ローマ字 入力 大文字 に なる。 Windows10で英字入力が大文字になる設定を小文字に直す方法

アルファベットの入力が全て大文字になる!?【Caps Lock】

ローマ字 入力 大文字 に なる

この記事の内容• 大文字入力になる原因は「caps Lockキー」 キーボードでの英字入力が大文字になってしまう一番の原因は、「Caps Lockキー」によるものです。 たいていの場合、キーボードの左端・TabキーとShiftキーの間に配置されています。 Caps Lockが有効になっていると、アルファベットを打つ時のデフォルトが大文字入力になってしまいます。 Caps Lockを無効にすることで、英字入力を小文字に戻すことができます。 Caps Lockの解除方法… Caps Lockを解除するには、「Shiftキー」を押しながら「Caps Lockキー」を押せばOKです。 キーボードの種類によっては、Shiftキーが2か所ありますが、どちらか片方を押してもらえれば大丈夫です。 言語バーからも「Caps Lock」を解除可能 「言語バー」は、デスクトップ画面の下部に表示されているタスクバーの右側に表示されています。 「CAPS」の文字が青く表示されている時は、caps lockが有効になっているのでクリックして解除しましょう。 ちなみに、「CAPS」とセットになっている「KANA」は、クリックをすることで「かな入力」と「ローマ字入力」を入れ替えることができます。 「KANA」が青く表示されている時は、かな入力が有効になっていることを表しています。 Word・Excel・PowerPointで大文字になってしまう場合は? Word・Excel・PowerPointなど、ビジネスシーンで利用することの多い「Microsoft office」製品。 「このソフトが無いと仕事にならない!」と言う方も多いでしょう。 このofficeシリーズでも、使用中「小文字入力を下つもりが、なぜか大文字になってしまう…」という事象が報告されています。 なぜ大文字入力になってしまうのか、ソフト別に解説していきます。 もちろん、小文字入力をするための対処法も説明いたします。 アルファベットが全て大文字になる時は「フォント設定」を確認 Officeを使っていて入力したアルファベットが全て大文字になる原因としては、 「フォント設定が、すべて大文字設定になっていること」が挙げられます。 設定を変更するには「フォントの設定ダイアログ」を開きます。 「フォントの設定ダイアログ」は、「ホーム」タブにあるフォントの項目の右下にある「小さなウィンドウマーク」をクリックして開きます。 「文字飾り」の項目の中に「すべて大文字」がありますので、チェックが入っていたらこちらを外しましょう。 最後に「OK」をクリックすれば、アルファベットを小文字入力にすることができます。 Word・Excel・PowerPointでは選択する時に若干操作方法が異なるのでご注意ください。 Wordの場合・・・ 「大文字になってしまう文字」を範囲選択してから「フォントの設定ダイアログ」を開く• Excelの場合・・・ 「大文字になってしまうセル」を選択して「フォントの設定ダイアログ」を開く• PowerPointの場合・・・ 「大文字になってしまうテキストボックス」を選択して「フォントの設定ダイアログ」を開く 上記のように選択してから設定しないとフォント設定が反映されません。 1文字目が大文字になってしまう時は「オートコレクト」を確認 続いて「アルファベットの1文字目が大文字になってしまう」場合の対処法についてです。 WordやExcelで標準設定のまま適当な英語を入力すると、勝手に頭の1文字が大文字になってしまうことがあります。 この機能は 「オートコレクト」と呼ばれています。 大文字・小文字の使い分けの誤り• スペルミスの修正• 記号などの文字の自動挿入 などの働きを持ったユーザー補助機能です。 便利な機能ですが、すべて小文字入力をする機会が多い方にとっては、少し迷惑な機能ですよね。 オートコレクトを無効にするには、 「ファイル」タブより「オプション」を開きましょう。 オプションの 「文章校正」タブから「オートコレクトのオプション」をクリック。 その中にある 「文の先頭文字を大文字にする」というチェックを外しましょう。 最後にOKを押せば、すべて小文字で入力をすることができます。 「PowerPoint」の場合はスライドマスタで一括設定 PowerPointは、 「すべて大文字」が有効になっているテーマを使った、全スライドのテキストボックスが大文字で表示されてしまいます。 そういった場合、スライド1枚1枚を手作業で設定変更していくのは非常に手間が掛かります。 このような場合は、 「表示」タブより「スライドマスタ」を選択、スライドマスタ上のプレースホルダでフォントの設定を変更することにより、すべてのスライドの設定を一括変更することができます。

次の

小文字にできない!Windows10で勝手に大文字入力になる時の直し方

ローマ字 入力 大文字 に なる

パソコンでローマ字を入力できない場合の対処法について解説します パソコンのキーボードで日本語の文章を作成する際は、ローマ字入力が基本になりますが、何も操作をした覚えがないのに突然英語入力しかできなくなったり、ひらがなが直接入力されてしまうことがあります。 冒頭部でお伝えしておきたいのが故障ではなく、設定が一時的に変更されてしまったことが原因である可能性が高いということです。 今回の記事では、パソコンのキーボードのローマ字入力ができない場合の原因と対処方法を詳しく解説します。 キーボードの入力がおかしくなって困っている方はぜひ読んでみてください。 パソコンのキーボードのキーは、ほぼ全て2つ以上の文字や記号の入力に対応していて、特定のキーを同時に押すことなどがきっかけで入力モードが変わると、表示される文字や記号が変わります。 例えば、Dキーを見てみると左上にD、右下に平仮名の「し」が書かれているのがわかるでしょう。 「で」と入力しようとしてDEとタイプしたはずなのに「しい」と表示された場合は、確実にローマ字入力から、かな入力に切り替わってしまっています。 このケースは本人に自覚がないままに特定のキー操作で入力モードが変わったか、OSの更新や一時的なエラーで設定が変わったことが原因として考えられるでしょう。 わかりやすい確認方法として、Windowsであれば画面右下のタスクバーの中に「あ」や「A」といった表記があり、ここが半角英数入力に切り替わっていると半角のAと表示されているはずです。 「あ」になっていればローマ字入力が選択されています。 あまりないケースですが、右下の表示が全角のAになっている場合は、全角英数入力が選択されています。 この時はAの表示を直接クリックし出てきたメニュー画面の一番上の「ひらがな(H)」を選択すれば「あ」という表示に変わりローマ字入力に戻せます。 キーボードの右下、あるいは左下にALTと表記されたキーがあります。 さらに左下のALTキーの隣には、たいてい「カタカナひらがなローマ字」と表記されたキーがあります。 ここで「はい」をクリックすることでかな入力をローマ字入力に戻すことができます。 画像の真ん中あたりに、KANAと文字があり、かな入力に切り替わっている時には青くなっているはずです。 このKANAと書かれた部分を直接クリックすることで、かな入力からローマ字入力に変更することができます。 Windows7の場合、上の画像のAや「あ」と表記された文字の上で右クリックするとメニューが表示されるので、一番下の設定を左クリックします。 するとテキスト サービスと入力言語という画面が表示されるので、真ん中あたりのMicrosoft IMEという項目をダブルクリックします。 Microsoft IMEという項目をダブルクリックしたら、Microsoft IMEのプロパティという画面が別ウインドウで表示されるはずです。 先ほどと同じように、画面右下のAや「あ」の文字の上で右クリックを選択し、テキスト サービスと入力言語の画面を表示します。 表示された画面の上の方、既定の言語の項目に、「日本語(日本)-Microsoft IME」が設定されているかを確認します。 意図的ではない場合に変更する可能性の低い項目ですが、誰かと共有していたりパソコン本体の挙動がきっかけで変更されている可能性もあります。 パソコンのホーム画面左下の4色の旗のマーク、Windowsボタンを押してメニューを開き、右側のコンピューターの項目にカーソルを合わせて右クリックします。 表示された画面で上から二番目の管理を選択し、クリックするとコンピュータの管理画面が表示されます。 コンピューターの管理画面が表示されたら、左側のデバイスマネージャーをクリックすると接続されている機器や機能の一覧が表示されます。 キーボードの一覧のどこかに!マークか?マークが表示されていたら、現在使用しているキーボードがパソコンに正しく認識されていない可能性があります。 この場合、!や?が付いている機器にカーソルを合わせ、右クリックします。 出てきたメニューから削除を選びクリックすると承諾を求められる画面が表示されるのでOKを選択します。 OKを選択すると一時的にキーボードの操作ができなくなるので、パソコンの再起動をします。 再起動直後にパソコン本体にキーボードが接続されていれば自動的にデバイスドライバのインストールが始まり、しばらく放置しているとインストールが完了します。 一時的なシステムエラーなどでキーボードがパソコンに正しく認識していないのであれば、この操作でローマ字入力ができるようになる可能性があります。 全ての操作を行っても改善されない場合、キーボードの内部的な接触不良などの故障が疑われます。 可能であれば別のキーボードを挿してみる、あるいはUSB方式のキーボードならポートを変えて様子をみる必要があります。 ローマ字入力がよくいつの間にか解除されている場合 パソコンのキーボードでローマ字入力が突然できなくなる場合のほとんどが、キーの誤操作です。 特に入力機会の多いAキー、同時押しでさまざまな機能を使えるSHIFTキーの近くにあるCAPS LOCKキーは間違えて押してしまうことが非常に多いです。 あまりにもわずらわしい場合は設定でCAPS LOCKキーを効かなくすることも可能です。 まとめ 今回はパソコンのキーボードがローマ字入力できない場合の原因と対処方法を解説してきました。 この問題は故障の可能性が低いケースなので、あせらず操作をすれば比較的簡単に直せます。 皆様も正しい知識を理解して、より快適にパソコンを活用してください。

次の

ローマ字入力の大文字小文字切り替え方法の話。

ローマ字 入力 大文字 に なる

ただしキーボードの種類や次のチャプターで紹介する設定次第では反応が無い場合もあるので注意して下さい。 同時押ししても変化が無い場合は先ほど紹介したIMEアイコンをクリックする方法を使ってください。 誤動作させないようにWindowsの設定から変更する方法 入力方法が誤動作してしまうのは誤ってALTキーとカタカナ・ひらがなローマ字キーを同時押ししてしまうからです。 そこで問題が起きないようにあらかじめ入力方法を固定する方法があります。 Windowsのバージョンによって異なりますが、ここでは代表して2019年時点のWindows10で解説しますが、今後のアップデートで表示画面の詳細が変化する可能性があるのでご承知ください。 まずWindowsの設定を開いたら時計と時刻を選択し、言語を選びます。 この設定を行うとIMEオプションから手動で切り替えない限り、ショートカットキーを入力しても入力方法が変更される事はありません。 先ほどの説明でALTキーとカタカナ・ひらがなローマ字キーを同時押ししても設定が切り替わらない場合はこのWindowsの設定が優先されている場合が多いです。 また、最新のアップデートをされたWindows10ならここが日本語入力で普段使っている入力方法に設定してあるはずなので、誤入力でキーボードの入力形式が変更されるトラブル自体が発生しないはずです。 Windows7やWindows8、Windows8. 1の場合はこの設定が無いため、何らかの操作ミスで誤ってALTとカタカナ・ひらがなローマ字キーを同時押しして入力モードが切り替わってしまう事があるのです。 再起動する 最後の方法が再起動です。 何をどうやってもカナ入力からローマ字入力に切り替えできないとか、そもそもキーボードが反応しないといった極限の状況においては何らかのシステムエラーや設定以外の問題が考えられます。 そこで一旦パソコンをシャットダウンして立ち上げる事で正常な反応に戻るか確認しましょう。 加えて単純に何らかの理由でキーボードの接触が悪くなったり、ケーブルが抜けているだけという事も考えられるので予備のキーボードがあれば差し替えて問題の切り分けを行ってください。 最後に 以上、ローマ字入力がカナ文字入力に変換されてしまうトラブルへの対処法を紹介しましたが、この問題を完全に解決するにはWindowsOSのアップデートが一番です。 Windows10にしてあらかじめ入力モードを設定しておけば、入力切替のショートカットキー自体が無効になります。 IMEアイコンで変更しない限りはあらかじめ設定しておいた入力モードから切り替わらないので、問題自体が発生しないはずです。 特にWindows7は2020年1月14日にサポートが切れるので、セキュリティの問題から変更したほうが良いですし、Windows8や8. 1のユーザもWindows10にアップデートする事で様々な利点があります。 頻繁に誤入力してカナ変換に切り替わるようなら、OSのアップデートも選択肢の一つとして検討してみるのも良いでしょう。

次の