって話も聞くので、布団に入ってからのスマホは止めましょうね・・・ 睡眠の妨げにならないように、夜寝る前のスマホやパソコンはほどほどに!ブルーライトを浴びていると睡眠の質が悪くなってしまうとか・・・眠り始めの3時間はなんの努力をしなくても身体が勝手に修復をしてくれるんですって!まさに シンデレラタイム!これを利用しない手はないですよね~ 最終手段!美容外科で黒クマを解消 自宅ケアで解消できないときは美容外科という手もある 自宅ケアでどうにもならない!というときは、最終手段で美容外科という選択肢もあります。 私は、目の下の黒クマやくぼみには、ヒアルロン酸注入が一般的だと思っていたんですけど、今はいろんな方法があるんですね~ 今は、「 ヒアルロン酸注入」「 切る方法」と「 切らない方法」があるんだそうです。 水溶性抗酸化成分・・・ ビタミンC• 脂溶性抗酸化成分・・・ ビタミンE、カロテン、アスタキサンチン、リコピン、コエンザイムQ10など• ポリフェノール類・・・ アントシアニン、カテキン、セサミン、ルテインなど それでは、3つの成分について簡単にお話しをしていきますね。 水溶性抗酸化成分とは? 水溶性抗酸化成分とは? 水溶性なので水に溶ける成分です。 水溶性抗酸化成分は、野菜の他にも、 オレンジや みかんなどの柑橘系、 いちごや キウイフルーツにも多く含まれていますよ。 ビタミンCは熱に弱いのが特徴ですが、じゃがいもなんかは熱に強い食材。 炒め物やみそ汁などにも入れて、積極的に食べたいですね。 夏はアイスの代わりに果物を冷凍して食べたりします。 ブルーベリーは冷凍物が売っていたりしますが、デラウェアなんかは、種もないので食べやすいですよ~スイカの皮は漬物にします。 りんごも皮を剥かずに スターカットにして食べちゃいます。 上の写真がスターカット!まさに真ん中の種が入ってる部分がお星様のよう!真似っ子して食べてみてくださいね^^ 黒クマ予防のためにスキンケアはしっかりと! 黒クマ予防のためには正しい保湿ケアをすることが大切 スキンケアの基本は第一に保湿です。 目元専用のアイクリームも保湿に重点をおいたものが多いのも保湿を重点においてるからなのかもですね~ よくある間違いが、コラーゲンやヒアルロン酸配合の化粧品で目元をふっくらさせるというもの。 実は、 真皮のコラーゲンやヒアルロン酸を増やすためには、化粧品では効果がありません。 なぜなら、化粧品が浸透するのは角質層までだからなんですね。 つまり、化粧品の成分である コラーゲンやヒアルロン酸は保湿剤というわけなんです。 シワを改善するシワ対策コスメならまだしも、一般の化粧品にはコラーゲンやヒアルロン酸を増やすことは残念ながらできないんですってよ~ であっても、予防はできますが、あくまでも予防。 改善することはできません。 美容外科なら 真皮のコラーゲンを増やす施術があります。 紫外線対策はしっかりと! 黒クマ予防のために紫外線対策はしっかりと! 肌が老化するのは加齢だけじゃないんですってよ~ もちろん、 加齢でも肌は老化するんですけど、一番の原因は光老化なんですって。 そうなんだ~知らなかった・・・ でもですよ!紫外線対策は大事だと思っていても、完璧に紫外線をカットするのは難しいんです。 その理由はですね~紫外線は乱反射するからなんですよ~ 紫外線には 直射光と 散乱光があるんですって。 だからこそ、日々の紫外線対策はしっかりとしたいものです。 やるとやらないとでは、5年後10年後違いが出てくるんだそうな・・・怖~い 乾燥した肌は日焼けをしやすいです。 なぜなら、肌が乾燥しているとバリア機能が低下しているからなんですね。 角質層にあるバリア機能の役割の1つが「紫外線から肌を守る」なんです。 年齢肌対策に保湿ケアが重要だというのはバリア機能を正常に働いてもらうためでもありますよ。 上の写真はいつも私が使ってるサングラス。 私は目からの紫外線も気になるので 薄い色のサングラスをかけてます(笑)ちょっと見怪しい人に見えるかもしれないけど、これ以上肌悩みは増やしたくないんですもの! ヒト型セラミドでしっかり保湿 保湿成分で最強のものはヒト型セラミドです 引用元: スキンケアの基本は保湿です。 若い人ならば、コラーゲンやヒアルロン酸が配合のものでも十分潤うと思うんですけどね~ 40代以降は、ちょっと難しくなるんですよ・・・ 私も、若いときからず~っとで悩んできたんですけど、閉経後は更に酷くなり、何をしてもダメだったんです。 いろいろ失敗を繰り返し、書籍を読んで勉強しました。 美白ケアは予防であって、改善はできませんよ。 そもそも、黒クマやくぼみは美白ケア成分では改善しないので、一生懸命にお手入れをしても無駄!だということですね。 今あるシミは消せない!んですって ガーン! 乾燥によるくすみであれば、正しい保湿ケアをすると、キメが整ってきて肌が明るくなりますよ~ エイジングケアには、やっぱり保湿をするのが一番なのです。

次の