境界 性 人格 障害 モテ る。 境界性人格障害者からの、試し行為での振り回し等5つの被害

ADHDと境界性人格障害

境界 性 人格 障害 モテ る

記事の概要・目次• 境界性人格障害の特徴とは?女性に多い? 日本で「人格障害」と呼ばれる人たちがいます。 精神医学の分野では「パーソナリティ・ディスオーダー」と呼ばれています。 人間は人それぞれ「十人十色」。 個性があるなかで発達していくものです。 前向きな人や几帳面な人もいれば、神経質で飽きっぽい人もいます。 陽気な人がいる中で怒りっぽい人もいるなど、どんな性格なのかを上げればキリがありません。 ただし、その中の一部分だけが極端に偏ったようになり、社会生活を送るのが困難になってしまう人がいます。 それが「人格障害」なのです。 その中でも、感情が極めて不安定で気分の波が激しく、強いイライラ感がとまらない、良い悪いを両極端でしか判断できないなどの症状を持つ人を「境界性人格障害」と呼びます。 近年では「境界性パーソナリティ障害」とも呼びます。 「神経症」と「統合失調症」という2つの心の病気の境界にあることから、「境界性」という言葉が使われています。 境界性人格障害は若い女性に多く、人口の約2%の人に見られるものです。 女性に多く見られる境界性人格障害、気分の起伏が激しいのが特徴 女性に多い「境界性人格障害」。 その特徴について詳しくご説明します。 ・感情の起伏が激しい 無意識的にコントロールしてしまい、怒りや悲しみなどの負の感情で周囲を振り回したり傷付ける行為をしてしまいます。 感情の発生が急速で激しすぎるあまり、自分でもその感情をほとんどコントロールできないと感じているのです。 ・気分が急激に変化する 上機嫌だったのが急に不機嫌になるなど、感情の起伏が激しくなります。 それも数十分~数時間単位でコロコロ変わるため、相手がどのような対応をすれば良いのかも分からず困惑するようになります。 ・見捨てられ不安 相手の何気ない態度で、相手から永遠に見捨てられてしまったと感じてしまいます。 ちょっとした批判的な言葉や、ふと見せてしまった冷たい態度にも敏感に反応し、1人になった途端を異常に強く感じて孤独感や疎外感に耐えられなってしまいます。 パニックになり、自傷行為などへの欲求も高まってしまい、実際に自傷行為をしてしまう人も少なくありません。 境界性人格障害の女性かも?ある3つの特徴とは? 女性に多い境界性人格障害ですが、特に20代の若い女性に多いそうです。 境界性人格障害になってしまうと、ある3つの特徴が現れます。 あいまいな状態が理解できないばかりか、それを受け入れることさえできません。 それも些細なことで判断してしまうので、大切にしてくれる人が「好きな人」であっても、LINEの返信がちょっとでも遅れればそれだけで「嫌いな人」と評価が逆転します。 また人への依存性も高いので、人をすぐに試そうとします。 それも何度も。 特に恋人など一度心を開いた相手に対して依存しやすく、相手の気持ちを確かめるために不可解な行動を起こします。 最初は「夜中でも平気で呼び出す」など簡単な要求であっても、最終的には実現できないような要求をしてきます。 リストカットや過食、睡眠薬などの過剰摂取などが挙げられます。 境界性人格障害を持つ女性は若い人が多い!? 深く付き合ってから境界性人格障害だとわかる事もありますが、出来れば見分ける方法を知りたいですよね。 今まで特徴をいくつか挙げてきましたが、他にも特徴はあります。 年齢が若い、また年齢より若く(幼く)見える人、他人の悪口を必要以上に口にする人も可能性があります。 以外なのが歯が汚い女性です。 他人に依存ばかりする、努力もせずに自立できない女性の多くは歯磨きをちゃんとしませんし歯医者へ行くこともあまりないようです。 歯を磨くにしても、数日おきに1回磨くなどです。 歯のことについて尋ねても、きっとその数少ない1回の歯磨きだけを取り上げて、「ちゃんと歯磨きしているわよ!」と怒鳴ってくるかもしれません。 境界性人格障害を持つ人は、物事を全てコインの裏表のように、白か黒か、100かマイナス100かでしか考えられません。 ほどほどや中間という考え方を持ちません。 話し合いを持っても、好きじゃないのなら嫌いってことでしょ!といった思考になるのです。 境界性人格障害とは特徴が違う!?自己愛性人格について 境界性人格障害と似ている自己愛性人格(パーソナリティ)。 これは男性の方が多いそうです。 幼少期。 変に溺愛されたり、肝心なところで気持ちを受け止めてもらえなかったことが原因となります。 境界性人格障害と根本的には同じで、根底には虚無感や見捨てられ不安などがあるのですが、境界性人格障害は寂しさをまぎらわすために他者に依存しますが、自己愛性人格は他者から称賛されることで自分の精神を保とうとします。 底辺の自分と最高の称賛をされるべき自分。 この両極端の狭間を行ったり来たりするので、自分自身というものがありません。 また他者を極端に蔑んで弱い者の上に立とうとします。 それによって自分の優位性を確認し、自分に力があるようにふるまうのです。 権力者や力のある人にはとりまくようになります。 他者の感情を理解することはないので、友達や家族であっても奴隷のように扱うことがあります。 自分の利用価値があるかどうかで判断しますので、女性の多い境界性人格障害とは似て非なるのです。 注意したところで、自分が当たり前、自分こそが正しいと思っているので、感謝することがあったとしてもそれは口だけの場合がほとんどです。 注意しましょう。

次の

境界性パーソナリティ障害(BPD)

境界 性 人格 障害 モテ る

「境界性人格障害(ボーダーライン)」という言葉は、最近では、当たり前のように使われるようになってしまっているような気がします。 それは、あたかも、 そのような病気?や 心の欠陥が存在するような印象を与えてしまいます。 でも、それは、その時の状態を表す言葉に過ぎないと思っています。 そして、その結果は、境界性人格障害(ボーダーライン)としか思えないようなもので、「自分の心は出来損ないなんだ・・・」と、酷く落胆したことを覚えています。 でも、「どん底の状態」から抜け出した今、その時の自分の認識は誤りだったと思っています。 「境界性人格障害(ボーダーライン)」という言葉は、 「 病名や 欠陥の名称ではなく、 状態のことを指している」と理解するようになりました。 もっと分かりやすく表現すると、 「 健康な心を持っている人が、そういう状態に陥ってしまっている」と言うことが出来ると思っているということです。 そして、別の呼び方をするとしたら、 「良くないコミュニケーションの記憶が多い人」ということなのだろうと思っています。 その詳細(原因や抜け出す流れなど)については、このブログ全体(将来書いていくことも含めて)を通して、お伝えしようと思っています。 長く落ち込んでいたり、心が苦しかったりする時、「境界性人格障害(ボーダーライン)」関係の書籍を読むと、恐らく、大半の人は、自分は「境界性人格障害(ボーダーライン)」だと感じてしまうかもしれないと思います。 でも、 『たまたまそこにあった「境界性人格障害(ボーダーライン)」という言葉に、たどり着いたことによって、「打ちのめされて、自分らしく生きることを諦める」必要は決してない』ということを 強く信じて欲しいと思っています。 そして、このブログやカウンセリングを通して、『あなたらしく生きる』お手伝いが出来ることを願っています。 (たぶん、そんな障害は、この世の中には存在しないのだろうと思います。 ) 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)の特徴と患者さんとの接し方とは?

境界 性 人格 障害 モテ る

本項目の、周囲の人達の被害 大事にしていた人間関係に大きな亀裂が入ったり、最悪の場合は人間関係そのものを失うことになるので、自己の人生において深刻な損害を受けることになる。 境界性人格障害を発症する原因と、境界性人格障害者への接し方 発症する原因• 1歳~3歳くらいまでの幼児期に、両親からの児童虐待、育児放棄をされたせいで、自己肯定感の基礎部分(両親からの愛情や承認によって形作られる)が形成されないまま成長してしまい、 自身が見捨てられることを強く恐れ、他者からの愛情・承認を病的に求めてしまう• その人の気質が、生まれつき「衝動性が高い」「過敏な感覚をもっていて感情の浮き沈みが激しい」といったものであり、その気質から境界性人格障害が発症する• 気分を安定させる効果がある神経伝達物質「セロトニン」を分泌するための、 脳のセロトニン系が機能低下を起こしている• 脳における「前頭前皮質」が機能低下を起こしていて、そのせいで脳の扁桃体の活動を抑制できずに行動・感情のコントロールができなくなっている ネット上ではときおり、 「境界性人格障害者にいくら愛情や優しさを注いでも、それは底が抜けたバケツに水を注いで水で満杯にすることを目指すようなものだ」と語られますが、 それは、境界性人格障害について調査した結果、おおむね正しいと思われます。 境界性人格障害者が他者へ問題行動を向ける理由のその多くは「愛情の収奪」「自己を支えるための支援者の確保」であるので、中途半端な覚悟で接していてもあれこれ収奪され続けるだけです。 境界性人格障害者に中途半端な覚悟で接することは、おうおうにして最悪的な結果をもたらします。 2「境界性人格障害者を支える」 相手が家族であったり、かけがえのない恋人や友人である場合、見捨てるわけにはいかないと思われます。 その場合、.

次の