髪 染め ブリーチ なし。 黒髪からブリーチなしカラー27選!アッシュや明るい髪色に染めるには?

ブリーチなしのグラデーションカラー14選|暗めの髪色アッシュとやり方も

髪 染め ブリーチ なし

根本の地毛とブリーチ部分の馴染ませ方 今回、なぜこのような記事を書こうと思ったのかというと、「なんとなく」である。 しかし、世間の声 特に女の子 に耳を傾けてみると、こんな悩みが聞こえてきます。 ブリーチはもう充分楽しんだので、ブリーチはもうしない• 根元伸びてきたから、ブリーチなしで普通染めよう• 美容師さんに相談すると、「えっ、たぶん 馴染まないよ」と言われる• ブリーチのリタッチを勧められる• それを断り、ブリーチなしで染めてもらう• ブリーチしていない根元とブリーチしている部分が全く違う色になってしまっている• 死にたくなる• でも、犬は可愛い• どうしたらうまく馴染むのか、知りたい• モテたい と言う声だ。 なぜ、馴染まないのか? ブリーチをすると、 髪の中の構造は大きく変化します。 メラニン色素はなくなり、綺麗な透明度の高い色が入るでしょう。 地毛の黒髪には、メラニン色素はたっぷり存在するので、透明感を求めて染めても、茶色く 濁る傾向にあります。 わかりやすく言うと、白い画用紙、黒い画用紙に、同じブルーの絵の具を塗ると、見え方が 全く違う、ということになるのです。 ブリーチをした髪、していない髪とでは、このくらい大きな違いがあります。 よって、何も考えずに同じ薬剤やレシピ(1種類)で根元から毛先までドーンって塗っても、全く違う仕上がりになり、それはつまり、 「ムラ」である。 ブリーチなしで、根元のプリン部分とブリーチ部分を馴染ませた施術事例 まず、こちらをご覧になっちゃいましょう。 うむ、しっかりと、根元が伸びておりますね。 ブリーチしてから2ヶ月半くらいです。 ブリーチはもうしたくない、ラベンダーアッシュ系にしたい、夏らしいことをしたい、ということでしたので、そのようにしました。 提案としては、根元のプリン部分をブリーチ部分に合わせることは不可能ですので、 根元付近はやや暗めにし、 毛先をやや明るくしたグラデーションスタイルをオススメしました。 ふたつ返事で、 「それな。 」とのご返答でしたので、そのようにしました。 そして、 このように、馴染ませることが出来ました。 馴染みを良くする方法、レシピ、考え方 ここからは、プロ向け?っぽいことを言います。 最初に言った通り、根元から毛先まで一緒の薬だと、必ず 差が生まれます。 しかし、じゃあどんなレシピにすればええねん、とうんちを漏らしているところすみませんが、かならず、 根元と中間・毛先の薬は変えましょう。 10分後毛先。 レシピから見える考え方 今回、ラベンダー系のアッシュ、ということでしたので、中間毛先の配合は、VAというバイオレットアッシュというめちゃくちゃ紫が強いアッシュを約6割使用しました。 他のAとMTは、アッシュ、モノトーンというアッシュ系で透明感を出す薬剤。 それに合わせて、根元のレシピは、BAというブルーアッシュが約7割を占めており、BVというブルーバイオレットは、3割。 根元はバイオレットが少なめ、毛先は多め。 根元は、 メラニン色素が存在しているので、赤み系のバイオレットより、 赤みを打ち消すアッシュを多くしなければならない。 でも、それだったらバイオレット系入れなくて良くない?となりますが、根元を塗布する際、必ず オーバーラップしてしまいます。 バイオレットを入れていないと、オーバーラップをしてそこだけ 緑がかった真っ青になってしまい、いわゆるディバイディングラインになってしまうので、バイオレットは必要なのだ。 これは、シルバー系とかグレー系にするときでも、言えることです。 ディバイディングラインを出さなくするために、 根元の配合はややバイオレットを入れましょう。 そして、やはり、 暗めに設定しましょう。 ブリーチしていない部分、している部分とでは、いくら配合を変えても、どうしてもまだ差があります。 それを1レベル設定を下げることにより、分かりづらくする、ということに繋がり、つまり、馴染みが良くなる、ということに。 長々と書いてしまいましたが、もちろんこれは、状態、髪質、染めたい色、ブリーチでどのくらい抜けているか、によって、レシピ、考え方は変わってきます。 コツとしては、根元の配合は、 「暗めに設定し、アッシュ多めでディバイディングライン対策でバイオレットちょい」です。 もちろん、中間毛先の配合も、それに合わせて設定せねばなりません。 このしっかりプリン状態から、ブリーチなしで、 このような感じに。 ラベンダー系は色抜けも素敵ですので、よかったら、ぜひ! *今まで書いた事柄は、僕個人の主観です。 あくまで、ご参考までに。

次の

ブリーチなしでもOKなヘアカラー特集!明るめアッシュなどおしゃれが自在!

髪 染め ブリーチ なし

根本の地毛とブリーチ部分の馴染ませ方 今回、なぜこのような記事を書こうと思ったのかというと、「なんとなく」である。 しかし、世間の声 特に女の子 に耳を傾けてみると、こんな悩みが聞こえてきます。 ブリーチはもう充分楽しんだので、ブリーチはもうしない• 根元伸びてきたから、ブリーチなしで普通染めよう• 美容師さんに相談すると、「えっ、たぶん 馴染まないよ」と言われる• ブリーチのリタッチを勧められる• それを断り、ブリーチなしで染めてもらう• ブリーチしていない根元とブリーチしている部分が全く違う色になってしまっている• 死にたくなる• でも、犬は可愛い• どうしたらうまく馴染むのか、知りたい• モテたい と言う声だ。 なぜ、馴染まないのか? ブリーチをすると、 髪の中の構造は大きく変化します。 メラニン色素はなくなり、綺麗な透明度の高い色が入るでしょう。 地毛の黒髪には、メラニン色素はたっぷり存在するので、透明感を求めて染めても、茶色く 濁る傾向にあります。 わかりやすく言うと、白い画用紙、黒い画用紙に、同じブルーの絵の具を塗ると、見え方が 全く違う、ということになるのです。 ブリーチをした髪、していない髪とでは、このくらい大きな違いがあります。 よって、何も考えずに同じ薬剤やレシピ(1種類)で根元から毛先までドーンって塗っても、全く違う仕上がりになり、それはつまり、 「ムラ」である。 ブリーチなしで、根元のプリン部分とブリーチ部分を馴染ませた施術事例 まず、こちらをご覧になっちゃいましょう。 うむ、しっかりと、根元が伸びておりますね。 ブリーチしてから2ヶ月半くらいです。 ブリーチはもうしたくない、ラベンダーアッシュ系にしたい、夏らしいことをしたい、ということでしたので、そのようにしました。 提案としては、根元のプリン部分をブリーチ部分に合わせることは不可能ですので、 根元付近はやや暗めにし、 毛先をやや明るくしたグラデーションスタイルをオススメしました。 ふたつ返事で、 「それな。 」とのご返答でしたので、そのようにしました。 そして、 このように、馴染ませることが出来ました。 馴染みを良くする方法、レシピ、考え方 ここからは、プロ向け?っぽいことを言います。 最初に言った通り、根元から毛先まで一緒の薬だと、必ず 差が生まれます。 しかし、じゃあどんなレシピにすればええねん、とうんちを漏らしているところすみませんが、かならず、 根元と中間・毛先の薬は変えましょう。 10分後毛先。 レシピから見える考え方 今回、ラベンダー系のアッシュ、ということでしたので、中間毛先の配合は、VAというバイオレットアッシュというめちゃくちゃ紫が強いアッシュを約6割使用しました。 他のAとMTは、アッシュ、モノトーンというアッシュ系で透明感を出す薬剤。 それに合わせて、根元のレシピは、BAというブルーアッシュが約7割を占めており、BVというブルーバイオレットは、3割。 根元はバイオレットが少なめ、毛先は多め。 根元は、 メラニン色素が存在しているので、赤み系のバイオレットより、 赤みを打ち消すアッシュを多くしなければならない。 でも、それだったらバイオレット系入れなくて良くない?となりますが、根元を塗布する際、必ず オーバーラップしてしまいます。 バイオレットを入れていないと、オーバーラップをしてそこだけ 緑がかった真っ青になってしまい、いわゆるディバイディングラインになってしまうので、バイオレットは必要なのだ。 これは、シルバー系とかグレー系にするときでも、言えることです。 ディバイディングラインを出さなくするために、 根元の配合はややバイオレットを入れましょう。 そして、やはり、 暗めに設定しましょう。 ブリーチしていない部分、している部分とでは、いくら配合を変えても、どうしてもまだ差があります。 それを1レベル設定を下げることにより、分かりづらくする、ということに繋がり、つまり、馴染みが良くなる、ということに。 長々と書いてしまいましたが、もちろんこれは、状態、髪質、染めたい色、ブリーチでどのくらい抜けているか、によって、レシピ、考え方は変わってきます。 コツとしては、根元の配合は、 「暗めに設定し、アッシュ多めでディバイディングライン対策でバイオレットちょい」です。 もちろん、中間毛先の配合も、それに合わせて設定せねばなりません。 このしっかりプリン状態から、ブリーチなしで、 このような感じに。 ラベンダー系は色抜けも素敵ですので、よかったら、ぜひ! *今まで書いた事柄は、僕個人の主観です。 あくまで、ご参考までに。

次の

暗めグレーアッシュ50選!ブリーチなしで楽しむナチュラル髪色集めました

髪 染め ブリーチ なし

青系ヘアカラーは難しい? 大切なことなので初めにお伝えしますが、 ヘアカラーの中でも「青、ブルー」系ヘアカラーは発色がとても難しい色です。 数あるヘアカラーの中でも、トップクラスに色が出にくい色なのです。 「黒髪に青を染めればブルーブラックになるんじゃないの?」と考える気持ちすごくよく分かります。 しかし、黒髪に青を染めても絶対に「青色」にはならないのです。 メラニン色素がない髪は白髪。 真っ白です。 メラニン色素には大きく2つ種類があり、ユーメラニンという黒、茶。 そしてフェオメラニンという黄、赤の色素があります。 色のバランスは人それぞれ違うので、ブロンドの方もいれば真っ黒の方、こげ茶、赤毛の方などさまざまなのです。 「青」というのは寒色系といい、赤や黄色など暖色系と真逆の色です。 寒色と暖色をまぜると色が打ち消しあってしまいます。 同じように黒や茶色も、他の色が混ざっても黒や茶が強く出て色がわかりにくい、なので青系のヘアカラーは発色が難しい色なのです。 キレイに発色させるにはブリーチが必要 青を発色させるには、色を打ち消してしまう黒、茶、赤、黄色のメラニン色素を薄くする必要があります。 邪魔する色を少なくすることで青を出しやすくするのです。 しかし、ブリーチをしてしまうと髪が傷んだり、すぐ色が抜けてしまうデメリットがあります。 ブリーチなしの青で染めてみた 「ブリーチしたくない!でもブルー系ヘアカラーにしたい!」と考えている方に分かりやすいように実際に染めてみました。 使うヘアカラーはこの2色。 ネイビーブルーとディープブルーを混ぜて暗めの青系ヘアカラーを作ります。 暗めのトーンですが、真っ黒すぎないブルーブラックのイメージです。 染める前の髪はこのような色。 前回染めた明るめのヘアカラーが抜けて、毛先は茶色になっています。 根元は新しく生えているので黒髪です。 そしてコチラがヘアカラー後。 染める前と比較するとこのような色の違いです。 近くで手に取って確認するとこのような色。 暗めのヘアカラーですが、正直「青」は感じにくいですよね。 屋外で見るとこのような色。 色がハッキリ分かりやすい外で見ても青は感じにくいです。 ちなみに、同じヘアカラーの薬でブリーチを繰り返した髪に染めると この写真のように、濃いめの青がハッキリわかるほど染まります。 手元が染める前の明るさです。 ブリーチを2回しているので、メラニン色素がかなり少なくなっています。 発色の邪魔になる色がほとんどないのでキレイな青が出るのです。 「青」を感じるためにはブリーチが必要。 というのが分かっていただけたかと思います。 ブリーチを入れた部分はハッキリと色が出るので、髪全体に色を感じることができます。 ブリーチされていない部分がほとんどなので、傷みも感じにくいのが特徴です。 カラーシャンプーで色を補おう ブリーチした部分は色の抜けがとても早いです。 ネットには「ブリーチした髪は1ヵ月しか色が持たない」なんて書いてあったりしますが、絶対に1ヵ月も持ちません。 黒染めなど、極端に暗い色出ない限り1週間もすればヘアカラーのほとんどが落ちてしまい明るくなります。 そのため家でのカラーケアが長持ちには必須。 カラーシャンプーやカラートリートメントであれば、洗うだけで色を補えるのでおススメです。

次の