美味しい 餃子 の 作り方 肉汁。 【みんなが作ってる】 餃子 肉汁のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

本当に美味しい餃子|何度も作りたい定番レシピVol.9

美味しい 餃子 の 作り方 肉汁

肉汁がたっぷり出てくる餃子は、中の『アン』に、 『ラード』を少し多めに加えて練り込み、作ります。 また、豚のひき肉が『アン』の主体ですが、これはお客用だから、と 赤身の肉を選んではダメです。 バラ肉をひいたひき肉か、 ちょっとお安めの、脂肪分の多いひき肉を選んで下さい。 また肉料理だからと肉を多くしてはダメで、 『野菜料理』のつもりで、加える白菜やキャベツ等野菜を、 肉の量が1とすると、野菜を2か3程度加えて練り込んで下さい。 その時、野菜はみじん切りにして、塩もみするかゆでて刻み、 充分水気を絞ってから加えて混ぜるようにして下さい。 『アン』を作る時、ひき肉を練って調味料で味をつけますが、 柔らかく、かつフンワリ仕上げるために、『水』を50~80ml位加えて 練るようにすると、しっとりした上出来の『アン』になります。 ちなみに、これは肉団子の作り方のコツのひとつでもあります。 肉を練る時は、充分こねるように、粘りが出て白っぽくなり、フワッと してくるまで充分に練り込む事も大事なコツです。 好みで1片程加えてもおいしいものです。 日本ではアンの方に加えるのですが、中国では食する時、 タレの方にニンニクを加えるようにしています。 こんにちは。 貝柱の水煮の缶詰を汁ごと入れると良いですよ。 それと、干ししいたけを戻して、こちらも戻し汁を使います。 しいたけも刻んで入れると美味しいですよ 貝柱や干ししいたけから抜群の良いダシが出てるのでオススメです。。 汁ごと入れることによってジューシーになります。 最初に貝柱の汁やしいたけの戻し汁、 顆粒の中華だし、鶏がらスープの素を入れしっかりお肉をこねます。。 お肉が白っぽくなるまでこねると良いですよ。 そうするとしっかりお肉がスープを含んでくれますよ。 とにかく良く練って、スープをいっぱいお肉に含ませてくださいね。 汁の量はこねながら様子を見てくださいね。 良くこねると意外なほどたくさん汁がお肉に含まれますよ。 この他にも手羽など作った「にこごり」を入れると 肉汁たっぷりで、割ると中からジュワ~と肉汁が出てきますよ。 コンソメスープをゼラチンで固めた物でも大丈夫です たくさん汁を含ませるので、包んでから焼くまで時間が 経ってしまうと水分が出て、皮がベチャっとなってしまうので 焼く直前に包む事と良いですよ。

次の

餃子のレシピ(作り方)

美味しい 餃子 の 作り方 肉汁

ハンバーグに使う「ひき肉」。 牛を始め、豚、そして合いびき肉など種類が多く迷いますよね。 用意するひき肉によって当然仕上がりの味が変わってきます。 それぞれの特徴を知り、好みのものを選びましょう。 牛ひき肉肉の旨味が強く弾力性があります。 比較的水分が少ないのが特徴。 まとめやすく香辛料とも相性がいいので、ハンバーグのメインとして使われます。 牛肉100%のひき肉で作る場合は、脂肪が適度に2割くらい混ざっているもののほうが好まれるようです。 豚ひき肉脂肪が多く味にコクがあります。 また、豚の脂は牛の脂に比べて、溶ける温度が低く、口の中でもとろけます。 そのため、ハンバーグに入れると、口当たりが良くなります。 鶏ひき肉淡白な味わいが特徴。 さっぱりとしたハンバーグに仕上がります。 合いびき肉 挽き肉、塩、玉ねぎ、パン粉など基本の材料に加えて、入れると更にうま味を引き立てる材料をご紹介します。 お好みでお試しください。 「ナツメグ」で肉の臭みを取るハンバーグに入れるスパイスとして有名ですが、なぜ入れるのかご存知ですか? ナツメグは肉の臭みを取ります。 玉ねぎと併用すると更に効果が高まるそう。 一緒に練り込み加熱する事で力を発揮するので、ハンバーグにピッタリなスパイスなんですね。 「マヨネーズ」でふんわりと仕上げるマヨネーズを一緒に練り込むと、ふんわりジューシーに仕上がるってご存知でしたか? マヨネーズの中の植物油が肉のたんぱく質の結合を和らげ、結果としてジューシーに仕上がるそうです。 ひき肉に対して、5%の量が目安ですよ。 こねる前の準備まずひき肉は、使う直前に冷蔵庫から出しましょう。 室温に長く置くとやわらかくなり、脂が溶け出しやすくなってしまいます。 最初はひき肉と塩だけでよくこねるまず肉と塩だけをボウルに入れこねます。 塩を入れると肉に粘りが出て、肉汁を包み込む膜ができます。 他の材料を先に入れると、塩の効果が発揮される前に、脂が溶け出してしまうのでご注意ください。 手早く・こねすぎはNGこねるのが足りないと、加熱時に肉汁が流れ出す「身割れ」の原因になります。 ただし、こねすぎると焼いたときに硬めになってしまいがちです。 こねる時のコツは、最初は肉を握り込むようにして、粘りが出てきたら指先でグルグルとかき混ぜる事。 時間をかけず、手早く行いましょう。 次に調味料、その他材料の順に入れて練るナツメグなどの調味料を入れ、再び練ります。 肉に馴染んだら、玉ねぎやパン粉などの材料を入れましょう。 赤身に脂をなじませるよう、しっかりと練ります。 肉ダネができたら、お好みの大きさになるよう手に取ります。 そして片手から片手に、キャッチボールするように短い距離で10回ほど往復させましょう。 空気をしっかり抜く事で、加熱の際に膨張して型崩れするのを防ぎます。 最後は小判型にまとめて、中央をくぼませましょう。 ハンバーグの厚みはどれくらい? 実は「ハンバーグを厚くしすぎない」のがコツ! ハンバーグは加熱すると膨張し、高さが出てきます。 お店のように厚めにまとめると、生焼けの原因になるので注意です。 美味しく仕上げ、しっかりと火を通すには厚さ「1センチ」に仕上げ、真ん中をくぼませましょう。 きれいにまとめるコツハンバーグのタネをまとめる時に、手のひらにサラダ油を薄くつけてからまとめてみましょう。 タネの表面がきれいに仕上がりますよ。 フライパンを熱しておき、油をひいてハンバーグのタネを入れます。 レシピによって加熱時間が違うことも多いですが、焼き色や肉汁の色に注意しながら、蓋をしてじっくりと中まで火を通し、生焼けを防ぎましょう。 ひっくり返すタイミングを見極めるコツは? レシピによって加熱時間が違う場合、何を目安にすればいいでしょうか? 裏返す目安は「タネの周囲が白っぽいピンク色」になったタイミング。 ひっくり返したら再び蓋をし、蒸し焼きにしましょう。 焼き上がりの目安は? 中までしっかり火を通す事が重要! 軽く表面を押して、弾力があるか確認します。 また竹串で刺してみて、肉汁が透明である事も重要です。 ひき肉は病原体が付着しやすいので、しっかりと中心まで加熱する必要があります。 (一番確実なのは、試しに断面を割ってみる事。 中心部にピンク色が残っていないか確認してくださいね。 ) おススメの焼き方厚さ1センチのハンバーグの場合、強火で表裏1分ずつ両面に焼き色をつけます。 そのあとは、ふたをして弱火で8分ほど蒸し焼きにします。 ふんわりしたハンバーグに仕上がります。

次の

男子ごはんの肉汁たっぷり餃子のレシピ。大人気の絶品餃子。

美味しい 餃子 の 作り方 肉汁

肉汁がたっぷり出てくる餃子は、中の『アン』に、 『ラード』を少し多めに加えて練り込み、作ります。 また、豚のひき肉が『アン』の主体ですが、これはお客用だから、と 赤身の肉を選んではダメです。 バラ肉をひいたひき肉か、 ちょっとお安めの、脂肪分の多いひき肉を選んで下さい。 また肉料理だからと肉を多くしてはダメで、 『野菜料理』のつもりで、加える白菜やキャベツ等野菜を、 肉の量が1とすると、野菜を2か3程度加えて練り込んで下さい。 その時、野菜はみじん切りにして、塩もみするかゆでて刻み、 充分水気を絞ってから加えて混ぜるようにして下さい。 『アン』を作る時、ひき肉を練って調味料で味をつけますが、 柔らかく、かつフンワリ仕上げるために、『水』を50~80ml位加えて 練るようにすると、しっとりした上出来の『アン』になります。 ちなみに、これは肉団子の作り方のコツのひとつでもあります。 肉を練る時は、充分こねるように、粘りが出て白っぽくなり、フワッと してくるまで充分に練り込む事も大事なコツです。 好みで1片程加えてもおいしいものです。 日本ではアンの方に加えるのですが、中国では食する時、 タレの方にニンニクを加えるようにしています。 こんにちは。 貝柱の水煮の缶詰を汁ごと入れると良いですよ。 それと、干ししいたけを戻して、こちらも戻し汁を使います。 しいたけも刻んで入れると美味しいですよ 貝柱や干ししいたけから抜群の良いダシが出てるのでオススメです。。 汁ごと入れることによってジューシーになります。 最初に貝柱の汁やしいたけの戻し汁、 顆粒の中華だし、鶏がらスープの素を入れしっかりお肉をこねます。。 お肉が白っぽくなるまでこねると良いですよ。 そうするとしっかりお肉がスープを含んでくれますよ。 とにかく良く練って、スープをいっぱいお肉に含ませてくださいね。 汁の量はこねながら様子を見てくださいね。 良くこねると意外なほどたくさん汁がお肉に含まれますよ。 この他にも手羽など作った「にこごり」を入れると 肉汁たっぷりで、割ると中からジュワ~と肉汁が出てきますよ。 コンソメスープをゼラチンで固めた物でも大丈夫です たくさん汁を含ませるので、包んでから焼くまで時間が 経ってしまうと水分が出て、皮がベチャっとなってしまうので 焼く直前に包む事と良いですよ。

次の