通信速度 google。 【テレワークTips】自宅の作業環境を「Googleインターネット速度テスト」で調べよう!(動画解説付き)

インターネット回線速度のスピード測定サイトおすすめは?

通信速度 google

おはようございます。 朝電車に乗ってたらですね、「Googleのスピードテストが開始!ってことで早速やってみた!」とスクリーンショットを貼ってる人がいたんですよ。 「」で、2年ほど前に発表されてたのがついに爆誕したのか!これは話題を呼びそう!って思ったんですけど、調べてみたらなんと去年から始まってたんですね。 お恥ずかしながらまーったく僕も気づいてませんでした。 ネット中毒気味の友人数人に聞いてみたんですが、「やるのは知ってたが始まったのは知らんかった」とのことで、なぜか僕の周りではほとんど話題になってなかったようです。 なんででしょうか。 と、言うことで、気づいた時が、まず試す時なんて言い訳しながら遅ればせながら早速試してみます。 スピードテストのやりかた やり方は簡単で、Googleで「スピードテスト」と検索したのち 「インターネット速度テスト」の「速度テストを実行」するだけ。 すると、ダウンロードテストが始まり その後、アップロードテストの後に 結果と、評価がでます。 インターネットの速度は非常に高速です このインターネット接続では、同時に複数のデバイスでの HD 動画のストリーミング、ビデオ会議、ゲームを処理できます。 かりいい結果で、無駄にテンションが上ります。 注目したいのはレイテンシ(遅延時間)も計測されるという点です。 スピードテストの検索順位1位のnetflixサーバーを使った「」はとてもシンプルなスピードテストなのですが、検索0位のGoogle謹製のスピードテストはシンプルかつ詳細なレポートが出ます。 最近はスマホや携帯型機のゲームも、オンライン対戦型が増えたことですし、各種ゲームサーバーと提携して、サーバーとの相性やレイテンシ等がチェック出来るようにすれば、もっとこのサービスも話題になるのではと思ったりもします。 関係ないですけど、僕は広告だらけなのを除けば、「」のスピードテストが一番好きです。 接続先を変えて再テストも簡単なので。 もちろんスマホにも対応 このテストもちろんスマホにも対応しています。 docomoシムで検索したらこんな感じでした。 同時にHD動画複数のデバイスにストリーミング出来るんだ!凄い! 一方低速ですと、こんなメッセージが表示されます。 どれくらいギガ消費されるの? さて、気になる「ギガ消費」は日本国内からですとおおよそ4. 4MBと常識の範囲。 ギガ切れが心配な人も安心してテストできる範囲でしょうか。 個人情報の取扱や、テストの仕組みに関しての詳細が気になる人はを御覧ください。 さて、あなたの回線品質はいかがだったでしたか? 知らなかった人はぜひ、久しぶりに「スピードテスト」で検索してみてください。

次の

ネット回線速度の目安や平均は?快適な下り上りの通信速度をチェック

通信速度 google

自分のインターネット回線に快適なスピードが出ているか分かりますね! これから、それぞれの測定サイトを具体的に紹介します。 測定の簡単さを「お手軽度」 測定結果の精度を「正確度」 見た目のカッコ良さを「Cool度」として表しています。 1.Googleスピードテスト お手軽度 4. 0 正確度 3. 0 Cool度 1. 0 Googleに備わっている、初心者でも簡単にできるスピード測定ツールです。 すると、「インターネット速度テスト」と出てきます。 右下の「速度テストを実行」をクリックすると回線速度の測定が始まり、30秒くらいで結果が表示されます。 ダウンロード・アップロード速度だけでなく、その速度を評価してくれるためネット初心者でも分かりやすいのが特長です。 たとえば「この速度では1つのデバイスで動画再生はできるけど、複数のデバイスを接続すると遅くなるよ」などと教えてくれます。 ネット回線速度を気軽に知りたいなら、まずはGoogleスピードテストを試すといいでしょう。 2.Fast. com お手軽度 5. 0 正確度 3. 0 Cool度 4. 0 (ファストドットコム)は、Netflixが提供する速度チェックサイトです。 ページを開くとすぐに測定がスタートするという手軽さが特長。 ダウンロード速度の結果のみ表示されますが、「詳細を表示」をクリックすることでアップロード速度とレイテンシが表示されます。 広告など一切表示されないシンプルな画面で見やすいのもGOOD。 とりあえずパッと速度を知りたい時には一番おすすめのサイトです。 ブラウザのブックマークに登録しておけば、ワンクリックで回線速度を計測できて便利ですよ。 このFast. 0 正確度 5. 0 Cool度 3. 0 は、1998年に回線速度の測定サービスを開始した王道サイトです。 郵便番号や回線種類、プロバイダなどを選択する手間がいる代わりに、より正確な結果を得ることができます。 なるべく正確な速度を計測したいならイチオシのサイトといえるでしょう。 さらにRBB SPEED TESTでは、光やスマホ(LTE)など回線別の平均速度やランキングといったデータも公開しています。 自分のインターネット回線のスピードが平均に比べて速いのか遅いのかチェックするのもいいですね。 なお、無料のアプリをダウンロードすればスマホからでも速度を計測できます。 4.速度. jp お手軽度 4. 0 正確度 3. 0 Cool度 2. 0 は、ワンクリックでスピード測定できるだけでなく、自分が住んでいる地域の平均速度も知ることができる便利な速度測定サイトです。 ただしブラウザページは広告が多く表示されるため、見づらいと感じるかもしれません。 jpには、自分のウェブサイトやブログに貼り付けて使えるタコメーター風スピードチェッカーを入手できる無料サービスもあります。 いちいちページにアクセスするのが面倒くさいという人におすすめですよ。 5.SPPEDTEST お手軽度 4. 0 正確度 4. 0 Cool度 5. 0 手軽さと測定精度、カッコ良さのバランスが一番優れている速度測定サイトが、このです。 英語表示でクールな感じにまず目が行きますが、通信速度が最も速くなるサーバーを自動選択してくれる特徴にも注目。 この機能のおかげで、より正確な速度を知ることができるんです。 SPPEDTESTはインターネット上級者や通信のプロでも使っている速度測定サイトなので、信用度も高いといえます。 なお、スマホ用の無料アプリをダウンロードすればLTE回線の速度も計測できて便利ですよ。 私はいつもこのSPPEDTESTを愛用しているよ。 何事もバランスが大事だからね。 インターネット回線速度に関するQ&A ここから、インターネット回線速度についての様々な疑問に答えていきます。 分からないことはスッキリ解決しましょう! 回線速度の上り下りって何のこと? 下り データのダウンロード 上り データのアップロード インターネット回線でデータをダウンロードする通信のことを「下り」、データをアップロードする通信のことを「上り」といいます。 たとえば、ウェブサイトを開いたりyoutubeで動画を再生したりするのは下り通信、メールを送信したり写真や動画をSNSに投稿したりするのは上り通信になります。 基本的には下り通信のほうがよく使われるため、主に下り速度が大事といえるでしょう。 快適な回線スピードの目安は? インターネットで高画質の動画を観たり、大容量のデータをダウンロードしたりするのを快適にこなせる下り速度は20Mbps。 これは、超高精細の4K動画も詰まらず再生できるだけのスピードです。 もっと言うと、下り5MbpsもあればyoutubeでHD動画(1080p)の再生に支障がないレベルといえます。 また上り速度は10Mbpsもあれば、写真や動画をアップロードする際に不満を感じることはないでしょう。 ping(レイテンシ)って何? pingまたはレイテンシとは、データを送信して応答が返ってくる速度を表しています。 主にオンラインゲームをする際に大事になってくる数値です。 pingの単位はms(ミリセカンドという)で表し、数値が小さければ小さいほど応答速度が速いということになります。 オンラインゲームを快適に遊べる目安は、50ms以下です。 速度測定サイトごとに数値が異なるのはなぜ? 速度測定サイトごとに、測定方法やつながるサーバーが異なるからです。 サーバーというのはインターネット時の接続先コンピューターのことで、サーバーへの距離やサーバーの混雑具合によって通信速度が上下します。 より正確な速度を知りたいなら、最適なサーバーを自動選択してくれるSPEEDTESTなどがおすすめですよ。 回線スピードが最大速度とかけ離れているんだけど? インターネットサービスの広告に表記されている最大速度はベストエフォートといって、理論上の最大値です。 これは、スピードが落ちる色んな要因を無視した数値なので、実際にそのスピードが出ることはあり得ません。 たとえば、最大速度1Gbpsの光回線やWiMAX回線なら実効速度は10~100Mbpsの範囲となります。 実際に出る速度がどれくらいなのか調べたほうがいいんですね。 回線速度が夜に遅くなる理由は? インターネット回線の使用率が上がれば上がるほど、回線の混雑によって速度は遅くなります。 そして、インターネットの使用が一番多いのは夜の時間帯です。 日中は仕事をしている沢山の人が、夜のリラックスタイムにインターネットを使うのも当然ですよね。 そのため、日中に比べて夜は速度がガクッと落ちるのはよくあることなんです。 特に、ユーザーが一番多いNTTフレッツ光や光コラボは夜の速度低下が著しく、マンションなど集合住宅では10Mbpsを下回ることも。 それに対して、どんなときもWiFiなどのWiFiサービス系は最大速度こそ光回線に及ばないものの、夜でもあまり速度が落ちず快適に使えると評判です。 光回線なのに遅いのはなんで? 光回線だからイコール速い、というわけではありません。 上でも説明した通りユーザーが多ければ多いほど遅くなりますし、プロバイダによってもスピードは変わります。 スピードを追求するのであれば、NURO光やauひかりなどがおすすめですよ。 また光コラボの中でもIPv6接続に対応しているところは速度があまり落ちません。 これらについては後ほど解説します。 やっぱりユーザーが多過ぎるとスピードに影響するんですね・・・ WiMAXルーターを置く場所によって速度が変わるのはなぜ? WiMAXを使っている方なら、WiMAXルーターを置く場所によって速度がかなり変わることにお気づきでしょう。 これは、WiMAXの電波が敏感で干渉されやすいためです。 できれば窓側や高い位置にルーターを置くことで電波が入りやすくなり、速度も上昇します。 また、家の近くに大きな山があったり、鉄筋コンクリートのマンションが周りを取り囲んでいたりすると、WiMAXの電波が改善されないこともあります。 ちなみにモバイルWiFiはWiMAX回線ではなくスマホと同じLTE回線を使用しています。 そのため電波が強くて干渉されにくく、使用する場所を選びません。 速度が速いおすすめの光インターネット回線 「実際にスピード測定サイトで計測したら速度が遅かった・・・」という方のために、速度が速くておすすめの光インターネット回線を紹介します。 ここに挙げるもの以外でも、たとえば地域限定の光回線などは速いですが、この記事で全て取り上げることはできません。 そこで、全国的に申し込める光回線を紹介しています。 最大速度は下り2Gbpsと、他の光回線の2倍になっています。 「でも実効速度はどうせ落ちるからあまり変わらないんでしょ」と思われるかもしれませんね。 ところが、NURO光はNTTフレッツ光ではなく独自の光回線を使用しているため回線混雑がほとんどなく、速度があまり低下しないんです。 NURO光の平均速度は250Mbps以上で、600~700Mbps出ることもざらにあります。 これだけの爆速であれば、どんなに重いオンラインゲームや大容量ファイルのダウンロードも軽々ですね。 ただし、NURO光に対応していない県やエリアもあります。 NURO光の公式ホームページにて、お住まいの場所が対応しているかどうかまず確認することをおすすめします。 auひかりもフレッツ光とは異なる独自回線を使用しており、スピードがとても速いことで知られています。 最大速度は1Gbpsなら全国で申し込めますが、関東エリアの一部では5Gbpsまたは10Gbpsという超速も選ぶことが可能。 また、高額キャッシュバックなどのキャンペーンを実施しているのも魅力的です。 auスマホと併用することでさらに割引もあるので、auユーザーなら見逃せない光インターネットサービスといえるでしょう。 以前はIPv4とPPPoE接続方式が一般的でしたが、IPv6とIPoE接続方式は新しい通信技術として登場しました。 早い話が、「IPv6」「IPoE」「v6プラス」などと付いていれば速度低下が少なく、より快適なインターネットができるわけです。 以下はIPv6・IPoEに無料対応している主な光コラボです。 光コラボ名 サービス特徴 ドコモ光(GMOとくとくBB) ・ドコモのスマホユーザーは月額料金が割引になる ・キャッシュバックやdポイントプレゼント特典あり ・WiFiルーターのレンタル無料 Softbank光 ・Softbankのスマホユーザーなら毎月1,000円割引 ・Softbankの多彩なサービスが付いてくる @nifty光 ・auスマートバリュー対応でauスマホが割引 ・キャッシュバックや月額料金割引特典あり ・セキュリティソフト1年間無料 ビッグローブ光 ・auスマホまたはBIGLOBEモバイルと併用で割引 ・キャッシュバックや月額料金割引特典あり ・WiFiルーターのレンタル1年間無料 So-net光 ・3年間は基本料金が大幅割引 ・WiFiルーターのレンタル永年無料 ・auスマートバリュー対応でauスマホが割引 ・セキュリティソフトが無料 ・訪問設定サポートが端末1台分無料 速度が速いおすすめのモバイルWiFi回線 ルーターをどこにでも持ち歩いて高速インターネットが使えるモバイルWiFi(ポケットWi-Fi)。 光回線のように固定回線ではなく無線なので、通信スピードが気になりますよね。 しかも最近は、新たなモバイルWiFiが次々に登場しているので、どれを選んだらいいのか分からない人もいることでしょう。 そこで、実効速度が速いことで知られている2つのモバイルWiFiを紹介します。 ネット回線 ドコモ/Softbank/au いずれかのLTE回線 WiMAX回線 通信速度制限の条件 著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をした場合、概ね384Kbpsに制限 直近3日間で10GBを超過すると翌日18時~翌2時まで概ね1Mbpsに制限 最大速度(下り) 150Mbps 440Mbps~1. 45Mbps 53. 2Mbps(HOME L02) 32. ドコモ・au・Softbankという3キャリアの中で、最適な回線に自動的につながるという特徴があります。 そのため屋外・室内ともに電波が強く、どこにいても快適な通信ができるのが強みといえるでしょう。 どんなときもWiFiの平均速度も、快適な通信速度の目安といえる20Mbpsをクリアしています。 また通信速度制限が事実上なく、1日10GBほどの大容量通信したとしても速度制限がかからないレベルです。 それでいて、月々の料金は税込みでも4,000円かからないのはすごいですね。 ただし最大速度が低い分、大人数で同時にネットにつなぐと遅さが気になってしまうかもしれません。 ですので、どんなときもWiFiは1~2人で使うのに適したモバイルWiFiといえるでしょう。 新卒くんが海外出張する日はまだまだ来ないと思うけどね。 ルーターもポケットサイズのモバイルルーターと、室内で安定して速いホームルーターの2種類あります。 主に外出先で高速インターネットを使いたい人はモバイルルーター、室内で固定回線の代わりに使いたいならホームルーターを選ぶといいでしょう。 平均の実効速度はホームルーターが50Mbps超、モバイルルーターでも30Mbps超と、十分なスピードが出ます。 ただし、3日10GBという速度制限の壁があります。 ということは、1日平均3. 3GBまでは快適に使えるものの、それを超えると速度が遅くなってしまうわけです。 つまりUQ WiMAXは、通信スピードはスポーツカー並みですが、通信量が多すぎると自動ブレーキがかかって遅くなるリスクがあるといえますね。 ですので、インターネット使用はヘビーユーザーまでいかず、そこそこ使うレベルの方におすすめです。

次の

【簡単】「スピードテスト」の検索で「インターネット速度テスト」をしてみませんか?

通信速度 google

Google Home アプリまたは Google Wifi アプリからインターネットのダウンロード速度とアップロード速度をテストできます。 Google Home アプリを使ってインターネット速度をテストする• Google Home アプリ を開きます。 Wifi アイコン [ネットワーク] の [ 速度テストを実行] をタップします。 Google Wifi アプリを使ってインターネット速度をテストする• Google Wifi アプリ を開きます。 [設定と操作] タブ [ ネットワーク チェック] をタップします。 [ インターネット] をタップします。 結果の意味 インターネット速度のテストでは、ルーターまたはメイン Wifi ポイントからのダウンロード速度とアップロード速度が測定されます。 ダウンロード速度 お使いのネットワークが一定の期間にインターネット サーバーからデータを受信する速度を示しています。 「インターネットの速度」とは、通常、ダウンロード速度のことです。 接続が速ければ、より短い時間でより多くのデータを受信できます。 たとえば、ダウンロード速度が速いと動画のストリーミング、オンライン ゲーム、ウェブ ブラウジングがスムーズになります。 注意事項:• ダウンロード速度は、ISP(インターネット サービス プロバイダ)の契約プランによって異なります。 10 Mbps に制限されているプランもあれば、最大 1,000 Mbps まで可能なプランもあります。 スマートフォンなど、一部のデバイスではパソコンほどの速度が出ないことがあります。 端末の機種やバージョンによっても速度が異なります。 4K 動画を思う存分お楽しみいただけます。 50 Mbps 以上 高速 同時に複数のデバイスで 4K 動画のストリーミング、ビデオ会議、オンライン ゲームが可能です。 25 Mbps 以上 快適な速度 同時に複数の端末で、HD 動画の安定したストリーミングが可能です。 13 Mbps 以上 良好な速度 同時にいくつかの HD 動画のストリーミングが可能です。 家族の人数が多くても比較的安定しています。 少人数の家族に最適の速度です。 7 Mbps 以上 普通の速度 1 本の HD 動画のストリーミングが可能です。 複数の端末で同時に動画をストリーミングすると、バッファリングのために中断する可能性があります。 3 Mbps 以上 やや低速 1 台の端末で標準画質の動画を 1 本ストリーミングできます。 3 Mbps 未満 低速 ウェブ ブラウジングには十分ですが、動画の読み込みが遅くなる可能性があります。 ダウンロード速度を計算するために、Google Home アプリや Google Wifi アプリでは、一定の期間にルーターまたはメイン Wifi ポイントと Google のサーバーの間でどのくらいのデータを送受信できるかを測定します。 最寄りのサーバーではなく、よく利用されるサーバー(YouTube など)に対する速度をテストすることで、日常のインターネット使用に即した測定値が得られると Google は考えています。 ダウンロード速度が 45 Mbps の場合: YouTube サーバーから自宅へ 1 秒間に 45 メガビットのデータを転送できます。 注意事項:• 速度テストはダウンロード速度の 目安にすぎません。 インターネットを使用する時間帯や場所によって速度は異なります。 常に同じ速度で受信できるわけではありません。 ネットワークの輻輳は要素のひとつです。 操作の内容や時間帯、インターネット上の他のユーザーの操作状況によって、ダウンロード速度は速度テストの結果より速くなったり遅くなったりします。 アップロード速度 お使いのネットワークがサーバーへデータを送信する速度を示しています。 オンライン ゲーム、ビデオ通話や音声通話、YouTube への動画投稿や画像のバックアップといった大容量のファイルの送信の際にアップロード速度が重要になります。 全体的なパフォーマンスはインターネット速度によっても異なる 優れたルーターを使用していても、ISP が提供しているインターネット接続が遅ければ、パフォーマンスも落ちてしまいます。 現在地• サーバーがある場所 自動的に最寄りのサーバーを選択するテストもあれば、ユーザーが複数のサーバーから選択するテストもあります。 いずれの場合も、 距離によって結果が異なります。 現在地に近いサーバーであれば速くなり、遠いサーバーであれば遅くなります。 このように条件が変わると、毎日の使用状況で実感している速度とテスト結果が一致しないこともあります。 そこで、Google では、Wifi 拡張ポイントと Google のサーバーとの間の速度を測定します。 最寄りのサーバーではなく、よく利用されるサーバー(YouTube サーバーなど)に対する速度をテストすることで、日常のインターネット使用に即した測定値が得られると Google は考えています。 関連記事•

次の