テリーのワンダーランドレトロ スカイドラゴン。 旅の扉別出現モンスター一覧〜ドラゴンクエストモンスターズ・テリーのワンダーランド攻略サイト新生スペクタルコロニー〜

【スマホ版】テリーのワンダーランドレトロ攻略ブログ|OP~守りの扉まで

テリーのワンダーランドレトロ スカイドラゴン

もくじ• テリーのワンダーランドとは テリーのワンダーランド、 通称テリワンは、ドラクエに登場するモンスターたちを従え、育成し、戦わせるゲームです。 主人公のテリーは ドラクエ6のあのテリー。 通称「引換券」のテリー。 ある日突然、テリーの 姉のミレーユがなにやら悪そうなモンスターに連れ去られてしまい、姉を助けに行くところから冒険がスタートします。 そしてスライム1匹を渡され、あちこちの異世界を渡り歩き、様々なモンスターと出会い、闘技場を勝ち抜き…。 あぁぁなんて神ゲーなんだ…!!! テリワンの思い出 テリワンが発売されたのは1998年。 その頃ぼくは小学生でした。 なんとか親にテリワンを買ってもらい、毎日ワクワクしながらプレイしていました。 とくに楽しかったのは、 配合システム。 モンスターを2匹選んで「配合」すると新たなモンスターが生まれるのですが、その組み合わせによっては 非常にレアなモンスターが生まれるんです。 レアなモンスターを自力で生み出せた時は死ぬほど喜んだものです。 レア度の高いモンスターは配合することでしか入手できず、どのモンスターとどのモンスターを掛け合わせるとレアなモンスターが生まれるのかを知りたすぎて死にそうでした。 今はネットが発達しているので知りたい情報がすぐに手に入りますが、当時は学校の情報通から配合情報を仕入れていました。 衝撃だったのは、なんと ドラクエ歴代の魔王まで配合で生み出せるということ。 つまり、りゅうおうからデスタムーア、さらにはダークドレアムまで、仲間モンスターとして従えることができるのです…!!! クラスの情報通は、いち早く ゾーマや デスピサロを仲間にした画面を見せつけてきて、とんでもなくうらやましかったのを今でも覚えています。 ちょっと遅れてぼくも配合情報を知り、魔王たちを従えました。 そんなテリワン漬けの日々がとても楽しかったです。 テリワンリメイクは別ゲーだった 2012年、テリワンが ニンテンドー3DSでリメイクされて狂喜乱舞しました。 …が、いざプレイしてみるとそれはもう 別ゲーでした。 登場人物やBGMこそテリワンのキャラですが、ストーリーはわりと大きく変わり、モンスターを仲間にするのも肉を与えるのではなくジョーカーシリーズのシステムである「 スカウト」。 配合で掛け合わせるモンスター、生まれるモンスターも 当時のものとはまったく別のものに。 わりとガッカリして、これはテリーのキャラを借りたモンスターズジョーカーの最新作なんだと思い込んでプレイしました。 まぁ、それでもきちんと全クリしてレアモンスターはほとんど入手しましたがね。 今回配信されたテリワンRETROはリメイク版ではなくGBのオリジナル版。 これが本物のテリワンです。 ドット絵サイコ〜!! みなさんももう一度テリワンをプレイしませんか? ぼくと同世代、現在30代前半くらいの人はほとんどの人 言い過ぎ が当時テリワンをプレイしているかと思います。 その後はリメイクはされたものの、 オリジナル版をそのままもう一度プレイできる機会はありませんでした。 それが突然、スイッチで配信されることになり狂喜乱舞したことでしょう。 なつかしのゲームをプレイするとあの頃の思い出がよみがえります。 小学生の頃、とても仲がよかったアイツら…。 みんなで配合情報を共有したり、お見合いしたり、バトルしたり。。。 もう一度小学生に戻ってみたいですね。。。 まだテリワンを購入していない人は、ぜひ買ってプレイしてください。 思い出補正なんかではありません。 テリワンは紛れもなく神ゲーです。 テリワンRETROから購入できます。 おまけ : 配合表 スライム系 配合結果 配合1 配合2 ドラゴスライム スライム系 ドラゴン系 ぶちスライム スライム系 けもの系 はねスライム スライム系 とり系 スライムツリー スライム系 しょくぶつ系 スライムつむり スライム系 むし系 スライムナイト スライム系 あくま系 バブルスライム スライム系 ゾンビ系 バブルスライム スライム系 デスファレーナ バブルスライム スライム系 ポイズンリザード ボックススライム スライム系 ぶっしつ系 スライム スライム スライム系 ホイミスライム スライム系 ファーラット ホイミスライム スライム系 ファンキーバード ホイミスライム スライム系 マッドプラント ホイミスライム スライム系 マネマネ スライムファング スライム系 アルミラージ スライムファング スライム系 キラーパンサー スライムファング スライム系 キングレオ スライムファング スライム系 ストロングアニマル スライムファング スライム系 ダークホーン スライムファング スライム系 パオーム ストーンスライム スライム系 うごくせきぞう ストーンスライム スライム系 ゴーレム ストーンスライム スライム系 しりょうのきし ストーンスライム スライム系 ダンジョンえび ストーンスライム スライム系 ばくだんいわ スライムボーグ ストーンスライム グレイトドラゴン スライムボーグ ストーンスライム スカイドラゴン スライムボーグ ストーンスライム ソードドラゴン スライムボーグ ストーンスライム デンタザウルス スライムボーグ ストーンスライム バトルレックス スライムボーグ スライムナイト グレイトドラゴン スライムボーグ スライムナイト スカイドラゴン スライムボーグ スライムナイト ソードドラゴン スライムボーグ スライムナイト デンタザウルス スライムボーグ スライムナイト バトルレックス スライムボーグ スライム系 キラーマシン スライムボーグ ドラゴスライム グレイトゴラゴン スライムボーグ ドラゴスライム スカイドラゴン スライムボーグ ドラゴスライム ソードドラゴン スライムボーグ ドラゴスライム デンタザウルス スライムボーグ ドラゴスライム バトルレックス スライムボーグ はぐれメタル グレイトドラゴン スライムボーグ はぐれメタル スカイドラゴン スライムボーグ はぐれメタル ソードドラゴン スライムボーグ はぐれメタル デンタザウルス スライムボーグ はぐれメタル バトルレックス スラッピー スライム系 スカルガルー ぶちキング キングスライム ギガンテス ぶちキング キングスライム キングレオ ぶちキング キングスライム グレイトドラゴン ぶちキング キングスライム サンダーバード ぶちキング キングスライム しにがみきぞく ぶちキング キングスライム しんりゅう ぶちキング キングスライム ずしおうまる ぶちキング キングスライム バトルレックス ぶちキング キングスライム ヘルコンドル ぶちキング キングスライム ユニコーン ぶちキング キングスライム ロックちょう ぶちキング キングスライム ワイトキング ぶちキング ぶちスライム ぶちスライム ぶちキング メタルキング ギガンテス ぶちキング メタルキング グレイトドラゴン ぶちキング メタルキング サンダーバード ぶちキング メタルキング しみがみきぞく ぶちキング メタルキング しんりゅう ぶちキング メタルキング ずしおうまる ぶちキング メタルキング バトルレックス ぶちキング メタルキング ヘルコンドル ぶちキング メタルキング ユニコーン ぶちキング メタルキング ロックちょう ぶちキング メタルキング ワイトキング キングスライム スライム スライム キングスライム スライム系 ???系 キングスライム ぶちキング ギガンテス キングスライム ぶちキング キングレオ キングスライム ぶちキング グレイトドラゴン キングスライム ぶちキング サンダーバード キングスライム ぶちキング しにがみきぞく キングスライム ぶちキング しんりゅう キングスライム ぶちキング ずしおうまる キングスライム ぶちキング ヘルコンドル キングスライム ぶちキング ユニコーン キングスライム ぶちキング ロックちょう キングスライム ぶちキング ワイトキング メタルスライム スライム系 メタルドラゴン はぐれメタル メタルスライム メタルスライム メタルキング キングスライム メタルドラゴン メタルキング はぐれメタル はぐれメタル メタルキング ぶちキング メタルドラゴン ゴールデンスライム キングスライム ゴールデンゴーレム ゴールデンスライム ぶちキング ゴールデンゴーレム ゴールデンスライム メタルキング ゴールデンゴーレム ゴールデンスライム メタルキング メタルキング ドラゴン系 配合結果 配合1 配合2 ドラゴンキッズ ドラゴン系 スライム系 ガメゴン ドラゴン系 けもの系 プテラノドン ドラゴン系 とり系 フーセンドラゴン ドラゴン系 しょくぶつ系 フェアリードラゴン ドラゴン系 むし系 リザードマン ドラゴン系 あくま系 ポイズンリザード ドラゴン系 ゾンビ系 ソードドラゴン ドラゴン系 ぶっしつ系 ドラゴン ドラゴンキッズ ドラゴンキッズ コドラ ドラゴン系 ピッキー ドラゴンマッド ドラゴン系 ストロングアニマル ドラゴンマッド フーセンドラゴン けもの系 ライバーン リザードマン ヘルコンドル ライバーン リザードマン アンクルホーン ライバーン リザードマン ギガンテス ライバーン リザードマン キラーパンサー ライバーン リザードマン じごくのもんばん ライバーン リザードマン じんめんじゅ ライバーン リザードマン パオーム ライバーン リザードマン はねスライム ライバーン リザードマン ライオネック おおイグアナ ドラゴン系 うごくせきぞう リザードフライ ドラゴン系 キリキリバッタ アンドレアル スカイドラゴン ミステリドール アンドレアル スカイドラゴン キリキリバッタ アンドレアル スカイドラゴン アークデーモン アンドレアル スカイドラゴン アクバー アンドレアル スカイドラゴン アンクルホーン アンドレアル スカイドラゴン オーガー アンドレアル スカイドラゴン ゴートゴン アンドレアル スカイドラゴン ゴーレム アンドレアル スカイドラゴン しにがみきぞく アンドレアル スカイドラゴン パオーム アンドレアル スカイドラゴン ファンキーバード アンドレアル スカイドラゴン ヘルコンドル アンドレアル スカイドラゴン ライオネック アンドレアル スカイドラゴン ロックちょう アンドレアル ドラゴンマッド アークデーモン アンドレアル ドラゴンマッド アクバー アンドレアル ドラゴンマッド オーガー アンドレアル ドラゴンマッド ゴートドン アンドレアル ドラゴンマッド ゴーレム アンドレアル ドラゴンマッド しにがみきぞく アンドレアル ドラゴンマッド パオーム アンドレアル ドラゴンマッド ファンキーバード アンドレアル ドラゴンマッド ヘルコンドル アンドレアル ドラゴンマッド ライオネック アンドレアル ドラゴンマッド ロックちょう アンドレアル ドラゴン系 ガップリン アンドレアル バトルレックス アークデーモン アンドレアル バトルレックス アクバー アンドレアル バトルレックス アンクルホーン アンドレアル バトルレックス オーガー アンドレアル バトルレックス ゴートドン アンドレアル バトルレックス しにがみきぞく アンドレアル バトルレックス パオーム アンドレアル バトルレックス ファンキーバード アンドレアル バトルレックス ヘルコンドル アンドレアル バトルレックス ライオネック アンドレアル バトルレックス ロックちょう アンドレアル フーセンドラゴン アークデーモン アンドレアル フーセンドラゴン アクバー アンドレアル フーセンドラゴン アンクルホーン アンドレアル フーセンドラゴン オーガー アンドレアル フーセンドラゴン ゴートドン アンドレアル フーセンドラゴン しにがみきぞく アンドレアル フーセンドラゴン パオーム アンドレアル フーセンドラゴン ファンキーバード アンドレアル フーセンドラゴン ヘルコンドル アンドレアル フーセンドラゴン ライオネック アンドレアル フーセンドラゴン ロックちょう キングコブラ ドラゴン系 バブルスライム デンタザウルス ドラゴン系 ぐんたいガニ デンタザウルス ドラゴン系 ダンジョンえび グレイトドラゴン ドラゴン ドラゴン グレイトドラゴン ドラゴンキッズ ドラゴンキッズ グレイトドラゴン ドラゴン系 ギガンテス グレイトドラゴン ドラゴン系 キングスライム グレイトドラゴン ドラゴン系 サンダーバード グレイトドラゴン ドラゴン系 ずしおうまる グレイトドラゴン ドラゴン系 バトルレックス グレイトドラゴン ドラゴン系 ぶちキング グレイトドラゴン ドラゴン系 メタルキング グレイトドラゴン ドラゴン系 ユニコーン グレイトドラゴン ドラゴン系 ロックちょう とさかへび ドラゴン系 おおにわとり ウイングスネーク とさかへび とさかへび コアトル ウイングスネーク ウイングスネーク コアトル スカイドラゴン あくまのきし コアトル スカイドラゴン うごくせきぞう コアトル スカイドラゴン ダークホーン コアトル スカイドラゴン マネマネ コアトル バトルレックス あくまのきし コアトル バトルレックス うごくせきぞう コアトル バトルレックス ダークホーン コアトル バトルレックス マネマネ コアトル フーセンドラゴン あくまのきし コアトル フーセンドラゴン うごくせきぞう コアトル フーセンドラゴン ダークホーン コアトル フーセンドラゴン マネマネ コアトル プテラノドン あくまのきし コアトル プテラノドン うごくせきぞう コアトル プテラノドン ダークホーン コアトル プテラノドン マネマネ コアトル リザードマン あくまのきし コアトル リザードマン うごくせきぞう コアトル リザードマン ダークホーン コアトル リザードマン マネマネ やまたのおろち アンドレアル メドーサボール やまたのおろち グレイトドラゴン メドーサボール やまたのおろち ドラゴン系 ???系 バトルレックス ドラゴン系 あくまのきし バトルレックス ドラゴン系 オーガー バトルレックス ドラゴン系 キングレオ バトルレックス ドラゴン系 デビルアーマー バトルレックス ドラゴン系 ライオネック スカイドラゴン ドラゴン系 ひくいどり しんりゅう スカイドラゴン やまたのおろち けもの系 配合結果 配合1 配合2 ベロゴン けもの系 スライム系 アルミラージ けもの系 ドラゴン系 キャットフライ けもの系 とり系 ファーラット けもの系 しょくぶつ系 ミノーン けもの系 むし系 ストロングアニマル アイアンタートル うごくせきぞう ストロングアニマル アイアンタートル キラーマシン ストロングアニマル アイアンタートル ゴーレム ストロングアニマル アイアンタートル ひょうがまじん ストロングアニマル アイアンタートル メタルドラゴン ストロングアニマル アイアンタートル ようがんまじん ストロングアニマル イエティ うごくせきぞう ストロングアニマル イエティ がいこつけんし ストロングアニマル イエティ キラーマシン ストロングアニマル イエティ ゴーレム ストロングアニマル イエティ しにがみきぞく ストロングアニマル イエティ スカルゴン ストロングアニマル イエティ ダンジョンえび ストロングアニマル イエティ ドラゴン系 ストロングアニマル イエティ ひょうがまじん ストロングアニマル イエティ メタルドラゴン ストロングアニマル イエティ ようがんまじん ストロングアニマル イエティ ワイトキング ストロングアニマル キラーエイプ うごくせきぞう ストロングアニマル キラーエイプ がいこつけんし ストロングアニマル キラーエイプ キラーマシン ストロングアニマル キラーエイプ ゴーレム ストロングアニマル キラーエイプ しにがみきぞく ストロングアニマル キラーエイプ スカルゴン ストロングアニマル キラーエイプ ダンジョンえび ストロングアニマル キラーエイプ ひょうがまじん ストロングアニマル キラーエイプ メタルドラゴン ストロングアニマル キラーエイプ ようがんまじん ストロングアニマル キラーエイプ ワイトキング ストロングアニマル グリズリー うごくせきぞう ストロングアニマル グリズリー がいこつけんし ストロングアニマル グリズリー キラーマシン ストロングアニマル グリズリー ゴーレム ストロングアニマル グリズリー しにがみきぞく ストロングアニマル グリズリー スカルゴン ストロングアニマル グリズリー ダンジョンえび ストロングアニマル グリズリー ドラゴン系 ストロングアニマル グリズリー ひょうがまじん ストロングアニマル グリズリー メタルドラゴン ストロングアニマル グリズリー ようがんまじん ストロングアニマル グリズリー ワイトキング ストロングアニマル グリズリー ???系 ストロングアニマル ゴートドン うごくせきぞう ストロングアニマル ゴートドン キラーマシン ストロングアニマル ゴートドン ゴーレム ストロングアニマル ゴートドン ひょうがまじん ストロングアニマル ゴートドン メタルドラゴン ストロングアニマル ゴートドン ようがんまじん ストロングアニマル パオーム がいこつけんし ストロングアニマル パオーム しにがみきぞく ストロングアニマル パオーム スカルゴン ストロングアニマル パオーム ダンジョンえび ストロングアニマル パオーム ドラゴン系 ストロングアニマル パオーム ワイトキング ストロングアニマル ビッグアイ ドラゴン系 ストロングアニマル ベロゴン がいこつけんし ストロングアニマル ベロゴン しにがみきぞく ストロングアニマル ベロゴン スカルゴン ストロングアニマル ベロゴン ダンジョンえび ストロングアニマル ベロゴン ワイトキング ストロングアニマル ユニコーン うごくせきぞう ストロングアニマル ユニコーン がいこつけんし ストロングアニマル ユニコーン キラーマシン ストロングアニマル ユニコーン ゴーレム ストロングアニマル ユニコーン しにがみきぞく ストロングアニマル ユニコーン スカルゴン ストロングアニマル ユニコーン ダンジョンえび ストロングアニマル ユニコーン ひょうがまじん ストロングアニマル ユニコーン メタルドラゴン ストロングアニマル ユニコーン ようがんまじん ストロングアニマル ユニコーン ワイトキング スカルガルー けもの系 ゾンビ系 かまいたち キャットフライ とり系 かまいたち けもの系 ぶっしつ系 アントベア ミーノン ドラゴン系 スーパーテンツク ストロングアニマル おどるほうせき スーパーテンツク ストロングアニマル グレムリン スーパーテンツク ストロングアニマル じんめんじゅ スーパーテンツク ストロングアニマル スライムツリー スーパーテンツク ストロングアニマル スライムファング スーパーテンツク ストロングアニマル ドラゴンマッド スーパーテンツク ストロングアニマル ベビーサタン スーパーテンツク ストロングアニマル マッドプラント スーパーテンツク ストロングアニマル マネマネ スーパーテンツク ストロングアニマル リップス スーパーテンツク ベロゴン おどるほうせき スーパーテンツク ベロゴン グレムリン スーパーテンツク ベロゴン じんめんじゅ スーパーテンツク ベロゴン スライムツリー スーパーテンツク ベロゴン スライムファング スーパーテンツク ベロゴン ドラゴンマッド スーパーテンツク ベロゴン ファンキーバード スーパーテンツク ベロゴン ベビーサタン スーパーテンツク ベロゴン マッドプラント スーパーテンツク ベロゴン マネマネ スーパーテンツク ベロゴン ミミック スーパーテンツク ベロゴン リップス スーパーテンツク けもの系 マッドロン アイアンタートル けもの系 ガメゴン ももんじゃ けもの系 ダッグカイト おおきづち けもの系 きりかぶおばけ グリズリー けもの系 うごくせきぞう グリズリー けもの系 キラーマシン グリズリー けもの系 ゴーレム グリズリー けもの系 ひょうがまじん グリズリー けもの系 メタルドラゴン グリズリー けもの系 ようがんまじん グリズリー けもの系 あくま系 イエティ アイアンタートル ソードドラゴン イエティ アイアンタートル ドラゴンマッド イエティ アイアンタートル バトルレックス イエティ アイアンタートル フーセンドラゴン イエティ アイアンタートル プテラノドン イエティ キラーエイプ スカイドラゴン イエティ キラーエイプ ソードドラゴン イエティ キラーエイプ ドラゴンマッド イエティ キラーエイプ バトルレックス イエティ キラーエイプ フーセンドラゴン イエティ キラーエイプ プテラノドン イエティ キラーパンサー スカイドラゴン イエティ キラーパンサー ソードドラゴン イエティ キラーパンサー ドラゴンマッド イエティ キラーパンサー バトルレックス イエティ キラーパンサー フーセンドラゴン イエティ キラーパンサー プテラノドン イエティ ゴートドン スカイドラゴン イエティ ゴートドン ソードドラゴン イエティ ゴートドン ドラゴンマッド イエティ ゴートドン バトルレックス イエティ ゴートドン フーセンドラゴン イエティ ゴートドン プテラノドン イエティ けもの系 オーク キラースコップ けもの系 ひとくいサーベル フェアリーラット けもの系 リザードフライ ユニコーン イエティ スライム系 ユニコーン キラーエイプ スライム系 ユニコーン グリズリー スライム系 ユニコーン ゴートドン スライム系 ユニコーン ストロングアニマル スライム系 ユニコーン ベロゴン スライム系 ユニコーン けもの系 スライムファング ゴートドン けもの系 ドラゴスライム ゴートドン けもの系 リザードマン キラーエイプ アルミラージ ドラゴン系 キラーエイプ けもの系 デッドペッカー パオーム イエティ サンダーバード パオーム イエティ ヘルコンドル パオーム イエティ モーザ パオーム イエティ ロックちょう パオーム キラーエイプ キラーエイプ パオーム グリズリー サンダーバード パオーム グリズリー ヘルコンドル パオーム グリズリー モーザ パオーム グリズリー ロックちょう パオーム スーパーテンツク ドラゴン系 パオーム ストロングアニマル うごくせきぞう パオーム ストロングアニマル キラーマシン パオーム ストロングアニマル ゴーレム パオーム ストロングアニマル サンダーバード パオーム ストロングアニマル バルザック パオーム ストロングアニマル ひょうがまじん パオーム ストロングアニマル ヘルコンドル パオーム ストロングアニマル メタルドラゴン パオーム ストロングアニマル モーザ パオーム ストロングアニマル ようがんまじん パオーム ストロングアニマル ロックちょう パオーム ベロゴン サンダーバード パオーム ベロゴン ヘルコンドル パオーム ベロゴン モーザ パオーム ベロゴン ロックちょう キングレオ キラーマシン キラーパンサー キングレオ キラーマシン スーパーテンツク キングレオ キラーマシン ストロングアニマル キングレオ キラーマシン ダークホーン キングレオ キラーマシン パオーム キングレオ キラーマシン ユニコーン キングレオ パオーム ゴールデンゴーレム キングレオ パオーム パオーム キングレオ パオーム バルザック キングレオ パオーム メタルドラゴン ダークホーン けもの系 ???系 キラーパンサー けもの系 ドラゴン ビッグアイ けもの系 おおめだま とり系 配合結果 配合1 配合2 ピッキー とり系 スライム系 キメラ とり系 ドラゴン系 あばれうしどり とり系 けもの系 はなカワセミ とり系 しょくぶつ系 ダッグカイト とり系 むし系 デッドペッカー とり系 あくま系 デスフラッター とり系 ゾンビ系 ミストウイング とり系 ぶっしつ系 ドラキー ピッキー スライム系 おおにわとり おおにわとり とり系 ガンコどり とり系 ストーンスライム モーザ あばれうしどり けもの系 キラーグース キメラ ゾンビ系 キラーグース キメラ ドラゴン系 キラーグース ひくいどり ゾンビ系 キラーグース ひくいどり ドラゴン系 キラーグース ヘルコンドル ゾンビ系 キラーグース ヘルコンドル ドラゴン系 キラーグース モーザ ゾンビ系 キラーグース モーザ ドラゴン系 キラーグース とり系 ドロル ヘルコンドル モーザ あくま系 ヘルコンドル とり系 ねじまきどり ホークブリザード とり系 イエティ ホークブリザード とり系 がいこつけんし ホークブリザード とり系 ゴートドン ホークブリザード とり系 しにがみきぞく ホークブリザード とり系 スーパーテンツク ホークブリザード とり系 スカルゴン ホークブリザード とり系 パオーム ホークブリザード とり系 はぐれメタル ホークブリザード とり系 ひょうがまじん ホークブリザード とり系 まおうのつかい ホークブリザード とり系 メタルスライム ホークブリザード とり系 ワイトキング ひくいどり とり系 アークデーモン ひくいどり とり系 アイアンタートル ひくいどり とり系 ギズモ ひくいどり とり系 グリズリー ひくいどり とり系 ストロングアニマル ひくいどり とり系 ドラゴスライム ひくいどり とり系 マネマネ ひくいどり とり系 ようがんまじん ひくいどり とり系 スカイドラゴン サンダーバード ひくいどり ギズモ サンダーバード ヘルコンドル ギズモ サンダーバード ロックちょう ギズモ サンダーバード とり系 ???系 ロックちょう キラーグース うごくせきぞう ロックちょう キラーグース ゴーレム ロックちょう キラーグース ストーンスライム ロックちょう キラーグース スライムボーグ ロックちょう キラーグース ダンジョンえび ロックちょう キラーグース メタルドラゴン ロックちょう サンダーバード うごくせきぞう ロックちょう サンダーバード ゴーレム ロックちょう サンダーバード ストーンスライム ロックちょう サンダーバード スライムボーグ ロックちょう サンダーバード ダンジョンえび ロックちょう サンダーバード メタルドラゴン ロックちょう ヘルコンドル うごくせきぞう ロックちょう ヘルコンドル ゴーレム ロックちょう ヘルコンドル ストーンスライム ロックちょう ヘルコンドル スライムボーグ ロックちょう ヘルコンドル ダンジョンえび ロックちょう ヘルコンドル メタルドラゴン ロックちょう ホークブリザード うごくせきぞう ロックちょう ホークブリザード ゴーレム ロックちょう ホークブリザード ストーンスライム ロックちょう ホークブリザード スライムボーグ ロックちょう ホークブリザード ダンジョンえび ロックちょう ホークブリザード メタルドラゴン ロックちょう モーザ うごくせきぞう ロックちょう モーザ ゴーレム ロックちょう モーザ ストーンスライム ロックちょう モーザ スライムボーグ ロックちょう モーザ ダンジョンえび ロックちょう モーザ メタルドラゴン ロックちょう とり系 ライバーン ファンキーバード とり系 ダンズキャロット にじくじゃく ホークブリザード ひくいどり しょくぶつ系 配合結果 配合1 配合2 マッドプラント しょくぶつ系 スライム系 かりゅうそう しょくぶつ系 ドラゴン系 はなまどう しょくぶつ系 けもの系 ふゆうじゅ しょくぶつ系 とり系 サボテンボール しょくぶつ系 むし系 ガップリン しょくぶつ系 あくま系 マタンゴ しょくぶつ系 ゾンビ系 コハクそう しょくぶつ系 ぶっしつ系 きりかぶおばけ コハクそう けもの系 オニオーン しょくぶつ系 せみもぐら ダンスキャロット マッドプラント けもの系 ダンスキャロット しょくぶつ系 トーテムキラー ヘルボックル しょくぶつ系 ピクシー じんめんじゅ マンドラゴラ ドラゴン系 じんめんじゅ しょくぶつ系 ナイトウイプス マンドラゴラ ダンスキャロット あくま系 マンドラゴラ しょくぶつ系 ファンキーバード ビーンファイター しょくぶつ系 ファーラット エビルシード しょくぶつ系 あくまのカガミ エビルシード しょくぶつ系 おおめだま エビルシード しょくぶつ系 じんめんちょう エビルシード しょくぶつ系 ストーンスライム エビルシード しょくぶつ系 ダークアイ エビルシード しょくぶつ系 ダッグカイト エビルシード しょくぶつ系 ビッグアイ エビルシード しょくぶつ系 メーダ マンイーター エビルシード エビルシード ひとくいそう マンイーター マンイーター ローズバトラー しょくぶつ系 ???系 わたぼう ダークドレアム デスタムーア むし系 配合結果 配合1 配合2 おおなめくじ むし系 スライム系 キャタピラー むし系 ドラゴン系 せみもぐら むし系 けもの系 じんめんちょう むし系 とり系 とうちゅうかそう むし系 しょくぶつ系 おおみみず むし系 あくま系 リップス むし系 ゾンビ系 はさみくわがた むし系 ぶっしつ系 ぐんたいアリ コハクそう けもの系 キリキリバッタ キリキリバッタ むし系 テールイーター とうちゅうかそう けもの系 テールイーター むし系 しょくぶつ系 よろいむかで おおみみず ぶっしつ系 よろいむかで ドロル ドラゴン系 よろいむかで むし系 アイアンタートル メーダ キャタピラー けもの系 メーダ むし系 コハクそう デスファレーナ じんめんちょう あくま系 デスファレーナ むし系 ミノーン ドロル じんめんちょう じんめんちょう ドロル じんめんちょう テールイーター ドロル じんめんちょう メーダ ドロル テールイーター じんめんちょう ドロル テールイーター テールイーター ドロル テールイーター メーダ ドロル メーダ じんめんちょう ドロル メーダ テールイーター ドロル メーダ メーダ ドロル リップス スライム ドロル むし系 ゴースト ぐんたいガニ むし系 ダーククラブ ヘルホーネット ドロル ゾンビ系 ヘルホーネット メーダ ゾンビ系 ヘルホーネット むし系 フェアリーラット ホーンビードル はさみくわがた はさみくわがた ホーンビードル よろいむかで あくま系 さそりアーマー ホーンビードル ホーンビードル あくま系 配合2 ピクシー あくま系 スライム系 アークデーモン オーガー ドラゴン系 アークデーモン ギガンテス アンドレアル アークデーモン ギガンテス うごくせきぞう アークデーモン ギガンテス キングスライム アークデーモン ギガンテス キングレオ アークデーモン ギガンテス グレイトドラゴン アークデーモン ギガンテス サンダーバード アークデーモン ギガンテス パオーム アークデーモン ギガンテス ぶちキング アークデーモン ギガンテス メタルキング アークデーモン ギガンテス メタルドラゴン アークデーモン ギガンテス やまたのおろち アークデーモン ギガンテス ロックちょう アークデーモン グレンデル アンドレアル アークデーモン グレンデル うごくせきぞう アークデーモン グレンデル キングスライム アークデーモン グレンデル キングレオ アークデーモン グレンデル グレイトドラゴン アークデーモン グレンデル サンダーバード アークデーモン グレンデル パオーム アークデーモン グレンデル ぶちキング アークデーモン グレンデル メタルキング アークデーモン グレンデル メタルドラゴン アークデーモン グレンデル やまたのおろち アークデーモン グレンデル ロックちょう アークデーモン じごくのもんばん ゾンビ系 アークデーモン シルバーデビル アンドレアル アークデーモン シルバーデビル うごくせきぞう アークデーモン シルバーデビル キングスライム アークデーモン シルバーデビル キングレオ アークデーモン シルバーデビル グレイトドラゴン アークデーモン シルバーデビル サンダーバード アークデーモン シルバーデビル パオーム アークデーモン シルバーデビル メタルキング アークデーモン シルバーデビル メタルドラゴン アークデーモン シルバーデビル やまたのおろち アークデーモン シルバーデビル ロックちょう アークデーモン あくま系 ???系 シルバーデビル グレムリン ドラゴン系 シルバーデビル スカルライダー ドラゴン系 シルバーデビル ヘルビースト ドラゴン系 シルバーデビル メドーサボール ドラゴン系 ベビーサタン あくま系 とり系 ダークアイ あくま系 しょくぶつ系 おおめだま あくま系 むし系 スカルライダー あくま系 ゾンビ系 ヘルビースト あくま系 ぶっしつ系 ひとつめピエロ おおめだま スライム系 ひとつめピエロ ピクシー スライム系 ひとつめピエロ ベビーサタン スライム系 グレムリン あくま系 けもの系 メドーサボール グレムリン ゾンビ系 メドーサボール ダークアイ ゾンビ系 メドーサボール ひとつめピエロ ゾンビ系 メドーサボール あくま系 ドラゴン系 ライオネック アークデーモン ゾンビ系 ライオネック あくま系 リザードマン アンクルホーン アークデーモン けもの系 アンクルホーン あくま系 ダークホーン オーク あくま系 ビーンファイター オーガー ギガンテス キラーマシン オーガー ギガンテス ストロングアニマル オーガー ギガンテス ダンジョンえび オーガー ギガンテス ユニコーン オーガー グレンデル キラーマシン オーガー グレンデル ストロングアニマル オーガー グレンデル ダンジョンえび オーガー グレンデル ユニコーン オーガー じごくのもんばん ドラゴン系 オーガー シルバーデビル キラーマシン オーガー シルバーデビル ストロングアニマル オーガー シルバーデビル ダンジョンえび オーガー シルバーデビル ユニコーン オーガー あくま系 おおきづち じごくのもんばん オーガー ゾンビ系 じごくのもんばん ギガンテス コアトル じごくのもんばん ギガンテス しにがみきぞく じごくのもんばん ギガンテス スカルゴン じごくのもんばん ギガンテス スライムボーグ じごくのもんばん ギガンテス ソードドラゴン じごくのもんばん ギガンテス デスファレーナ じごくのもんばん ギガンテス ヘルコンドル じごくのもんばん ギガンテス ミストウイング じごくのもんばん ギガンテス ローズバトラー じごくのもんばん ギガンテス ワイトキング じごくのもんばん グレンデル コアトル じごくのもんばん グレンデル しにがみきぞく じごくのもんばん グレンデル スカルゴン じごくのもんばん グレンデル スライムボーグ じごくのもんばん グレンデル ソードドラゴン じごくのもんばん グレンデル デスファレーナ じごくのもんばん グレンデル ヘルコンドル じごくのもんばん グレンデル ミストウイング じごくのもんばん グレンデル ローズバトラー じごくのもんばん グレンデル ワイトキング じごくのもんばん シルバーデビル コアトル じごくのもんばん シルバーデビル しにがみきぞく じごくのもんばん シルバーデビル スカルゴン じごくのもんばん シルバーデビル スライムボーグ じごくのもんばん シルバーデビル ソードドラゴン じごくのもんばん シルバーデビル デスファレーナ じごくのもんばん シルバーデビル ヘルコンドル じごくのもんばん シルバーデビル ミストウイング じごくのもんばん シルバーデビル ローズバトラー じごくのもんばん ベビーサタン ベビーサタン きりさきピエロ ひとつめピエロ ひとつめピエロ グレンデル グレムリン けもの系 グレンデル スカルライダー けもの系 グレンデル ヘルビースト けもの系 グレンデル メドーサボール けもの系 グレンデル あくま系 ドラゴンマッド アクバー アークデーモン じごくのもんばん アクバー グレンデル グレンデル あくまのきし あくま系 さまようよろい ギガンテス スカルライダー ゾンビ系 ギガンテス ヘルビースト ゾンビ系 ギガンテス メドーサボール ゾンビ系 ギガンテス あくま系 ビッグアイ ずしおうまる アークデーモン ドラゴン系 ずしおうまる オーガー けもの系 ずしおうまる じごくのもんばん けもの系 デビルアーマー アークデーモン ぶっしつ系 デビルアーマー オーガー ぶっしつ系 デビルアーマー じごくのもんばん ぶっしつ系 デビルアーマー あくま系 よろいムカデ ジャミラス アクバー にじくじゃく ジャミラス にじくじゃく アクバー デュラン ゴールデンゴーレム ずしおうまる デュラン ずしおうまる ゴールデンゴーレム ゾンビ系 配合結果 配合1 配合2 ゴースト ゾンビ系 スライム系 スカルゴン がいこつけんし ドラゴン系 スカルゴン しにがみきぞく ドラゴン系 スカルゴン スカルゴン ドラゴン系 スカルゴン ゾンビ系 アンドレアル スカルゴン ゾンビ系 グレイトドラゴン スカルゴン ゾンビ系 しんりゅう スカルゴン ゾンビ系 バトルレックス スカルゴン ゾンビ系 やまたのおろち スカルゴン ゾンビ系 ライバーン スカルゴン ドラゴン系 しにがみきぞく スカルゴン ドラゴン系 スカルゴン スカルゴン ドラゴン系 まおうのつかい スカルゴン ドラゴン系 ワイトキング スカルゴン ボーンプリズナー ドラゴン系 スカルゴン ワイトキング ドラゴン系 アニマルゾンビ ゾンビ系 けもの系 やたがらす ゾンビ系 とり系 マミー ゾンビ系 しょくぶつ系 ダーククラブ ゾンビ系 むし系 しりょうのきし ゾンビ系 あくま系 シャドー ゾンビ系 ぶっしつ系 くさったしたい ゴースト けもの系 マッドロン ゾンビ系 イエティ マッドロン ゾンビ系 おおなめくじ マッドロン ゾンビ系 スライムファング マッドロン ゾンビ系 ダンスキャロット マッドロン ゾンビ系 ドロル マッドロン ゾンビ系 ファンキーバード マッドロン ゾンビ系 ベロゴン マッドロン ゾンビ系 ボックススライム マッドロン ゾンビ系 マッドプラント マッドロン ゾンビ系 リップス ナイトウイプス エビルスピリッツ あくま系 ナイトウイプス ゾンビ系 ミストウイング ナイトウイプス ダーククラブ あくま系 エビルスピリッツ がいこつけんし とり系 エビルスピリッツ しにがみきぞく とり系 エビルスピリッツ しりょうのきし とり系 エビルスピリッツ スカルゴン とり系 エビルスピリッツ ゾンビ系 ドラゴン系 エビルスピリッツ ボーンプリズナー とり系 エビルスピリッツ マッドロン とり系 ウインドマージ ゾンビ系 かまいたち ウインドマージ やたがらす とり系 しにがみ くさったしたい あくま系 しにがみ ゴースト あくま系 しにがみ ゾンビ系 とうちゅうかそう しにがみきぞく エビルスピリッツ アークデーモン しにがみきぞく エビルスピリッツ じごくのもんばん しにがみきぞく エビルスピリッツ ひょうがまじん しにがみきぞく エビルスピリッツ メタルドラゴン しにがみきぞく エビルスピリッツ ライオネック しにがみきぞく がいこつけんし アークデーモン しにがみきぞく がいこつけんし キラーマシン しにがみきぞく がいこつけんし じごくのもんばん しにがみきぞく がいこつけんし マネマネ しにがみきぞく がいこつけんし メタルドラゴン しにがみきぞく がいこつけんし ライオネック しにがみきぞく しりょうのきし しりょうのきし しにがみきぞく しりょうのきし マネマネ しにがみきぞく スカルゴン マネマネ しにがみきぞく ボーンプリズナー アークデーモン しにがみきぞく ボーンプリズナー キラーマシン しにがみきぞく ボーンプリズナー じごくのもんばん しにがみきぞく ボーンプリズナー マネマネ しにがみきぞく ボーンプリズナー メタルドラゴン しにがみきぞく ボーンプリズナー ライオネック しにがみきぞく マッドロン アークデーモン しにがみきぞく マッドロン キラーマシン しにがみきぞく マッドロン じごくのもんばん しにがみきぞく マッドロン マネマネ しにがみきぞく マッドロン メタルドラゴン しにがみきぞく マッドロン ライオネック ワイトキング がいこつけんし アンドレアル ワイトキング がいこつけんし キングスライム ワイトキング がいこつけんし キングレオ ワイトキング がいこつけんし グレイトドラゴン ワイトキング がいこつけんし ゴールデンスライム ワイトキング がいこつけんし サンダーバード ワイトキング がいこつけんし ぶちキング ワイトキング がいこつけんし ホークブリザード ワイトキング がいこつけんし メタルキング ワイトキング がいこつけんし ロックちょう ワイトキング しにがみきぞく アンドレアル ワイトキング しにがみきぞく キングスライム ワイトキング しにがみきぞく キングレオ ワイトキング しにがみきぞく グレイトドラゴン ワイトキング しにがみきぞく ゴールデンスライム ワイトキング しにがみきぞく サンダーバード ワイトキング しにがみきぞく ぶちキング ワイトキング しにがみきぞく ホークブリザード ワイトキング しにがみきぞく メタルキング ワイトキング しにがみきぞく ロックちょう ワイトキング スカルゴン アンドレアル ワイトキング スカルゴン キングスライム ワイトキング スカルゴン キングレオ ワイトキング スカルゴン グレイトドラゴン ワイトキング スカルゴン ゴールデンゴーレム ワイトキング スカルゴン サンダーバード ワイトキング スカルゴン ぶちキング ワイトキング スカルゴン ホークブリザード ワイトキング スカルゴン メタルキング ワイトキング スカルゴン ロックちょう ワイトキング ゾンビ系 ???系 ワイトキング ボーンプリズナー アンドレアル ワイトキング ボーンプリズナー キングスライム ワイトキング ボーンプリズナー キングレオ ワイトキング ボーンプリズナー グレイトドラゴン ワイトキング ボーンプリズナー ゴールデンゴーレム ワイトキング ボーンプリズナー サンダーバード ワイトキング ボーンプリズナー ぶちキング ワイトキング ボーンプリズナー ホークブリザード ワイトキング ボーンプリズナー メタルキング ワイトキング ボーンプリズナー ロックちょう ボーンプリズナー くさったしたい キラーグース ボーンプリズナー くさったしたい くさったしたい ボーンプリズナー くさったしたい グレムリン ボーンプリズナー くさったしたい ストーンスライム ボーンプリズナー くさったしたい スライムボーグ ボーンプリズナー くさったしたい はなまどう ボーンプリズナー くさったしたい ホーンビートル ボーンプリズナー くさったしたい モーザ ボーンプリズナー しりようのきし キラーグース ボーンプリズナー しりようのきし グレムリン ボーンプリズナー しりようのきし ストーンスライム ボーンプリズナー しりようのきし スライムボーグ ボーンプリズナー しりようのきし はなまどう ボーンプリズナー しりようのきし ホーンビードル ボーンプリズナー しりようのきし モーザ ボーンプリズナー マミー キラーグース ボーンプリズナー マミー グレムリン ボーンプリズナー マミー ストーンスライム ボーンプリズナー マミー スライムボーグ ボーンプリズナー マミー はなまどう ボーンプリズナー マミー ホーンビードル ボーンプリズナー マミー モーザ がいこつけんし エビルスピリッツ ドラゴン系 がいこつけんし くさったしたい うごくせきぞう がいこつけんし くさったしたい オーガー がいこつけんし くさったしたい キラーパンサー がいこつけんし くさったしたい グリズリー がいこつけんし くさったしたい ゴーレム がいこつけんし くさったしたい ストロングアニマル がいこつけんし くさったしたい デスフラッター がいこつけんし くさったしたい ヘルコンドル がいこつけんし くさったしたい ヘルビースト がいこつけんし しりょうのきし うごくせきぞう がいこつけんし しりょうのきし オーガー がいこつけんし しりょうのきし キラーパンサー がいこつけんし しりょうのきし グリズリー がいこつけんし しりょうのきし ゴーレム がいこつけんし しりょうのきし ストロングアニマル がいこつけんし しりょうのきし デスフラッター がいこつけんし しりょうのきし ヘルコンドル がいこつけんし しりょうのきし ヘルビースト がいこつけんし ボーンプリズナー ボーンプリズナー がいこつけんし マッドロン うごくせきぞう がいこつけんし マッドロン オーガー がいこつけんし マッドロン キラーパンサー がいこつけんし マッドロン グリズリー がいこつけんし マッドロン ゴーレム がいこつけんし マッドロン ストロングアニマル がいこつけんし マッドロン デスフラッター がいこつけんし マッドロン ヘルコンドル がいこつけんし マッドロン ヘルビースト がいこつけんし マミー うごくせきぞう がいこつけんし マミー オーガー がいこつけんし マミー キラーパンサー がいこつけんし マミー グリズリー がいこつけんし マミー ゴーレム がいこつけんし マミー ストロングアニマル がいこつけんし マミー デスフラッター がいこつけんし マミー ヘルコンドル がいこつけんし マミー ヘルビースト まおうのつかい がいこつけんし がいこつけんし まおうのつかい ワイトキング あくま系 マネマネ マネマネ ゾンビ系 ぶっしつ系 配合結果 配合1 配合2 おどるほうせき ぶっしつ系 スライム系 エビルワンド ぶっしつ系 ドラゴン系 おばけキャンドル ぶっしつ系 けもの系 ネジまきどり ぶっしつ系 とり系 トーテムキラー ぶっしつ系 しょくぶつ系 とげぼうず ぶっしつ系 むし系 あくまのかがみ ぶっしつ系 あくま系 さまようよろい ぶっしつ系 ゾンビ系 マドハンド おどるほうせき スライム系 ミステリードール うごくせきぞう ストーンスライム ミステリードール うごくせきぞう スライムつむり ミステリードール うごくせきぞう スライムナイト ミステリードール うごくせきぞう ドラゴスライム ミステリードール ゴーレム ストーンスライム ミステリードール ゴーレム スライムつむり ミステリードール ゴーレム スライムナイト ミステリードール ゴーレム じごくのもんばん ミステリードール ぶっしつ系 リップス メタルドラゴン アンドレアル うごくせきぞう メタルドラゴン アンドレアル キラーマシン メタルドラゴン アンドレアル キングスライム メタルドラゴン アンドレアル ゴーレム メタルドラゴン アンドレアル スカルゴン メタルドラゴン アンドレアル スライムボーグ メタルドラゴン アンドレアル ダンジョンえび メタルドラゴン キラーマシン メタルドラゴン メタルドラゴン グレイトドラゴン うごくせきぞう メタルドラゴン グレイトドラゴン キラーマシン メタルドラゴン グレイトドラゴン キングスライム メタルドラゴン グレイトドラゴン ゴーレム メタルドラゴン グレイトドラゴン スカルゴン メタルドラゴン グレイトドラゴン スライムボーグ メタルドラゴン グレイトドラゴン ダンジョンえび メタルドラゴン デンタザウルス うごくせきぞう メタルドラゴン デンタザウルス キラーマシン メタルドラゴン デンタザウルス キングスライム メタルドラゴン デンタザウルス ゴーレム メタルドラゴン デンタザウルス スカルゴン メタルドラゴン デンタザウルス スライムボーグ メタルドラゴン デンタザウルス ダンジョンえび メタルドラゴン メタルドラゴン ドラゴン系 メタルドラゴン ぶっしつ系 アンドレアル バルザック ひょうがまじん あくま系 バルザック ようがんまじん あくま系 バルザック ぶっしつ系 ???系 ひとくいサーベル うごくせきぞう キラーグース ひとくいサーベル うごくせきぞう ひくいどり ひとくいサーベル うごくせきぞう ファンキーバード ひとくいサーベル うごくせきぞう モーザ ひとくいサーベル エビルワンド キラーグース ひとくいサーベル エビルワンド ひくいどり ひとくいサーベル エビルワンド ファンキーバード ひとくいサーベル エビルワンド モーザ ひとくいサーベル ゴーレム キラーグース ひとくいサーベル ゴーレム ひくいどり ひとくいサーベル ゴーレム ファンキーバード ひとくいサーベル ゴーレム モーザ ひとくいサーベル ミステリドール キラーグース ひとくいサーベル ミステリドール ひくいどり ひとくいサーベル ミステリドール ファンキーバード ひとくいサーベル ミステリドール モーザ ひとくいサーベル ぶっしつ系 おおみみず のろいのランプ キラーマシン とり系 のろいのランプ ぶっしつ系 ふゆうじゅ キラーマシン ひとくいサーベル オーガー キラーマシン ひとくいサーベル がいこつけんし キラーマシン ひとくいサーベル グレイトドラゴン キラーマシン ひとくいサーベル グレンデル キラーマシン ひとくいサーベル しにがみきぞく キラーマシン ひとくいサーベル スライムボーグ キラーマシン ひとくいサーベル デビルアーマー キラーマシン ひとくいサーベル ユニコーン キラーマシン ぶっしつけい キングレオ キラーマシン ぶっしつけい グリズリー キラーマシン ぶっしつけい スカルライダー キラーマシン ぶっしつけい ストロングアニマル キラーマシン ぶっしつけい パオーム あくまのつぼ ギズモ あくま系 あくまのつぼ ぶっしつ系 スライムつむり ギズモ あくまのカガミ エビルシード ギズモ あくまのカガミ かりゅうそう ギズモ あくまのカガミ キメラ ギズモ あくまのカガミ ドラゴスライム ギズモ あくまのカガミ ひくいどり ギズモ あくまのカガミ ミストウイング ギズモ おばけキャンドル エビルシード ギズモ おばけキャンドル かりゅうそう ギズモ おばけキャンドル キメラ ギズモ おばけキャンドル ドラゴスライム ギズモ おばけキャンドル ひくいどり ギズモ おばけキャンドル ミストウイング ギズモ マドハンド エビルシード ギズモ マドハンド かりゅうそう ギズモ マドハンド キメラ ギズモ マドハンド ドラゴスライム ギズモ マドハンド ひくいどり ギズモ マドハンド ミストウイング ようがんまじん メタルドラゴン アークデーモン ようがんまじん メタルドラゴン キングレオ ようがんまじん メタルドラゴン サンダーバード ようがんまじん メタルドラゴン ずしおうまる ようがんまじん メタルドラゴン やまたのおろち ひょうがまじん キラーマシン キングレオ ひょうがまじん メタルドラゴン スカルゴン ひょうがまじん メタルドラゴン ワイトキング ミミック キラーマシン ゾンビ系 ミミック ぶっしつ系 ボックススライム どろにんぎょう マドハンド マドハンド ゴーレム どろにんぎょう どろにんぎょう うごくせきぞう ゴーレム ゴーレム うごくせきぞう ぶっしつ系 ダンジョンえび うごくせきぞう ぶっしつ系 ホーンビードル ばくだんいわ キラーマシン むし系 ばくだんいわ とげぼうず とげぼうず ゴールデンゴーレム ひょうがまじん ようがんまじん??? 系 配合結果 配合1 配合2 りゅうおう まおうのつかい アンドレアル りゅうおう まおうのつかい グレイトドラゴン りゅうおう (DRAGON) りゅうおう しんりゅう ハーゴン ワイトキング メタルキング シドー ジャミラス ローズバトラー バラモス ハーゴン やまたのおろち ゾーマ りゅうおう シドー ゾーマ りゅうおう (DRAGON) シドー デスピサロ デュラン しんりゅう エスターク デスピサロ キングレオ ミルドラース エスターク ゴールデンスライム ミルドラース (へんしん) ミルドラース デンタザウルス ムドー バラモス ダークホーン デスタムーア ゾーマ ミルドラース デスタムーア ゾーマ ミルドラース (へんしん) デスタムーア ミルドラース ゾーマ デスタムーア ミルドラース (へんしん) ゾーマ デスタムーア (へんしん) デスタムーア さそりアーマー デスタムーア (さいしゅう) デスタムーア (へんしん) ムドー ダークドレアム デスタムーア (さいしゅう) わたぼう.

次の

序盤でつかえるモンスター(配合表付)1

テリーのワンダーランドレトロ スカイドラゴン

こんにちは! KEN( )です! 2019年11月7日にリリースしたばかりのスマホ版テリーのワンダーランドレロトを攻略していきたいと思います。 ( つまり攻略本みたいな完全攻略って訳じゃないってことね。 追記:執筆してみたら攻略本を超えるレベルの深い内容になりました) もくじ• 配信環境はiOS、Android、ニンテンドースイッチ。 対応端末は公式サイトから確認できます。 >> 価格はスマホ版は1,480円、ニンテンドースイッチ版は1,650円(税込み) ゲーム内課金無しの落とし切り。 20年以上前のゲームの移植ですが、今やってもかなり面白いゲームなのでぜひ手に取ってみて欲しいですね。 割と重要な要素もあるので冒険の前に読んでおきましょう。 隊列の効果 メニュー画面の「さくせん」で隊列を変更できる。 先頭のキャラほど敵から狙われやすくなるので、守備力の高いキャラを先頭に置くようにしよう。 逆に守備力の低いキャラや、レベルの低いキャラは後列に配置すること。 「さくせん」ついて解説 「さくせん」を使うことでモンスターがオートで戦闘してくれます。 攻撃・補助・回復の3種類があり、戦闘中に指示を出すことで作戦の変更ができます。 例えば、ラリホー持ちのドラキーに補助系の「いろいろやろうぜ」で指示するとラリホーを唱えてくれます。 しかし「ガンガンいこうぜ」で指示を出すとラリホーは一切使わずに攻撃してくれます。 こんな感じで戦況を見極め適格な指示を出してあげましょう。 メニュー画面の「さくせんへんこう」(ぼうけんのしょの上)からでも各キャラの作戦を事前に変更できます。 後々登場する格闘場で確実に作戦を使用するので予備知識をつけておくと良いですよ。 さらに、使用している作戦によってモンスターの性格が変わるので割と大切な要素。 特に格闘場はモンスターに直接命令できないので、作戦を使い分ける必要があります。 こちらで学んでおきましょう。 【ガンガンいこうぜ】 ダメージを与える特技や呪文を多用するようになります。 【いろいろやろうぜ】 補助系の特技や呪文を多用するようになります。 【いのちをだいじに】 回復系の特技や呪文を多用するようになります。 【めいれいさせろ】 プレイヤーが任意でコマンドを入力できるようになる。 野生値 ステータスの中に「やせい」といった値がありますが、 野生値が高いとモンスターが言うことを聞かず勝手に攻撃したりします。 「やせい」の値は、まもののエサなどで下げることが可能です。 モンスターを 牧場にずっと預けていると野生値が勝手に上がるので注意。 探索前に:ダンジョンの基礎知識 ここではダンジョン探索時の基本をおさらいしておきます。 ダンジョン内でのセーブ ダンジョン内では基本的にセーブはできないようになっています。 全滅するとゲームオーバーなのでダンジョン脱出アイテム「キメラのつばさ」は常備しておきたいですね。 しかし、たまに ダンジョン内で「道具屋or 教会」が出現するマップがありますが、そこでセーブすることが可能なので活用しましょう。 (追記:宝箱しかないマップでもセーブ可能) 他に、物語中盤以降に登場する アイテム「たびのしおり」を使うことでもセーブが可能です。 Bossがいるフロアでは「たびのしおり」は使えないので、そこだけ注意しておきましょう。 ダンジョンの構造は自動生成 ダンジョンは入るたびにマップが変化します。 次に進む穴の場所も変化するので自力で探しましょう。 セレクトボタンを押すことでマップを閲覧することが可能です。 レトロ版では歩くスピードを速くできる 十字キーの左下にあるメニューから 歩くスピードを変更することができます。 GB版には無かった使用ですね。 速度を速めるとプレイ環境がグッと良くなるので有効活用しましょう。 ちなみにこのメニュー画面では、BGMや効果音の設定、ゲーム画面の変更(個人的には初代ゲームボーイの画面があったのが嬉しかった)が行えます。 OP~旅立ちの扉 物語はテリーの姉のミレーユがワルぼうにさらわれるとこから始まります。 ストーリー攻略チャート ・タイジュの城からゲームが始まる。 ・王様と会話。 ここで主人公の名前を変更可能。 ・上の階のモンスター牧場に向かう。 ・モンスター牧場にいるプリオから 「スラぼう」をもらう。 ・再び王様と会話。 逃げ出したホイミンを連れ戻しプリオを助けることになる。 ・王様と会話終了後、王の間左の部屋の宝箱を開けれるようになる。 宝箱には「やくそう」が入っている。 今のところ回復手段は「やくそう」しかないので確実に入手しておくこと。 宝箱:やくそう 宝箱:やくそう ・ホイミンを連れ戻すために「旅立ちの扉」に向かう。 「旅立ちの扉」はタイジュの城の地下に旅立ちの間にある。 (ダンジョン内ではセーブができないので渦の中に入る前にセーブしておこう) 【牧場】使い方を解説 ここではモンスター牧場の使い方を紹介するぞ。 あずけにきた モンスターは卵を含め17匹預けることができる。 1グループを冬眠させればさらに17匹預けることが可能だ。 むかえにきた 預けているモンスターをパーティーに3匹まで引き出すことができる。 ようすをみる 手持ちのモンスターと預けているモンスターのステータスを閲覧することが可能。 わかれにきた 預けているモンスターと別れることができる。 枠がいっぱいになったら使用する。 とうみん【冬眠】 17匹モンスターを仲間にすると仲間にできる枠はいっぱいになる。 さらに仲間したい時は冬眠させよう。 冬眠させることでさらに17匹のモンスターを仲間にすることが可能だ。 冬眠中のモンスターには経験値は入らない。 モンスターを成長させたくない時に冬眠のコマンドを利用しよう。 旅立ちの扉(全4フロア)ボス:ホイミン(ホイミスライム) 旅立ちの扉は全4フロア。 ここではモンスターを仲間にしつつ進んでいく。 HPが一桁になったら「やくそう」で回復しよう。 ちなみに「ダンジョン内でセレクトボタンを押すとマップを表示することができる」ので活用しよう。 ダンジョンにある穴に入れば次のフロアに進むことができる。 モンスターを仲間にしよう【薬草・毒消し草を使用した小技あり】 ドラキーもしくはアントベアどちらか1匹でも仲間にできればクリアは可能だ。 ドラキーは今後、大活躍するので絶対に仲間にしたい。 モンスターは戦闘で倒せば一定の確率で仲間になる。 (仲間になるのは戦闘で最後に倒したモンスターのみ) 【小技】 敵モンスターにダメージを与え減ったHPを 薬草で回復してやると「まもののエサ」と同様の効果になり、モンスターが仲間になりやすくなる。 エサがない時に活用してみよう。 さらに、 毒状態のモンスターを「どくけしそう」で回復してやると「ほねつきにく」と同様の効果がある。 「どくのいき」などを持ったモンスターが仲間に入れば狙う価値あり。 ・キメラのつばさ ダンジョンから脱出できるアイテム。 ボス攻略:ホイミン ホイミンはダメージを受けるとホイミで回復してくるので、パーティーが1体だけでは回復量を上回るダメージを与えられないので苦戦必至。 必ず2体以上のパーティーで挑むこと。 パーティーの人数が3体いるのならまず負けることはないはず。 やくそうで回復しつつ攻撃すれば勝てる。 勝利後ホイミンが仲間になる。 序盤で回復呪文が使える唯一のモンスターなので、必ずパーティーに入れ連れて行こう。 【ホイミン加入時のステータス】 ・ホイミン(覚える特技:スカラ、ホイミ、ベホマラー) 格闘場:Gクラス出場 ホイミンを捕まえた後、格闘場のGクラスに出場することになる。 この時点でタイジュの町に行けるようになり「格闘場」と「メダル交換所」が解放される。 ・格闘場に向かう。 (少しでもアイテム欄に余裕を持たせるために、ちいさなメダルはメダルおじさんに渡しておこう) ・マドハンドとじゃんけんで勝っておく。 ヒントは酒場の酔っ払いから聞こう。 ・格闘場の受付で「バニーおばば」と会話。 0Gで参加可能なGクラスに出場する。 格闘場Gクラス攻略 大会ではモンスターに「めいれい」することはできずオートで戦闘することになる。 道具も使えないので注意。 逃げることもできるが試合を放棄したことになる。 第三試合で毒状態にされる可能性もあるので「キアリー」を使えるドラキーを連れて行くと良い。 回復が使えないと確実に負けるので、ホイミスライムは必ず入れること。 アントベア、ドラキーは作戦「ガンガンいこうぜ」で攻撃に専念させホイミスライムは作戦で「いのちをだいじに」にしホイミで回復させよう。 苦戦せずに撃破可能だ。 【呪文の説明】 ・ホイミ 単体のHPを30~40回復する呪文。 とはいえスライムは大したことない。 きりかぶおばけは稀に「ラリホー」を唱え眠らせてくるが、すぐにMP切れに陥るので問題なし。 作戦は第一試合の時と全く同じで撃破可能だ。 【呪文の説明】 ・ラリホー 単体を眠らせる呪文。 ゴーストとくさったしたい共に「なめまわし」で1ターン行動不能にしてくるので厄介だ。 アントベア、ドラキーは「ガンガンいこうぜ」で攻撃に専念し、ホイミスライムは「いのちをだいじに」でパーティを回復させる。 くさったしたいの「どくのいき」は全体を毒状態にしてくるので、 毒状態になったらドラキーの作戦を「いのちをだいじに」にしよう。 こうすることでキアリーで回復してくれるようになる。 戦闘不能にならなければ攻撃ごり押しで勝てる。 【呪文の説明】 ・キアリー 単体の毒状態を回復する。 第三試合を勝ち抜くと王様に呼ばれることに。 待ち人の扉(全4フロア)ボス:ドラゴン Gクラスを勝ち抜き褒美として王様から「待ち人の扉」と「守りの扉」を解放してもらえる。 この時点で、タイジュの町の「図書館」「預り所」「バザー会場」が解放され行けるようになる。 道具屋では 超便利アイテムの「ももんじゃのしっぽ」を購入したい。 持っているだけでダンジョンの穴の方角が分かる優れものなのでお金が貯まったら購入しよう。 待ち人の扉は全4フロア。 ここでは 素早さの高いドラキーの先制「ラリホー」がボス戦で活躍するのでレベル5~6にして覚えておくことが重要。 このダンジョンから「まもののエサ」が登場する。 戦闘中に敵に与えてから倒すことで仲間にし易くなる。 (「くんせいにく」「ほねつきにく」「しもふりにく」も同様) さらに、ダンジョン内で「道具屋」が登場するようになる。 ダンジョン内の道具屋ではセーブできるので活用しよう。 ストーリー攻略チャート ・王様と会話後、「待ち人の扉」と「守りの扉」に行けるようになる。 ・この後すぐ扉に向かえるが「バザー会場」に寄り道しよう。 (メダルは持ち物の枠を埋めてしまうので入手したらマメにメダルおじさんに渡しておこう) ・待ち人の扉に向かう。 ・アモールのみず 80G HPを60~70回復する。 ・どくけしそう 10G 毒状態を回復する。 ・せいすい 200G ダンジョンで使用すると次のフロアに移るまでエンカウントしなくなる。 ・まもののえさ 20G 仲間の「やせい」を5ポイント下げる。 戦闘で敵に使用すると戦闘終了後に仲間になりやすくなる(効果:最も低い) ・くんせいにく 80G 仲間の「やせい」を10ポイント下げる。 戦闘で敵に使用すると戦闘終了後に仲間になりやすくなる(効果:低い) ・キメラのつばさ 100G ダンジョンから脱出できるアイテム。 ・ももんじゃのしっぽ 400G 持っていると次に進む穴の場所を教えてくれる。 アイテムの詳細情報はこちらで参照可能だ>> 待ち人の扉:出現モンスター ・アントベア(覚える特技:メタルぎり、しっぷうづき、なめまわし) ・きりかぶおばけ(覚える特技:ラリホー、トラマナ、ゾンビぎり) ・キリキリバッタ(覚える特技:マホトラ、ちからをためる、なかまをよぶ) ・ピッキー(覚える特技:マヌーサ、ルカニ、こうらがえし) ・グレムリン(覚える特技:ギラ、マホトーン、ホイミ) 待ち人の扉:出現アイテム ・お金 ・やくそう ・まもののエサ ・くんせいにく 【アイテム情報】 ・まもののエサ 仲間の「やせい」を5ポイント下げる。 戦闘で敵に使用すると戦闘終了後に仲間になりやすくなる(効果:最も低い) ・くんせいにく 仲間の「やせい」を10ポイント下げる。 戦闘で敵に使用すると戦闘終了後に仲間になりやすくなる(効果:弱) ボス攻略:ドラゴン ドラゴンはこうげき力が高く通常攻撃で10~17ポイントのダメージを与えてくる。 さらに全体攻撃の「ひのいき」が猛威を振るう。 しかし ドラゴンには「ラリホー」が有効。 素早さの高いドラキーが先制ラリホーで眠らせることでドラゴンの猛攻を封じることが可能だ。 ドラキーは毎ターン「ラリホー」を唱えること。 アントベアはこうげきに専念し、ホイミスライムは回復に努めよう。 見事撃破するとドラゴンが仲間になる。 ドラゴンが現時点でかなり強いモンスターなので、ここでアントベアと交換しておけば次のダンジョンが楽になる。 【ドラゴン加入時のステータス】 ・ドラゴン(覚える特技:かえんぎり、ひのいき、すべてをすいこむ) 守りの扉(全5フロア)ボス:ゴーレム 待ち人の扉をクリアしたら次は「守りの扉」に進もう。 「守りの扉」は待ち人の扉の下にある渦から行ける。 全5フロア。 守りの扉でもドラキーの先制「ラリホー」が活躍するのでぜひともドラキーを連れて行こう。 ストーリー攻略チャート ・王様と会話。 ・ほねつきにく 仲間の「やせい」を20ポイント下げる。 戦闘で敵に使用すると戦闘終了後に仲間になりやすくなる(効果:中) ボス攻略:ゴーレム ゴーレムは攻撃力が非常に高く一撃が怖い。 しかし、ゴーレムのはラリホーが非常に有効なので、 素早さの高いドラキーを使い先制「ラリホー」で眠らせてしまおう。 毎ターン眠らせながら戦えば安全に倒すことができるぞ。 ホイミスライムが「スカラ」を覚えているなら守備力の低い仲間に唱えよう。 受けるダメージを減らすことができる。 【呪文の情報】 ・スカラ 単体の守備力を上げる。 戦闘に勝つと「ゴーレム」が仲間になる。 【ゴーレム加入時のステータス】 ・ゴーレム(覚える特技:ちからをためる、きあいをためる、だいぼうぎょ) 今回はここまで。

次の

【評価】テリワンSPをレビュー。やはり神作だったぜ。【スマホ】|アプリボ

テリーのワンダーランドレトロ スカイドラゴン

もくじ• 本記事の信頼性 当ブログは、『テリーのワンダーランドレトロ」の攻略情報に特化したサイトです。 月間の閲覧数は43万回を記録しています。 Googleにサイトの信頼性が評価され、「テリーのワンダーランドレトロ」のキーワードで検索1位を獲得。 さらに、Googleの予測検索で「kenblog テリー」が表示されました。 僕のブログ、kenblogでは「テリーのワンダーランド レトロ」の攻略記事が人気なのですが、なんとGoogleの検索窓で「kenblog」と入力するとサジェストワード(検索予測)で「kenblog テリー」と表示されるようになりました。 逆にデイン系、ヒャド系、吹雪系に弱いモンスターが多い。 強力な息系の特技を覚えやすく、 レベルアップに経験値を多く必要とし成長が遅いというのも特徴の一つ。 頑固じいさんの扉で一通りのドラゴン系モンスターが手に入る。 しかし成長力が低く活躍できるのは序盤といったところ。 特技「ひのいき」は強力な「しゃくねつ」に成長するので配合で別のモンスターに引き継ごう。 最強の呪文マダンテすら防いでしまう「アストロン」を覚える。 ストーリー最終戦ミレーユの使う「にじくじゃく」の開幕マダンテすら無効化することができる。 とはいえ相手よりも早く動くことができればの話だが。 素早さの高いモンスターに「アストロン」を受け継がせ前列に配置、壁として利用する戦略もあり。 【耐性】 補足: 一見、強耐性に見えますがグラフの耐性レベルが3までしかないので、見方に注意。 見た目は強そうなのに、自爆する特技しか覚えないのがネック。 わざわざ配合で作る必要もないので、とりあえずダンジョンで捕まえて図鑑登録してしまおう。 ちなみに「フーセンドラゴン」を血統に「けものけい」を配合すると「ドラゴンマッド」ができあがる。 特技もドラゴンマッドの方が有用なものが多いので乗り換えてしまおう。 【耐性】 補足: 一見、強耐性に見えますがグラフの耐性レベルが3までしかないので、見方に注意。 一応強力な特技「ギガスラッシュ」を覚えられるが、素の能力値が低いので配合で強化してやらないと覚えることができないという悲しい存在。 必殺の「まじんぎり」を覚えるので「まじんぎり」を覚えたい時に素材として使おう。 行動不能の相手に「まじんぎり」を放つと必中するぞ。 ちなみに王妃の間の「ミッキー」はお見合い相手で「ホイミ」「ザオラル」「だいぼうぎょ」を覚えているリザードマンを出して来る。 この時こちらが悪魔系のモンスターを渡せば上記の特技を引き継いだ「ライオネック」が手に入るぞ。 さらに毒に対する耐性を持ち合わせている。 こいつも「なめまわし」を覚えるので配合で引き継がせ「ひゃくれつなめ」まで成長させたい。 【耐性】 補足: 一見、強耐性に見えますがグラフの耐性レベルが3までしかないので、見方に注意。 他国マスターがよく連れまわしているが実用性は微妙なところ。 全体攻撃の「さみだれぎり」は消費MPが5しかなくコスパが良く使いやすいといったところくらい。 それ以外でダンジョンに登場することはないで覚えておこう。 配合か他国マスターから手に入れることができる。 ストーリーで加入した直後は非常に強く頼りになるモンスター。 こいつを連れてゴーレム退治に出たプレイヤーがほとんどだろう。 (そしてバザー会場で火が欲しいと言っている村人にドラゴンをあげてしまったプレイヤーもいるはず…) おぼえる特技もドラゴン族らしい特技が多いのが特徴。 ちなみに+値が4以上のドラゴン同士を配合すると「グレイトドラゴン」ができあがる。 【耐性】 補足: 一見、強耐性に見えますがグラフの耐性レベルが3までしかないので、見方に注意。 ダンジョンで捕まえて図鑑登録がベター。 【耐性】 補足: 一見、強耐性に見えますがグラフの耐性レベルが3までしかないので、見方に注意。 ストーリー攻略中は配合で作る方が簡単かも。 こいつの能力自体は大したことがないのだが、強力な「さそうおどり」と「まじんぎり」を覚えるのがポイント。 「さそうおどり」から必中「まじんぎり」コンボをデフォルトで行うことができる。 全体を行動不能にする「さそうおどり」だけでもかなり強力なので、特技を別なモンスターに引き継がせよう。 【耐性】 補足: 一見、強耐性に見えますがグラフの耐性レベルが3までしかないので、見方に注意。 見た目の通り、バギやデイン系にやや耐性がある。 強化次第では完全耐性にすることもできる。 「とりけい」を血統に「ライバーン」を配合すると、レアな特技「タッツウしょうかん」を覚える「ロックちょう」が産まれる。 【耐性】 補足: 一見、強耐性に見えますがグラフの耐性レベルが3までしかないので、見方に注意。 全員が麻痺になると全滅してしまうからだ。 混乱状態にする「メダパニ」もひょんなことで全滅に繋がる嫌な呪文。 こいつと出会ったら逃げるのが正解。 配合で作るのは多少面倒なのでダンジョンで1匹捕まえて図鑑に登録しよう。 配合で作ると序盤でいきなり作れてしまうが…戦力不足感が否めない。 覚える特技は「ギラ」「ひのいき」とまあまあ良いものが揃っているが、他のモンスターでも代用可能だったりする。 作り方は「ドラゴンけい」を血統に「ガップリン」とかなり簡単。 Bossとして登場し仲間になる「まおうのつかい」に「アンドレアル」を配合すると??? 系の「りゅうおう」が作れるぞ。 さらに戦闘+素材としても優秀な「メタルドラゴン」の素材にもなるので強力なモンスター作成時にお世話になるはずだ。 【耐性】 補足: 一見、強耐性に見えますがグラフの耐性レベルが3までしかないので、見方に注意。 シャナクを用意してなく回復できないといった場面が多く、厄介極まりない。 覚えるモンスターが数少ない「しのおどり」を覚えることができるので覚えておこう。 こいつを作るのに貴重な「ダンジョンえび」を捧げることだけは避けること。 なにげに「ミルドラース第二形態」を作る時の素材となるので覚えておこう。 覚える特技はドラゴンの属性を反転したかのようなラインナップ。 特に「つめたいいき」から覚える「かがやくいき」は強力だ。 もちろんドラゴンから配合し作成すれば炎系の「しゃくねつ」も使えるようになり、まるでドラクエ5のような感じになる。 早めに作るならストーリー上で仲間にできる「バトルレックス」から作るのが手っ取り早いが回復が使える「ユニコーン」の方が安定する。 しかし、成長はかなり遅めなので育てるのが多少面倒かも。 特技は補助系を多く習得し、何故か「ドラゴラム」も覚える。 配合で序盤から作れるが、力不足なのでその必要は無いと思われる。 しかしこいつには特殊な配合があり、「とさかへび」同士で配合すると「ウイングスネーク」ができあがる。 とはいえ「ウイングスネーク」はクリア後のダンジョンに出現するのでそちらで捕まえた方が簡単。 【耐性】 補足: 一見、強耐性に見えますがグラフの耐性レベルが3までしかないので、見方に注意。 炎系に耐性があるのがポイント。 メラ、ギラ、メガンテ、炎の息の耐性強化の素材として使おう。 イオナズンを連発する姿が思い浮かぶ。 手に入れる方法は配合のみと何気にレア。 イベントで仲間になる「バトルレックス」と「うごくせきぞう」が最も簡単だ。 耐性も中々。 強力な「イオナズン」も覚えるので育てれば戦闘で使えるモンスター。 特技も全体に大ダメージを与える「しゃくねつ」へ成長する「ひのいき」。 4回連続で攻撃可能な「ばくれつけん」へと成長する「れんぞくこうげき」とかなり優秀なものが揃っている。 配合を使えば割と楽に手に入る上、「スカイドラゴン」を血統に「やまたのおろち」を配合すると「しんりゅう」ができるので作る価値は十分にあるぞ。 倒すと仲間になる。 パーティーのメンバーとして使えなくはないが、もっと有用なモンスターがいるのが事実。 後々タダで「うごくせきぞう」が貰えるので配合で「コアトル」にするほうが賢明かもしれない。 ゲーム序盤でいきなり孵化させても成長が遅いので戦力になりずらい。 頑張って育てればレアな特技「グランドクロス」を覚えるので育ててみても良いかもしれない。 ドラゴン系最強の「しんりゅう」の素材にもなるので最初の1匹は最後まで取っておくこと。 神の龍なだけあり、??? 系に引けを取らない能力の持ち主だ。 モンスターじいさんの使用してくる「しんりゅう」はテリワンのBossの中でも最強の強さを誇る。 仲間として使う時は、レベルアップに大量の経験値が必要なのでクリア後に作っていきたい。 覚える特技も「かがやくいき」に成長する「つめたいいき」や自己のHPを500回復する「めいそう」。 全体に300ポイント以上のダメージを与える「ビックバン」など非常に強力なものが揃っている。 上記3種の特技は??? 系モンスターに引き継いでいきたいところ。 「りゅうおう(ドラゴン)」や「デスピサロ」を作成する時に「しんりゅう」が必須なのでその際に引き継いでしまおう。 【耐性】 【出現する扉】 なし 【おぼえる特技】 つめたいいき めいそう ビックバン 【配合レシピ】 血統(先に選ぶモンスター) 相方(後に選ぶモンスター) スカイドラゴン やまたのおろち.

次の