退職挨拶メール。 退職メールを『社外』に一斉送信する時のタイミング・書き方・例文

退職挨拶メールの書き方&送り方【例文あり】社内・社外のマナーや時期

退職挨拶メール

1退職の挨拶メール<マナー・ポイント> メールの文例をご紹介する前に、 メールを送る日や、タイミング、ポイントについてお伝えしていきます。 退職の挨拶メールは、お世話になった方々に、 感謝の気持ちや、お礼を伝えるためのものです。 会社関係の方に送るメールなのでビジネスマナーはしっかり守りましょう。 <メールを送信するのは最終出勤日!> ・社内 会社によって決まりがあるところもありますが、基本的には最終出勤日です。 退職日までの最後の1週間や2週間有給を使われる方は、有給を取る前の出勤日になります。 最終出勤日はあなたが会社に行く最後の日で、退職日は雇用契約が終了する日です。 ・社外 お世話になった取引先や企業宛のメールは退職日の2週間~3週間前には送るようにしましょう。 メールを送る前後には、あなたの後任者の紹介も含め2人で直接挨拶をしに行くのが理想です。 <送るタイミングは終業1時間前に!> 最終出勤日の終業1時間前を目処に挨拶メールを送信しましょう。 午前9時~11時、午後1時~4時くらいまでは重要メールのやりとりが頻繁に行われる時間帯です。 この時間帯は避けて送信するようにしましょう。 終業時間ギリギリに送信するのもよくありません。 送信するタイミングには気をつけてください。 <メールを送る相手は?> ・同じ部署の方 ・社内他部署の方(関わりがあった人) ・取引先などの社外の方 など、これまでお世話になった方々です。 たくさんの方と関わってきた人は、相当な人数になると思います。 1人1人に送るのは結構な時間と労力がかかるでしょう。 一斉送信するのは失礼にあたるのではないかと思われる方もいるかと思いますが、 一斉に送ってしまってもかまいません。 ですが、仕事上でお世話になった人や、 関わりの強い人に対しては個別に送った方がいいです。 (直属の上司や、仲の良かった同僚など) 一斉送信する際に気を付けてほしいのが、 ・To. に自分のメールアドレスを入れる ・Bcc. に送信先のアドレスを全て入れる これは必ず気をつけて送信してください。 ちなみに、個別で送る場合はTo. に宛先のメールアドレスを入れ、 Cc. やBcc. は使用しないというのがマナーです。 次の項目で、メールの文例をご紹介します。 絶対に外さない退職挨拶メール! 実際にそのまま使える退職時の挨拶メールを、 1. 社内 2. 上司(個別用) 3. 社外 送り先別にご紹介していきます! <退職の挨拶・メール> ポイント! ・件名は「退職のご挨拶」とし、件名だけで用件が分かるようにする。 ・退職理由は「一身上の都合」で良い。 ただし、結婚・出産などおめでたい理由の場合はその旨を記載。 ・どんなに親しい人でも、会社の愚痴や苦言などは入れない。 ・今後の連絡先を入れておくのもマナーの1つ。 2-1. 本来ならば直接ご挨拶したかったのですが、 お会いできない方も多数おられるのでメールでのご挨拶にて失礼いたします。 これまで何かと至らぬ点もあったかと思いますが、 お世話になり本当にありがとうございました。 また、業務を通して多くの方々と関わり、たくさんのことを学ばせて頂きました。 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 今後の連絡先は下記になりますので、 何かありましたらこちらへご連絡いただけると幸いです。 メールアドレス:~~@. 先ほどは貴重なお時間を頂戴し、ありがとうございました。 ご挨拶にお伺いさせていただいたとおり、本日が最後の出社日となります。 今までの貴重な経験を今後の人生に活かして、励んで参りたいと思っています。 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 今後の連絡先は下記になりますので、何かありましたらこちらへご連絡いただけると幸いです。 メールアドレス:~~@. 本来であれば、伺ってご挨拶すべきところですが、 急なご連絡となり大変失礼いたしました。 ポイント! ・いつ退職するのか ・お世話になったことのお礼 ・後任者の紹介 これらの文例を是非参考にして考えてみてください。 そのまま使うのではなく、あなた独自の文章で感謝の気持ちを伝えるメールにしてください。 万が一・・・挨拶状を送る場合 最近は少なくなりましたが、 会社の慣習などによっては挨拶状を送らないといけないという方もいるでしょう。 そういった方向けに挨拶状のポイントと文例を載せておきます。 (企業) ・青葉が美しい季節となりました。 お元気でお過ごしでしょうか。 なにとぞ今後とも より一層のご指導と末永きご交誼を賜りますようお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中をもちまして、御礼かたがたご挨拶申し上げます。 末筆ではございますが、貴社のご発展と皆様のご健勝をお祈り申し上げます。 内定をもらっている段階の人は、何月から入社するということが分かる文章をいれておきましょう。 お世話になった人に挨拶まわり 良い印象で最後の日を迎えたいと思う方も多いのではないでしょうか? なかには、 「引き止められて退職をスムーズにすすめてこられなかった」 「なかなか辞めさせてくれなかった」という人もいるでしょう。 あまりいい状況ではないという人も、 最後の日はお互い気持ちよく終わりたいという思いがあるはずです。 退職の挨拶メールも当然大切ですが、 やっぱり1番は直接お礼を伝えることではないでしょうか? スピーチの場を設けてくれる会社もあると思いますが、 1人1人に挨拶まわりをすることで、より感謝の気持ちを伝えられるでしょう。 またそのときのポイントとしては、 菓子折りを用意しておくことです。 感謝の気持ちを形であらわすために、退職の挨拶でお菓子を配る人も多くいます。 1人1人のデスクを回ってお礼を言いながら手渡しするのが理想です。 人数が多すぎて1人1人に渡せない場合や、 渡せる雰囲気でない場合は、部署の共有スペースや、給湯室などに置いておくとよいでしょう。 上司の方に「皆さんで召し上がってください」と渡すのでもいいです。 その際、誰からの差し入れか分かるように、 「今までお世話になりました。 みなさんで召し上がってください。 所属部署以外の部署の方たちにも渡したい場合は、その部署の上長にまとめて渡すようにしましょう。 ちなみに お菓子を選ぶポイントは、 ・個包装されているもの ・できるだけ日持ちするもの ・予算は3,000円くらい ・手が汚れたりボロボロと落ちそうなものは選ばない ・ケーキなど食べるのに手間がかかるものは控える 以上の点に気を付けて選んでいただけたら問題ないです。 あくまでも感謝の気持ちなので、高価なものを用意する必要はありません。 一番大事なのは、感謝の気持ちを伝えることです。 また、会社によって最終出勤日の決まりのようなものがあったりするところもあります。 上司の方に、1日の流れを事前に確認しておくといいでしょう。 退職時に渡すお菓子については、 下記の記事でご紹介していますので是非参考にしてみてください! 5. まとめ 退職の挨拶は、もちろん社会人としてのマナーを守ることが大切です。 ですが形ばかりに捉われずに、今までお世話になった感謝の気持ちをしっかりと伝えてください。 世間は意外と狭いものです。 退職後も、会社の方や関係者の方とどこでまた関わりをもつか分かりません。 良い印象で最終出勤日を終えることができるように、最後まで気を抜かずに勤めてください。

次の

退職挨拶メールの書き方&送り方【例文あり】社内・社外のマナーや時期

退職挨拶メール

「退職メール」の目的 まずはじめに退職メールの目的を確認しておきましょう。 退職メールの目的は「社外」と「社内」で違う 退職する時に送るメールには2種類の目的があります。 1つは退職することを報告するメールで、主に社外の取引先やお客様に向けて、この日に退職するということをお知らせするとともに、後任の紹介などを添えて仕事の引継ぎも考慮に入れたメールです。 退職までの引き継ぎ業務のステップの一つでもあります。 2つ目は、お世話になったことへの感謝を伝える目的で送る挨拶のメールです。 こちらは主に社内の人に向けて勤務の最終日などに送ることが一般的です。 目的が異なるため、「社外」と「社内」にわけて書き方などを説明していきます。 【社外】への「退職メール」の書き方と例文 「社外」に送る退職メールについて、マナーや書き方のポイントと例文を紹介します。 「社外」への「退職メール」のマナーと書き方のポイント 退職メールを送る時期は退職まで1ヵ月を切ったら 社外に送る退職報告のメールは、引き継ぎの時間を考慮して、退職日まで1ヵ月を切ったあたりで送るのがよいでしょう。 あまり早すぎると間が空きすぎて相手先が忘れてしまったり、引き継ぎのタイミングが合わないなど業務の進行に差し支えが出ることも考えられます。 また遅くとも3週間位前までには退職の連絡を入れ、直接出向いての挨拶や後任の担当者の紹介などを手際よく行います。 メールには退職日と引き継ぎ内容を明確に書く 社外への退職メールは先に説明したように、「退職の報告と引き継ぎ」を目的としています。 そのため、退職日と最終勤務日、引き継ぎの内容(後任者や後任者の紹介の予定、業務の引き継ぎについての確認事項など)を簡潔に記します。 退職理由は「一身上の都合」とし、私的な内容は書かない 退職理由は「一身上の都合」とし、退職の具体的な理由や退職後の予定や連絡先など、私的な内容は書かないようにします。 取引先・お客様への例文(件名例と本文例) 社外への退職メールの例文を紹介します。 件名には、相手が一見してすぐに内容がわかるように、退職の連絡という言葉とともに社名と名前を入れるとよいでしょう。 株式会社〇〇の鈴木一郎です。 私事で大変恐縮ですが、このたび一身上の都合により、〇月〇日をもって株式会社〇〇を退職することになりました。 最終出社日は〇日の予定です。 〇〇様には一方ならぬご高配を賜り、心より感謝しております。 あらためてお礼を申し上げます。 退職までに万全の引き継ぎを行いますので、どうぞご安心ください。 つきましては、〇〇ともどもご挨拶に伺わせていただきますので、追って日程のご都合をお伺いする予定です。 残りわずかとなりましたが、どうぞよろしくお願いいたします。 まずはとり急ぎ、退職のご連絡まで申し上げます。 (メール署名) 【社内】への「退職メール」の書き方と例文 次に「社内」の上司や同僚に送る退職メールのマナーや書き方のポイントと例文を紹介します。 「社内」への「退職メール」のマナーと書き方のポイント 退職メールを送る時間は最終日の業務終了後が一般的 社内に送る退職の挨拶メールは、特に社内の規程などがない場合は最終勤務日の勤務時間が終了してから送るのが一般的だといえます。 あくまでも個人的な挨拶のメールであるため、業務時間内に個人的なメールを送るのは問題だと考える人もいることを考慮しましょう。 社内への一斉送信は一般的となっている 大きな会社で部署ごとに部屋が分かれていたり、人数も多かったりするなど、全員に直接挨拶ができない場合は、複数人に向けて一斉送信で挨拶メールを送ることも一般的に行われています。 同じ内容の挨拶文を複数人に送信するのは退職の挨拶ということでマナーとしては問題ありませんが、メールの使い方の点では会社によっては規程が定められていることもあります。 宛先の人数が多い場合などは事前に上司などに確認しておいた方がよいでしょう。 社外に送る場合も同様です。 これまでの感謝の気持ちを簡潔に書き、私的な内容は控える 社内の同僚や他部署の関係者に一斉送信で退職メールを送る場合は、私的な事柄はなるべく控え、退職理由は「一身上の都合」とするのがよいでしょう。 感謝の気持ちなど伝えたいことがたくさんあったとしても、簡潔な表現にとどめます。 あくまでも、業務連絡の延長であることを意識することが大切です。 個人的に伝えたい事柄がある場合は、直接伝えるようにしましょう。 社内への退職メールは「返信」がないことを前提に書く 社内へ向けての退職メールは、返信の必要がない前提で書きます。 あくまでもお世話になった感謝の気持ちを伝える最後のご挨拶であるため、簡潔に済ますことが大切です。 退職の挨拶メールを受け取った場合は、業務連絡で必要なことがある場合を除いて返信の必要はないといえます。 個人的に連絡をしたい場合は、個人のメールアドレスなどに連絡を入れるのがよいでしょう。 上司へは直接挨拶していれば送らない選択肢も 退職日には、上司への挨拶は直接行うことでしょう。 直接挨拶を行うのであれば、メールでさらに挨拶文を送る必要はないといえます。 しかし退職日の当日に挨拶する予定だったのが、上司の突然の出張で予定が合わなくなったなど、予定していた挨拶ができなかった時はメールで挨拶を送りましょう。 同僚への挨拶もできる限り直接行うのが望ましく、小さな会社などで全員に挨拶を行える環境であれば、メールの挨拶は不要であるといえます。 社内への例文(件名例と本文例) 社内への例文を紹介します。 社内への一斉送信の例文 同僚や関係部署へ一斉送信する場合の例文です。 最終勤務日の勤務時間終了後に送信する場合は、会社業務で使用していたメールの署名を外す配慮をすることで返信不要ということが伝わります。 件名:退職のご挨拶(〇〇部 加藤) 各位 お疲れ様です。 お忙しいところ失礼いたします。 〇〇部の加藤です。 私事で恐縮ですが、このたび一身上の都合により〇月末をもって退社することになり、本日が最後の出社日となりました。 本日まで、皆様には大変お世話になり、心よりお礼申し上げます。 入社以来〇年という短い間ではありますが、多くのことを学ばせていただき、感謝の気持ちで一杯です。 最後になりましたが、皆様のますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。 略儀ながらメールにてご挨拶いたします。 加藤一郎 上司への例文 件名:退職のご挨拶 〇〇部長 お疲れさまでございます。 本日が最終勤務日となり、業務が終了しましたのでご挨拶申し上げます。 〇〇部長には入社以来、大変お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとうございました。 社会人として未熟な私を根気強くご指導いただきましたこと、改めてお礼申し上げます。 今後は新しい活動の場でより一層努力していく所存です。 最後になりましたが、〇〇部長の一層のご健勝とご活躍をお祈りいたしております。 本日ご挨拶ができなかったため、略儀ながらメールでご挨拶を申し上げます。 加藤一郎 まとめ 「退職メール」は2種類あり、社外の取引先などに送る、引き継ぎの連絡を含めた退職の連絡のメールと、社内の人に送る、退職にあたって感謝を伝える挨拶のメールです。 どちらの場合も、退職という私的な事柄に関するメールですが、業務の一環であることを忘れずに書くことが大切です。 親しい同僚に個別にメールを送る場合でも、会社から貸与されたメールを使用していることを念頭に置き、簡潔な内容を心がけましょう。

次の

退職挨拶の例文メールを紹介【社内、上司、社外の場合で解説】

退職挨拶メール

定年退職時に送る挨拶メールの文例について、まずは紹介していきますが、どういった挨拶メールにするといいのでしょうか?そこで、会社を定年退職する時に送る挨拶メールの文例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 定年退職時に"社外"宛へ送る挨拶メールの文例 以下、例文(文例)です。 早速ではございますが、この三月をもちまして、定年退職の日を迎えることになりました。 ここに至るまで様々なことがございましたが、こうして無事大過なく勤め終えることができますのも、皆様のお力添えのおかげと心より御礼申し上げます。 本来であれば、お伺いしご挨拶をすべきところではございますが、ままならず、メールにて失礼を申し上げます。 貴社のご発展と皆様のご活躍をお祈り申し上げ退職のご挨拶とさせていただきます。 ありがとうございました。 定年退職時に"社内"宛へ送る挨拶メールの文例 以下、例文(文例)です。 在職中はひとかたならぬお世話になり、本当にありがとうございました。 いつも無理難題をもちかけ、ご迷惑をお掛けしてしまったにもかかわらず、毎回助けていただきましたことを心よりお礼申し上げます。 この会社で皆様に教えていただいたこと、育てていただいたことは私にとって生涯忘れられない宝物となりました。 本来であれば、直接お伺いしご挨拶すべきところですが、メールにて失礼申し上げます。 最後になりましたが、皆様のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。 本当にありがとうございました。 定年退職者から届いた挨拶メールへの返信<ポイントと文例> 定年退職者の挨拶メールの文例を上記では紹介しましたが、続いて、定年退職者から届いた退職挨拶メールへの返信メールのポイントと文例をご紹介します。 文例の利用と同時に自分なりの言葉でお礼の気持ちを表す内容で送りましょう。 定年退職者は前もって退職することを把握しておけるはずですので、前もってメール文を作成しておくのも良いでしょう。 定年退職者への返信では、労う言葉とお礼を具体的に 定年退職する人からの挨拶メールが届いた際の返信メールで気を付けたいことは、以下4点です。 1、長い間のお勤めを労う言葉を掛ける 2、一緒に仕事が出来て、よかったこと、ありがたかったことを具体的に書き、自分の言葉でお礼を述べる 3、定年退職した後も関係を維持したい相手なら、退職後も引き続きお付き合いください、とお願いする文面を入れる 4、相手の健康や定年退職後の幸福を祈る文面で締める では、実際のこの4点を踏まえた返信メールの文例を見ていきましょう。 ご丁寧な御挨拶をいただきまして、ありがとうございました。 定年で退職されるというお話は、以前より承っておりました。 最初に伺った時は大変寂しさを感じ、ご挨拶をいただいた今も、その寂しさは変わりません。 本当に長い間お疲れ様でした。 毎度毎度、急ぎのご相談ばかりで、ご迷惑をお掛けしてしまいましたが、いつも助けていただきましたことを心から感謝しております。 挨拶メールに対する返信も、例文を参考にしてきちんとしたものを送りましょう。 定年退職の挨拶メールでは心を込めて!返信は文例を参考に労いとお礼の言葉を述べよう! 定年退職するときのメール挨拶とそれに対しての返信の文例について、今回紹介してきました。 定年退職の際の挨拶メールは、最後の仕事と言えるかもしれませんね。 これまで長くお世話になった方々へ向けて、心を込めて感謝の気持ちを伝えましょう。 また、定年退職の挨拶メールへの返信もまた、長年の勤務に対する労いとお礼の気持ちを具体的なエピソードを交えて伝えるのがポイントです。 定年退職するときのメール挨拶とそれに対しての返信の文例を参考にして、相手に喜ばれる挨拶メールを完成させてくださいね。

次の