ネットワーク セキュリティ キー と は。 ネットワークセキュリティキーとは?種類や確認方法、忘れた場合の対処法まで徹底仮説

EPSON プリンタのセキュリティキーの表示の仕方を教えてください

ネットワーク セキュリティ キー と は

この記事の目次• ネットワークセキュリティキーとは 無線LANに接続するために必要なものが「SSID」と「ネットワークセキュリティキー」の2つです。 SSIDは「ネットワーク名」と呼ばれることがあるように、無線のネットワークを識別するための名前として機能しています。 そのネットワークに参加するためのパスワードが「ネットワークセキュリティキー」です。 無線LANは無線LANルーターの近くにデバイスがあるだけで、接続できてしまうので、意図しないデバイスに勝手に接続されないようにパスワードを設定して保護するわけです。 ネットワークセキュリティキーの確認方法 ネットワークセキュリティキーを確認する方法を、「Wi-FiのLANルーター」「モバイルルーター」「スマートフォン(デザリング)」の3つにわけて紹介します。 Wi-FiのLANルーター Wi-FiのLANルーターは家庭内でインターネット接続をするために使用されているものです。 様々なメーカーがLANルーターを販売していますが、SSIDとネットワークセキュリティキーを設定して使用する点は共通です。 LANルーターによってSSIDやネットワークセキュリティキーが記載されている箇所は異なります。 例えばBuffaloのLANルーターの場合、このように記載されているカードが添付されています。 SSID(5GHz)とSSID(2. 4GHz)の2つがあり、その下に暗号化キーが記載されています。 この暗号化キーがこのLANルーターのネットワークセキュリティキーです。 このようにSSIDが複数使えるLANルーターもあります。 ちなみに5GHzのSSIDは「通信速度は速いが通信距離が短いネットワーク」で、2. 4GHzのSSIDは「通信速度は遅いが、通信距離は長いネットワーク」です。 モバイルルーター モバイルルーターは、コンパクトで持ち運びが可能なLANルーターです。 モバイルルーターとインターネット間の通信は、携帯電話の回線を利用し、モバイルルーターに接続するパソコンやスマートフォンとモバイルルーター間の通信はWi-Fiを利用します。 このWi-Fiを利用する通信にSSIDとネットワークセキュリティキーを利用します。 モバイルルーターもWi-FiのLANルーターと同じようにSSIDとネットワークセキュリティキーが記載されています。 メーカーの機種によって異なるので、詳しくはモバイルルーターのメーカーのWebサイトでご確認ください。 スマートフォン(デザリング) スマートフォンによってはデザリングが使えるものがあります。 これはスマートフォンをモバイルルーターとして利用できる機能です。 ネットワークにつながっていないパソコンやタブレットを、モバイルルーターとして動作しているスマートフォンに接続して、スマートフォンの回線を使って、パソコンやタブレットをインターネットに接続させるものです。 例えばiPhoneではデザリングは「インターネット共有」という機能で使用できます。 「ほかの人の接続を許可」をオンにすると、デザリングが使用できます。 「"Wi-Fi"のパスワード」がネットワークセキュリティキーとなります。 ちなみにiPhoneの場合、「iPhoneの名前」がSSIDになります。 無線LANの暗号化の種類 無線のネットワークはケーブルを必要としないため、通信に使われている電波は簡単に傍受されてしまいます。 そのため通常、無線LANの通信は様々な方法で号化されています。 ここでは3つの暗号化の種類について解説します。 WEP WEP(Wired Equivalent Privacy)は最初に採用されたWi-Fiの暗号化技術です。 40ビットの文字列の共通鍵とRC4と呼ばれる暗号化アルゴリズムを組み合わせて暗号化します。 現在、WEPによる暗号化は簡単に見破られてしまうことがわかっているので、ほとんど使われていません。 WPA WEPの暗号化の脆弱性が明らかになり、新しく使われるようになったのがWPA(Wi-Fi Protected Access)です。 WPAでは一定時間ごとに暗号鍵を変更することで、暗号の解読を困難にするなどの改良が加えられました。 またWPAを基にさらに暗号化を強力にしたWPA2も開発されました。 WPA3 WPA3は2018年6月に発表された比較的新しい暗号化技術です。 パスワードの辞書攻撃や総当たり攻撃に対する防御を高めており、WPA2の脆弱性であるKRACKsへの対策も取られています。 しかし、2019年4月に、このWPA3に対する脆弱性が明らかとなり、WPA3を搭載した無線LANルーターの開発メーカーは対応に追われました。 ネットワークセキュリティキーを忘れた時の対応方法 ネットワークセキュリティキーは、安全性のため一定の長さの文字列が設定されています。 先ほど紹介したように、無線LANルーターなどを見ればネットワークセキュリティキーが記載されていることを確認できますが、接続中の無線LANのネットワークセキュリティキーは、パソコンに保存されているので確認できます。 Windowsでネットワークセキュリティキーを表示する Windowsの場合、コントロールパネルから「ネットワークと共有センター」を開きます。 「アクティブなネットワークの表示」から接続されているSSIDをクリックします。 「Wi-Fiの状態」ダイアログボックスが表示されるので、「ワイヤレスのプロパティ」ボタンをクリックします。 「セキュリティ」タブをクリックし、「パスワードの文字を表示する」のチェックボックスをONにします。 そうすると、接続中のネットワークのネットワークセキュリティキーが表示されます。 macでネットワークセキュリティキーを表示する macでネットワークセキュリティキーを表示するには、「アプリケーション」から「ユーティリティ」を選択します。 「ユーティリティ」から「キーチェーンアクセス」を開きます。 キーチェーンアクセスから「システム」メニューをクリックし、右パネル内から「種類」が「AirMacネットワークのパスワード」を持つSSIDをダブルクリックします。 ダイアログが表示されます。 この画面で「パスワードを表示」にチェックを入れます。 ユーザ名とパスワードを入力するダイアログが表示されます。 それぞれを入力して「許可」ボタンをクリックします。 これでネットワークセキュリティキー(パスワード)が表示されます。 ネットワークセキュリティキーの取扱注意点 ネットワークセキュリティキーは無線LANに接続するための大切な情報です。 無関係なユーザをプライベートな無線LANに接続させないために、ネットワークセキュリティキーは外部に知られないように厳重に管理する必要があります。 しかし無線LANを使う場合に注意したいのは、ネットワークセキュリティキーだけでなく、ネットワーク名(SSID)も同様です。 外出先で公衆無線LANに接続する時、たまにネットワークセキュリティキーが不要な公衆無線LANがあります。 これは利便性を考えて、ネットワークセキュリティキーの入力を不要にしているからです。 しかし悪意のある人が、似たような名前のSSIDの無線LANを公開して、うっかり正規の公衆無線LANと思って接続してくる利用者を待ち構えていることがあります。 そのような悪意のある無線LANにパソコンやスマートフォンを接続してしまうと、データが盗み取られたり通信内容が盗聴されたりすることがあるので、注意が必要です。 まとめ ネットワークセキュリティキーの概要や確認方法、取扱注意点などについて紹介してきました。 外出先で無線LANスポットを頻繁に使う人の中には、インターネットに接続するためのパスワードだと思っている人がいるかもしれませんが、正確にはインターネットに直接接続するのではなく、無線LANルーターや無線LANスポットに接続するためのパスワードです。 特にモバイルルーターやデザリングをする場合、ネットワークセキュリティキーを無関係な人に知られないように管理することが重要です。 メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント 1. はじめに 2. 近年の個人情報漏洩の状況 3. 内部要因による情報漏洩 3-1. 内部犯行による被害統計情報 3-3. 内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因 3-4. 内部犯行を減らすための対策 4. サイバー攻撃の統計情報 4-4. サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因 4-5. 急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策 4-6. サイバー攻撃の種類を把握しよう 4-7. 日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後 4-8. 外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策 無料でここまでわかります! ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?.

次の

セキュリティキーの調べ方?

ネットワーク セキュリティ キー と は

ネットワークセキュリティとは、個人や組織が所有・利用するコンピュータやデータ、ソフトウェアなどの情報資産を、コンピュータネットワークや通信回線を介して試みられる攻撃や不正利用から保護し、安全に運用するための施策のこと。 通常はインターネットを通じて外部と接続されたネットワークや機器を、保安上の脅威から守るための装置やソフトウェア、仕組み、施策、規約などの総体を指すが、広義には、組織内で完結したクローズドなネットワークにおける不正利用対策なども含まれる。 外部の悪意のある第三者により引き起こされる脅威としては、システムへの侵入(乗っ取り・遠隔操作)や、機密データの不正な取得・・消去、システムを機能不全に陥らせる妨害攻撃(DoS:)、などのの侵入や感染などが想定される。 従業員など内部に起因する脅威として、機密データの権限を超えた覗き見や不正な持ち出し、などで持ち込まれネットワークを通じて広がるなどがある。 これらの脅威に対応するために一般的に施される対策としては、外部ネットワークとの境界にや(IPS)などの機器を設置して内外を通過するデータを監視し、不要な通信の遮断や不審な通信を検知したり、各機器にやを導入して不正なプログラムやアクセスを排除したり、()に適切な暗号化や利用制限を課すといった手法がある。 また、利用者を起点にした攻撃を防ぐために、各員ののの設定により業務に不要やデータやプログラムの利用を制限したり、適切なの設定や運用(から類推できる文字列を設定しない、メモ書きしないなど)、外部から受信したのの取り扱いなどについて、保安上の行動規範の教育や訓練を行う場合もある。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

ネットワークセキュリティとは

ネットワーク セキュリティ キー と は

インターネットに接続しようとする際、「ネットワークセキュリティキーを入力してください」という警告が表示されて困ったことはありませんか。 WindowsとMacとでは、表示される言葉が微妙に異なりますが、この警告は無線LAN(Wi-Fi)に接続する時に表示されるものです。 無線LANに接続するには、「SSID」(ネットワーク名)と「暗号化キー」が必要です。 SSIDとは、無線LANネットワークに対しての名前で、その暗号化キーと呼ばれるものを「ネットワークセキュリティキー」や「ネットワークキー」あるいは「ネットワークパスワード」「パスフレーズ」などと呼んでいるのです。 SSIDやネットワークセキュリティキーは、おおむね長い文字列であることが多いので「覚えておく」ことは現実的でないのですが、忘れてしまっては インターネットへのアクセスができなくなり大変なことになります。 また、紙に書いて貼っておくなどということでは、セキュリティの意味もありませんから厳禁です。 今回は、ネットワークセキュリティキーについて解説するのと併せて、忘れてしまった時の対処法もご説明します。 参考: ネットワークセキュリティキーとは 無線LANの親機(ターミナル)に接続するために必要なのが、「SSID」と「ネットワークセキュリティキー」です。 ネットワークセキュリティキーとは、主にWindowsで使用される言葉で、ほかの OSでは「ネットワークキー」や「ネットワークパスワード」「パスフレーズ」とも呼ばれます。 これはつまり、 インターネットに接続してサービスを利用する際の "ID" と "パスワード" と同等のものと考えればわかりやすいでしょう。 自宅だけではなく、オフィスやカフェ・レストラン、空港などに設置された無線LAN(公衆Wi-Fi)でも、ネットワークセキュリティキーを用いることで、無前LANに接続して インターネットを利用することができます。 一般家庭向けやスモールオフィス用の製品では、SSIDとネットワークセキュリティキーがセットで複数用意されている製品がたくさんありますが、公衆Wi-Fiや企業が来客用などに用意する場合は、SSIDとネットワークセキュリティキーがセットでオンリーワン提供されることが一般的です。 無線LANの暗号化の種類 無線LANの暗号化には、「WEP」「WPA」「WPA2」という3種類があります。 このうち、WEPという暗号化方式は脆弱性があり危険です。 脆弱性を悪用するツールを使うことでパスワードを解析されてしまい、通信を乗っ取られてしまいます。 この点について少し詳しく説明します。 WEPは、Wi-Fiの暗号化技術として最初に採用された方式です。 有線ケーブルを使った通信とは異なり、Wi-Fiは無線通信であるために傍受される危険性が高くなります。 そのため送受信データを暗号化することを規格の必須事項としています。 WEPは、40ビットの文字列による「共通鍵」とSSLと同じ暗号化アルゴリズムである「RC4」とを組み合わせたものです。 本来、これで十分データは保護されていると考えられていましたが、その後、いとも簡単に暗号が見破られてしまったのです。 ですから、Wi-Fiには新たにWPAやWPA2が策定され、こちらの使用を推奨しています。 1ビットで2進数の1桁が0か1かを表せるもの 無線LANを利用する際、「WPA」「WPA2」を選びましょう、とここでも強調しておきます。 それというのも、実際、Wi-Fi機器にはWEPを選択肢として残しているものがかなり多く残っているからです。 インターネットの起源は、米国防総省が始めた分散型コンピュータネットワークの研究プロジェクトARPAnetです。 現在、インターネット上で様々なサービスが利用できます。

次の