重ね重ね。 重ね重ねお詫びをする謝罪の意を言葉で伝える方法

お客様へのお詫び状の例文》個人へのお詫び状の書き方、不足、欠品、文例

重ね重ね

お客様へのお詫び状の書き方• お詫び状に時候の挨拶は不要。 頭語と結語を入れる(冒頭に「拝啓」+末尾に「敬具」など)• ミスやトラブル、変更などの内容を伝え、お詫びの言葉を述べる• できるだけ、原因と再発防止のための対策に触れる(可能であれば)• 変わらぬお引き立てやおつきあいのお願いをする() 重要なのは、ミスやトラブルを認め、同じ過ちを二度と繰り返さない事、被害や迷惑を最小限に抑えることです。 原因がわかれば、対策をうつこともできます。 対策を先方に伝える事で取引先に安心してもらうことができます。 俳句のときに使うものは季語と言います。 本来であればお詫びに参上すべきところ、甚だ略儀ではございますが、取り急ぎ書面にてお詫び申し上げます。 どうか今後とも変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。 本来であれば拝眉の上お詫び申し上げるべきところ、甚だ略儀ではございますが、書面にてお詫び申し上げます。 どうか今後とも変わらぬご指導のほどよろしくお願い申し上げます。 略儀ではございますが、書面にてお詫び申し上げます。 今後とも変わらぬご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。 (今後のご愛顧やご支援、お引き立てをお願いしづらいこともあります。 その場合にはお詫びで結びます) 略儀ながら書面にてお詫び申し上げます。 まことに申し訳ございませんでした。 [お詫び状を出す時期] ・ミスやトラブルがわかった時点で、あるいは延期や中止などが決まった時点でなるべく早く出します。 (本来は手紙、書面・文書で出すのが丁寧な形ですが、多数のお客様に対して迅速に連絡をする手段としてメールでのお詫びとなるケースもあります。 更に緊急の場合には電話で謝罪の意を伝えたのち、改めてお詫び状を出すこともあります。 小手先のごまかしや小細工をせず、心からお詫びする姿勢が大切です。 「まず謝る。 」これが基本です。 なお、故意による情報改ざんや、商品の欠陥などに由来する重篤な健康被害などが生じた場合には、公的機関への届け出や、法的な手続きが必要になります。 もちろん謝罪の言葉は必要ですが、このページでは健康や人命にかかわるものや、個人の権利や財産を著しく損なうレベルの問題に対処する文面 やお詫び文を紹介しているわけではありませんので、あらかじめご了承下さい。 お客様への詫び状 欠品、不足、品切れの場合の例文 お詫び状(お詫びの手紙)は、ミスやトラブルがわかったらすぐに、なるべく早く出します。 お詫びの手紙は手書きするのが丁寧な形ですが、そのお詫び状の内容が多数のお客様に対するものであれば、手書きが難しいときはパソコンで作成しても良いでしょう。 理由の説明と今後の指針を 下記のように、やむをえない事情で欠品、品切れ、不足などが発生している場合には、理由を説明した上で以下を明記します。 同じ効能や同じ用途の品物 色違い、入数違いの品物、 別ブランドの同等品など。 AまたはBなどのように書く A 代替品を案内する場合の例文 弊社では商品の入手に全力を尽くしておりますが、今のところ残念ながら入荷のめどが立っておりません。 つきましては、まことに勝手ながらお一人様あたり2個までとさせていただきたくお願い申し上げます。 なお、恐縮ながら以下の商品が今回の商品に近いものです。 お客様のご要望に添える可能性がございますので、ご紹介させていただきます。 まだ在庫には余裕がございますのでよろしければご利用くださいませ。 つきましては、まことに恐れ入りますが、やむを得ずご注文を取り消しとさせていただきたくお願い申し上げます。 想定以上にご注文が殺到し、システム上の処理が間に合わず、欠品にもかかわらず一旦ご注文をお受けした形となってしまいました。 お客様に大変ご迷惑をおかけしてしまい、また、ご要望に添えぬ結果となってしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。 なお、このたびのご利用に関するご請求はございません。 (お振込み済みのお客様に関しましては、返金をさせていただきたく存じます。 ご多忙の折まことにお手数ではございますが、別紙の用紙に必要事項をご記入の上、返信封筒にてご郵送ください).

次の

重ね重ねお詫びをする謝罪の意を言葉で伝える方法

重ね重ね

「重ねてお詫び申し上げます」の意味 「重ねてお詫び申し上げます」について、まず「重ねて(かさねて)」と「お詫び申し上げます(おわびもうしあげます)」の2つに分けて意味を説明します。 「重ねて」の意味 「重ねて」の意味は「同じ状態をもう一度くり返すこと」です。 例えば「重ねて言う」の場合は「繰り返し言う」ということを表します。 「お詫び申し上げます」の意味 「お詫び申し上げます」は公の場で謝罪の意を表す際に用いる言葉です。 ビジネスの場面でも一般的によく用いられます。 謝罪を行うということは、相手に対してなんらかの過失があるなど迷惑をかけている状況であるため、「お詫びします」「お詫びいたします」よりも「お詫び申し上げます」と謙譲語を用いる方が適切です。 「重ねてお詫び申し上げます」の意味 「重ねてお詫び申し上げます」とは、一度お詫びしたが、もう一度くり返してお詫びするという表現になります。 つまり、何度も繰り返し謝罪したいほど深く謝りたいという気持ちを表す言葉なのです。 謝罪の表現としては、重い表現となりますので、状況に応じて適切に用いましょう。 「重ねてお詫び申し上げます」の使い方 謝罪の締めの言葉として使う 「重ねてお詫び申し上げます」は文末もしくは締めの言葉として使用します。 何度も謝罪の気持ちを表現することにより、本当に申し訳なく思っているという気持ちを伝えるとともに、最後にもう一度、と繰り返すことでよりいっそう強い謝罪の気持ちを伝えることができます。 ビジネスシーンで上司や目上にも使える 「重ねてお詫び申し上げます」は、ビジネスシーンにおいて取引先や顧客などに対する謝罪の場面で頻繁に用いられますが、自分の会社の上司や目上の人に対しても用いることができます。 深い謝罪の気持ちを伝えたい場面で使いこなすことができるよう、社会人の基本として準備しておきたいフレーズです。 メールや書面・手紙で使える例文 「重ねてお詫び申し上げます」を用いる謝罪の場合、ビジネスメールや書面での謝罪文とともに口頭による謝罪であっても文言の手順は同じです。 例文を2つ紹介します。 【例文1】• このたびは〇〇の件につきまして大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。 原因は弊社の〇〇に起因する不手際があったためでございます。 今後はチェック体制を強化し、このようなミスが発生しないよう、徹底して管理監督を行う所存でございます。 このたびの件につきまして、重ねてお詫び申し上げますとともに、今後ともお引き立てを賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文2】• この度は、弊社の電話対応に不手際があり、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。 対応した担当者に正確な知識が不足していたため、このような結果となってしまいました。 今後はこのようなことが無いよう、研修を強化、刷新していく所存でございます。 今回の不手際につきまして、重ねてお詫び申し上げます。 またのご利用を心よりお待ち申し上げます。 「重ねてお詫び申し上げます」の類語表現 「重ねてお詫び申し上げます」と同じように深い謝罪を表す表現を、他にもいくつか知っておくと安心です。 ビジネスの場面で謝罪は頻繁に発生するためです。 深い謝罪を表す表現としては次のようなものがあります。 「重ね重ねお詫び申し上げます」の意味と使い方 「重ね重ね」の意味は「重ねて」と同じく何度も繰り返すという意味です。 「重ねてお詫び申し上げます」の使い方と同じく、文末または締めの言葉として使用します。 「重ね重ね恐縮でございます」「重ね重ねお礼申し上げます」などと「重ね重ね」はビジネスシーンではよく用いられる表現ですので覚えておきましょう。 「幾重にもお詫び申し上げます」の意味と使い方 「何度も」という意味で「幾重にも」と表現することもできます。 2度目のお詫びであったりした場合、同じ表現が続くと不快に思われてしまうこともあるため、表現を変える配慮も大切です。 「お詫び」の他の表現例 「重ねてお詫び申し上げます」は締めの言葉として用いますが、はじめの謝罪に用いるお詫びの表現は複数あります。 深くお詫び申し上げます• 謹んでお詫び申し上げます• まことに申し訳ございません• 大変申し訳ありません• 深謝いたします• お詫びの言葉もございません いずれにしても、お詫びの表現の前にその理由を述べてから用います。 「この度はご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます」「多大なるご心配をおかけしましたこと、お詫びの言葉もございません」などとします。 はじめに深くお詫びした上で、「重ねて…」と最後にお詫びを表現し締めの言葉とし、心からの謝罪であることを丁寧に伝えます。 まとめ 「重ねてお詫び申し上げます」は深い謝罪の気持ちを伝えたい時に、文末や締めの言葉として使用する言葉でした。 仕事をしていく上で問題の発生や間違いは避けることができず、謝罪を行う場面は頻繁に発生します。 謝罪の言葉についての語彙を日頃から深めておき、迅速かつ適切に対応できるように準備しておくことが大切です。

次の

「度々」の意味と使い方、敬語、類語・言い換え、「重ね重ね」との違い

重ね重ね

「お心遣い」「お気遣い」の違い 「お心遣い」の意味 「心遣い」の意味は「気を配ること」「心配り」「配慮」です。 また、「ご祝儀」「心づけ」といった意味もあります。 相手が心を配ってくれたことを、丁寧に表現したものが「お心遣い」です。 相手の思いやりを感じた時に使用するのが良いでしょう。 「お気遣い」の意味 「気遣い」の意味は「あれこれ気をつかうこと」という意味です。 また、「よくないことが起こる恐れ、懸念」という意味も持ちます。 「お気遣い」では、前者の意味となり、相手が気をつかってくれたことに対する丁寧な表現ということです。 「お心遣い」「お気遣い」の例文 それでは、「お心遣い」「お気遣い」が実際に使われる際の例文をみていきましょう。 「お心遣い」の例文 「お心遣い」を実際に使う場合の例文を紹介します。 この度は弊社の移転に際しまして素敵な品をお送りいただき、 お心遣いに感謝申し上げます。 先日はあたたかな お心遣いをいただきまして、ありがとうございました。 「お気遣い」の例文 「お気遣い」の使い方の例を紹介します。 「お心遣い」よりは口頭で使う機会が多いかもしれません。 (どこかに招かれた際など)どうぞ、 お気遣いなく。 常日頃から お気遣いいただき、感謝申し上げます。 ビジネスシーンでの注意点と例文 「お心遣い」「お気遣い」はビジネスシーンでも使われることがありますが、場合によっては注意が必要です。 上司や目上の人にも使ってOK 「お心遣い」「お気遣い」は取引先や上司に対して使用しても大丈夫です。 「お心遣い」は普段以上の思いやりや心配りを受けた時、または贈答品や心付け、ご祝儀などの金品を貰った時に使用します。 「気遣い」は気を配ってもらった時、神経を使ってもらった時に使用する場合が多いです。 報告書などのビジネス文書ではNG 手紙やビジネスメールでは「心遣い」「気遣い」を使用できますが、注意すべきは報告書やレポートなどの場合です。 こういった実務的な文書の場合には、訓読みを使う「和語」は原則、不適切とされています。 したがって「こころづかい」「きづかい」という訓読みであるこれらの単語は使用しない方がよいでしょう。 もし同様の表現をしたい場合は、「配慮」という音読みの単語であれば使用できます。 ビジネスメールの例文 ここからは、ビジネスメールで使える例文を見ていきましょう。 例:お心遣いをいただきありがとうございます。 一番オーソドックスな表現です。 相手に特別な心配りをしてもらった時、お礼文として送ると好印象です。 例:お心遣いに痛み入ります。 上述のものより、さらに丁寧な表現になります。 「痛み入る」とは「申し訳ない・恐れ入る」などの意味です。 使用シーンとしては、相当な金品をいただいたり、とても目上の人に心を配ってもらった時などが想定されます。 かなり低姿勢な様子が伝わる表現です。 例:お気遣いくださいましてありがとうございます。 先方が気を配った対応をしてくれた時、神経を使ってもらったと感じた時に使用するものです。 一言添えるだけでも丁寧な印象を与えることができます。 「お心遣い」「お気遣い」に似た言葉 「お心遣い」「お気遣い」の意味と使い方を解説してきましたが、類似の言葉もいくつかあります。 「お心遣い」「お気遣い」がふさわしくないと感じた場合などに覚えておくと便利です。 「ご配慮」の意味 類似の表現に「ご配慮」があります。 こちらも「心遣い」「気遣い」と同様、「心を配ること」「気をつかうこと」という意味です。 訓読みの「心遣い」「気遣い」とは異なり、音読みの表現なのでビジネス文書でも使用することができます。 また、少しかたい表現になるのでビジネス文書でなくとも相手にかしこまった印象を与えたい時に使用すると効果的です。 逆に、「心遣い」「気遣い」を使うとやさしい印象になります。 ただし、使い分けで悩んだ際には「ご配慮」を使用するとよいでしょう。 「ご配慮」の例文 「ご配慮」の使い方を紹介します。 「ご配慮」は目上の人はもちろん、同じ立場の人にも使える汎用性の高い言葉です。 このたびはさまざまに ご配慮いただき、ありがとうございます。 格別の ご配慮を賜り、恐縮に存じます。 まとめ 「心遣い」「気遣い」は相手に感謝を伝える際に有効な表現です。 しかし場合によっては使用できないこともあります。 ビジネスシーンでは思いやりや感謝をしっかり伝える場面と、ビジネス文書などの実務的な場面を混同しないよう注意しましょう。

次の