マイナビ薬剤師 薬剤師 転職。 優良でおすすめの薬剤師の転職エージェントを口コミ入りでご紹介!

【薬剤師向け転職支援サイト】独自サービスでお得に転職できるサイト8選|子供と一緒にお出かけ情報

マイナビ薬剤師 薬剤師 転職

ご利用者満足度 No. 登録自体は1分で終わります! が、登録後のやりとりに、しばらく時間がかかります! 時間の取れるときにすることをおすすめします。 実際に登録した内容はこちらです。 認定薬剤師は申請中ですが、コロナの影響で返信が来ません 笑 就業時期は僕の場合は6ヶ月以上先にしました! これについても 後で詳しく書いていますよ。 いろんな条件で見たいので、「こだわらない」にしました。 明確に決めている人は、しっかり選びましょう。 指示通りに入力します。 同じく指示通りに入力します。 連絡先は職場ではなく、自分の携帯がいいですよ! 登録後すぐに、この番号に電話がかかってきます! メールアドレスを入れれば完了です。 その他の条件は何も書きませんでした! これでマイナビ薬剤師への登録は完了です。 本当に1分で終わりました。 マイナビ薬剤師に登録してみた結果 登録自体は1分で終わりました。 しかし、ここからが時間を取られます。 マイナビ薬剤師からメールが届く 登録するとすぐにこのようなメールがきます。 赤枠内を記載して返信するように書かれていますが、 わざわざ返信しなくても問題ありません。 なぜなら、 メールから数分後に直接電話が来て、同じことを聞かれるからです。 電話で直接聞かれるなら、わざわざメールで送る必要ないですよね。 そして、この電話が 時間かかります。 マイナビ薬剤師から電話が来る メールが来てから1分程度で、マイナビ薬剤師から電話がきます。 番号は「050〜」と「0120 〜」の2つがあるようです。 職場の電話番号で登録してしまうと、 転職サイトに登録したことがバレてしましますよ! なので、 登録は必ず自分の携帯電話にしましょう。 マイナビ薬剤師から電話で聞かれた内容 ここからは、 実際に電話で聞かれた内容をまとめます。 実際に話した順番で書いていきますね。 申し込みフォーム記載内容の確認• 出身大学は?• 職歴は? 勤務先、勤務年数、業務内容、そこを選んだ理由• 転職しようと思った理由は?• いつ頃に転職したいか?• 勤務先 病院、薬局、ドラッグストア の希望は?• 希望エリアは? その理由は?• 通勤スタイルは? 公共交通機関 or マイカー?• 就業場所に合わせて転居する?• 休みの希望は?• 勤務時間帯の希望は?• 給与の希望は? 手当てを含めた金額でもOK?• 転職先を決める上での優先順位は? ここで、 いつ転職したいか、は重要です! 6ヶ月以上先だと、正直厳しいです。 経営者の立場で考えてみてください。 現在募集中の求人は、"すぐにでも人が欲しい" ところですよね。 6ヶ月後から来てくれる人と、来月から来てくれる人なら、 来月から来てくれる人と契約しますよね。 なので、転職予定が先だったとしても、 良い求人があれば前倒しで転職を検討した方が良いです! 質問はここから病院希望と薬局希望で分かれます。 当直・夜勤があっても良いか?• 急性期・慢性期の希望は?• 病床数はどれくらい?• 一人薬剤師でもOK? このような感じです。 どちらも、求人検索するエージェントとしては欲しい情報ですよね。 このやりとりで、 30分程度の時間がかかりました! 繰り返しになりますが、 時間があるときに登録することをおすすめします! 数日後に、僕の要望に見合う求人リストがメールで送られてきましたよ。 マイナビ薬剤師に登録してみた感想 【公式サイト】 【取り扱い求人数】58,278件 2019. 12時点 結構手厚くサポートしてくれるのかな、という印象でした! 最終的に転職先を決めるのは自分自身なので、まずは登録してみてはいかがでしょうか。

次の

薬剤師転職サイトランキング2020

マイナビ薬剤師 薬剤師 転職

薬剤師転職サイトの比較とランキング2020年7月版です。 本サイトはこの1ページだけですので、読むのに5分ほどかかりますが、薬剤師が転職する上で本当に必要な情報だけをAll In Oneでこの1ページにまとめてあります。 7月のランキングは下の方に掲載しました。 昨年まで4位だった転職ゴリ薬はご存知の方もいるかと思いますがある問題が発生したため削除しました。 あれから1年以上経過しましたが、まだ解消されていません。 ヤクジョブとファーマキャリアまでも。 一方、昨年末からファルマスタッフがものすごい勢いで人気が出ており、ランキングに入ってきました。 令和も2年目の7月となりました。 毎年このシーズンは、夏のボーナスをきっかけに将来を見直す薬剤師が多く、子供の都合で家庭の両立と悩んでいた薬剤師が、一気に休職に動き始めるため、好条件の空きポシジョンへの依頼が各転職会社に入りやすいシーズンです。 転職サイトによって2020年度への意気込みはかなり異なり、上位4社のトップ集団と5位以下の第二集団の差がさらに鮮明となっています。 薬剤師にとって転職は人生に関わる真剣な決断です。 しかし、ネットには茶化したようなイラストや、軽いノリの画像で不要な記事をたくさん読ませようとする広告料目当ての運営業者が作ったサイトが目立ちます。 果ては開いただけでウィルスに感染してしまう【警告】系のメールやサイトに端末を壊されて頭を抱える薬剤師が続出。 わたしたち採用側の人間は、これが転職で失敗する薬剤師を急増させている原因だと考え、このサイトを作成しました。 不要な記事をたくさん読まされた挙句、ネット情報のせいで転職に失敗している薬剤師が激増していますので、是非ご一読ください。 転職は薬剤師の悩みを解消する有力な手段 多くの薬剤師が抱える悩みをひとことで表現すると「生活の向上」です。 具体的には• 人間関係での悩み• 収入を上げたいという願い• 超過勤務や休みがとりにくいという苦痛• スキルアップしたいという夢• 通勤時間が長いという不便さ これらの悩みは薬剤師が個人としてでは職場で解決できない問題であり、転職という方法しか解決策が無いことがわかっていながらも、実際に転職に踏み出すまではいろいろと思い悩むものです。 しかし転職してきた薬剤師から良く聞く言葉は 「もっと早く転職するべきでした。 」です。 悩んでいる間は、自分で苦痛の時間を長くしているだけのようなものです。 一歩引いて、自分の状況を客観的に見てみるとおそらくわかりやすいと思います。 同じところをぐるぐるとまわっているだけで、実は出口はひとつしかないということを。 あなたの悩みの解決方法は、ただひとつ。 「良い転職サイトに登録して、転職コンサルタントに相談してみる」 だけです。 良い転職は、「とにかく転職」という転職ありきでの話ではなく、悩みの相談レベルから、がしっかりと話を聞いてくれます。 多くの薬剤師が、この「相談してみる」だけでも格段に楽になるようですから、転職を決断する前の悩み始めた段階で転職エージェントのコンサルタントと話してみることをお勧めします。 良い転職エージェントであれば、強引に転職を進められたり、しつこく電話を掛けて来られたりする心配もありません。 あなたの悩みを理解できるコンサルタントに話すだけでも格段に気が楽になるはずです。 さらにコンサルタントは、あなたと同じような悩みを抱えた薬剤師がどのように解消に成功したのかいくつもの事例を教えてくれるはずです。 良い転職会社とは ネット上にはざっと見ただけでも100近い薬剤師の転職サイトがあります。 良くない転職エージェントに登録してしまうと、とにかく転職を成約させようとして、希望の条件に合わない転職をしつこく電話ですすめられたり、条件が合う転職案件が手持ちに無いと放置されてしまうケースもあります。 これでは悩みの解消どころかストレスがたまる一方です。 良い転職会社とはどのような会社なのかを順を追ってご説明します。 良い薬剤師の転職会社なら持ってて当たり前の機能 薬剤師の転職サイトを見ると、さまざまなことがアピールされていますが、その中には、いまどきの薬剤師の転職サイトであれば、どこでも持っていて当たり前の機能があります。 転職コンサルタントによる求人・転職案件のマッチングと紹介• 給与や休みなどの転職条件をあなたに代わって転職コンサルタントが交渉• 希望する転職先を逆指名し、転職コンサルタントがあなたに代わって交渉• 履歴書や志望動機の書き方を転職コンサルタントがサポート• 面接の設定と段取り• 面接での受け答えのサポート• 現職場からの引き留めを上手にかわすためのサポート• 病院、ドラッグストア、製薬会社、大手薬局から町の小さな薬局への転職をカバー• 厚生労働大臣許可(一般労働者派遣事業、有料職業紹介事業)• プライバシーマーク取得 これらは良い薬剤師の転職サイトであれば、持っていて当たり前の機能であり、いまではアピールポイントにはならないものです。 見方を変えれば、持っていないようであれば、薬剤師の転職サイトとしては力不足と言わざるを得ません。 良い転職会社は薬剤師が何も用意しなくてもすべてやってくれる 転職においては、• 希望にあった転職先の抽出• 履歴書や志望動機など応募書類の準備• 面接の設定と段取り• 面接での受け答え という流れになりますが、良い転職エージェントはこれらすべてをサポートしてくれます。 希望にあった転職先の抽出では、表からではわからない転職先の内情まで加味した上で良い転職先を選んでくれます。 面倒な面接の設定や段取りは薬剤師に代わって代行してくれます。 つまり、転職について薬剤師が何も知らなくても、ベストな準備を整えてくれるわけです。 かえってネットで薬剤師の転職情報を自分で調べて、あれこれ頭に入れると危険です。 患者さんでもいますよね。 だってネットに出ている症状とそっくりなんだから」 といって、まともに薬を飲もうとしない患者さん。 あれと同じです。 ネットで薬剤師の転職情報を読めば読むほど、あなたは不要な情報や古い情報で頭でっかちになり、転職エージェントにとって扱いにくい危険な薬剤師になるだけですから、ネットで薬剤師の転職情報を読み漁るのはやめましょう。 最新の正しい情報はすべて転職エージェントが教えてくれます。 悪化している薬剤師の転職事情とその原因 もともと薬剤師は転職の多い業種でしたが、ここ7~8年の間に転職に失敗して、何度も転職を繰り返す薬剤師が急増傾向にあります。 薬剤師の約3/4が転職経験があるというデータは毎年のように時期が来ると騒がれることですが、重要なのはそこではありません。 この転職した薬剤師のうち、1/3以上の薬剤師が転職に失敗して、3回以上の転職を繰り返しており、さらに薬剤師20人に一人は、6回以上も転職を繰り返しているというとんでもない事態に陥っているのです。 こういった転職に失敗する薬剤師が急増している原因はスマホをはじめとしたネット情報が生活に浸透したことが原因であると言われています。 ネットが薬剤師の転職に及ぼしている害悪について順を追ってご説明します。 読んでいただければ、ネットで薬剤師の転職情報を読むことがいかに危険であるかお分かりになるはずです。 読んでも無意味なばかりか危険な口コミ情報 仮にあなたがある転職サイトの評判を知りたいと思ったら、どうするでしょう?その転職サイトの名前と「口コミ」や「評判」というキーワードを掛け合わせてGoogleやYahooで検索するのではないでしょうか? 検索した結果、• 「子育て中なので、自転車で通える範囲で、時間の融通が利く職場を探して登録しました。 担当してくれた転職コンサルタントは、子育て中の薬剤師にとても理解と経験が豊富で、託児所付きの転職先を見つけてくれた上に、収入もアップして大満足です。 (31歳、埼玉県、女性) 」• 「ネットの評判が良かったので登録してみたものの、希望に合わない転職先ばかり薦められ、調べてみたら、どれも公開求人ばかりでした。 掲載件数が多いと書いてあったので、サイトで検索して電話してみたら、どれも募集が終わったものばかりでした。 信じられない転職サイトです。 (29歳、千葉県、女性) 」 さて、いかがですか? 上の口コミだと良さそうな転職エージェントのようですが、下の口コミだと登録は避けた方が良さそうですね。 でもどちらも、わたしがここで勝手に書いただけのものです。 つまり、ネットの口コミなんか、運営者がどうにでも勝手に書けてしまうもので、なんの参考にもならないばかりか、誤って良くない転職エージェントに登録してしまう危険性があるだけです。 興味が先走ってしまうかもしれませんが、裏付けのない情報を読むのは、ぐっと我慢して無視するようにしましょう。 ネットの転職情報は玉石混合 ネットの情報は誤りがあるだけでなく、いまでは役に立たない古い情報も放置されたままになっています。 たとえば、2014年の8月に、薬剤師の転職エージェントの代表格であるエムスリーキャリアは、「薬キャリ」にサイト名を変更していますが、いまだにエムスリーのままで掲載しているサイトが多く見受けられます。 また、「薬剤師プロ」も「転職ゴリ薬」にサイト名を変更しており、「薬剤師プロ」で検索しても公式サイトはもう表示されず、古い情報を掲載したまま放置してあるサイトばかりが検索結果として出るだけです。 これらのサイトは作られてから数年経っている古いサイトであり、更新もされずに放置されているということですから、見る価値の無いサイトです。 しかし、ネットでは古い情報を消去する機能がないため、役に立たない古い転職情報を掲載しているサイトも検索すれば出てきてしまうのが実態です。 ヘッダーやフッター、サイト名の表記は年や月が変わると自動的に新しくなるようにプログラムが組まれているため、一見すると「2019年」になっていて、新しい情報を更新して掲載しているサイトのように見えますが、自動で更新されているだけなので、あてにはなりません。 いまでも「エムスリーキャリア」や「薬剤師プロ」の表記名で記載しているサイトは、更新もされていない古いサイトと判断して、飛ばすことをお勧めします。 薬剤師にとって転職サイトの真の価値 転職サイトというと、とかく「転職案件がたくさんある」「色々な条件で転職先を検索できる」という面が意識されがちですが、これだけならハローワークや施設のサイトの採用情報を自分で見る手間が省けるだけの単なる時間の節約でしかありません。 転職サイトの真の価値はそこではないのです。 転職サイトには転職サイトでしかできない価値があるからこそ、企業として成り立っているのです。 それをこれからご説明いたします。 転職会社だけが持つ圧倒的に好条件の非公開求人 求人には一般に公開して薬剤師を募集する公開求人と、転職エージェントだけに依頼され一般には公開されない非公開求人の2種類があります。 非公開にする理由は一概に言えない部分があるのですが、ハッキリしていることは転職エージェントに依頼するだけで充分応募してくる薬剤師がいる魅力のある転職条件だということです。 一般に公開したのでは、転職に応募してくる薬剤師が多すぎてさばききれなくなるため、転職に応募してくる薬剤師を絞るために非公開としているケースがほとんどです。 一方、公開求人はあまり転職条件が良くないため公開して広く募集しないと応募してくる薬剤師が誰も来ない可能性があるために公開募集の形式を取っています。 このように好条件の転職案件とは、一般に公開されていないため、あなたが薬剤師個人として探しても見つけることはできず、転職エージェントだけが持っている魅力的な転職案件なのです。 転職会社は薬剤師の転職成功例を豊富に持っている 転職エージェントは数多くの薬剤師の転職を扱っているため、あなたと同様の悩みを持っていた薬剤師がどのようにして悩みを解消し、成功したのかという実例を豊富に蓄積しています。 また、転職に失敗して駈け込んで来た薬剤師の再転職も扱っているために、薬剤師が転職で失敗する例についても数多くの事例を知っています。 つまり、あなたがどういう転職をすると失敗して、どういう転職なら成功するという、あなたの悩みに対するソリューションを実例として豊富に持っており、実例に裏付けられた最良の転職をあなたに提案してくれます。 あなたがどこまで考えても結局は「転職してみないとわからない」という部分が残りますが、転職エージェントは「その転職をやったら、こうなる」という答えを持っているわけです。 これも転職エージェントだからこそできる機能です。 転職会社は転職先の内情を知っている あなたが薬剤師個人として転職先を探した場合、人間関係のようにその転職先の内情まではなかなかわからないものです。 仮に知り合いの薬剤師から情報が入ったとしても、転職先の経営レベルでの話や、事業計画まで知ることはできません。 しかし転職エージェントは、薬剤師の求人の依頼を受ける上で、離職率や経営状態など依頼元の内情を詳しく調べています。 もちろん守秘義務があるため、良くない事情をつかんでもサイトで公開したりしませんが、転職コンサルタントはちゃんと内情を加味してあなたに最良の転職先を提案してくれます。 採用側に選ばれる良い転職会社とは ここまでの話で、• ネットで薬剤師の転職情報を読み漁るのは危険• 何も知らなくても転職会社が最新情報でベストな転職準備を整えてくれる• 好条件の転職は非公開求人となっており転職エージェントだけが持っている がおわかりになったかと思います。 つまり、良い転職会社というのは、非公開求人を数多く持っている転職会社だということです。 条件の良い非公開求人を数多く持っているほど、薬剤師を転職で成功させることができ、薬剤師の転職における必勝パターンを蓄積していることになります。 では、どういった転職エージェントが非公開求人を依頼されているのでしょうか? 簡単ですよね。 これまでに条件に合った良い薬剤師を紹介してきた実績のある転職エージェント• 最近、非常に評判が良い転職エージェント この2つしかありません。 採用側からしてみれば、実績も無く、評判も良くない転職会社に非公開求人を依頼したりしません。 特に採用担当者は、良くない転職会社に非公開求人を出したりしたら、 「なんでその転職会社に依頼するんだ?」 と、経営側に問いただされてしまいます。 良い転職会社と良くない転職会社の決定的な差 このように良い転職エージェントは好条件の非公開求人を数多く持っているので、薬剤師の希望を満たす転職案件を数多く紹介することができます。 また、好条件での転職に成功した薬剤師の評判で、薬剤師の登録が増えることにより、転職先によりニーズに合った薬剤師を紹介することができ、次の非公開求人も依頼されるようになります。 つまり、薬剤師、求人元、転職エージェントが、WIN-WIN-WINの正の循環が回り、良い転職エージェントは更に良くなっていく構造となっています。 良い転職エージェントはこの正の循環を回し続けるために、薬剤師の悩みを良く聞く、つまり相談レベルから話をしっかりと聞く姿勢が出来上がっています。 一方、良くない転職エージェントは公開求人しか持っていないため、薬剤師の希望条件に合っていない公開求人でも、成約を稼ぐために、とにかく「数撃ちゃ当たる」方式で転職を進めようとします。 この方式だと転職エージェントは数をこなす分それなりに成約を稼げるので、事業は成り立ちますし、求人元も薬剤師にはあまり魅力のない求人元に有利な条件で薬剤師を獲得することができます。 しかし、薬剤師にとってみれば、説得されて転職しても結局また悩みを抱えるだけで、再び転職を考えることになります。 最悪なのは、求人元の希望に合っていないのに紹介され、不採用になった場合、後々まで心に残る精神的ダメージを受けるということです。 でも、良くない転職エージェントは「質より量」で数をこなすことしか考えていませんから、薬剤師の話はなど経歴さえわかれば十分なため、悩みを聞くという考え方自体持っていません。 良い転職会社の見分け方 ここまでのお話で、良い転職会社と良くない転職会社で選び方を間違えると、恐ろしい結果になることがお分かりになったかと思います。 採用側は好条件の非公開求人は良い転職エージェントにしか回しませんし、公開求人しか持たない良くない転職エージェントは薬剤師を成約を稼ぐための弾数としか考えていません。 では、どうやって良い転職会社を見つければ良いのでしょうか? ネットには膨大な情報が溢れており、どれも異なった内容を掲載しているので、読めば読むほど混乱するばかりです。 転職会社の比較やランキングも数多くのサイトが掲載していますが、内容がバラバラな上、サイト独自の観点や集計といった確認のしようがない、言ってみれば運営者が好き勝手に書ける指標で掲載されているため、なんの信憑性もありません。 ひどいサイトになると、比較やランキングの根拠すら掲載されていないものまであります。 本来ならこういったサイトは参考にする価値がないことに気がつくものですが、運営業者は気になる記事をたくさん掲載し、信憑性の無さをうまくカムフラージュしています。 信憑性の無い評価やランキングも問題ですが、薬剤師の気を引くためだけに、誤った内容や古い内容を大量に掲載して、薬剤師に大量の情報を流し込んで、頭でっかちにさせてしまっていることが転職で失敗して何度も転職を繰り返す薬剤師を増やしている原因だと思われます。 良い転職会社の見分け方はただひとつです。 「誰もが知る社会的に信頼できる第三者機関の評価があるか無いか」 だけです。 わたしたち採用側も、社会的に信頼できるエビデンス以外、非公開情報を依頼する上での参考にしません。 お勧めする転職会社の前に わたしたち採用側がお勧めする薬剤師の転職会社を、誰もが納得する社会的に信頼のある根拠と共にご紹介いたします。 ただその前に、ひとつだけ頭に置いておいて頂きたいことがあります。 世界には女の子というだけで、人権を認めてもらえず、学校にすら通わせてもらえない子供たちがたくさんいます。 昨年から東京の地下鉄などの車内広告で見掛ける、 「13歳で結婚。 14歳で出産。 恋は、まだ知らない」というこのポスターに心を痛めた人は多いのではないでしょうか。 このような子供たちを救うために国連公認の非営利団体「プラン」が組織され、発展途上国51ヶ国で子供たちへの支援活動を行っています。 日本にはプラン・ジャパンが日本支部として開設され、この「Because I am a girl~世界の女の子に、生きていく力を」には、タレントのhitomiさんや相川七瀬さん、増田明美さんなど数多くの著名人が参加しています。 企業でもイトーヨーカドー、ANAホテルズ、ユニクロ、シチズン、ポーラ化粧品、ファンケル、ディノス・セシールなど多くの有名上場企業が参画しています。 バングラデシュでは出生登録の徹底で早すぎる結婚を阻止するという偉業を成し遂げています。 最近では 「私を結婚させないで」というポスターも貼られるようになりました。 当サイトはプラン・ジャパンの「Because I am a girl~世界の女の子に、生きていく力を」を応援しています。 あなたがもし、このキャンペーンにご賛同頂けるようであれば、当サイトから転職会社に登録するとプラン・ジャパンへの寄付が発生することを覚えておいてください。 もちろん、プラン・ジャパンへの直接寄付もできます。 同じ転職会社に登録するのであれば、当サイトからのクリックで登録画面に進んで登録すると、当サイトからのクリックであることが自動的に検知される仕組みが入っておりますので、ご賛同いただける場合は、当サイトでクリックして各転職会社の登録画面から登録していただけると、世界の子供たちへあなたの力が届きます。 薬剤師の転職・求人会社の比較とランキング 転職サイトの利用に際しては、1社だけではなく複数社への登録をお勧めします。 1社だけでは紹介された転職案件や担当した転職コンサルタントの良し悪しが比較できないからです。 どれほど良い転職エージェントであっても、まだ経験が浅いなど力不足の転職コンサルタントに当たってしまうリスクは必ずあります。 3社くらい登録すれば、仮に1社が担当した転職コンサルタントが力不足でも、残りの2社から出された転職案件を比較できるので、3社くらいに登録するとスムーズに転職が進められます。 上位5 位までと6位以下では差が大きいので、5位までの掲載で留めました。 第1位 : 薬キャリ (旧:エムスリーキャリア) 「イキイキと働く医療従事者を一人でも増やし、医療に貢献する」を企業理念としたソニーグループの転職企業です。 東証一部上場のエムスリーとエス・エム・エスの2社が、お互いに強みを出し合ったジョイントカンパニーであり、薬剤師だけでなく、医師の転職も扱っている医療分野では日本最大の転職会社です。 下のグラフは何だと思われるでしょうか?これは2010年度から2017年度の売上の推移です。 2010年から7年間で7倍以上に成長しています。 この驚異的な伸びは、求人元の絶大な信頼の表れであり、いかに多くの非公開求人を持っているかがわかります。 この数字は親会社が東証一部上場会社なので、連結対象として証券取引所に提出されている数字であり、虚偽があれば粉飾決算として刑事罰が課せられるうえ、改善するまで上場から外され監理ポストに入ってしまうため、一切のごまかしが効かない非常に社会的に信頼性の高い数字です。 日本全国の薬剤師の転職に対応• 年間利用者数9万人• 3万件以上の求人案件を保有 顧客満足度93%、薬剤師登録者数No. 1となっていますが、この数字は社会的に信頼のある第三者機関によるものではないので、採用側としては大きな参考としては見ていません。 しかしながら、エムスリーが薬剤師の転職で一番力がある状況は採用側であればだれもが納得するところです。 また、信憑性には欠けますが「薬剤師 転職 比較」や「薬剤師 転職 ランキング」のキーワードで検索して出てくるランキングサイト上位20サイトのうち18サイトが薬キャリをランキング第1位に掲載しています。 登録はこちらから=> 第2位 : マイナビ薬剤師 日本の転職業界でリクルートと双璧となっているマイナビグループの薬剤師向け転職サイトです。 マイナビの名もテレビや電車の車内ビデオCMなどで今や知らない人はいないでしょう。 楽天リサーチで5年連続「利用者満足度第1位」を獲得しています。 名も知らない会社の評価ではなく、ネット業界の盟主とも言える楽天の評価ですから、非常に高い社会的信頼性と言えます。 マイナビは2011年に現在の社名に変更したため、比較的新しい企業だと思われがちですが、もともと1973年に毎日新聞の子会社として作られた毎日コミュニケーションズが始まりであり、すでに40年以上の歴史を持っています。 なにかと比較されるリクルートをマイナビですが、どちらも長年培ってきた転職ノウハウとITは規模は桁違いであり、担当する転職コンサルタントの教育レベルも非常に高いです。 日本全国の薬剤師の転職に対応• 一人の薬剤師に対して平均20.8件の転職案件を紹介• 3万件以上の求人案件を保有 マイナビ薬剤師の自社調査結果になりますが、利用者の転職満足度は94.6%になっています。 登録はこちらから=> 第3位: 薬剤師転職ドットコム 医療系の転職では、M3キャリアと双璧であるトップ企業メディウェルが運営するサイトです。 メディウェルの親会社は、ドラッグストア・調剤薬局経営など医薬流通で有名なアイングループであるため、業界に太いパイプを持っており、実業として精通している強みがあります。 薬剤師の転職においては、エージェントのレベルの高さに定評があり、提案が明確で、手厚いサポートが高評価を得ています。 医療経営のコンサルも行っているため、特に病院や調剤薬局の正社員の求人に強く、見えにくい内部状況を理解したうえでの提案が特徴です。 都市部にお住いで、病院・調剤薬局に正社員として勤めたい薬剤師の方にはイチオシのサイトです。 2017年夏あたりから、年収の高い転職案件が毎日大量に更新されるようになり、急速に伸びています。 これは面接にアドバイザーが同行し、その場で収入アップの交渉をすることで実現しているようです。 2019年もファルマスタッフが人気を伸ばしていきそうな勢いがあります。 何といっても日本でその名を知らない人はいないほどのリクルートですから、リクルートの名前だけでも非常に社会的信頼度が高く、多くの非公開求人を有しています。 日本の転職市場の草分け的存在として、長年培ってきた転職ノウハウとITは規模が違います。 担当する転職コンサルタントの教育レベルの高さが好評を得ています。 「薬剤師の転職に対して、一切の妥協を許さず、本人の希望する条件や待遇、環境の職場をしっかりと探し続ける」という考え方が素晴らしいと思います。 保有する転職案件の75%が非公開求人• 「薬剤師求人プレミア」というハイレベル転職コンテンツサイトを保有• 3万5千件以上の転職案件を保有• 日本全国の薬剤師の転職に対応• 独占案件と呼ばれるリクナビ薬剤師のみに依頼される非公開求人も保有 リクナビ薬剤師の自社調査結果になりますが、利用者の転職満足度は97.3%になっています。 それこそが成功への最短の近道です。 最後まで読んで下さったあなたに、明るい将来が開けることを期待します。 わたしたちの話が少しでもあなたのお役に立てば、とてもうれしいです。 Because I am a Girlキャンペーン 薬剤師生涯教育推進事業実施法人の公募について 種類別医療法人数の年次推移報告書 おくすりe情報 セルフメディケーションの推進に資する薬局に係る税制措置の創設 民間給与の実態調査 調剤報酬の不適切請求に関する報道について 医療安全・調剤事故防止対策関連情報 病院の従事者数 被災3県における医療従事者の推移 行刑改革会議第3分科会議事概要 我が国の人道・周辺国・復興支援 病院経営が抱える諸問題 専門的看護師・薬剤師等医療人材養成事業 介護保険に対する利用者の 反応とその特徴 医療・介護福祉分野における雇用と投資の拡大 健康寿命延伸産業分野における新事業活動のガイドライン NASVA療護施設について 医師会、医療機関、薬剤師会、訪問. 看護 ステーションに対して 防衛省職員(薬剤師)募集要項 医療事故の現状と課題 50音順 iACTOR! IMS アイデムエキスパート アソウ・ヒューマニー アプロドットコム アポプラスメディカルジョブ e薬剤師 Indeed. jp キャリアバンク キャリアブレイン 求人のたまて箱 くすりびと グッピー薬剤師求人 CBネット CMEコンサルティング ジョブデポ薬剤師 ジョブテン薬剤師 ジョブメドレー SquareJob セイコーメディカルブレーン 転職ゴリ薬 トライエイジ ドラッグストアウェルネス とらばーゆ薬剤師 日経DIキャリア 日研メディカルケア ネットワーク21 パソナメディカル ピージョブ ファゲット Pharma Net ファーネットキャリア ファーマシストスクエア ファーマジョブ ファームキャリア ファーマシスタ ファーマリンク ファル・キャリア ファルマスタッフ ファル・メイト ベネッセMCM マイナビ薬剤師 学ぶ薬剤師 メディウェル メディカルソリューション メディカルプラネット メディカルプラン メディカルボード めでぃしーんねっとCAREER メディナビ メドフィット 薬キャリ 薬剤師アシスト 薬剤師求人 薬剤師求人エージェント 薬剤師求人キャリアナビ 薬剤師求人バンク 薬剤師求人BANK 薬剤師求人. com 薬剤師求人EX 薬剤師求人検索 薬剤師求人ナビ 薬剤師求人Navi 薬剤師求人. NETプレミアム 薬剤師求人プレミア 薬剤師コム 薬剤師専門求人サイト 薬剤師JOB NET 薬剤師ではたらこ 薬剤師転職支援サービス 薬剤師転職ドットコム 薬剤師転職navi 薬剤師求人マップ ヤクジョブ ヤクステ ラピジョブ リクナビ薬剤師.

次の

マイナビ薬剤師を利用した薬剤師の転職体験談①

マイナビ薬剤師 薬剤師 転職

薬剤師の就職先と薬剤師数 企業によって男女比・年齢などは異なりますが、目安を把握しておくことで社風などを推し量る材料になり得ます。 まずは薬事脚の就職先と男女比、施設ごとの年齢分布について確認してみましょう。 薬剤師の男女比 によれば、平成28年12月31日時点での全国の届け出「薬剤師数」は約30万人、その内訳は男性約11. 7万人(総数の38. 4万人 同61. 2% となっています。 昔から薬剤師は結婚・出産後も女性が活躍しやすい仕事として、女性に人気の高い仕事であることは変わりありません。 しかし実際には職場ごとに男女比率は異なります。 2 薬剤師数を施設・業務別に比較 薬剤師が働いている施設・業務を種別に見てみると、薬局の従事者が最も多く約17. 2万人(総数の57. 8万人(同19. 2万人、衛生行政機関・保健衛生施設の従事者が約6800人となっています。 薬局で働く薬剤師は年次推移をみると近年は大幅に増加しており、医薬分業の流れが進んでいることがわかります。 3 年齢別の薬剤師数を施設別に比較 年齢階級別に比較すると 薬剤師の中では30-39歳が7. 6万人(25. 2万人(23. 施設別に年齢階級を比較してみると、薬局・大学・医薬品関係企業では40-49歳、病院は30-39歳、診療所では50-59歳が最も多く働いています。 平均年齢をみてみると、薬局は46. 5歳、病院40. 7歳、診療所56. 8歳、医薬品関係企業で46. 8歳となっています。 職場や施設によって平均年齢などは異なりますが、社風や周囲の雰囲気を重視する方は、こうした年齢分布を参考にしてみてもいいかもしれません。 薬剤師の職場ごとにメリット・デメリットを比較 薬剤師が働ける場所は薬局や医療機関だけではなく、官公庁やメーカーなども含めると非常に幅広い選択肢があります。 その中でも薬剤師が就職することが多い7つの職場について、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。 ぜひ、将来の仕事選びや就職活動の参考にしてください。 病院で働くメリット・デメリット 最も臨床に近いところで薬剤師としての職能を発揮できるのが病院です。 医師や看護師と一緒にチームとなって患者さんの治療に貢献することができます。 メリットとデメリットは病院の規模や専門性にもよりますが、総じて次のような特徴があります。 メリット• 患者さんと向き合って臨床医療に携わることができる• 対面で患者さんに細やかな服薬指導ができ、治療経過も分かる• 医療に貢献している実感が得られやすい デメリット• 年収相場が低めである• 夜勤や日直当番があり、勤務形態が変動しやすい• 身体的な負担が多い 2. 調剤薬局で働くメリット・デメリット 最も女性に人気が高いのが調剤薬局での就業です。 選択肢が多く職場を自宅付近で選びやすく、売り手市場であるため、 年収や待遇により転職することも他の職種と比べると容易です。 メリット• 幅広い医療機関の処方箋に触れられるため、勉強になる• 患者さんとのコミュニケーションがとれる• 地域医療に貢献できる• 比較的休みは取りやすく、夜勤が基本的にはない(夜間対応を除く)• 管理薬剤師だと高年収も狙える デメリット• 処方箋が特定医療機関に集中している場合はスキルアップしにくい• 狭い職場・人間関係で窮屈に感じることがある• 個人経営薬局ではビジネスマナーが身につきにくい• 薬剤師数が少ない薬局では休みがとりにくい 2. ドラッグストアで働くメリット・デメリット ドラッグストアでの仕事は比較的高年収になりやすいことから、昇進を狙う男性に人気が高い傾向があります。 OTC薬の販売だけではなく、調剤併設店も増えており幅広い医療知識とスキルが求められる職場です。 メリット• 給与が比較的高い• セルフメディケーションや地域医療に貢献できる• 患者さんに最適な薬を選ぶことができ、やりがいがある• 商品販売やマーケットの動向、経営に関してもスキルを磨ける デメリット• 営業時間が長い場合が多く、土日も休めない可能性が高い• 薬剤師でも雑用をすることがある• OTC販売のみでは、薬剤師としての専門性が発揮しきれない場合もある 2. 医薬品卸企業で働くメリット・デメリット 医薬品卸企業へ就職する人数自体はそう多くはありませんが、薬剤師が欠かせない職場です。 薬剤師が採用されることが多いのがDI室と呼ばれる医薬品情報を扱う部署で、顧客からの問い合わせに対応します。 また、管理薬剤師の存在も必須です。 メリット• 残業が少ない傾向がある• 医薬品の流通に関われる希少な仕事である• 患者対応がないので落ち着いて仕事に取り組める• 製薬企業や薬局などと幅広いパイプができる デメリット• 全国に異動する可能性がある• 給与は低め〜平均的であり、高収入は難しい• 臨床に携われず、薬剤師としてのやりがいが少ない 2. 公務員として働くメリット・デメリット 公務員には地方公務員と国家公務員があり、国公立病院や行政業務は地方公務員になります。 国家公務員では厚生労働省などの中央官庁の仕事があります。 安定性・社会的信用度の高い仕事です。 メリット• やりがいが多い• 手当・待遇などが手厚い• 社会的な信用度が高い デメリット• 地方公務員の場合は給与が低い• 副業ができない• 国家公務員の場合は臨床に触れられない場合が多い 2. MRとして働くメリット・デメリット MR(医薬情報担当者)は製薬企業の顔として医師や薬剤師などに医薬品の情報を正しく伝達し、適切な医薬品の普及に努める仕事です。 製薬企業で働けるため高給与も狙えることから男性に人気の高い仕事です。 メリット• 高給与を狙うことができる• 医師や薬剤師との強いつながりができる• 医薬品情報の伝達をもって医療に幅広く貢献できる• 有給休暇や長期休暇などが取りやすい デメリット• 全国へ異動や出張が多い可能性が高い• 学会や接待で土日が潰れることもある• 女性の場合は結婚・出産後に続けにくい• 勤務時間がバラバラで、食事も不規則になりがち 2. 大学で働くメリットやデメリット 在学していた大学に残る場合や、別の大学や研究機関などで働く薬剤師もいます。 狭き門ではありますが、 自分のやりたい研究を続けられる仕事です。 メリット• 大学時代の研究を続けることができる• 教授職を狙うことができる• 学生に対しての教える楽しみがある デメリット• 研究助手・講師などは給与が低め• 社会的なマナーやスキルが身につきにくい• 狭い環境で視野が広がりにくい• 研究の内容次第で長期休暇は難しい 3. 薬剤師が就職に失敗しないための5か条 就職時には幅広い選択肢があるので迷ってしまうことも多いでしょう。 十分に業界研究や情報収集を行っておかないと、後で理想と現実のギャップに後悔することにもなりかねません。 次のポイントを押さえて就職活動を成功させましょう。 自己分析を十分に行う 就職を決めるときには就職先だけを見るのではなく、自分を見つめ直すことが大事です。 自分がやりたいこと、理想の未来、描く生活スタイルなどを考えましょう。 就職活動には、自己分析には十分に時間をかけて、自分の強みや弱みを把握した上で、それを活かすことが大切です。 OB・OG 訪問を行って情報を入手する 就職活動中には就職フェアや合同説明会など企業主催のイベントが多く開催されますが、企業主催のイベントは企業の良いところのアピールが中心となり、「働いてみて実際どうなのか」といった部分は聞きづらい傾向にあります。 こうしたイベントはそれぞれの企業の特徴を捉えるために使い、その中でも特に気になった企業に対してはOB・OG を訪問し、実体験や生の声を聞くことが、本当の企業の姿を知る上で大切です。 大手企業以外も見学する 学生時代には業界を全て把握することが難しいので、つい大手企業だけに目が行ってしまいます。 待遇面や社会的な地位を考えても大手企業のメリットは多いですが、中小企業にも良い会社は多く存在します。 会社見学は大手企業だけに限定せず、中小企業も含めて見ることが、自分にあった企業を見つける上では大切です。 大学4年生までに就職先を大体決めておく 6年制の薬学部の場合、学部5年生の3月から就職活動が始まり、学部6年生の6月から選考が始まります。 つまり5年生の初頭からが就職活動の準備期間となり自己分析やインターンシップなども開始します。 そのため、おおむね4年生までには自分の就職先についての方向性を決めておくとスムーズに就職活動に臨むことができます。 学会に参加する 研究職を目指す人や大学勤務を希望する場合などは、学会への参加をおすすめします。 研究発表から別の研究室との繋がりができたり、情報収集ができたりします。 また、学会によっては就活コーナーもあるので活用しましょう。 待遇は職場の立地(都道府県)で大きく異なる 職場ごとのメリット・デメリットについてご紹介してきましたが、こと待遇に関しては、都道府県別で大きく異なることをご存知でしょうか? 例えばでは、薬剤師の平均年収が最も高い県は「奈良県」で、777. 2万円となっています。 他方で、平均年収が最も低い県は三重県の437. 5万円でした。 実に300万円以上の差が分かると思います。 年収格差の理由はさまざまですが、結論としては需要と供給のバランスとなるでしょう。 地方と都心、というくくりだけではなく、 場合によっては隣の県で平均年収が100万円以上異なることも! 県ごとの年収一覧は以下のページでまとめてご紹介していますので、まずはご自身の年収が所属している件の中で適正な金額であるかをチェックしてみてください。 平均年収よりも大きく低い場合や、転職による年収アップが成功しやすくなるでしょう! 5. 他の薬剤師と差をつけて内定を勝ち取るには? 薬剤師は売り手市場とはいえ、自分の希望する職場に就職できるかどうかは別の話です。 希望通りの就職先を見つけて、内定を勝ち取るには他の薬剤師に差をつける必要があります。 どんな対策を練れば良いのか、参考にしてみてください。 学会発表で功績を残す 企業の開発職や研究職、大学就職などを狙う場合には、学会発表の経験があるかどうかは大きな差別化のポイントとなります。 ポスター発表ではなく、プレゼン発表や論文発表まで経験していると更に評価は高くなります。 努力を積み重ねて研究の結果を出せる人材かどうかを判断する指標として選考時に有利になるでしょう。 医療業界の流れと傾向を把握する 医療業界が現在どのような傾向にあるのか知っておくことも大事です。 薬局はかかりつけ薬局が制度化されて、在宅医療も増えています。 また製薬企業だけではなく、バイオベンチャーのような新しい企業も登場しています。 発展を遂げる企業もあれば、経営不振に陥る企業もあります。 医療業界は日々変化していくので、時代に合わせた選択を行うことが重要になります。 経済全体の動向を学ぶ 比較的、経済情勢の影響を受けにくく安定している薬剤師業界ですが、経済の動向によっては就職難と呼ばれる日が来る可能性もあります。 特に経済のあおりを受けやすい製薬企業を希望している場合には、世界情勢や日本経済についてもアンテナを張っておきましょう。 外資系企業の場合には海外の売り上げランキングも参考になります。 専門分野以外のスキルを磨く 薬剤師は基本的に資格の有無が重要な仕事であるため、専門知識や技術の面での差がつきにくい仕事です。 しかし、薬剤師として必要とされるのは薬学についての専門性だけではありません。 むしろ、 近年ではコミュニケーション能力や危険を察知する能力、IT能力、環境への適応能力、情報収集力なども大事になってきています。 専門以外のスキルも磨いておくことは、就職活動だけではなく将来仕事に就いた時にも非常に役立ちます。 サークルやバイト、友達との人間関係なども大事にして、一人の人間としての能力を育てていきましょう。 就職先の情報収集が明暗を分ける! ここまで薬剤師の就職先についてのメリット・デメリットや就職で成功するための対策についてお話しました。 参考になりましたでしょうか? 理想どおりの就職先を見つけて、高いモチベーションを持って働いていくためには、就職先の情報収集を十分に行うことが必要です。 しかし、 情報収集は一人では情報が十分に集まらず、偏ってしまうことが多いです。 そこで就職活動時にはマイナビ薬剤師に相談することをおすすめします。 豊富な情報を持っている専任アドバイザーが、あなたに適した仕事を提案いたします。 一人だけでは得られない情報を手に入れて、他のライバルと情報力で差をつけましょう。 [もっと知りたい! 続けてお読みください].

次の