グラブル ラスト ストーム ランス。 多分これが一番楽なグランブルーファンタジー”グリームニル編”|多分楽グラ|note

【グラブル】 とうとうやって来たラストストームハープの偏り 風マグナ編成完成まで秒読み!

グラブル ラスト ストーム ランス

風マグナ編成の進め方、理想編成を段階的に詳しく解説。 グリームニル武器など各武器の必要本数や、終末の神器等その他編成候補の武器についても解説しています。 最優先で強化したい武器 バハ武器・天司武器・無垢剣 バハムート武器をフツルス化させる 超重要。 セラフィックウェポンをSSR化する 超重要。 SSR化した瞬間に一気に強くなります。 できるだけはやく取り掛かりましょう。 属性の試練『狂風の試練』 で手に入る素材が必要になります。 最終上限解放について 各天司武器は最終上限解放 4凸 することにより、さらに性能がUPします。 この段階では基本的には目指す必要はありませんが、最終的には4凸するのが目標です。 無垢なる竜の剣を作成する 超重要。 作成して編成に組み込んだ瞬間爆発的に強くなれるのでこちらもできるだけ早く取り掛かりたいです。 主人公含め2人以上剣得意キャラを編成できる場合に編成に入ってきます。 剣~銃まで全ての武器種が存在しますが、 初めて無垢武器を作成する際には剣がおススメです。 バハ武器と同じくあらゆる属性の編成に組み込めて活躍します。 作成には『アルティメットバハムート NORMAL 』通称"アルバハN"でドロップする素材が必要になります。 無垢武器は好きな属性へ属性変更することができますが慎重に決めた方が良いです。 ティア銃を4凸させる 順次ティア銃を4凸させていきます。 最終的には4凸3本以上完成させるのが目標です。 必要素材は以下のとおり。 とりあえず4凸3本までを目標にするのがおススメです。 マグナ4凸編成例 ティア銃が3本4凸されている状態。 4本目以降は次の強化段階で編成から抜けてくるので、よほど素材に余裕がある場合でなければ3凸状態でとどめておいても良いです。 メイン武器は四天刃としていますが、無垢剣を風属性で作った場合には無垢剣をメインにするのも良いです。 EX攻刃枠「白銀の弓」はゼノサジ槍が入手でき次第入れ替えとなります。 ゼノ・サジタリウス撃滅戦でゼノサジ槍・拳を入手 ゼノ・サジタリウス撃滅戦で取得できる『真・黄木天の箭』通称ゼノサジ槍と『アルカブ・プリオル』通称ゼノサジ拳は風EX攻刃武器の中でも特に強力な武器です。 特にゼノサジ拳は奥義効果、第二スキルも強力でメイン武器としても有用なので、 ゼノ・サジタリウス撃滅戦が開催された折には極力4凸1本入手しましょう。 ティアマト・マグナ 召喚石 を4凸する 武器を1つずつ強化するのと違い、メイン召喚石の4凸は編成全体に効果があるので早めに取り掛かっておきたいです。 素材は結構重めですが、 大変だからと言って金剛晶を使うのは物凄くもったいないので絶対におススメしません。 グリームニルの武器を集める 次はマグナ2のグリームニル武器を集める段階に入ります。 グリームニルHLでは表のグリム武器がドロップします。 編成に入ってくるのは基本的には『ラストストームハープ』通称"グリム琴"のみで、4凸3本入ります。 奥義編成なら5本 『ラストストームランス』 グリム槍 と『ラストストームブレイド』 グリム刀 は基本編成には入りませんが、使い道が全くの0という訳ではないのでスキル餌等にしてしまわない方が無難です。 グリム武器は自発赤箱、6位以内順位赤箱、青箱からしかドロップしないので、ワンパンせずに、ある程度貢献度を稼いだ方がよいです。 グリム琴はマグナ2武器の中でも特に強力な武器の1つなので、栄誉交換も併用して集めるのがおすすめです。 グリム琴は4凸を1本ずつ増やす 強化途中段階ではまず無凸を1本編成した後は、横に無凸を並べるのではなく1枠ずつ上限解放していき4凸させるのがよいです。 永遠拒絶の槍 ルシファー武器 を作成 終末の神器の一つ『永遠拒絶の槍』は、風キャラのHPと攻撃力を大きく上昇させることができる非常に強力な武器。 さらに• 通常攻撃のダメージ上限上昇• 奥義のダメージ上限上昇• アビリティのダメージ上限上昇• チェインバーストダメージ上限上昇 から任意のものを選んで第二スキルとして付けられます。 HPを確保する貴重な手段なので、優先的に作成を目指すとよいです。 週末の神器は同編成内に1本まで編成することができます。 マグナ2 グリム武器 編成例 グリム琴が3本4凸されている状態。 永遠拒絶の槍の第二スキルは使用用途や敵に応じて選択します。 この段階になってきたら 天司武器の4凸化も積極的に取り組んでいきたいです。 これは残HP割合の変化に伴う火力の推移を表したグラフです。 グリム琴による渾身で高HP帯で高火力。 HPが減ってくると今度はティア銃の背水が効いてくるので変わらず高火力と、 どのHP帯でも火力が高いのでHPを気にせず戦えるのがグリム琴風マグナの強みです。 オメガ剣を風で作った場合はメインをオメガ剣とすることで、空いた枠にEX攻刃武器等を編成することができより強力です。 二オとスカーサハのバフあり。 上限が出るようになれば青竜牙矛・邪も候補 四象降臨で取得できる武器「青竜牙矛・邪」は貴重なダメージ上限突破手段です。 ダメージが上限に達するようになってきたら、主にバハ武器と入れ替える形で編成すると、さらに1段階上のダメージを狙えます。 ヴィントホーゼでさらにダメージUPも イベント『ブレイブグラウンド』で取得できたヴィントホーゼも有用な武器です。 EX攻刃大 18% で単純な攻刃量はゼノサジ拳に少し劣りますが、第二スキル「チェインフォース」のチェインバーストダメージ上限UPが有用。 ヴィントホーゼは武器種"剣"なのでベルセルクやザ・グローリーのメイン武器として担ぐことも可能です。 もちろんメインでなくサブに編成するのも良いです。 虚空の裂剣も強力 虚ろなる神器シリーズの1つである『虚空の裂剣』も選択肢の1つです。 剣or短剣キャラの EX攻刃20%upに弱体成功率10%up。 さらに弱体効果数に応じて最大3万のダメージ上昇。 主人公含めて3人以上剣or短剣得意のキャラを編成している場合にはこの武器が入ってきます。 作成するには『アーカーシャHL』を攻略する必要があります。 魔法戦士テトラストリーマ編成例 英雄武器『テトラストリーマ』をメイン装備した魔法戦士で、特定の条件を揃えた後1ターンで約6000万以上の絶大なダメージを叩き出す編成。 この編成での永遠拒絶の槍の第二スキルは「通常攻撃上限上昇」がおすすめです。 普段の通常攻撃のダメージは一般的な編成より下がりがちですが、総ダメージでは余裕で勝ります。 主に古戦場HELL高速討伐など、重要な場面で活躍する可能性が高い編成です。 テトラ魔法戦士編成に必要なもの テトラストリーマ 魔法戦士専用の英雄武器。 大ダメージの条件をスムーズに整えるためには必須です。 ヘルエスorヘルナルorシヴァ 『ヘルエス』と『ヘルナル』はどちらも条件付きではありますが、通常攻撃のダメージ上限を突破するアビリティを持っています。 召喚石『シヴァ』も同様に、ダメージとその上限を大きく上げる召喚効果を持っています。 最終ニオに加え【ヘルエス、ヘルナル、シヴァ】の内1つは所持していないと、数千万以上の大ダメージを出すことができませんので、テトラストリーマを作る必要性は大きく下がります。 3000万弱のダメージしか出せていません。 可能であればティア銃5凸も視野に ティア銃は3本までは使う機会が非常に多いです。 guraburukouryakusinannjo.

次の

グラブル ラストストーム武器(マグナⅡ)を入れた風編成について僕の考えを語る。

グラブル ラスト ストーム ランス

4,両面23. 8) 方陣技巧大SL15発動率10. 0,両面34. 0) ニーベルンホルンとラストストームハープについては、4凸3本編成した両面4凸マグナで確定クリティカルです。 対有利で防御値が低い相手だと背水掛かりすぎても減衰で無駄になりますがアルバハNやHLだと火力の高さを活かすことができます。 風は最終ニオ、アンチラ、レナなど渾身向けのキャラもかなりいるので渾身装備はありだと思います。 この装備だと渾身維持を気にせず動けるのと、最低の攻撃力でも十分な火力を出せるという点でメリットがあります。 渾身のみでいくならティア拳の方が良いのですが解放素材がきついですし、渾身背水でも最終ニオのバフ掛ければ常時減衰叩くことが可能なので、渾身のみより渾身背水で背水にも流用できるティア銃を解放したほうが良いと思います。 アルバハN&HLなど防御が堅い相手:片面ティマグ背水装備(ティア銃5本)• 古戦場など有利で防御が高くない相手:両面ティマグ(グリム琴3本・ティア銃3本) という感じで敵によって装備を使い分けるのが良さそうですね。 最大でもslv15の三手小より効果量は低いらしいのですが火力過剰であれば長期戦で1本か2本いれるのはありですね。

次の

【グラブル】 とうとうやって来たラストストームハープの偏り 風マグナ編成完成まで秒読み!

グラブル ラスト ストーム ランス

4,両面23. 8) 方陣技巧大SL15発動率10. 0,両面34. 0) ニーベルンホルンとラストストームハープについては、4凸3本編成した両面4凸マグナで確定クリティカルです。 対有利で防御値が低い相手だと背水掛かりすぎても減衰で無駄になりますがアルバハNやHLだと火力の高さを活かすことができます。 風は最終ニオ、アンチラ、レナなど渾身向けのキャラもかなりいるので渾身装備はありだと思います。 この装備だと渾身維持を気にせず動けるのと、最低の攻撃力でも十分な火力を出せるという点でメリットがあります。 渾身のみでいくならティア拳の方が良いのですが解放素材がきついですし、渾身背水でも最終ニオのバフ掛ければ常時減衰叩くことが可能なので、渾身のみより渾身背水で背水にも流用できるティア銃を解放したほうが良いと思います。 アルバハN&HLなど防御が堅い相手:片面ティマグ背水装備(ティア銃5本)• 古戦場など有利で防御が高くない相手:両面ティマグ(グリム琴3本・ティア銃3本) という感じで敵によって装備を使い分けるのが良さそうですね。 最大でもslv15の三手小より効果量は低いらしいのですが火力過剰であれば長期戦で1本か2本いれるのはありですね。

次の