より いち 鬼 滅 の 刃。 【鬼滅の刃】作中キャラクター最強ランキング|1位は意外なあのキャラ……!?

【腹筋崩壊】鬼滅の刃おもしろコラ画像まとめてみた!!

より いち 鬼 滅 の 刃

武家の出身ながら平和主義的で、武器を他人に振り下ろすこと自体を不快と感じていたようです。 容姿 長い髪を1つに束ねています。 額には生まれつきの痣があり、耳飾りをつけています。 十二鬼月・上弦の壱である黒死牟の弟であることから、体型など似ている点が多いようです。 継国縁壱の初登場 漫画 10巻 81話 『重なる記憶』 遊郭での戦闘の最中、自分が選ばれた使い手ではないと思いつつも、上弦の陸・堕姫と対峙するは日の呼吸を使います。 一方堕姫は、そんなと無惨の細胞が持つ記憶が重なって見えていました。 日の呼吸を編み出した最強の剣士 全呼吸の源流となった、始まりの呼吸とも呼ばれる日の呼吸を編み出したのが最強の剣士、継国縁壱です。 継国縁壱は、編み出した日の呼吸が使える者を探しますが、誰ひとりとして習得できる者がいませんでした。 出会った鬼狩りの剣士たちがそれぞれ使っていた剣術の型と、身体の適正に合わせた形に変化させて指導したのが、現在の炎・水・風・岩・雷を始めとした全集中の呼吸です。 日の呼吸を知る者は片っ端から抹消されますが、厄払いの神楽として竈門家に伝わっているため、その型と呼吸法は今もなお残っています。 生まれつき持つ痣と能力 額の左側頭部を覆う形で発現している痣は、生まれつきのものであり、痣を持つ者が鍛錬を重ねて到達する「透き通る世界」にも生まれた瞬間から到達していました。 「痣を発現した者は25歳までに死ぬ」とされていますが、継国縁壱が80を越えても生き続けていた要因は不明です。 継国縁壱の扱う日輪刀 継国縁壱の扱う日輪刀の色は黒刀で、その色の深さは炭治郎のものと比べると段違いのようです。 戦闘時には、己の死の淵に追い詰めてこそ発揮される万力の握力が発動条件となるこの方法を用いることで、赫灼の刃、赫刀へと変化させます。 強い衝撃と高温を刀に伝えれば赫刀を発動させることができますが、戦闘中における代償はあまりにも大きく、強敵に使う時は命と引き換えになることもあるため、非常に困難な方法と言えます。 継国縁壱は戦闘時、神域の身体能力故なのかこれを何の苦もなく常時発動させ、維持しています。 また、継国縁壱の赫刀は無惨の再生を完全に停止させ、その後も永遠に癒えない傷として無惨の身体を焼き続けるという、異常までの効果を発揮します。 継国縁壱が鬼狩り時代に使用していた漆黒の刀は、縁壱零式に封印されており、その経緯や最期に巌勝と対峙した時に使用していた日輪刀については不明です。 赫刀 しゃくとう とは 日輪刀が赤く染まる現象。 鬼と対峙する際、攻撃力が爆発的に高まります。 継国縁壱の他、炭治郎、無一郎、、行冥、小芭内が鬼との交戦時に発現させています。 継国縁壱の過去 継国縁壱は、巌勝の双子の弟として生まれますが、当時双子は跡目争いの原因となることから不吉とされており、そんな継国縁壱を父親は殺そうと考えます。 しかし、母親が猛反対したことで10歳になったら寺へ行かせ、出家させることとなります。 なんとか家に置いてもらえることになった継国縁壱ですが、巌勝とはかなり落差のある環境で育てられたため、まともな着物を与えられていなかっただけでなく、部屋も食べ物も教育も与えられていませんでした。 そのため、7歳になるまで口をきくことがなく、家族にすら耳が悪いのだと勘違いされていました。 運命を変える出来事 巌勝の剣術指南役が気まぐれから、継国縁壱に持ち方と構え方を教えたところ、継国縁壱は指南役を失神させてしまいます。 そのことが継国縁壱の運命を変えることとなります。 継国縁壱の才能が周囲に知られてから、家では巌勝ではなく継国縁壱を後継ぎにという空気が生まれます。 そんな中、間もなくして母の死を契機に継国家から去ることを決意します。 昼夜走り続け山を越えた継国縁壱は、黒曜石のような瞳をしたうたと出会います。 彼女は継国縁壱と出会う直前に親を亡くしており、まだ幼かった2人は身を寄せ合うようにして暮らし始めます。 継国縁壱は、彼女との生活の中で自分が持つ能力や、人とは違うことを打ち明けます。 そして、成長した2人は10年経って正式に夫婦となります。 2人が結ばれ間もなく、うたは子供を授かります。 自分にも新しい家族ができるという幸福を噛みしめる継国縁壱でしたが、臨月が近づき産婆を呼ぶために彼女の傍を離れていた間、うたは子ども共々鬼に惨殺されてしまいます。 10日間ほどうたの遺体を抱いて茫然自失していた所に、鬼を追っていた鬼殺隊が現れ、彼に言われて彼女の亡骸を埋葬し、鬼殺隊の存在を聞き鬼狩りの道に入ります。 兄・巌勝との再会 侍となった巌勝が野営中、鬼に襲撃されている所を継国縁壱が助けに入ったことで、兄弟は再会を果たします。 その後、同じく鬼殺隊となった巌勝や他の剣士と共に剣の研鑽、呼吸法の開拓を並行し続けながら鬼と戦い、純粋に兄を慕い共に歩んで行こうと考える継国縁壱とは反対に、打算的な巌勝は継国縁壱の強さをわがものとするために近づいたのでした。 無惨との対決 継国縁壱は全ての元凶である無惨と対峙し、「自分はこの時のために産まれたのだ」と悟ると同時に、日の呼吸の型を完成させます。 圧倒的な力で無惨を追い詰める継国縁壱ですが、無惨は自爆し肉塊となって逃亡します。 継国縁壱は、肉塊の大部分を取り逃がし、さらにその直後、兄・巌勝が鬼になったことを聞かされます。 隊士でありながら肉親の中から鬼を出したことや、無惨を取り逃がしたこと、その時無惨の傍にいた鬼を見逃したことから、継国縁壱は仲間内から激しく糾弾されます。 煉獄家の祖先以外、誰も継国縁壱を庇うことができず、温情で自刃こそ免れますが継国縁壱は鬼殺隊を追放されることとなります。 継国縁壱と竈門家の関係 継国縁壱は炭治郎の祖先である炭吉とゆかりがあり、鬼殺隊を追放された後も竈門家を訪れています。 継国縁壱は炭吉に、自分の生い立ちや苦悩、無惨との因縁を語っていることから、かなり心を許していることがわかります。 暫くの間竈門家に滞在していた継国縁壱は、炭吉の妻・やすこに乞われ、竈門一家に日の呼吸の型を披露します。 型を全て披露し終えると継国縁壱は竈門家から離れることを決意し、花札の耳飾りを炭吉に手渡します。 炭吉は自らと家族を救ってくれたことから、耳飾りと日の呼吸を竈門家の子々孫々に受け継いでいくことを約束します。 継国縁壱は「ありがとう」と微笑みを残し去ります。 そして、2度と炭吉の所に現れることはありませんでした。 継国縁壱の最期.

次の

鬼滅の刃『2020男キャラ イケメンランキング』1位が緑壱の理由~ベスト5~!

より いち 鬼 滅 の 刃

概要 本編の400年前、鬼の首領・鬼舞辻無惨をあと一歩のところまで追い詰めた 始まりの呼吸の剣士の一人。 =継国巌勝(つぎくにみちかつ)の双子の弟。 本編開始時点ではすでに故人。 地味ながら老齢男性の主要登場人物の中で初めて顔が描かれた人。 始まりの呼吸の剣士 鬼殺隊が組織されるよりはるか昔、鬼舞辻無惨をあと一歩のところまで追い詰めた剣士、そして日の呼吸の使い手のこと。 また、縁壱から呼吸法を指南された基本5系統の呼吸法(水、炎、風、雷、岩)の使い手のことも指す。 鬼狩り 縁壱の生きた時代にはまだ鬼殺隊が組織されていなかったため、鬼舞辻無惨を始めとする鬼を狩る者たちは 鬼狩りと呼ばれていた。 鬼殺隊がなかったため隊服は存在していなかったものの、この頃から日輪刀に相当する武器は存在していたことがにより語られている。 日輪刀 現代では鬼殺の剣士が所有する刀。 太陽の光を吸収した鉱石から作られる。 鬼を殺すことのできる唯一の武器。 日輪刀で頚を斬ることで鬼を殺すことができる。 持ち主の呼吸への適性によって色が変わる別名「色変わりの刀」。 縁壱の日輪刀の色は「 漆黒」。 が持つものよりも深い色をしている。 戦闘中には赤く色が変化し、赫刀になることが炭治郎に遺伝した記憶の中で語られているほか、上弦の肆・半天狗が鬼舞辻無惨から受け継いだ記憶にも残されている。 黒い日輪刀を持つ剣士は数が少なく、現代でも特性が よくわかっていないが、縁壱は日の呼吸を使いこなしていたようであるので、 日の呼吸に適正を持つ者の色である可能性がある。 現代では日の呼吸の伝承は断絶しているため、確かめる術はない。 経緯は語られてはいないが、縁壱が使用していた刀は刀鍛冶の里の絡繰人形・縁壱零式(よりいちぜろしき)の中に収められ、炭治郎の手に渡った。 日輪模様の花札のような耳飾り 縁壱本人というよりも、始まりの呼吸の剣士、ひいては日の呼吸を象徴する耳飾り。 炎柱・煉獄杏寿郎の父で元柱の煉獄槇寿郎によれば、かつて 始まりの呼吸=日の呼吸を使っていた剣士はこの耳飾りをつけていた(第8巻68話)とのことで、ここで言う日の呼吸の使い手がの双子の弟=縁壱であることが判明した(単行本未収録174話)。 刀鍛冶の里の戦闘用絡繰人形・ 縁壱零式(第12巻103話)も同じものをつけており、日の呼吸の使い手をモデルにしたものであると思われたが、日の呼吸の使い手の名前が「縁壱」であることから、これが確定した(単行本未収録174話)。 現代では炭治郎が父・炭十郎からヒノカミ神楽とともに受け継いでいる。 竈門家と縁壱の関係について、炭治郎の祖先・炭吉が縁壱に助けられたことがあるようだが、詳細は明かされていない。 神楽と耳飾りを継承していくことが竈門家の「 約束」であるらしい。 戦闘技能 鬼狩りの始祖であるため、現代の鬼殺隊に通じる戦闘技能を持つ。 全集中の呼吸• 日の呼吸• 全集中・常中• 透き通る世界・至高の領域・無我の境地• 痣の者 全集中の呼吸 鬼を狩るための 基本技能であると同時に、鬼を殺すための 必殺の奥義。 大量の酸素を取り込むことで一時的に身体能力を向上させることができる。 その効果は、人間のまま 鬼のように強くなれるともいわれる。 呼吸により止血を行うこともでき、「何でもできるわけではないが」「様々なことができるようになる」(第8巻62話)とのことで、 応用性が高い。 縁壱が生まれながらに身に着けていた呼吸を、当時の鬼狩りたちに指南したことで全集中の呼吸が広まることとなった。 縁壱自身は呼吸法のことを単に「呼吸」としか呼んでおらず、全集中の呼吸、日の呼吸と名付けたのは後世の者であると思われる。 日の呼吸 現代の鬼殺隊に伝えられる各種の呼吸の元になった始まりの呼吸。 元柱・煉獄槇寿郎曰く「最強の御技」(第8巻68話)。 竈門炭治郎の家系に伝わるヒノカミ神楽は日の呼吸の型にあたる。 拾参の型 鬼舞辻無惨と対面し、透き通る世界で5つの脳と7つの心臓を見抜いたときに直感し、完成した日の呼吸最後の型。 一撃で無惨の体をバラバラに斬り裂き、再生不能に陥らせた(単行本未収録187話)。 全集中・常中 四六時中全集中の呼吸を行うことで、基礎体力を飛躍的に向上させる。 直接の戦闘技能ではないが、炎柱・煉獄杏寿郎曰く「 柱への第一歩」(第8巻62話)と言われるほどに重要な技能。 縁壱は生まれながらに習得していたため、後天的に全集中の呼吸を身につけた者とは比較にならない基礎体力を持つ。 透き通る世界・至高の領域・無我の境地 縁壱が生まれながらに習得していた境地。 対象の体を透かして見ることで、筋肉や骨の動きから動作を予測したり、弱点を看破したりすることができる。 人間、鬼に限らず、全ての生き物を透かして見ることができ、鬼舞辻無惨を見た際には心臓が7つ、脳が5つあることを一目で看破した。 痣の者 縁壱をはじめとする始まりの呼吸の剣士たちに発現した痣(第15巻128話)。 その形は上弦の肆・半天狗(憎珀天)曰く「鬼の紋様と似ている」とされる(第14巻124話)。 痣の発現中は戦闘能力が向上するが、縁壱は戦闘時以外でも常に痣が発現した状態になっている。 どころか、生まれた時から痣が発現し続けている。 痣の発現中は体温が 39度以上、心拍数は 200以上にもなることがから語られている(第15巻129話)が、縁壱の存在があまりにも規格外すぎるため、実際のところは不明。 80歳を超えて鬼となった双子の兄・継国巌勝と相対したときも痣が発現したままになっており、高齢にもかかわらず体温、心拍ともに常人では考えられないような状態を維持し続けていることから、年齢を重ねてもなお極めて高い基礎体力を持っていたことが予想される。 痣を発現したものは 例外なく25歳になる前に死ぬという 文字通り致命的なデメリットがあることがによって明かされたと同時に、25歳を超えても死なない 例外が存在することも明らかになった(単行本未収録170話)が、 縁壱がその例外であることが黒死牟の回想によって確定した(単行本未収録174話)。 総評 鬼滅の刃の作中で、 最強である。 黒死牟(継国巌勝)の評するところでは、• 「お前だけがこの世の理の外側にいる」• 「神々の寵愛を一身に受けて生きている」• 80歳になった縁壱の一撃を受けて「全盛期と変わらぬ速さそして威力」「次の一撃で私の頚を落とされる」と確信する• 「神の御技に他ならない」 等、自身も相当な規格外である黒死牟をしてこの評価であり、鬼舞辻無惨さえ寄せ付けない実力は圧倒的というほかない。 縁壱に追い詰められた無惨の記憶には縁壱の姿が色濃く残り、今なお鬼たちにフラッシュバックするほどであるが、人間など足元の虫くらいにしか思わなかったところ、唐突に 一撃で自分を死に追い込むような者が現れれば、それも無理からぬことである。 刀鍛冶の里にあるからくり人形・縁壱零式のモデルでもある縁壱だが、 腕が6本無いと技が再現できないとのことで、人間でありながらその技は 人間の域をはるかに超越しているであろうことが容易にわかるが、おそらく腕6本でも全く足りてはいないだろう。 既に故人ではあるものの、おそらくは現在過去未来全ての登場人物の中で 最強の人物であると言っても過言ではない。

次の

【鬼滅の刃考察】継国縁壱の正体が最強にヤバすぎたw【日の呼吸】【つぎくによりいち】【嫁うた】

より いち 鬼 滅 の 刃

Contents• 鬼滅の刃イケメンランキング5位【鋼鐵塚蛍(はがねづかほたる)】 鬼滅の刃(キメツのヤイバ)イケメンランキング5位は 鋼鐵塚蛍(はがねづかほたる)さんがランクイン。 (twitterより引用) 鬼滅のキャラでダントツ鋼鐵塚蛍が大好きなんだけど。 37歳で独身でイケメンで真っ直ぐで暴言厨とか普通に考えてヤバくない? 一生添い遂げたいんだけど。 — pd' SHACHIKUNOOB 鋼塚(ハガネヅカ)さんは 主人公「竈門炭治郎(かまどたんじろう)」の日輪刀(ニチリントウ)を作る 刀鍛冶です。 キリッとした目に 眉(まゆ) 濃い顔立ちのイケメンキャラクター~。 v 。 その理由は、、、、鋼塚さんの性格は最悪だから。 非常に激情家で 人の話を全く聞かない自己中な はがねづかさん。 親がノイローゼになり 子育てをあきらめたほどです。 作中でも、何度も炭治郎をこまらせていました。 イケメンですが 赤色の瞳で、なんとなく気味が悪いのも ラスボス感があってイイ。 吾峠(ごとうげ)先生の凄さをかんじます。 鬼舞辻無惨は 女性や子供に化ける能力をもっています。 v ですが 無惨の性格は非常に恐ろしく、成果を挙げた仲間の鬼に対しても 冷たい態度。。。 鬼の精鋭である「十二鬼月(じゅうにきづき)」ですら、機嫌がわるいゆえに 理不尽に殺害したり。 ちなみに ジャンプ読者の間では 無惨様のことを「上司にしたくない キャラランキング ナンバー1」と思っている人も多い。 kgm339 宇髄さんは 引き締まった体に 身長198センチメートルという 恵まれた体格をもちます。 (余談ですが 大正時代 20歳の時点で男性は162cm、女性は151センチが平均身長だったそう) 銀髪で、派手な一面もありますが「遊郭編」にて 髪を下ろしてからは、その色男っぷりが 多くの女性読者ファンを虜(とりこ)にしました。

次の