モントリオール ホテル。 【カナダ】モントリオールの宿泊でおすすめの高級ホテル10選

モントリオール中央駅

モントリオール ホテル

モントリオールとは フランス色が色濃く残るロマンチックな古都「モントリオール」。 フランス人により開拓された街のため、街全体がヨーロッパの優雅な雰囲気を醸し出しており「北米のパリ」と呼ばれています。 人口は320万人を超え、カナダ第2の都市として栄えています。 古い街並みが美しい旧市街や、ショッピングや芸術を楽しめるダウンタウンなどをお楽しみください。 また、毎年大規模なジャズ・フェスティバルが開催されることでも有名。 市内のジャズクラブでは質の高い生演奏をお楽しみ頂けます。 行き方と日数 2018年6月よりエアカナダによる成田からの直行便が就航しました。 夏期は毎日、冬期は週3便にて運行し、グンと行きやすくなりました。 他にも、トロントからVIA鉄道に乗ってサウザンアイランド島で有名なキングストンを経由しての移動も可能です。 MONTREAL 01 フォトジェニックな街歩き! 200を超える様々な国からの移民が住むモントリオールでは、各エリアによって異なる雰囲気を楽しめるのが魅力! 夜のライトアップも素敵な旧市街や街のランドマークにもなっているノートルダム大聖堂、オリンピックスタジアムやダウンタウン&セントローレンス川を一望できるモンロワイヤルの丘、古城を彷彿とさせるマギル大学をはじめ、フランス系移民が多く住む「プラトー・モンロワイヤル」の階段付き玄関の可愛らしい家並みや、英語圏のセレブが暮らすイギリス風高級住宅街「ウェスト・マウント」、昔の大富豪の旧邸宅街が現在はミュージアムや画廊・カフェとして賑わう「ミル・カレ・ドレ」、ひときわ目を引く近未来的な球体「バイオスフィア」など、思わず写真に収めたくなるスポットが満載です。 また、リスが集まる緑豊かな公園や、立ち寄りたくなるお洒落なカフェが街の至るところにあり、休憩しながらゆったり街歩きが楽しめます。 02 地元グルメ食い倒れ! モントリオールの名物といえば…まずは、ジューシーでボリューム満点の「スモークミート」!地元民のソウルフードとして、ランチからお酒の後の〆としても!? 幅広い年齢層から支持されています。 もちもち触感の「ベーグル」も外せません。 モントリオールはニューヨークと並んで2大ベーグルのメッカといわれるほど!24時間営業の直売所もあり、いつでも出来立てが味わえます。 そして、ケベック州の名物「プティン」も忘れずに!フライドポテトとケベック産の歯ごたえのあるチーズに、濃厚なグレービーソースをかけたパンチのある逸品です。 優雅にブランチを楽しみたいなら、行列必至のローカルに大人気のカフェ・レストランが集結する「マイル・エンド」へ!ヒップスターに人気のこのエリアでは、食後にお洒落な雑貨やブティック巡りも満喫できちゃいます。 近くには「リトル・イタリー」も。 特に夏は大人気イベントが目白押し。 また、有名なエンターテインメント集団「シルク・ド・ソレイユ」も実はモントリオール発祥。 年末には毎年、凱旋公演が行われます。 スポーツも熱い!夏にはテニスの国際大会ロジャーズ・カップやF1のカナダグランプリ、冬にはモントリオール発祥でカナダの国民的スポーツであるアイスホッケーが特に人気です。 観光と併せて、迫力のスポーツ観戦を楽しむのもおすすめです。

次の

【カナダ】モントリオールの宿泊でおすすめの高級ホテル10選

モントリオール ホテル

見どころが集中する旧市街は、ダウンタウンの観光では外せないポイント カナダでも2番目の都会にして、北米最大の仏語文化圏であるモントリオール。 観光の中心となるダウンタウンも大きいので、旅の目的に合わせた場所選びが肝心です。 観光に重点を置くなら、旧市街から中華街近辺。 ショッピングが目的なら、ダウンタウンの中心サンカトリーヌ通り沿いや、高級ブランド店が並ぶシェルブルック通り沿い。 そして、モントリオールをベースにケベックシティなどへ足を伸ばすなら、VIA鉄道のセントラル駅近辺がおすすめ。 モントリオールは地下街と地下鉄が非常に発達しており、これらを使いこなせば、かなり自由自在に移動できますが、やっぱり移動は少ない方が良いですよね。 モントリオールの観光やアクセスなどはで説明していますので、ホテル選びの際には、こちらもぜひご参考に! では、そういった立地条件も踏まえ、今回の記事では、デラックスホテル、スーペリアホテル、スタンダードホテルの4つのクラスに分けてご紹介します。 料金は常に変動しますので、あくまで目安とお考えください。 デラックスホテル1 リッツカールトン・モントリオール 歴史あるホテルだが、新旧うまく融合し、使い勝手の悪さを感じさせないのはさすが C The Ritz-Carlton Hotel Company 世界中で、超高級ホテルの代名詞的な存在として知られており、その洗練されたサービスについてはよく知られているところ。 しかしながら、このホテルが2012年で創業100周年を迎え、ニューヨークよりも5年先んじて、北米最初のリッツカールトンとしてオープンしたことはあまり知られておりません。 こうした背景からも、世界中にあるリッツカールトンの中でも特別な存在であり、現在のリッツカールトンとしてのサービスの礎を築いたホテルの一つと言えます。 決して安くはない宿泊料金ですが、それに見合うだけのサービスは得られるはず。 VIA鉄道セントラル駅真上というロケーションは、鉄道で夜遅く到着する人や、モントリオールから鉄道で旅する人にはうってつけ。 ダウンタウンのショッピングエリアも至近距離です。 このホテルで欠かせないのは、ジョンレノンとオノヨーコのエピソード。 彼らは、1969年、このホテルの1742号室に立て籠もり、「ベッドイン」と呼ばれる反戦活動を敢行。 "Give Peace a Chance(邦題:平和を我等に)" という反戦歌を室内で録音しました。 エリザベス女王を始め、数々の要人を迎えてきたホテルですが、この一件が世界的に一番注目を集めました。 W, Montreal, QC H3B 4A5 TEL: 514-861-3511 料金:199カナダドル~.

次の

【カナダ】モントリオールの宿泊でおすすめの高級ホテル10選

モントリオール ホテル

モントリオールとは フランス色が色濃く残るロマンチックな古都「モントリオール」。 フランス人により開拓された街のため、街全体がヨーロッパの優雅な雰囲気を醸し出しており「北米のパリ」と呼ばれています。 人口は320万人を超え、カナダ第2の都市として栄えています。 古い街並みが美しい旧市街や、ショッピングや芸術を楽しめるダウンタウンなどをお楽しみください。 また、毎年大規模なジャズ・フェスティバルが開催されることでも有名。 市内のジャズクラブでは質の高い生演奏をお楽しみ頂けます。 行き方と日数 2018年6月よりエアカナダによる成田からの直行便が就航しました。 夏期は毎日、冬期は週3便にて運行し、グンと行きやすくなりました。 他にも、トロントからVIA鉄道に乗ってサウザンアイランド島で有名なキングストンを経由しての移動も可能です。 MONTREAL 01 フォトジェニックな街歩き! 200を超える様々な国からの移民が住むモントリオールでは、各エリアによって異なる雰囲気を楽しめるのが魅力! 夜のライトアップも素敵な旧市街や街のランドマークにもなっているノートルダム大聖堂、オリンピックスタジアムやダウンタウン&セントローレンス川を一望できるモンロワイヤルの丘、古城を彷彿とさせるマギル大学をはじめ、フランス系移民が多く住む「プラトー・モンロワイヤル」の階段付き玄関の可愛らしい家並みや、英語圏のセレブが暮らすイギリス風高級住宅街「ウェスト・マウント」、昔の大富豪の旧邸宅街が現在はミュージアムや画廊・カフェとして賑わう「ミル・カレ・ドレ」、ひときわ目を引く近未来的な球体「バイオスフィア」など、思わず写真に収めたくなるスポットが満載です。 また、リスが集まる緑豊かな公園や、立ち寄りたくなるお洒落なカフェが街の至るところにあり、休憩しながらゆったり街歩きが楽しめます。 02 地元グルメ食い倒れ! モントリオールの名物といえば…まずは、ジューシーでボリューム満点の「スモークミート」!地元民のソウルフードとして、ランチからお酒の後の〆としても!? 幅広い年齢層から支持されています。 もちもち触感の「ベーグル」も外せません。 モントリオールはニューヨークと並んで2大ベーグルのメッカといわれるほど!24時間営業の直売所もあり、いつでも出来立てが味わえます。 そして、ケベック州の名物「プティン」も忘れずに!フライドポテトとケベック産の歯ごたえのあるチーズに、濃厚なグレービーソースをかけたパンチのある逸品です。 優雅にブランチを楽しみたいなら、行列必至のローカルに大人気のカフェ・レストランが集結する「マイル・エンド」へ!ヒップスターに人気のこのエリアでは、食後にお洒落な雑貨やブティック巡りも満喫できちゃいます。 近くには「リトル・イタリー」も。 特に夏は大人気イベントが目白押し。 また、有名なエンターテインメント集団「シルク・ド・ソレイユ」も実はモントリオール発祥。 年末には毎年、凱旋公演が行われます。 スポーツも熱い!夏にはテニスの国際大会ロジャーズ・カップやF1のカナダグランプリ、冬にはモントリオール発祥でカナダの国民的スポーツであるアイスホッケーが特に人気です。 観光と併せて、迫力のスポーツ観戦を楽しむのもおすすめです。

次の