グアム マリファナ。 <グアムニュース>レクリエーション用マリファナの合法化

<グアムニュース>グアムの娯楽用マリファナ法案が承認されれば、来年までに店が開く可能性がある

グアム マリファナ

20代男 ハワイ留学生 好物:大麻 ワックス、オイルベーパー、ブラウニー 、MDMA Ecstacy, Molly 、メタンフェタミン、アンフェタミン、幻覚キノコ、コカイン。 短期間の旅行ならアムステルダムやタイのフルムーンパーティーがオススメです。 両方行きましたが自分ではフルムーンパーティーの方がすべての値段、パーティームード、自由感がありもっと楽しいです。 どのドラッグでも手に入り警察も気にしません。 タイでのオススメはLSDですね900円ほどで手に入ります。 大麻はレエゲなBARでジョイントで安く売ってくれます。 そしてパーティーの日になったらコカイン、メタンフェタミン、MDMAが合うかも。 ハワイや他の国になるとコネがないと良いものが手に入りませんよ。 カットがわるいから何が入ってるかもわかりませんw 質だったらアムステルダムですがドラッグはあまり楽しめませんよ。 質も値段もリーズナブルなタイのパンガン島に行ってみては? パンガン島のHaad Rin Beachでは幻覚キノコシェイクがMellow Mountain Barで売られてますよ。 でバーの人に聞けばキノコシェイク以外のドラッグでも良い値段でニコニコしながら売ってくれます。 A ベストアンサー 昔、親会社の人(女性)と飲みに行った時に、その人の旦那さんが 「麻薬取締官」だと知って色々教えてもらったことがあります。 大麻に関しては、捕まるのは ・売人(または拡散者) 売人を摘発して、そこから顧客を芋づる式に。 または、 売人を泳がして、接触した買人を尾行し後に一斉検挙。 ・通報 周囲の人間や近隣の住人からの訴えや通報。 ・偶発 別の事件や大麻でラリっているところを検挙。 そこから芋づる式に。 以上の3件ですが、たまに本人の自首(中毒が進行したり、周囲に 気づかれたため)もあるそうです。 でも、割合的に一番多いのは「売人や拡散者」の自供から芋づる式に 検挙される事だそうです。 自宅栽培にしても、どうしても種子を手に入れなきゃいけませんから。 その次は「通報」だそうで、通報者の多くは 家族や兄弟などの近親者が圧倒的だそうです。 それから、近隣住人。 大麻はやはり臭いがきついので気づかれる事 が多いのと、 ラリると夜中に大声をはりあげたりフラフラと外に出る事も多く やはり近隣に気づかれるケースが少なくないそうですよ。 それから、毎年大麻で捕まるのは1800~2100人ぐらい。 でも実際やってるのはその10倍だそうで 人口5000人に一人の割合だそうです。 大都市だとその比率は増え、地方だと減るそうで、 世田谷区だと、人口80万人なので160人ということになりますが 実際は1600人以上だと推測してるそうです。 昔、親会社の人(女性)と飲みに行った時に、その人の旦那さんが 「麻薬取締官」だと知って色々教えてもらったことがあります。 大麻に関しては、捕まるのは ・売人(または拡散者) 売人を摘発して、そこから顧客を芋づる式に。 または、 売人を泳がして、接触した買人を尾行し後に一斉検挙。 ・通報 周囲の人間や近隣の住人からの訴えや通報。 ・偶発 別の事件や大麻でラリっているところを検挙。 そこから芋づる式に。 以上の3件ですが、たまに本人の自首(中毒が進行したり、周囲に 気づ... Q コカイン、ヘロインを辞めた方にお聞きしたいのですが、ある程度年数がたっていればもうやりたいと思わなくなるものなのでしょうか? 彼が昔やっていたことを知りました。 昔の話は聞かないようにしていましたが、先日少しだけ話をしてくれました。 私はただ彼の話を何も言わず聞くことしかしなかったので細かい情報も分からない状態で す。 「よく辞めれたね」と言ったら、「コカインはきつかった」とだけ言っていました。 当時どのくらいの摂取量でどのくらいの期間やっていたのかは分かりません。 自分自身やったこともないし、知り合いにやっている人(やっていた人)もいないので、全くわからないのです。 それを聴いて引くと言うより、心配になりました。 彼は最低でも4,5年前から辞めているとは思います。 全くやりたいと思わない期間が何年あっても、年数に関係なく突然やりたくなるものなのでしょうか? またどういった方法で辞めましたか? 辞めたという表現ではなく、我慢しているといった方が正しいのでしょうか? 全くやりたいと思わなくなることもあるのでしょうか? A ベストアンサー 薬物経験者もしくは、薬物使用者が多い業界で仕事をしていた経験と、薬物が手軽に入手可能なアジアでの生活を経験してきた物ですが、興味本位で使用した経験程度成らば、本人の努力しだいで再び使用する事を抑える事は可能かも知れませんが、コカインはきつかった、と言う発言が出るようではおそらくかなり常習的に使用していたと考えた方が良いと思います。 日本における使用者の状況からしてもコカイン、ヘロインの使用を行って居たと言う事は、おそらく全ての薬物を使用した経験を積んで居ると考えられます 質問の通り、辞めたという表現ではなく、我慢しているといった方が正でしょう、あえて言うなら今は使って居ないというべきでしょうか。 薬物依存の怖いのは、今は使って居なくて、普通に生活できて居ても、生活の中で極度なストレスや、偶然で有っても、薬物が手に入る環境に措かれた時だと思います。 心が弱っている時や、悩みを抱えている時、本人の意思で制御する事は大変難しい様です、現にその様な環境で再使用をしてしまう人を何人も見てきました。 もし貴女が私の身内で相談を受けていたなら、私は彼が過去に殺人を犯し服役していたと言う話しならば、罪を償い更生しているのなら、其れをとがめたり交際に反対はしないでしょうが、相談者さまの彼氏の様な状況で有れば、交際事態を反対します。 殺人は本人の心しだいで再犯する事が防げますが、薬物は其処が非常に難しいからです。 特に自分はもうやらないと言う人が危険です、常に再使用の恐怖を持った人の方が再使用率は低い様に経験から感じます。 薬物経験者もしくは、薬物使用者が多い業界で仕事をしていた経験と、薬物が手軽に入手可能なアジアでの生活を経験してきた物ですが、興味本位で使用した経験程度成らば、本人の努力しだいで再び使用する事を抑える事は可能かも知れませんが、コカインはきつかった、と言う発言が出るようではおそらくかなり常習的に使用していたと考えた方が良いと思います。 日本における使用者の状況からしてもコカイン、ヘロインの使用を行って居たと言う事は、おそらく全ての薬物を使用した経験を積んで居ると考えられます... Q 初めて質問させて頂きます。 昨日朝10時頃に全く突然に私服の警察官が礼状を見せながら、 「捜査令状だ。 大麻所持の疑いのため家宅捜査させてもらう」 といい私を部屋の奥へ押しやり、部屋に入ってきました。 窓からも鍵が開いていたのか2名の男性が入ってきて、 パニックになり何も考えられませんでした。 大麻所持は結論から言って持っていません。 所持どころか買った事も売った事もありません。 もちろん栽培とか預かった、もらったという事も本当にありません。 ただ、2年半前に友人らと2,3回してみたことはあるんです。 友達の家でです。 実際本物かどうかすら分かりません。 一緒にいた友達の知り合いから分けてもらっている様ですが、 詳しくは知りません。 周りにいた人も知らない人達でした。 友達の知り合いです。 その友達とは1年位ずっと一緒にいるくらい仲がよかったのですが、 虚言癖?があり、付き合いきれなくなり、 ここ1年半位全く連絡をとっていませんでした。 そんな中でいきなりの強制捜査、礼状、大麻所持疑惑、家宅捜査と なったのですが、もちろん自宅から何もでてきません。 尿検査もされましたが、これももちろん陰性です。 最初は威圧的だった警察官達もすぐに世間話をする位になごみ、 ガサ入れも細かくしているように見えませんでした。 30分程度で帰っていきましたが、 ここでどうしても納得できない点があるのです。 強制捜査での礼状は動かしようも無い確固たる証拠が、 すでに上がっているときにしかまず発行されないと書かれていました。 つまり私が大麻を自宅に持っている、 95%クロと断定できる物証が警察にあるという事です。 私が納得・理解できないのはそんな証拠があるという事です。 もしかしたら大麻使用の3回全て写真を取られているとします。 それでも日付けで2年半前とわかるし、時期が一緒です。 それに家宅捜索する位なので、 最近の私の行動だとか調べていると思いますし、 その友達と連絡を絶っているのも分かっているはずです。 私の他の友達は大麻等そういったものとは無縁の人達です。 大麻をするような友達は私が使用した時にいたその友達だけです。 その時の他の人達は私の名前すら知っているか分かりません。 1回しか会ったことが無い人達の為 残りの2回は友人と2人です。 つまり家宅捜索にいたる経緯はその人が捕まったかして、 私の名前が出たとしか考えられないのです。 確かに悪いことをしたのは私なので自業自得かも知れないのですが、 なぜ今も絶対に家に大麻があるという物証があるのか、 どうしてもわからないんです。 大麻は現行犯逮捕でなければ捕まえられないのも捜査の後ネットで 調べて知りました。 証言でも物証になるというのですが、仮に捕まったその人の 証言でも名前がでれば簡単に礼状とは発行されるのでしょうか? 又これは警察でどのような物証で自分が家宅捜索されたのか 教えてもらう事は不可能なのでしょうか? 疑いが無いことがわかったという事ですが、 どうしてもこの家宅捜査の物証が捏造されている、 誤認捜査だったのではないかと思ってしまいます。 捜査は本当にビックリしたし、怖かったし、不愉快でした。 過去に使用しているので疑われる要素がある為自業自得ですが…。 でもどうしても納得できないのです。 例えばですが、2年前に1回したことある人がいるとして、 なにかの拍子でその事を警察が知りえた場合 同じく誰かの証言などで すぐ家宅捜査になるんでしょうか? 長くなってしまい申し訳ございませんでした。 最後まで読んで下さってありがとうございます。 宜しくお願いいたします。 初めて質問させて頂きます。 昨日朝10時頃に全く突然に私服の警察官が礼状を見せながら、 「捜査令状だ。 大麻所持の疑いのため家宅捜査させてもらう」 といい私を部屋の奥へ押しやり、部屋に入ってきました。 窓からも鍵が開いていたのか2名の男性が入ってきて、 パニックになり何も考えられませんでした。 大麻所持は結論から言って持っていません。 所持どころか買った事も売った事もありません。 もちろん栽培とか預かった、もらったという事も本当にありません。 ただ、2年半前に友人らと2,3回し... A ベストアンサー 大麻には禁断症状がなく、肉体的・精神的にタバコ・アルコールより害がなく、しかも使用量が増えることがなく、さらに暴力的どころか、平和でリラックスした創造的な気分にさせるメリットがあります。 しかも、向精神薬と違い、ナチュラル系なのです。 たとえば、アンフェタミンは、メチルフェニデートと、そんなに変わらないのに罰せられたり、また、戦時中には、合法であったヒロポンも、時代の都合で罰せられるようになったりします。 これは、昔だと、中学生とセックスをしても罰せられなかったのが、児童買春法ができてから、ばっせられるようになったのと似ています。 それで、カジノ特区構想がありますが、マリファナ特区を作って、実際に、人に与える影響を見てみるのがいいと思います。 これをJTBの専売にして、マリファナ税を課せば、タバコ税を上げなくてもいいと思います。 今のままだと、運び屋のトルコ人やイラン人を儲けさせるだけです。 たまにありますね。 有名なのは、オウム事件の第7サティアンです。 他の方が大麻やアヘンと混同されていますが、覚せい剤(アンフェタミンやメタンフェタミンなど)は合成麻薬であり、大麻などは使いません。 作る気になれば(製法は書きませんが)薬局で売っている薬剤で自宅でも作ることができます。 発覚というのは、かなりのコストです。 なにより、発覚した場合には稼いだ売上を全部没収ですからね。 A ベストアンサー 麻は日本人にとっては日常的な植物で、 古くから栽培して繊維や薬、食料として利用してきましたが、 戦後GHQにより、大麻取締法を作らされ規制されました。 全てを撤去できませんので、現在でも自生しています。 北海道に行かなくても見ることが出来ます。 麻の実は葉や花冠とは違って、陶酔感がなく、蛋白質が豊富で脂肪酸などの含有バランスも良く食料品になります。 ただし日本など大麻を取り締まっている国では加工されたものしか出回っていません。 生の実は油をとることができます。 地名にも麻に字の入っているところは、ほぼ自生していたか栽培していたところです。 野生種は丈が低く、知らない人は見過ごします。 麻は生えることが出来る環境ですと、ものすごく繁殖します。 マリファナはメキシコ語で「安いタバコ」と言う意味で、そこらへんに生えている繁殖力がおおせいなことによる命名だそうです。 栽培は、種子を購入するか、自生しているのを探して採取するですね。 A ベストアンサー コカインは麻薬ですよ。 強い快楽的な幻覚作用があり、しかも習慣性がある。 長期に使用すると、鼻の穴の中が変形、外観もすっかり変わり、コカイン常習者かはわかります。 それに、コカインを吸うと、強烈な眠気と疲労感で翌日は仕事など無理です。 一度や二度の吸引では、やめても禁断症状はなしですが、快楽的な幻覚作用の虜にすぐになってしまいます。 より混ざり物の少ない高価なコカインを求めるようになるので、後先を考えないでお金を手に入れるだけの方法に足を踏み込むことに。 不定期で、しかも短時間で稼げる仕事って、ドロボウ・強盗・売春くらいでしょう。 マリファナは、幻覚作用なし、習慣性もなしで、タバコより健康的。 医学的にも、麻薬から除外されるようになっており、唯一の効果は、タバコが不味くなり、タバコを吸わなくなることで、そうなると、タバコ産業の衰退、政治家に献金がなくなるので、麻薬扱いで禁止となっているだけです。 タバコ吸引人口の激変で、タバコの税収や政治献金がなくなってしまった国では、マリファナの自由化になっています。

次の

マリアナ諸島

グアム マリファナ

北マリアナ諸島連邦にはリゾート地として人気のサイパン島も含まれている。 CNMI下院議会は賛成18、反対1、棄権1で法案を可決させ、21歳以上の成人の大麻使用を合法化しようとしている。 この法案は医療大麻や産業用大麻繊維(ヘンプ)についても適用される。 (上記サイトより引用) すごいのは「下院議会における賛成18、反対1、棄権1」という賛成率の高さ。 カリフォルニア州など、嗜好用大麻の販売を合法化したアメリカの各州では「住民投票」によって法案が決められていました。 国民が「我々に大麻を解禁せよー!」と政治に訴えたわけですね。 でも、北マリアナ諸島は政治家の決議です。 大麻への理解と期待の高さが紫煙の影から見えるようですね。 法案では、21歳以上の成人であれば医療用・嗜好用を問わず大麻の使用・所持が認められます。 北マリアナ諸島のラルフ・トーレス知事は、大麻の合法化に対し慎重な姿勢を示しているようですが、圧倒的な賛成率と世界的な注目率の高さから、感情的ではない正しい判断が期待されています。 大麻合法化と犯罪率の傾向について で、こういう話につきまとうのは「大麻を合法化したら犯罪が増えるんじゃないの?」という懸念です。 しかし、日本でも大麻を経験したことがある人の総数は増え続けているけれど、犯罪率は低下し続けているのをデータが証明しています。 【外部サイト】 犯罪って、結局のところ貧困に起因しています。 そりゃそうですよね。 北マリアナ諸島でも、大麻によって景気が一気に回復し、新しい雇用が産まれ、人々のストレスが減れば、犯罪率は逆に減るのではないでしょうか。 自殺率も同じです。 今回、可決された法案には次のような記載がある。 【外部サイト】 米国のグアム、サイパンなど、日本人に身近なリゾート地に異変が起きている。 日本からの旅行者数は1997年のサイパン(テニアン、ロタを含む)45万人、グアム111万人をピークに、2016年にはそれぞれ6万人、74万人まで激減した。 (上記サイトより引用) 1997年の45万人から、2016年は6万人!!!!!!!!! 非日常の「はっちゃける」行為が、サイパンまで行かなくてもフェスとかで体験できるようになったのも理由かなと。 2018年8月現在、日本からサイパン、テニアン、ロタへの直行便はありません(最後の直行便だったデルタ航空は2018年5月から運休)。 サイパンに行きたいときは、グアム島や韓国・ソウルを経由する必要があります。 逆に言うと、ソウルからは直行便があるので、韓国の旅行者は多いのでしょう・・・。 でも、時差が1時間しかなくて、自然豊かな北マリアナ諸島はセカンドライフの地としても魅力的なはず。 私も老人になったとき、ツルピカな床のケアセンターで毎日テレビを見せられるような生活よりも、自然の中で大麻を吸いながら人間の尊厳を保ったまま死んでいきたいです。 念のため注 「大麻をもっと吸いまくろうぜ!」みたいなことを書くと「麻薬特例法違反(あおり、唆し)」になる恐れがあり、.

次の

[B! あとで読む] グアム、嗜好用マリファナの解禁へ!(売買はまだよ)

グアム マリファナ

日本国総領事館より グアムは「常夏の楽園」というイメージ通り、人々は心暖かく、全般的に治安も良好と言えます。 しかし、日本人観光客の皆さんがひったくりや置き引きなどの被害に遭う事件は、残念ながら少なくありません。 逆に、日本人観光客が加害者となり、警察に逮捕される事件も最近では目立つようになってきました。 当地で犯罪を犯した場合は、厳罰に処せられることを十分理解して頂き、無用なトラブルを避けるように心掛けて下さい。 以下の主な事件につき、十分にご注意ください。 被害品の値段にかかわらず、 逮捕・拘留(場合によっては、長期間の拘留もあります)されるだけでなく、起訴され、裁判を受けることになります。 判決としては、高額な罰金刑(数千ドル)及び国外強制退去措置のほか、長期間(5~10年程度)の米国領土への入国拒否措置を科される場合もあります。 免税店などでは、防犯カメラの設置や私服警備員の巡回などにより、万引きの警戒に当たっています。 これらの目的外 の渡航(TV・映画・雑誌のための撮影等)に当たる場合は、日本での米国査証の取得が必要です。 査証を必要とするにもかかわらず、取得していないことが発 覚した場合には、国外強制退去措置及び長期間(5年以上)の米国領土への入国拒否措置を科されます。 また、午前2時から午前8時までのアルコール類の販売及び提供も禁止となりました。 これに違反した場合には、罪を問われることとなります。 路上や駐車場に車を止める際は、周囲に不審な人・車がいないか注意して下さい。 車内にもトランクにも貴重品は置いていかないようにしましょう。 更に、移動中の置き忘れによる紛失も目 立っています。 また、盗まれたパスポートは、売買されるなどして犯罪に利用される可能性が高いです。 海外での唯一の身分証明であることを念頭に置き、管理を徹底しましょう。 グアムでも麻薬類の薬物は当然規制されており、ごく少量の薬物を購入した場合でも処罰の対象となります。 興味本位などからこれら薬物を購入して使用することは慎んでください。 そのため、同港内の一部(ファミリービーチ等)で楽しめるスキュー バ・ダイビングなどのマリン・スポーツが、一時禁止される措置が講じられる場合がありますので、ご注意ください。 また、不測の事故を防止するため、事前にグアム港湾局(Guam Port Authority TEL:477-5931)に対し立入禁止措置の日時を確認する等安全を期してください。 この影響で、2019年1月15日グアム政府により、タモン地区にあるイパオビーチでは閉鎖措置がとられていました。 イパオビーチに隣接するビーチは閉鎖されていませんが、そこでも毒クラゲはビーチに打ち上げられている状況にあります。 (2019年3月現在は開放されています。 ) このクラゲは猛毒を備えた長い触手を持っており,ビーチに打ち上げられた個体であっても、触れてしまうと毒針に刺されてしまいます。 「カツオノエボシ」の特徴は透明色の浮き袋と青色の長い触手です。 一見きれいに見えますが、ビーチで発見しても触れることのないようご注意をお願い致します。 また遊泳中やビーチで「カツオノエボシ」に刺された場合は、速やかに医療機関での処置を受けて下さい。

次の