ブルフェン インフルエンザ。 インフルエンザが原因の頭痛にブルフェンは大丈夫?

インフルエンザによる頭痛にカロナールが使われる理由とは?

ブルフェン インフルエンザ

インフルエンザの感染が疑われたら、事前に病院へ連絡し病院を受診し検査・診断を受けてインフルエンザ治療薬を処方してもらうことが基本の治療です。 しかし、土日や夜間など病院が開いていないときに、高熱や頭痛でつらい、どうしても眠れないというときは市販の解熱鎮痛剤を使用しても問題ありません。 ただし、解熱鎮痛成分には、インフルエンザのときも使用できる成分と使用を控えるべき成分があるため、確認が必要です。 イブプロフェンは痛みを感じる末梢神経に作用し、炎症を鎮めたり解熱鎮痛の効果があり、即効性が高い成分です。 イブプロフェンは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs:エヌセイズ)と呼ばれるグループの薬に分類されます。 NSAIDsは痛みや熱を下げてくれる効果がある一方で、薬によっては胃腸を荒らしてしまう副作用がみられますが、イブプロフェンは比較的副作用が少ない薬とされています。 イブプロフェンの副作用 主な副作用としては、消化器系症状(胃部不快感、食欲不振、腹痛、吐き気・嘔吐など)、発疹、かゆみ、顔のむくみなどがあります。 副作用の発現頻度については調査をしていないため、副作用の出やすさなどは公式の見解がありません。 インフルエンザの発熱には、サリチル酸系やジクロフェナク、メフェナム酸の解熱鎮痛成分は使用できません。 これらの成分は、重篤な合併症であるインフルエンザ脳炎や脳症を引き起こす危険性が指摘されているためです。 なかでも危険とされるのがサリチル酸系の成分です。 市販薬では「アスピリン」や「サリチルアミド」という成分名で使われています。 アスピリンは風邪のときにも処方される成分なので、手元にあるからといってインフルエンザのときに使ってしまわないように注意しましょう。 また、「エテンザミド」は多くの風邪薬や解熱鎮痛剤に含まれている成分なので、購入前・使用前にはご注意ください。 成分名 代表的な製品 アスピリン (アセチルサリチル酸) 【処方薬】 バイエルアスピリン バファリン配合錠 など 【市販薬】 バファリンA ケロリンS錠 など サリチルアミド 【処方薬】 PL配合顆粒 幼児用PL配合顆粒 ピーエイ配合錠 など 【市販薬】 サンプンラク ノースチンA など エテンザミド 【市販薬】 新セデス錠 ナロンエース ノーシン など ジクロフェナクナトリウム 【処方薬】 ボルタレン ナボール など メフェナム酸 【処方薬】 ポンタール など インフルエンザのときに使える風邪薬については関連記事をごらんください。 関連記事 ACE処方とAAC処方の薬も注意が必要 ACE処方とは「A:アセトアミノフェン」「C:(無水)カフェイン」「E:エテンザミド」という3種類の成分が入っている薬、AAC処方は「A:アセトアミノフェン」「A:アスピリン」「C:(無水)カフェイン」の3種類が含まれる薬です。 アセトアミノフェン単体では解熱鎮痛効果が比較的弱いため、効果を高めるためにエテンザミド・アスピリンといった他のタイプの解熱鎮痛成分や頭痛を軽減してくれるカフェインが混合されています。 アセトアミノフェンはインフルエンザにも使用できる成分ですが、いずれもエテンザミドやアスピリンが配合されているため、インフルエンザのときにはACE処方やAAC処方の薬は使用しないようにしましょう。 処方名 代表的な市販薬 ACE ノーシン 新セデス錠 ナロン錠 など AAC バファリンプラスS エキセドリン など イブプロフェン単一成分の薬.

次の

インフルエンザ

ブルフェン インフルエンザ

ブルフェン錠100に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 変形性関節症 緊張型頭痛 関節リウマチ 変形性肘関節症 変形性膝関節症 変形性股関節症 片頭痛(偏頭痛) 椎間板ヘルニア 脊椎圧迫骨折 脊椎骨折 ブルフェン錠100の主な効果と作用• 痛みや 炎症の原因となる物質(プロスタグランジン)が作られるのをおさえる働きがあります。 炎症による痛みやはれをやわらげ、熱を下げるお薬です。 ブルフェン錠100の用途• 遠心性環状 紅斑の消炎• 遠心性環状紅斑の鎮痛• 外傷後の消炎• 外傷後の鎮痛• 関節炎の消炎• 関節炎の鎮痛• 関節痛の消炎• 関節痛の鎮痛• の解熱• の鎮痛• 頚腕症候群の消炎• 頚腕症候群の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛• 紅斑の消炎• 紅斑の鎮痛• の消炎• の鎮痛• 手術後の消炎• 手術後の鎮痛• 神経炎の消炎• 神経炎の鎮痛• 神経痛の消炎• 神経痛の鎮痛• 背腰痛の消炎• 背腰痛の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛• を伴うの解熱• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 1.関節リウマチ、関節痛及び関節炎、神経痛及び神経炎、背腰痛、頚腕症候群、子宮付属器炎、月経困難症、紅斑(結節性紅斑、多形滲出性紅斑、遠心性環状紅斑)、手術並びに外傷後の消炎・鎮痛の場合:イブプロフェンとして、1日量600mgを3回に分けて経口投与する• 小児は、5~7歳1日量200~300mg、8~10歳1日量300~400mg、11~15歳1日量400~600mgを3回に分けて経口投与する• なお、年齢、症状により適宜増減する• また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい• 2.急性上気道炎の解熱・鎮痛の場合:イブプロフェンとして、1回量200mgを頓用する• なお、年齢、症状により適宜増減する• 但し、原則として1日2回までとし、1日最大600mgを限度とする• また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい ブルフェン錠100の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• アスピリン喘息• 過敏症• 重篤な肝障害• 重篤な高血圧症• 重篤な心機能不全• 重篤な腎障害• 消化性潰瘍• 重篤な血液異常• 非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作• ジドブジン投与中• MCTD• SLE• 混合性結合組織病• 潰瘍性大腸炎• 肝障害• 気管支喘息• クローン氏病• 血液異常• 高血圧症• 腎血流量低下• 出血傾向• 心機能異常• 腎障害• 全身性エリテマトーデス• 非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍• 消耗性疾患 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 授乳婦• 幼児・小児• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 高齢者 65歳〜• 小児 0歳〜14歳• 高熱を伴う幼小児 0歳〜14歳• 高熱を伴う高齢者 65歳〜• 長期間投与されている女性• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、• 高齢者 65歳〜•

次の

ブルフェンの効果と時間、副作用など|頭痛への使用やロキソニン、カロナールとの比較も|薬インフォ

ブルフェン インフルエンザ

インフルエンザで使う解熱剤のブルフェンの効果や効能 ブルフェンというお薬は、体内で痛みや炎症の原因となるプロスタグランジンの生成を抑えて、炎症を抑えたり、痛みなどの症状を抑える働きがあります。 また、鎮痛効果以外に、解熱効果もあるお薬として幅広く使用されています。 このブルフェンというお薬は、 非ステロイド抗炎症薬(NSAID)の仲間の薬です。 インフルエンザに対して、一部のNSAIDの薬は副作用の概念から使用は禁忌とされているものもあるのですが、このブルフェンは、NSAIDの仲間でありながら、ロキソニンように比較的安全なお薬とされています。 第一選択としては、カロナールなどのアセトアミノフェンが使用されることが多いのですが、症状的に、カロナールではなく、ブルフェンの方が効果的とされた場合に処方されます。 ただし、処方されるのは、15歳以上の大人のみで、小児は基本的にNSAIDの薬は禁忌であるため処方されることはありません。 インフルエンザで処方されるブルフェン以外の解熱剤や抗ウイルス薬 インフルエンザでは、高熱が出るため症状緩和のために、解熱剤が処方されることがあります。 インフルエンザのときの解熱剤の第一選択は、子供・大人とも カロナールや アンビバといった、アセトアミノフェンを主成分としたお薬です。 解熱鎮痛剤には、他にもNSAIDの薬がありますが、こちらの薬の一部には、インフルエンザ脳症などの重い副作用が出る可能性もあるので、自己判断で飲むのは止めましょう。 また、インフルエンザを発症して 48時間以内の場合には、抗インフルエンザ薬が有効となるため、そちらが処方されます。 抗インフルエンザ薬の種類は、タミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタの4種類が近年のインフルエンザで有効とされています。 インフルエンザは、急激に症状が出ます。 子供や高齢者など免疫や抵抗力の少ない人は、症状が悪化することもあるため、高熱が続くようなら病院へ行きましょう。 解熱剤ブルフェンがインフルエンザの症状に効果が薄い理由 ブルフェンやカロナールなど、解熱鎮痛剤を飲んだのに全く熱が下がらないという経験をする人もいます。 しかし、インフルエンザで解熱剤を飲む目的は、高熱などで睡眠が取れない、身体がだるくて仕方ないなど、高熱によって身体に起こるつらさや不快感を取るために内服をします。 また、ブルフェンなどの解熱剤は緩やかに薬が効き始めますし、インフルエンザの菌には効き目はないので、ウイルスが体内にある限りは、完全に解熱することはありません。 高熱を出すと言うことは、体内の免疫をあげて、ウイルスと戦う防衛反応の1つです。 熱が完全に上がりきっていない状態で解熱剤を使用すると、身体がウイルスとの戦っているところを中断させる形になってしまいウイルスが優勢になってしまいます。 例え、一時的に熱が下がっても、完全でなかったために再び熱が上がりだし、さらに身体の不調がつづくでしょう。 無理に熱を下げることはあまりよくありません。 インフルエンザの場合、発症後48時間以内であれば、抗インフルエンザ薬が有効です。 抗インフルエンザ薬は、ウイルスの増殖を抑えて高熱を出しにくくするので、身体がおかしいと思ったら早めに病院を受診しましょう。 解熱剤効果だけでなくブルフェンはインフルエンザの頭痛にも有効 ブルフェンは、インフルエンザで起こる頭痛にも効果を発揮します。 主成分は、イブプロフェンで、ご存じの方も多いと思いますが、市販されている頭痛薬や生理痛に効く鎮痛剤にも含まれているものなので、1度や2度使用したことがあるという人も多いのではないでしょうか。 頭痛は、プロスタグランジンという物質が生成されることが原因の1つにあげられています。 ブルフェンは、プロスタグランジンの生成を抑制させる効果があるため、インフルエンザで起こる頭痛も緩和することが可能でしょう。 効果が現れるまでの時間は、大体服用してから1〜2時間後で、持続効果は大体、3時間〜6時間程度と言われています。 インフルエンザで頭痛がおきたとき、他の薬として、カロナールも鎮痛剤としては効果がありますが、カロナールと比べるとややブルフェンの方が強い薬だと言えます。 症状や年齢、妊娠中などを考慮して、頭痛の場合にはどちらかの薬が処方されることが多いようです。 インフルエンザで解熱剤を使用しないために日々必要な対策 インフルエンザは、感染力が強いため、あっという間に広がりを見せます。 インフルエンザは、例年11月頃に少しずつ患者がみられ、12月から2月下旬ごろまでピークを迎えます。 完全に予防できる方法は今のところありませんが、発症のリスクを下げるための予防は必要です。 例えば予防法で大事なことをいくつかあげてみましょう。 手洗い・うがいをこまめにする• 人混みの多い場所には行かない• 外出時はマスクをする• バランスの良い食事をとる• 首や喉元を温める• インフルエンザの予防接種を行う など、一般的な風邪予防と同じような対策をしておくと、少しでもインフルエンザのリスクを減らすことができます。 インフルエンザを発症して高熱や倦怠感などが3〜4日続くのは、身体がつらいです。 また、周囲に二次感染を起こしてしまう可能性もあるので、流行する前にできることはしておきましょう。

次の