トラックドライバー 仕事内容。 長距離トラックドライバーの仕事は、だんだん楽になっていくしかない

長距離トラックドライバーの仕事内容とは?未経験可の求人はある?

トラックドライバー 仕事内容

長距離ドライバー 長距離ドライバーは文字通り長距離を走って荷物を運送するのが仕事です。 仕事の流れはどのようになっているのか、長距離ドライバーに向いているのはどんな人なのかを紹介します。 仕事内容 大量の荷物を長時間かけて配送する仕事です。 体力が必要となりますが、その反面、様々な景色を見れるのが長距離ドライバーの魅力です。 1日の仕事の流れ 14:45~23:00:出社・運搬 まず出社したら社員が揃っているか点呼を行い、その後アルコールチェックを行います。 もちろん、ドライバーだけでなく車輌のチェックも。 不備はないかを確認して異常がなければ、荷物があるセンターに出発します。 荷物の量によって変りますが、大阪から関東へなら大体5時間ほど。 何度か休憩をはさみながら運転しますが、体力のいるお仕事です。 センターに着き、荷物の積み込みが終われば配送先へと出発します。 23:00~23:30:休憩 何時間かに一回休憩をはさみます。 途中のサービスエリアに寄ってご飯を食べたりトイレを済ませたり。 1回あたり30分ほど休憩して、また出発する、という作業を繰り返します。 23:30~6:00:積み下ろし その後も休憩をはさみつつ目的地に到着したら、荷物を降ろす作業が待っています。 早ければ一時間ほどで終わりますが、かかる時間は荷物の大きさや量によっても大きく左右されます。 6:00~14:00:休憩 休憩が終わったら昼食をとり、帰りに運ぶ荷物を積み込みます。 積み終わり次第出発!もちろん、帰りも休憩をはさみながら運転します。 適度な休憩は、集中力が切れて事故につながるのを防ぐため重要となります。 14:00~20:00:昼食 休憩が終わったら昼食をとり、帰りに運ぶ荷物を積み込みます。 積み終わり次第出発!もちろん、帰りも休憩をはさみながら運転します。 適度な休憩は、集中力が切れて事故につながるのを防ぐため重要となります。 20:00~18:00:帰宅 帰りの配送を配り終われば、ようやく仕事完了。 大変な仕事ですが、走っている間は何も考えずに済みますし色んな景色が見れます。 外の景色を見るのが好きという人には、合っているかもしれません。 長距離ドライバーに向いている人・向いていない人 向いている人 体力や集中力がある人 狭い車内に長時間いるのはストレスになります。 時には、煽り運転をしてくる人もいるかもしれません。 周りに動じず仕事をこなすには体力や集中力だけでなく、精神力も必要となります。 特に渋滞やトラブルに巻き込まれて焦り、スピードを出しすぎて事故に…なんてことになるのだけは避けなければいけません。 逆に安全運転でスムーズに配送できれば、ドライブ感覚で楽しめるでしょう。 向いていない人 体力が少ない人 長距離ドライバーに体力が必要な理由として、荷物の積み下ろしがあることが挙げられます。 軽いものから重いものまであり、中には一人で運べないものも。 体力に自信がない人には不向きです。 平均給与 平成27年の大型トラック運転手の平均月収は34万円、平均年収は436万円。 昔は年収1,000万円を稼ぐ人もいたそうですが、現状それだけ稼ぐのはかなり厳しい部分があります。 ただ、自営業でトラック運転手をやっている人の中には年収1,000万円を稼いでいる人もいるとか。 トラックや仕事を自分で用意する必要があり、長距離運転もするので大変ですができるだけ稼ぎたい人にはおすすめです。 長距離ドライバーのメリット・デメリット メリット 地理や渋滞しにくいルートに詳しくなる 長い距離を走る仕事のため、時間通りに配送できるよう荷降地までの最短ルートやあまり混まない道路を把握しておかなればなりません。 そうすればより効率的に配送できるようになるうえ、家族や友達と遠出する時に案内役として良いところを見せられます。 それに加えて、各地の景色を知れるのも魅力の一つ。 ドライブが趣味の人なら、お気に入りのドライブコースを増やせるかもしれません。 様々な地域を見て楽しめる 様々な都道府県を通ることになるため、各地域の景色が見れるといった楽しみがあります。 休憩としてサービスエリアに寄った際には、そこで各地の名物を味わうこともできるでしょう。 仕事で運転している以上ずっと楽しめるわけではありませんが、休憩時にはちょっとした旅行気分になれます。 デメリット 必然的に長時間労働となる 長距離を走るので、どうしても長時間労働は避けられません。 さらには荷物の積み下ろしもあり、忙しい時期には想像以上に労働時間が長くなることがあります。 ただ、各地のサービスエリアで休憩が取れるうえ、一定時間の休憩は取らなければならないと法律で決められているので、眠る暇なく働かなくてはいけないわけではありません。 しかし、体が心配、定時に帰りたいという人には不向きになります。 実際に働いている人の口コミ 労働時間は長いがその分一人の時間を堪能できる 時間は長いですが、その分一人の時間を持てます やっぱり長時間運転するので体力がいりますし、大変ではあります。 ただ、配達は基本的に1人で行っているうえ、色んな所に行けるのが良いところです。 余裕を持って運転すれば、各地の名物を堪能できますよ。 緊張感がある反面、達成感も大きくやりがいのある仕事 牛や鶏など家畜を運ぶ生体輸送の直距離大型トラックドライバーをしています。 命あるものを運ぶとあってとても緊張感のある仕事です。 万が一事故でも起こせば、家畜の命の危険もあるし、歩行者への迷惑は計り知れません。 しかし、それだけに無事に輸送し終えた時の達成感は大きく、とてもやりがいのある仕事です。 女性の長距離ドライバーも増加中 強くてかっこいい女性憧れて女性ドライバーになりました。 女性ドライバーは主に近距離や中距離が多いそうですが、私は独身だし、できるだけ稼ぎたいと思い、収入の良い長距離ドライバーを選びました。 身長が小さいのですが、大型トラックでも特に運転しづらいことはありません。 最近は女性の長距離ドライバーも増えてきて仲間ができて嬉しいです。 達成感が大きいこの仕事で過酷な道を乗り越えて夢を叶えたい フリーターをしているとき、引越しのアルバイト先で知り合ったドライバーの方に声をかけてもらって就職。 ドライバーは未経験でしたが、普通免許があれば大丈夫と言われて長距離ドライバーになりました。 初めての長距離は岩手までだったのですが、真冬で雪は降ってるし、チェーンを2回も付け替えたりとくじけそうでした。 しかしその分やり遂げた時の達成感はかなりのもので、お陰でそのあとの仕事は辛く感じませんでした。 今では東北方面を週二、三回往復しますがすっかり慣れました。 夢は海外移住!安全運転でがっつり稼ぎたいと思います。 長距離ドライバーと委託ドライバーどっちがいい? 長距離ドライバーは一人で配送するので、人付き合いが苦手な人に向いている仕事です。 しかし、それ相応の体力や集中力が必要となるうえ、忙しい時期はさらに労働時間が延びる可能性も。 そういった状況で働くのが厳しいという人は、長距離ドライバーよりも配送距離が短い委託ドライバーを選択するのが良いかもしれません。

次の

土日祝休み!食品配送の4tトラックドライバー

トラックドライバー 仕事内容

基本的に、荷物を運ぶだけというイメージのトラックドライバーの仕事ですが、実は私達の見えない所では、相当な体力がいる仕事を毎日こなしています。 まず 荷物をトラックへ積み込む事からスタートします。 この作業もトラックドライバーの仕事です。 車内で荷物が動かないよう考えながら積み込み、固定する作業は、重い荷物などもあり重労働です。 トラックを運転して目的地に到着したら、今度は荷物の荷卸し作業もトラックドライバー自らが行うことがあります。 大型トラック 大型トラックの運転は、主に長距離を走る事が多く、1回の配送で数千キロ離れた目的地まで走ることも珍しくありません。 大型トラックの運転は特別なスキルが必要とされるため、経験者を優先的に採用する傾向があります。 大型トラックの仕事は体力と経験が必要ですが、基本1人行動なので、人間関係のわずらわしさは無く、ストレスの少ない仕事と感じる人も多いです。 トラックの中で眠らなくてはいけない点や、行き先によっては1週間くらい帰宅できない問題点をクリアできれば、快適に業務をこなす事ができる仕事です。 中型トラック 中型トラックの仕事は、主要都市内にある集配所や、荷物の積み込みや荷卸し場所へ、依頼された荷物を運ぶのが主な仕事です。 フォークリフト免許も所持している場合は、荷物の揚げ卸しを兼任する場合もあります。 基本的には、日帰りできる距離での仕事が多いです。 小型トラック 小型トラックの仕事は、大型や中型トラックで主要な都市から配送された荷物を、その都市から各エリアへ分配し配送するのが小型トラックの主な仕事です。 普通免許で運転できるトラックですが、未経験者が大きなトラックを運転するには難しく、経験と慣れが必要です。 積載可重量の豊富さから大量の荷物を指定のルートへ配送する業務が多く、近年の人材不足が問題になっている仕事です。 トレーラー トレーラーとは牽引貨物自動車のことで、トラクターの頭の運転席部分とトレーラーの荷台部分が分離できる構造になっているトラックです。 車両の形状が、コンテナ、タンクローリー、キャリアカー、ダンプトレーラーなどさまざまあります。 トレーラーの運転の仕事は、主に重たい荷物を大量に積んで、長距離を移動することが多く、荷物以外にも、ガソリンや、自動車を運搬したりもします。 トレーラーを運転するためには、大型自動車免許とけん引免許の2つの免許が必要になります。 トラックドライバーの給与相場 トラックドライバーの給与相場は一体、どれくらいでしょうか。 トラックドライバー全体の職種平均年収はボーナスは含まず、約393万円程度で、月収で計算すると約32万円程度になります。 また手取りで計算すると、トラックドライバーの平均給与は約25万円程度になります。 一般的サラリーマンの平均年収が約414万円であるため、トラックドライバーは若干低いというレベルです。 年収は会社によっても差があり、大手運送会社でトラックドライバーとして働く方が、年収も高く収入も安定する傾向があります。 ですが、ボーナスで見るとトラックドライバーは、サラリマーンの平均ボーナスより半分以下の金額です。 トラックドライバーの年齢層 トラックドライバーの平均年齢は43. 1歳です。 運送業界では、30代や40代でもまだまだ若手と言われます。 長距離大型ドライバーは年配者が希望することが多く、若手は近距離ドライバーやセールスドライバーを選択することになります。 平均勤続年数は12年と短いです。 その背景には過酷な労働環境や、体力勝負という面から長く続けられないというのが現状です。 女性ドライバーの活躍 トラックドライバーは男性が行うイメージが多いですが、 近年では女性のトラックドライバーの活躍が注目を浴びています。 国土交通省は、女性トラックドライバーの愛称を「トラガール」と定め、2020年までにトラガールを4万人増加させることを目標に掲げています。 働き方改革に乗り出し、近距離配送やセールスドライバーについては女性社員やパートタイム労働者の活用を始めており、女性ドライバーを受け入れる企業に対し、各種助成制度を適用するといった策がとられています。 ヤマト運輸では、女性トラックドライバーの待遇改善の取り組みとして、大規模集配所には女性用浴室と仮眠室を設け、安全性や安心して女性でも働ける環境を行っています。 トラックドライバーの仕事選びに失敗しない方法 トラックドライバーの仕事選びに失敗しない方法は、勤務する会社選びから注意を払う必要があります。 トラック運転手は事故のリスクを常に意識して、万全な状態で業務をこなさなくてはいけません。 積極的に労働環境の改善を実施している企業を選び、長く勤務することをおすすめします。 そして企業に属しトラック運転手として実績を積むことが大切です。 すると、信頼や実績、経験値から優秀なトラックドライバーとして認めてもらうことにより、良い仕事が舞い込んできます。 トラックドライバーの仕事のメリット トラックドライバーの活躍なくして、私たちの日々の生活は成り立たないといっても過言ではありません。 目立つ仕事ではありませんが、日本の社会をしっかりと支えている充実感を味わうことができます。 トラックドライバーの仕事にはどのようなメリットがあるのか、ご紹介します。 長時間ひとりで運転できる為ストレスが少ない トラックドライバーの仕事は基本的に、車の運転なので運転中は誰かに気を使う事もなく、1人の時間を過ごせるため、仕事に対するストレスを抱えにくいです。 1人の時間も重要という人には、おすすめの仕事です。 人間関係のわずらわしさがない トラックドライバーは、会社に勤めているものの、基本的な仕事場は車内です。 会社の中での人間関係などは、あってないようなもの、最低限の人付き合いで良いため、他人と過ごすのが苦手だったり、仕事の付き合いなどの、煩わしさはありません。 トラックドライバーに長距離運転はつきものです。 ひたすら走る高速道路は刺激が少ないので、運転中に眠くなりやすいので、注意しなければなりません。 また、狭い車内での長時間の同じ体勢は、腰などに負担を与えやすいです。 年齢と共に辛くなる長距離運転ですが、長距離運転を高齢ドライバーが担当する事が多いのが現状です。 体力や精神力がいる トラックドライバーは、常に第一線で働くことが求められる職業なので、その分体力勝負です。 運転する事自体は、体力はあまり使いませんが、荷物のなかにはとても重いものもあるため、荷物の積み込みや積み下ろしに3時間程かかる場合もあります。 その後の運転を考えると、やはり多少の体力がないとやっていけない仕事です。 また、職業病として、腰痛や痔になる事も多く、運転で神経を使い疲れ目などの症状が出やすいです。 健康でさえあればスキルやキャリアを生かして、高齢になっても稼ぐことが可能な業界です。 長距離運転をするとなれば、深夜や早朝に高速道路を走ることが多いです。 1回の勤務の拘束時間も長くなります。 いずれにしても、運転中は常に安全運転を意識し、運転に集中しなくてはなりませんから、体力も精神力も必要な仕事です。 トラック車内での睡眠多い 長距離ドライバーの場合は、1週間ほど家に帰れない事も多く、なかなか家族とゆっくり過ごす時間がとれません。 帰れない場合の寝泊まりは、基本車内での睡眠が多いです。 どうしてもトラックの中で過ごす時間が長くなり、高速道路にあるシャワー完備のパーキングエリアでシャワーを浴びたり、車内で簡単に食事を済ませたり、車内で着替えたりすることも一般的です。 リラックスできない状況では、仕事に支障をきたす可能性があります。 事故のリスク トラックドライバーの最大のデメリットは、事故を起こしてしまう事です。 1度の事故で人生を大きく変えてしまい、仕事ができなくなり生活破綻する大きなリスクがあります。 トラック事故のリスクは大きく、車両事故の場合は車輌の修繕費、荷物事故は商品の買取、他人を巻き込んでしまったり、自分の命すら落とす事があるからです。 従って、事故を起こさないよう、毎日の自己管理をしっかりとしていかなければなりません。 日本の物流を支える仕事.

次の

【初心者必見】トラックドライバーの仕事内容教えます|元トラックドライバーのブログ

トラックドライバー 仕事内容

長距離を走る事が多く、トラックの中で睡眠をとることもしばしば。 多少の体力と経験が必要な職種ですが、人間関係のわずらわしさなどが無く、長時間ひとりで運転が出来る事から、ストレスの少ない仕事と感じる人も多いようです。 正社員の場合、配送車は会社所有の車両を使用する場合が多く、固定の月給にプラスして、取引先の件数などに応じた出来高報酬が貰える場合があります。 委託の場合は出来高による歩合制がほとんどで、扱った件数に応じて契約している運送会社から報酬が支払われます(報酬には、ガソリン代などの必要経費も考慮されています)。 ただし、車は持ち込みである事が多く、メンテナンス費用は自己負担のケースが多いようです。 フォークリフト免許も所持している場合は、荷物の揚げ卸しを兼任する場合もあります。 基本的には、日帰りできる距離での仕事が多いようです。 所属する運送会社や取引先の営業時間によって勤務時間も異なります。 それだけに、様々なニーズがある職種とも言えるでしょう。 普通免許で運転できるトラックの中でも、積載可重量の豊富さから大量の荷物を指定のルートへ配送する業務が多くあります。 集配所から集配所へのルート配送、宅配業務など、所属する運送会社によって業務内容は異なります。 大型・中型トラックで主要な都市から配送された荷物を、その都市から各エリアへの分配するのも小型トラックの主な仕事です。 未経験者(普通自動車の運転経験しかない人)が大きなトラックを操るには、ある程度時間と慣れが必要なので、初めはドライバー補佐として仕事内容やルートを覚えてから一人立ちする流れが普通のようです。 勤務時間は取引先の営業時間により異なり、大多数の企業の勤務時間にあわせ9時〜19時頃までの勤務が多いようです。 営業エリアも決まっています。 小包や封筒など通常の荷物以外に、スキー場やゴルフ場へスポーツ用品を事前に送るサービスや、生鮮食品(クール便)なども宅配業務として扱っています。 その日に運ぶ荷物の数があらかじめ決まっていて、それを配りきるのが最低限のノルマになる事が多いようです。 勤務時間内(通常8時間)に全ての荷物を運べない場合は、残業になることが多く、休日は月に平均6日程度をローテーションで取る場合がほとんどです。 お客様から集荷希望があれば、オフィスや個人宅に荷物を引き取りに行くこともあります。 基本的には、決まった営業エリア内で、毎日同じようなルートを担当します。 最近ではサービスの幅が大きく広がり、コンビニへのルート配送や、大手デパートやスーパーのネットショッピングに対応し、生鮮食品の即日配送サービスを行うなど、所属する会社によって取扱う荷物は多様化してきています。 正社員の場合は、固定の月給にプラスして、取引先の件数などに応じた出来高報酬が貰える場合があります。 車両は、会社所有のものを使用する場合がほとんどです。 自営の場合は出来高による歩合制がほとんどで、扱った件数に応じて契約している運送会社から報酬が支払われます(報酬には、ガソリン代などの必要経費も考慮されています)。 ただし、車は持ち込みである事が多く、メンテナンス費用は自己負担のケースが多いようです。 車両の形状が、コンテナ、タンクローリー、キャリアカー、ダンプトレーラーなど様々あり、重たく大量の荷物を積んで、長距離を移動することが多いようです。 ETCの導入に伴い深夜の高速料金が安くなることから、経費削減の為、夜中に走る場合が多くあります。 走行距離も長い場合が多いので、何よりも安全運転第一で、休憩や睡眠時間も適正に取れるタイムスケジュールと、勤務ローテンションが採用されています。

次の