スマホ 版 マイクラ。 【マイクラ】マイクラPEとは?【マインクラフト】|ゲームエイト

【マイクラ統合版】遠くの人とオンラインマルチで遊ぶ方法!統合版で他機種の友達とも遊べます!【PE/スイッチ】

スマホ 版 マイクラ

こんにちは! パンツです スマホ版マインクラフトであるところのMineCraft PE、最近めっきりやってなかったんですけど、なにやらアップデートが来たそうでな! で、昔書いてた攻略記事もかなり古めかしい物になってきてしまったゆえ、ここらでいっちょ書きなおしてみっか! っていうことです ちなみにアレです、俺のブログ多少でも読んだことある人なら分かるだろうけど、綿密な調査とか統計とかそういう 「ちゃんとした攻略」とは無縁だから! 全体的に「なんとなく」とか「だと思う」とかの感覚論に終始することが予想されますので、そういうの無理ー、マジ無理ーーな人はとっとと荷物をまとめて故郷(くに)へけぇんな! あとめちゃマイクラやりこんで、なんかギミックとかそういうのめっちゃ作って悦に入ってる人もお呼びでないよ! あんたのが上手! 俺とか素人相手にしか偉そうに出来ないんだから邪魔しないで? 俺のブルーオーシャンを汚さないで? でも読んで楽しんでくれるんならこちらとしてもやぶさかではないよ??(上から目線) 2. マインクラフトPE開始(タイトル画面) インストール後、起動するとこんな感じのタイトル画面が出ます。 iphoneは横持ちです ・・・あ、 ピンク色の枠は俺が付けたからな? そういうの言わなくても分かるやんな? 自分、出来るタイプの子やんな? 今後もそういう方針でやっていくから頼むで! でまぁ、タイトル画面にボタンが4つあるんだけど、基本的には枠で囲った 「遊ぶ」を最初から選んでもらって何の問題もないです 一応、全部のボタンの説明をしておくと オプション まぁそのまんまですね、各種設定とかを触れる でも始める前にこんなん見ても何がどう変わるのか把握できないと思うので、今は気にしないでいいでーす スキン 自キャラの見た目が変えれるんだけど、マルチプレイ(多人数で一緒にプレイも出来るよ!)じゃない限り自分の姿なんかほっとんど見ないから! まぁ何でもいいな! そんで西遊記キモっ! 右下の地球マーク 言語設定です。 これ読んでる時点で日本語圏の人たちだよね? 「俺ってゲームは英語でやるんだよねー」みたいな 意識空中浮遊系の人いたりする? なにそれ左利きあるあるの 「ボール投げるのは左、書道は右」みたいなこと? いやでも日本語でよくない? ってことで日本語が初期設定になってるはずなので触らなくてよし まぁどうしても変えたければやってみたらいいんでない? 基本的にあんまり言語に左右されないゲームだし(RPG的な会話とかもないからね) 遊ぶ ゲームスタートのボタン じゃあ、スタートした後の話にすすみますね! 3. ワールドの作成 遊ぶボタンをタップするとこの画面に。 右上の 「新規」を選びます ちなみに画面中央に出てるのは前にプレイしてたデータで、プレイを始めるとこんな感じで続きからやるときに選べるようになってます 右側の鉛筆?マークはいわゆる編集ボタン。 プレイデータの削除とかはここから で、新規を選ぶとワールド作成画面になります 適当な名前をつけて、 「世界を作成!」をタップするとゲームが始まります! 超簡単! 引くぐらい簡単! なんだけど、もう少し詳細な設定がしたければ「詳細設定」ボタンをタップ 少しだけ細かく設定できるようになったけど・・・よく分かんねぇな!? ちょっとだけ説明 名前 まぁそのまんま。 これから作る世界に好きな名前をどうぞ シード値 マイクラではワールドは作成ごとに自動生成されるんだけど、「前と同じ世界でプレイしたい」とか、「ネットでめっちゃいいワールドがあるってシード値教えてもらった」みたいなときに、ここに数値を入力することで同じマップが再現可能。 最初はいらんよね! 世界のタイプ よく分からん(マジで) 無限がいつもやってる普通のやつで、フラットは多分全部が平地ってことかな? 古いってなんぞ? (いまやってみたら、めちゃくちゃ狭いマップでした) まぁ無限でいいな! フラットとかよほどの目的が無いと絶対おもんないよ! ゲームモード サバイバルだと体力とか空腹とかの概念があって、モンスターも出る。 クリエイティブは死ぬこともないし素材も無限に持ってるし、空も飛べる(!) 4. レベルはゲージ上の中央部分に数値で表示。 インベントリ(所有アイテム)・・・リュックに入っててすぐ出せないもの• 畑を作るのに必要なんだけど・・・ 今はいらんな! 作らなくてよし! シャベル 土とか砂といった 「手でも掘れるもの」の採掘速度が上がる 必須じゃないけど、あったほうが楽なので1本作ろう ツルハシ 超重要。 きっとなる、というか俺がなった。 バカかよ!?(自戒) じゃあどうすんだよ!? って話なんですけど、答えは簡単で 「建物を建てなければいい」んです 「は? 何言ってんの建物に避難しろっつったのおめーだろ痴呆かよテメーこのクソザコナメクジ野郎!」とお思いのことかと思いますが、あのーー痴呆じゃねーわ! ちゃんと覚えてます もちろん住居は作るんですけど、イチからは建てないんです。 何でも開けっ放しにしちゃう人は要注意な!(なお俺) 7.

次の

スマホ版(BE)マイクラでもOK!スライムチャンクを調べる3つのステップ!

スマホ 版 マイクラ

JEとBEでアイテム名が微妙に違います。 たぶんマイクラやってる9割以上の方が「どうでもいい」と思うかもしれませんが、僕のような マイクラのブログをやっている人からしたらとてもメンドイです。 時折トラップや自動収穫装置の作り方の記事を書くのですが、その時に必要な ブロックの名前が違うかどうか調べてます(僕の場合)。 もしJEとBEで名前が違ったら、読んでる方は困ってしまうでしょう。 例えば画像のような 『ディスペンサー(JE 』と『発射装置(BE 』。 JEをプレイしている人からしたら、発射装置は何のブロックなのかなんとなくわかると思います。 が、BEの方からしたら 『ディスペンサー』ってなんやねん?となるのではないでしょうか。 そうならないためにもJEとBEのブロックの名前をしっかり確認する必要があります。 「知るかよ」って感じですね。 コマンドの種類が違う こちらも多くの方は両方のコマンドに触れる機会はないと思うので『知るかよ』って感じですが、 JEとBEで使えるコマンドの種類が違います。 このブログはコマンドの記事も書いてるので、いちいち『 このコマンドはJE限定で~』みたいなことを書く必要があるんですね。 あと、 JEで作った配布ワールドをBEで遊べなかったり、その逆もできないということも起こります。 僕はJEの配布ワールド製作者の進捗をよくTwitterで見てるのですが、「 これがBEでもプレイできたらなあ」なんて思っています。 個人的に『 Java版とBEが合体してほしい理由』第一位だったりします。 JEにあってBEにない物と言えば、コマンドの種類とMODぐらいですからね。 なんかこの人、自分のブログに関することになると急に長文書きだしますね。 まとめ 以上、JEとBEの微妙な違い10選でした。 ほぼJEに無くてBEにある物の紹介でしたね・・・。 周りにJEでプレイしている人がいたらこの記事を見せつけて自慢してやりましょう。 他にも "びみょ~"な違いがあったらコメントで教えてください!.

次の

【マイクラ統合版】遠くの人とオンラインマルチで遊ぶ方法!統合版で他機種の友達とも遊べます!【PE/スイッチ】

スマホ 版 マイクラ

発表されているゲームモード ・アイテム収集 ・アドベンチャー ・ビルドモード ・プレイモード 以上の4つが主な遊び方として紹介されています。 それぞれの遊び方がどのようなものであるのかということについて、詳しく説明していきたいと思います。 アイテム収集 「ポケモンGO」のように、位置情報を利用して、 現在地マップ上でアイテムを入手していくというもの。 ARは起動させる必要がなく、 移動中に気軽に入手が可能とのこと。 まさに「ポケモンGO」のイメージそのもので間違いないと思います。 ここで収集したアイテムを利用して、マイクラならではのビルドモードに繋がっていくということになります。 また、マイクラならではの従来の収集方法は、今から紹介するゲームモードで可能だそうです。 アドベンチャー アドベンチャーモードは ARを活用して遊ぶタイプのもの。 現実風景に混じった「マインクラフト」の世界で、アイテムの収集や、モンスターとの戦闘、動物の飼育を楽しむことが出来るようです。 特定の場所にしか現れないそうなので、 その近辺にはスマホを掲げた人々が殺到する光景が目に浮かびます。 (また社会問題になりそう、、) AR技術がどの程度のものであるかは想像付きませんが、の画像を見る限り、非常に期待が出来ますね。 ビルドモード このモードでは、 マインクラフトの真骨頂である建築を楽しむことが出来ます。 ただ、他のユーザーと共有するマップで好き勝手に建築を行うことはできないとのこと。 考えてみれば当然で、皆が好き勝手に建築をしてたら収集がつかなくなりますし、 サーバーダウン間違い無しですよね。 そこで、「マインクラフト アース」では、自宅のテーブルなどのサイズの場所にジオラマを表示させ、そこで建築を楽しむことが出来るそうです。 当然、建築の自由度は本家マイクラと同じレベルのものが用意されているようで、 自宅のテーブルの上に様々な建築物を作れると思うとワクワクします。 スマホでの操作性が少し気になるところではありますが、凄腕のマイクラ職人がとんでもない建築物を作り出すのが今から楽しみです。 プレイモード プレイモードでは、先程紹介したビルドモードで作成した建築物を、AR上に出現させ、没入することが出来るというもの。 個人的にはこのモードが、 「マインクラフト アース」の真骨頂とも言えるゲームモードであると感じています。 自作の建築物のなかに没入することが出来るというのは、全マイクラファンが待ち望んでいたことなのではないでしょうか。 フレンドとの共有も可能なそうなので、 SNS上でのシェアが非常に盛り上がりそうですね。 最新技術が盛り沢山 正直、ARというとポケモンGOの記憶があるため、 筆者はそこまで期待していませんでした。 ただ、マインクラフトアースにはマイクロソフトが保有する最新技術がふんだんに使用されているため、かなりの没入感を味わうことが出来るそう。 例えば、マイクロソフトの技術によって「数センチメートル」単位でのAR上での描画が可能だそうです。 ブロック上で世界を表すマインクラフトの世界において、ブロックがズレることは致命的になりそうだと心配していましたが、そんな心配もいらなそうですね。 また、出現するモンスターはほぼ等身大で出現するらしく、かなりの迫力を感じながらゲームを遊べるというのも楽しみです。 正式版をリリース(公開)する前にユーザーに試用してもらうためのサンプルのソフトウェアである。 もちろん筆者も参加する予定なので、またわかったことがあったらどんどん追記していきたいと思います。 まとめ ということで、スマホで遊べる「マインクラフト アース」の概要について説明しました。 情報が本格的に出てくるのはこれからでしょうから、新しい情報が入り次第追記していきたいと思います!.

次の